磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

☆グレ将軍☆様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.50 ☆口太51センチGet!!☆

新しい年を迎え宇和海は寒グレシーズンの到来です。中泊・武者泊・日振・御五神島・由良と各地でグレの爆釣の噂が飛び交う中、僕が選んだのは日頃からホームグラウンドにしている、愛媛県は愛南町の由良エリアです。使用した渡船はいつもお世話になっている船越運河の松田渡船さん。自宅から車で約30分の距離です。

前日に船頭さんに予約をして出船は6:45とのことで、当日会社の先輩と5時に待ち合わせをし、コンビニ・釣具屋に寄り、いざ松田渡船さんの駐車場へ車を走らせました。昨今、宇和島市内から津島町までバイパスが通り四国西南地域への釣行がとってもスムーズになりました。松田渡船さんの駐車場へ到着したのは、6時。既に駐車場には6台ほどの車が。さすが、寒グレシーズンです。駐車場で着替えをして、船頭さんを待っていると他のお客さんも集まってきました。ざっと数えて12~13人ほどでしょうか。

6:45分。さぁ!いよいよ出船の時間となりました。当日の磯付けは小猿~大猿へとのこと。早めの予約の方が小猿を希望されているとの事だったので、僕たちは船頭さんよりお呼びがかかるまで船尾で待機です。しかし、この時期の海はやっぱり寒い・・・。特に船がスピードを上げると、防寒対策万全の体がブルブル震えてきます。船は最初に小猿の高場・大猿のオオウド・大猿の岡ウドと次々にお客さんを降ろしていきます。そして次に僕たちの番が回ってきました。上がった磯は大猿のメオトバエの岡の近く。後で船頭さんに確認すると無名磯とのことでしたが、最近では良く釣れているとのこと。

早速、磯へ上がりまずは地形の確認。磯の右側は割れ目となっており、船着きの右下には根があります。左側は何もありませんが、何もないかわりに何も釣れそうな雰囲気もありません・・・。早速、足下へ撒き餌を多めに打ってみます。当日の撒き餌はボイル6キロ・生3キロ・アミエビ4キロに配合を2袋です。サシエにはボイル・生・スーパーハードの3種類を用意しました。磯際へ撒き餌を打っても魚の気配が見受けられません。当日のタックルは、竿1.75号5メートル・リールはシマノのハイパーフォース3000番に道糸2.4号・ウキはG1・針はグレ針4号・ハリスは1.7号で、浮き下2ヒロ半でスタートです。

第一投目は撒き餌とサシエを完全に合わせてみます。ウキには何も反応がなく仕掛けを回収してみると、サシエが取られてます。そこでそのままの仕掛けで第二投目。仕掛けが馴染むと同時にウキが綺麗に海中へ吸い込まれて行きました。反射的に合わせを入れるとギュイーンと気持ちよく竿が曲がります。これは、良い方だ~~!!と確信をし慎重にやり取りをして、海面に姿を見せたのは48センチの口太でした。いきなりの本命登場で僕たちは大喜び!!これに続けと仕掛けを打ち返しますが、海からの反応は全くなし。

たまにサシエをカジった形跡があります。あれやこれやと仕掛けをチェンジして狙いますが、全く反応がありません。そこで、針に違和感があり食い込まないのかと思い、ハリを閃烈グレライトの4号に変更。そして仕掛けを投入し仕掛けが馴染むと、高速の浮き入れが僕を待っていました。すかさず合わせを入れると朝に釣り上げた48センチよりも、かなり引きの強い魚です。何度も下へ下へ突っ込み、磯際へ逃げ込もうとしています。しかし、タックルと針の強度を信じて1度も糸を出さずに耐えます。そして耐えます。まだまだ耐えます。ようやく魚が観念したようで、海から姿を現したのは今年の目標50センチオーバーの口太!!!

一発で無事に玉入れが決まり、磯の上でサイズを測ると、なんと!なんと!51センチ!!!!
この後も釣りを続けましたが、その後はアタリもなく、この日の釣果は2匹となりました。しかし、今年の目標をクリアしたことに感激し、釣れない中での試行錯誤の結果、釣り上げた達成感で幸せいっぱいの釣行となりました。これでまた、由良の磯が持つポテンシャルの高さと、松田渡船さんの船頭さんに感謝をしました。帰宅後、刺身やオリジナル料理でビールが進んだのは言うまでもありません。
皆さんも是非、由良の磯へ来てみませんか。興奮と感激が皆さんを待っていることでしょう。
☆僕の日々の釣行記録はブログにて書いていますので良かったら見てください☆http://plaza.rakuten.co.jp/guremento/
☆宇和島磯釣り集団☆グレ将軍☆でしたぁ~~~!!!

南のYO-KO様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.49 この時期美味しいカワハギ釣れた

年明けから宮崎県の各磯のグレの釣果情報は好調のようです。釣具屋さんでの情報では今年の寒グレは「あたり年ですよ」との事、本当に良く釣れているようです。それなら極近くの釣り場でも楽しめるかもと、自宅から30分の宮崎市内/内海港に出掛けました。ところが渡船の船長から出港前に情報を聞くと「2、3日釣れてないね!」の返事が返ってきた::何か?気持ちがダウン。その気持ちが1日続くとはね。

早朝からの瀬上がりで上がった瀬は、付け餌も無くならない状況が6時間::水は澄みきり、水温は低そう、深く仕掛けを入れても、遠投しても、何もあたり無し::瀬替わりの連絡を入れ港寄りの瀬に行く。此処もあまり釣れていないとの事だが、残りの時間頑張らなくちゃねと仕掛けを準備、撒き餌を投入すると餌取りが現れた。グレは見えない、見えたのはフグにカワハギだ。1時間ほど仕掛けを変えながら釣るがグレのあたりは無かった。餌取りのカワハギは大きい::ならばカワハギを釣るかと仕掛けを変えた。

針は小針に変え、ハリス1,25号の1ヒロ半で開始::付け餌のオキアミは取られるばかり、ならば速攻仕掛けの1ヒロ弱に変えて、付け餌も海老のむき身(液体集魚材つけ込み)を投入::すぐに追い撒き餌::これがヒット、浮き上がって餌を探すカワハギをゲット、大きさもビッグ(ここ堀切下のカワハギは釣り番組などでみるカワハギの大きさより2倍も3倍も大きい)が釣れた。餌取り上手のカワハギの口元を見事に貫いているのは閃烈グレの4号です。今夜は美味しい薄切りお刺身が(笑)と思いながら短時間で4枚釣れたので最初のグレ仕掛けに戻しグレを追い求めたが::釣れなかった:::船
長の情報は正しかった(悲)

でも、大きいカワハギ4枚はお土産には最高、エサ(アサリのむき身)や仕掛けを準備して狙って釣れば沢山釣れると思います。
ご近所へもお刺身をお配りして、もちろん我が家もその日の夕食は、ビールと美味しいお刺身とカワハギの水炊きを頂きました。

チヌ釣り大好き様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.48 1月のチヌ

1月9日に兵庫県姫路市の波止にチヌ釣りに行ってきました。
水温低下で食いが渋い中、ヤイバチヌ1号でズバッと仕留めました。
46㎝のチヌ。
水温が安定すれば高釣果も期待できる釣り場でした。

清川様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.47 五島列島でのグレ釣り

12月29日久々のグレ釣りに行ってまいりました。
場所は五島列島、椛島の鷹ノ巣灯台下です。
この日は少し風があり、釣り座は左からの横風が強くライン操作に苦労しながらの釣りでした。釣り始めからエサとりが多かったので、撒き餌でエサとりを手前に寄せて仕掛けを遠投し、仕掛けがなじみ竿1本から2本ほど入ったところであたりがありました。

グレの活性は低いようでしたが、朝のうちはこのパターンで10枚ほど釣りあげることができました。午後からは潮が変わり、左に緩く流れていた潮が右に緩く流れ始めた途端にあたりもなくなったので、何度か仕掛けを変更し攻めてみたのですが釣れるのはイサキのみでそのまま回収時間となってしまいました。

この日の主な仕掛けはウキ0号、道糸3号に直結でハリス3号
針は閃烈グレミドル8号を使用しましたが非常に刺さりがよく、喰いが浅くてもしっかり刺さるのでばらすことがありませんでした。

この日は42㎝、1㎏ジャストの口太グレが最大でした。

南のYO-KO様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.46 2011年初釣りは楽しかった

12月30日に釣り納めで::1月2日に新年の釣り初め::大晦日と元日を我が家で過ごしながら、磯の事を考えていた皆さんも多かったと思います(笑)私もその中の一人です。行ってきました初釣りに強風とうねりを心配しながら自宅を出発、船長がOKの返事をくれたので::どうにかなるだろう。

港に着いて出港…なんと5分程船を走らせるが、うねりが強く…帰港する事に、船長の釣り場変更の知らせで、港から港へ車にて全員移動(12名)10分ほどの移動時間です。道具は船に乗せたまま::海上移動、その日の風向きで出港港を変えるのです::安全第一が一番。そんなこんなで時間が経ちましたが、釣り場に立つと「やっぱり気持ちが高ぶりますね」今日の上がり瀬は、釣り人多くなったので人気瀬は上がれず「船長お勧めの名前の無い瀬」になりました。

11時頃までは10cmのメジナ2尾とベラ・ベラ・ベラと苦戦しました。お昼近くに良型のメジナが釣れ!なんと、その後はお昼ご飯も食べる時間がないくらいの入れ食いモードになりました。25cm~40cmのメジナが、30数尾で初釣りも早めの納竿で帰港::これが釣り大会だったらなぁ~とか思いながらね(笑)今回の針は渋グレ6号を主に使いました。

毎回上がってくるメジナの口元を貫く鋭さはたまりませんね。それからYAIBAの生かしバッカンにエアーポンプ2個を取りつけいますが、釣果が多くてまたまた「半殺しバッカン」になっていました(笑)渡船のHP釣果情報でアップなったので、今回の無名瀬はすでに人気が出ているようです。のっこみ時期は地磯寄りの浅場が釣れるから、今後が楽しみになりました。

WING様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.45 鳥羽本浦チヌかかり釣り

11月4日C☆MAXのメンバーKさんと2人で「やま栄」渡船に釣行しました。
秋の数釣り真っ只中の釣行で目標は3ケタ釣り。
チンタ主体ではあるが、まれに中型~大型もヒットするのでフックは「閃刃チヌミドル」でダンゴ釣りは1号、広角は3号をチョイス。

撒き餌のダンゴが効き出した昼過ぎから納竿までほぼ入れがかり状態になり目標の100枚オーバーも達成!
まだしばらくは数釣りを楽しめるのでビギナーの方にはおすすめです。
2人の釣果15~29cm 213枚

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.44 秋のメジナシーズンは…まだかな

平成22年10月10日  この日はクラブの釣り大会の予定でしたが、高潮注意報が出て磯に上がることが出来ないと判断::大会中止になりました。でも、釣りがしたくて数カ所の渡船に電話を入れるが、何処も悪条件で休みとの事::そこで諦めずに宮崎県南の都井の室丸さんに電話すると、「明日は船…出すよ!」と返事が返ってきました。

思わず「やったー」と喜び、エサの準備に取りかかる為にいつもの釣り具店に行きました。暑い日が続いていたのでお昼の釣りが出来ず、まだまだ夜釣りの釣り人が多いこの時期ですが、メジナ秋シーズンを確かめる釣行、とにかく釣れなくても竿が出せるだけで良いのです。私にとっては磯に立てる事が嬉しいのです。そんな事で明日は2時30分起床::都井に6時に着かなくちゃ行けません。

準備完了::今から寝ますと時計を見たのが21時30分の事でした。
ZZZZ::::時間だ::起きた::安全運転で串間の都井岬に車を走らせたのです。都井岬/黒井港に到着したのは5時前だった。室丸に乗船する皆さんが来るまで仮眠していると、1台の車が到着、2名の方が準備に取りかかっていました。

その後、私の所属するクラブの釣り友が4名::そして室丸常連の数名の方が…今日、私達が上がる瀬は船長任せで「ゴロクのハナレ」になりました。出港時間は満潮/高潮で低い瀬は上がれません。ゴロクのハナレで釣り開始::

1投目からメジナが::その後::瀬替わりするまで入れ食い状態::10時30分下げ潮で瀬が見えてきたようで、船長から電話連絡がありました。「0番に上がれるので片づけて待つように」と、A級ポイント予約なしでは上がれない瀬「0番」です。上礁してすぐに撒き餌をして投入して潮の流れを確認、撒き餌を撒き続くて5分ぐらいして、仕掛けを投入するとすぐにメジナが釣れた。きょうの仕掛けは全誘導にYAIBAーXグレ3です。型は25cm程だった::

入れ食い状態になった。3号針では活性の良いメジナの食い込みに時間が勿体ないと思ったので、いきなり7号針に替えてみました。飲み込まれが無くなり手返しが早く出来るようになりました。0番は3方の釣り座が可能の瀬…どの方向に仕掛けを入れてもメジナが釣れました。「大きさは20cm~35cm位の型」でした。今日1番の35cmは遠投で釣れました::一日中竿が休まる時間が無いくらい釣れました。ヤイバのキープバッカンにポンプを2個付けていたので2個ともスイッチON。

しかし、すぐにメジナで一杯になり苦しそう!型の良いのは氷詰めのクーラーに、そうして釣り上げた魚は釣果を待っている仕事仲間にと持ち帰りました。帰宅後持ち帰ったメジナを数えたら95尾でした。この他リリースした数が30尾程はあったと思いますので、ゴロクのハナレ::瀬替わりして上がった0番とも、心地よい疲れを感じましたが久しぶりに楽しい一日になりました。23~25Cmほどのメジナが多かったので、メジナのシーズンはこれからだなと感じた宮崎県南/都井の釣りでした。::YO-KO

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.43 ニューバージョンにて磯に立つ

九州も梅雨の時期で、予定した日程での釣行がままならない日を送っています。
本来ならこの時期「梅雨グロ」で楽しんでいるのですが、各港の渡船も出船が出来ないようです。そんな中、天気予報がはずれて喜び(笑)夜釣りに行くことにしました。目的は「シブダイ」なのですが、満月の夜、その月の明るさで磯はライト無しで歩ける程でした。結果はシブダイは釣れず「大きなカマス」や「金目鯛に似た赤い魚」のお土産を10尾ほどでした。次回::シブ釣りの爆釣条件、お昼は太陽の光がさんさんと海を照らし、夜になると真っ暗な海面になる::あたりと同時に緑色の光を放つウキが暗闇から消える::そんな日を選んで挑戦致します。

今回の報告は、この春に新発売なりました「キャップYMCー3とジャンプアップ長袖の黒」について。キャップは同じ型番の白も持っていますが、黒色は自分の全体的な色合わせのスタイルになるので好きになりました。かぶった感じも頭が深く入る(形状)ので、帽子をかぶっているという違和感が有りません。そして、ツバの長さと帽子の深さで、顔の日焼け対策も出来ますね。

ジャンプアップ長袖はいろが2種類(白/黒)あります。私は黒色を着用しています。全体的な色の配置がスタイルをカバーする(笑)ように、胴回りの部分は細く引き締まって見えます。胸元もボタンではなくファスナーですので、手の汚れも気にせず上げ下ろしが出来ます。生地も身体の部分で違っていますので楽に感じています。特に胴回りと腕の後部分はメッシュ素材(収縮生地)で出来ていますので、動作の変化や体温調節が考えて取り入れてあるようです。私(身長160cm)はMサイズを着用しています。袖の長さが少々長いと思いましたが、此も手の甲の日焼け防止対策として用::スタイルも着心地も私なりに満足しています。

大きな釣果と一緒にアップしたかったのですが。こんな報告になりました。次回の報告では「頑張りますので…」ヨロシクね。

シマラーK様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.42 梅雨グレ・・・

6月24日、雨の合間を見て、宮崎県串間市の沖磯へ行きました。
この時期やはりエサ取りパラダイス。
手のひらメジナは釣れるものの良型は現れず・・。
午後から瀬代わりしての一投目、40センチ1キロの良型を上げることができました。
針はヤイバ、ライトの4号、飲み込んでおりましたが明確なアタリでした。
5,4,3号と使い分けて4号で一番アタリもあり、バラシも数回ありましたが、やっと梅雨グレシーズンという感じでした。

WING様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.41 串本チヌかかり釣り

6月17日和歌山の串本「あけみ丸」にC☆MAXのメンバーと釣行しました。
当日は天気も良く風もないので絶好の釣り日和でダンゴを握る手に力も入ります(笑)
その天候とは裏腹に、お昼前に41cm1枚なんとか獲れただけで夕方まで非常に厳しい展開で半分諦めかかったところで、会友が値千金の55cmを釣り上げ、そこから納竿までの1時間2人でデカバン4連発!終わってみれば、とんでもない釣果となり大満足で納竿しました。

この日のフックは、対大物仕様でヤイバチヌひねりなし6号と7号をチョイスし6号はオキアミの房掛け、7号はボケで使用しました。
デカバンの頑丈な口に負けることなくしっかりフッキングしてましたよ!

この日の釣果
58cm 54cm 41cm

page top