磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

キタムラ様からのユーザーレポート

2014年05月01日掲載文

Vol.144 須磨一のモンスター

5月に須磨一文字で開催されるチヌ釣り大会に向けて、
昨日(4/26)下見がてら練習に行ってきました。

昨年(6位)・一昨年(坊主)で今年は3回目なので
トップ3に入れるように頑張りたいのですが・・・

内側のポイントを選択した僕には、エサ取りとコブダイの当たりしかありませんでした(@_@;)

次回は足場の悪いテトラの外側でチヌの顔を拝みたいと思っています。

ただ今回は瞬時にラインが切られていたコブダイのダッシュに対して、上手く対応出来るNEWタックルでのぞんだので5HITで2GETすることが出来ました。

1匹は30cmのまだコブの無い子供コブダイでしたが、もう1匹はジャスト70cmのモンスターでした!!!

10分ぐらい格闘して周りの方に協力してもらい釣れたので、本命のチヌではありませんでしたがとても嬉しい1枚でした。

まだ年なしチヌを釣ったことが無い僕ですが、今回のモンスターを釣り上げた事は大変自信になりました。

次回のヤイバ磯祭りin見老津には仕事で参加できませんが、また色んなメンバーの方の釣りが見学できる一文字の大会も企画してください!!

使用タックル

針 喰わせチヌ(2号・3号)
ハリス ブラックストリーム 1.75号
道糸 磯スペシャル チヌ競技 2号
ウキ T-HOPE 3B
ロッド 飛竜チヌ 1号5.3F
リール プレイソ2500H-LBD

岡田光央様からのユーザーレポート

2014年04月21日掲載文

Vol.143 チームリヴァーレ黒鯛祭

4月20日、波多江さんが会長のチームリヴァーレ黒鯛祭に参加させていただきました。
開催場所となる北九十九島は前日にメーカーの大会があり、かなり厳しいという前情報。
今回の大会は二匹釣寸なんで小さくても二枚揃えれば上位に食い込めるはず!
と意気込んで受け付け会場に行くと、そうそうたるメンバーがズラリ。
抽選を終えて、いざ勝負!
同磯はフィールドスタッフの谷脇さん。
釣り場を決めてスタート。釣り場は20メートル前に筏がありそのキワをポイントにマキエを充分に入れポイント作り。
今回は初めて使用する喰わせケイムラ1号を結び0号棒浮きでスタート。
上潮がズルズル滑り3Bの自重がありちょいと長めの棒浮きに変更。
しばらく打ち返すもなかなかアタリがない。
ポイントを中間付近の駆け上がりに変更。
すると、誘いをかけるとジワジワと浮きが沈んであわせると、アラカブ。
同じ所にまきえを先入れし投入。するともぞもぞの前アタリ、そして浮きをジワジワ消し込むチヌらしいアタリ!
充分食い込ませてあわせるとかなりの重量感!
筏の方に走らせまいとラインを出さず竿を絞り込んで耐えて左に竿を倒して開けた方に誘導するもなかなか浮いて来ない。
やっと浮いてきたのが腹パンパン巨チヌ。
興奮しながらタモ入れ成功!
あまりの興奮で振るえる手でストリンガーに繋ぎ、あと一枚を狙うもそのまま納竿。
検量に出すと今年二度目の自己記録更新となる54,5センチ!
でも、二枚揃えた人にはかなわなかったですが三位入賞!
一枚釣れたし念願の賞品をゲットでき満足の大会でした。

岩本夢叶志&比呂志様からのユーザーレポート

2014年04月09日掲載文

Vol.142 夕マズメの一発!

4月6日の日曜日、心も折れる強風の中、鹿児島は錦江湾へとチヌ狙いで行きました。いざという時も直ぐに帰れる様、手軽な波止からの釣りです。が、段々と強くなる風は湾内の波止でも波シブキを被る程。昼前には釣り人も居なくなったのでチビカサゴ4匹のここを諦め場所変えです。いつもは釣り人に人気の場所でも、この日は貸し切りです。右手からの強風が道糸を引っ張り、仕掛け
をポイントから離していきます。

苦労している中、親父がグレを連発で釣り上げてます。手の平から足の裏、そして30cmオーバー迄上がり始めました。チビカサゴしか釣って無い自分もポイントへ仕掛けを入れると30cmのグレが。やっと竿が曲がり次は本気でチヌ狙いです。ですが、ここでも親父に先を越されました。

「キタッ!」と言ってやりとりを始めています。

アタリは凄く小さいとの事。必至で浮きと道糸を見つめます。
強風で波が寄せ浮きが沈み、その位置で不自然に止まった。そんな感じでした。
アワセと共に竿は曲がり夕マズメの一発!となりました。なを、強風の為、私は飛ばされぬ様帽子を取り、親父はフードを被り赤ずきんちゃん風でのショットはお許し下さい。(笑)

濱口延敏様からのユーザーレポート

2014年03月28日掲載文

Vol.141 徳島県宍喰釣行

徳島県のヤイバスタッフ芦尾さん、まめちゃんらメンバー6人で徳島県宍喰磯に行ってきました。

沖杓子に2人、北割れの先に1人、自分とメンバー2人とで南割れのスベリに渡礁し釣り開始。

北割れとの水道側に釣座を構え、マキエを撒くとタカベがチラホラと見え意外と活性が高いのかと期待が膨らみますが、釣座左右から出るサラシで仕掛けが安定しません、少し重ための仕掛けに変更しサラシ先端から潮目にかけて狙っていると、32cmほどのグレを幸先よくゲット!

同じパターンで狙って、もう1枚グレを追加出来ましたが、9時頃完全に潮が下りになり、まったくエサが落ちない状況に。

棚を探ってどんどん深くしていき竿2本前後の棚で忘れた頃に当たりが有りますが6連続でバラし

2時過ぎに上り潮に変わり、チャンスと思い集中して狙いますがエサは無くなりますがウキに当たりは出ません

棚を1ヒロずつ浅くしていき3ヒロでエサが残りだしたので3ヒロ半にし狙っていると、ウキがゆっくり沈んでいきます。アワセると今日一の重量感、しかし嫌な叩くような感覚が。又サンノジかアイゴかな?と思いつつ浮いてきた魚を見ると良型グレ、慎重にタモ入れし測ってみると42cm!このグレを最後に納竿としました。

全体的に見える範囲では、余り竿も曲がっておらず、厳しい状況だったようですが、グレ・サンノジ・アイゴ等が竿を曲げてくれ、メンバーとの楽しい釣行でした。

使用針
ヤイバグレ釣闘競技 4~6号
ハリス
ヤイバウルフライン 1.5号

伊東治樹様からのユーザーレポート

2014年03月14日掲載文

Vol.140 蒲江・西の浦 「のっこみチヌ」釣行

梅の花が満開の早春
友人に誘われ、チヌの聖地「蒲江・西の浦」へ釣行しました。
5時に大分市を出発。
佐伯市内で撒き餌を調達。
生オキアミ2角・ジャンボ1角に遠投用集魚剤2袋・押し麦1キロです。
7時半、西の浦の地磯から竿出し。

道糸・ハリス共、ヤイバウルフライン1.75号
針はケイムラ・チヌ3号です。
ヤイバウルフラインは高知の鵜来島での釣行で実績のある信頼のラインです。

足元の駆け上がりにポイントを絞り、巻き餌を打ちこみます。
1投目より、付け餌が取られます。
右手の筏の下に、チヌの匂いがプンプンします。
4投目、2ヒロほど付け餌が入った頃、
渋々に調整したウキがゆっくり沈み始め、半ピロぐらいから一気に潜って行きました。
道糸がスプールから勢い良く出ていきます。
ガッチリ合わせを入れ、頭をこちらに向けます。
道糸・ハリスの強度を信頼し、1号の竿を曲げ込み、右手の筏へ走るチヌを、強引に制御して引き寄せます。

体高もあり、お腹パンパンのチヌを釣ることが出来ました。

その後は潮も引き潮になり、アタリも遠退きましたが貴重な1尾を釣ることが出来ました。

帰宅後、釣り具店で検量の結果、48,6cmでした。
この時期だけのチヌ釣りで結果が出せ、満足の釣行になりました。

岡田光央(黒鯛一族)様からのユーザーレポート

2014年03月10日掲載文

Vol.139 佐世保市小佐々町釣行

3月9日、朝は野球の試合でしたので昼から釣行でした。
場所は今好調の北九十九島に面する佐世保市小佐々町の姫神社の岸壁です。
竿二本先まで浅く藻がビッシリ、そこから満潮で1本半での駆け上がり。典型的なチヌポイントです。
北西の風にも強く、7~8メートルの風でも余裕の竿だしでした。

まず、3Bのウキに神の海チヌ3号を結びかいし。
底トントン、トントン、トントン・・・・・・
3時間チヌらしい気配がない(´`:)
やっと微妙なアタリがハリスに噛みあと。
気持ちウキウキしながら次投、渋いアタリが食い込まない。
針を閃刀チヌ二号ミドルの半ヒネリを結び、一投目、今度は浮きを消し込むしっかりとしたアタリが出て鬼合わせ(≧∇≦)b
ハリスが1号なんで慎重にやりとりして浮いて来たのが46センチの良型。
しっかりのどに掛かってました。
違和感なく食い込んだ証拠ですね。
それから30と41を同じ仕掛けで追加し納竿としました。
三枚とものどに掛かっており食い込みの良さを実感しました。

峯山雄輔様からのユーザーレポート

2014年03月07日掲載文

Vol.138 樺島釣行

今日は長崎の樺島の口の鼻と言う瀬に行ってきました。

同じチームヤイバで佐賀支部の谷口氏と一緒です。

朝イチはいい感じで沖の方に潮が流れており0号のウキにガン玉を張り流して行くとラインが少し走ったので、そこで止めてやると持っていきました。
しかし、後が続かずクロ狙いに変更しましたがクロもパッとせず、最終的には真鯛56センチ2.3キロ一匹、クロ30センチ前後三匹、カワハギ三匹の釣果でした。

これからが真鯛のシーズンなのでまた、楽しみです。

使用タックル
竿…1.75号
リール…2500番
道糸…2.5号
ハリス…3号
ウキ…0~5B
針…閃列グレベビー8号、閃列グレミドル4~7号

岡田光央様からのユーザーレポート

2014年02月21日掲載文

Vol.137 目覚の一発

黒鯛一族の岡田といいます。
初めて投稿します。

2月16日にのっこみ序盤の北九十九島に行って来ました。
石井釣りセンターからダンジュクの一番にあがりました。
ここは比較的浅めで10メートル先に駆け上がりがあるところに釣り場を構え撒き餌を20杯ほど打ち込み仕掛け作り。
浅い釣り場と風もないし潮も緩やかということで0号棒浮きにノーガンでハリを神の海チヌ3号を結び、ゆっくり探ることにした。
そして、一投目。
仕掛けが馴染んだころ浮きがもぞもぞする。
軽くラインを張ってももぞもぞするだけなんで、竿を上げて聞いてみるとグーンと乗ってきました。
何度かの締め込みを交わし上がってきたのは自己記録となる53,8センチ。
その後興奮しながらもあと一枚が釣れず納竿。

TAKESHI様からのユーザーレポート

2014年02月19日掲載文

Vol.136 まさか・・・河口で?

最近、寒波がすごく先日のFS大阪も大雪で通行止めがすごく、広島から参戦の自分は2時間で行けるところを3時間半以上掛けていくことに。。。

そんなFS大阪でYAIBAブースで数多くの針が展示してあり全部欲しい!!

なんて思いながら針だけでなく多くのアイテムにもうつつを抜かしてました♪

そうやって釣具を見てると釣りに行きたくなり、早速いってきました!

近所にある河口の護岸に行ってきました♪

寒波の影響であまり期待はせず高ぶった気持ちでの釣行です(^^)

寒波の影響で水温が下がったので活性も低くやはりタナも底付近と思われますので、ダイレクトに底を狙います。

しかし、2時間経っても餌取りのタナゴにサシエを取られるか、運よく残ってもオキアミが冷たくなって返ってくるだけです・・・

まさか。。。?浮いているの??と思い、ウキにツマヨウジを刺した固定仕掛けに変更します。
タナは2ヒロ半です。

すると1投目からHITです。
しかし、唇の皮1枚というきわどい針掛り。。。に加え下あごに掛かっていたので、仕掛けの設定したタナが少し深いと思われます。

なので、少しタナを2ヒロにして針を変更します。
ヤイバチヌ3号→遠投モード2号に変更し、より飲み込みやすいようにしてあげます!

すると、がっちり地獄に針掛りするようになり2月中旬の河口にしては上々の6枚を手にすることが出来ました(^^)

峯山雄輔様からのユーザーレポート

2014年02月14日掲載文

Vol.135 長崎式見釣行

2月13日に長崎の式見にある平瀬に行ってきました。

朝から北東の風が強く予定していた平瀬に乗る事が出来ず
近くにある神楽島のカベという所に降りました。
風は当たらないが潮もあまり動かず。
しかし、Bのウキでガン玉の位置などを変えながらなんとか
40弱の口太を取りました。

その後、風が少し収まったので目的の平瀬へ!

0号のウキで棚を探りながら釣っていると意外と浅く二ヒロ半前後で当たりが
出ていたので仕掛けを変え
手返しよく釣ると合計10匹ほど上がりました。

最大で47㌢2㌔を頭に35~41㌢までです。

ウキ…2B~0号
道糸…1.7号
ハリス…1.7~1.5号
針…閃烈グレミドル5~3号

page top