磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »

shinya様からのユーザーレポート

2014年11月22日掲載文

Vol.170 やっぱり朝マズメ・夕マズメ

三浦半島の地磯にクロダイ・メジナ狙いで行ってきました。当日は、予報より も風が強く寒い中5時よりスタートしました。ハリは閃刀チヌの3号と2号を 使いました。
私は初めての場所で、真っ暗で周りが全くわからない中、電気ウキでまずは遠 目を狙って1投目。強い向かい風と当て潮であっという間に仕掛けが足元まで 流されてきます。その中もで、際手前で止まるところが有り数投続けていると 根がかりのようにウキが軽くシモリ止まりました。軽くアワセてみると予想以 上の強い引き。上げてみると35センチのクロダイでした。明るくなってくる と、タナゴとフグが多くなってきました。コマセと仕掛けをしっかり合わせる とたまにコッパサイズのメジナがたまに釣れる程度でした。暗くなってくると、 餌取りは静かになってきましたが、次はアイゴが多くなってきました。その中 で諦めずに続けていると、口太の34センチが釣れました。その後、アタリも 少なくなり6時に納竿としました。
今回は、良型は釣れませんでしたが、餌取りの多い地磯はやっぱり朝マズメと 夕マズメが一番いい時間帯だと、改めて確認する事ができました。
進行をしてくれたSさん、そしてなにより参加者の皆さん本当にありがとうございました!
次は春のチヌです皆さん宜しくお願いします!

鈴木伸幸様からのユーザーレポート

2014年11月21日掲載文

Vol.169 鈴木伸幸大会釣行記

11/19毎年恒例行事となっいる大引上野渡船さんでの拓釣会さんと我がチームスケイルとの合同グレ釣り大会を行いました、メンバー以外でも多数参加いただき21名での開催となりました!
また参加者ほとんどがチームヤイバ(私も含め)ヤイバファンの集まりです!
さて釣果です!潮が不安定でアシカ(表磯)回りが余り釣果が振るいませんでしたが、ヒジキ方面(裏磯)乗られた方々はほぼグレを手にしています。しかし苦戦の表磯では70センチの真鯛を仕留められた方も居ます!!!
グレの部優勝、前田君
裏磯のケムリで頑張ってくれ見事な釣果

グレの部分二位、ヤイバフィールドスタッフの古澤氏
裏磯のヒジキの裏チョボで見事な釣果さすがです!
他魚の部は真鯛を仕留められたH君
低調だった表磯のアシカの親南の端で見事に釣ってくれました!
そのほかの参加者の皆さんも頑張ってくれ天候もよく良い大会に出来たと思っています!
この場をお借りして上野渡船さん、いっしょに進行をしてくれたSさん、そしてなにより参加者の皆さん本当にありがとうございました!
次は春のチヌです皆さん宜しくお願いします!

キタムラ様からのユーザーレポート

2014年11月16日掲載文

Vol.168 リベンジ

先週のリベンジで武庫川一文字の3番内側に行きましたが・・・・

現地に着くと爆風で思った釣りが出来ず苦戦しました。

仕掛け重たくしたり、ハリスの長さ工夫したり少ない自分の引き出しを一杯開けて何とかキビレ2枚・チヌ1枚釣上げる事が出来ました。
だんだんサイズが小さくなりましたが・・・
納得できる内容でした。

また、チームヤイバでフォトコンテストを開催して欲しいです!!

使用タックル:使用タックル
針 喰わせチヌ(2号・3号)
閃刀チヌ ヘビー茶( 1号)
ハリス ブラックストリーム 1.75号
道糸 磯スペシャル チヌ競技 2号
ウキ T-HOPE 3B
ロッド 飛竜チヌ 1号5.3F
リール プレイソ2500H-LBD

キタムラ様からのユーザーレポート

2014年11月12日掲載文

Vol.167 9th 大阪湾チヌ釣りフェア

本日、マルキューの9Th大阪湾チヌ釣りフェアの決勝大会に出場する権利を獲得するために、武庫川一文字で49㎝オーバーを狙いましたが・・・

40㎝を一枚釣るのがやっとでした。

5番の外で足もとを狙っていましたが・・
6番外で爆釣していた方は、竿1~2本だったみたいで今後は色んなパターンを勉強したいと思います。

是非、大阪支部のイベントで波止のフカ釣りを企画してください!!

使用タックル:使用タックル
針 喰わせチヌ(2号・3号)
ハリス ブラックストリーム 1.75号
道糸 磯スペシャル チヌ競技 2号
ウキ T-HOPE 3B
ロッド 飛竜チヌ 1号5.3F
リール プレイソ2500H-LBD

使用エサ(マキエ、付けエサ)
ナンバー湾チヌ
活さなぎミンチ激荒
ムギパワー
オキアミ3㌔×2枚
くわせオキアミV9 L (半分)
くわせオキアミスペシャル M(半分)

shinya様からのユーザーレポート

2014年11月06日掲載文

Vol.166 今年初のメジナ30オーバー

11月に入り、横須賀沖がコマセが解禁になったのでメジナ・クロダイ狙いで 行ってきました。

当日、釣座についてみると、足元にはスズメダイが大量にいました。朝のうち は、まだ本命の潮が流れていないので軽く様子見から開始。針は閃刀チヌ3号 を使用。強い向かい風と当て潮の中、沖目から流してくると、やはり餌取りに 瞬殺。しかしそんな中続けているとアタリがあり、あわせてみると強い引き。 アイゴでない事を祈りながら上げてみるとイシダイが釣れました。30センチ でしたが、嬉い1匹です。その後はアタリが無いため、一時休憩。

本命の潮が流れ出した9時半より再開。潮はやや弱めで、向きもポイントから 外れていましたが、その中流していくと30m先くらいでアタリ。上げてみる と37センチのメジナでした。メジナが釣れ出したので、仕掛けを太くし、ロ ッドをヤイバロッド1.5号、針を喰わせグレ6号に変更。同じ流れを流して いくと、次は39センチが釣れました。その後は、流れの中にも餌取り集まっ てしまったので、餌を練り餌に変更。練り餌に変更後2投目で30オーバーが 釣れました。その後は潮が止まるまで30オーバーが4匹。潮が止まってから はコッパ数匹を釣り納竿となりました。

今回の釣行は、不調の今年の中で初の30オーバーが釣れ、一番の釣果となり 樂しい一日となりました。

松野 徹様からのユーザーレポート

2014年10月03日掲載文

Vol.165 東北の海より☆2

朝晩はすっかり涼しくなってきました。私の住む宮城県では震災の影響もあり、釣りの出来る場所が非常に少なくなってしまいました。
しかし、急ピッチで漁港や堤防が修復されてきて、更に釣り人も戻り始めています。本日は最近何かと雑誌等で取り上げられているクロダイの渚釣りにチャレンジしてみようと、海水浴場にやって来ました。
なるべく手前から深くなっている所に陣取り、コマセは遠投のものをベースに集魚効果の高いものを混ぜ、20m程にポイントを作るべく多めのコマセを入れ、スタート。竿はチヌ竿1号に道糸1.7、ウキは3B、ハリスは1.5号を1ヒロとってG5のガン玉を針上に咬ませて、閃刀チヌミドル3号でスタート。
すると、仕掛けを入れ追いコマセを入れようとウキからバッカンに視線を移したタイミングで、押さえていたスプールからラインが引出されて行きます!予想外の出来事に慌てましたが、ベールを返しアワせを入れるとズシっと重みが乗り、沖へ左右と走り回りましたが、寄せて来るとやはりクロダイでした。
磯釣りを始めて、堤防から磯へと進んできた私には、雑誌の記事には正直半信半疑でしたが、実際に釣れてしまって驚きばかりでした。
結局はこの1尾のみの釣果でしたが、地元の釣り場は工事中の為立ち入りが制限されている所が多くなっていますが、地元の海は見渡す限りの砂浜。のびのびと竿が振れるこの釣りにはもってこいのシチュエーションです。これからのポイント開拓が楽しみになりました(^o^)

岩本夢叶志様からのユーザーレポート

2014年10月01日掲載文

Vol.164 family fishing

台風17号のウネリが残る9月28日
予定の磯のグレを諦め、防波堤でのチヌ釣りにfamilyプラス彼女と行ってきました。
彼女はまだ釣り歴2回目、前回グレを仕留めたので今回はチヌが釣りたいそうです。
針は前回グレを仕留めて気に入ったプロフェッショナルグレミドル5号がいいと言うのでハリス1.5号に結び釣り開始?と思ったら針結びを完璧に覚えたと言っていたのに出来上がりは針が逆に?
「ヤイバの針でもそれじゃ釣れん!」と親父にツッコまれてます…(笑)
結び直して釣りスタート
餌盗りは、金魚、スズメダイ、フグ、アメウオ(ダイミョウサギ)ボラ、ミニマムヘダイ等々。でも喰いは悪い感じです。
潮も左右にふらつき安定せず、ダメかなぁーと思っていたらチヌだけは元気みたいで皆に釣れますが彼女には中々釣れてくれません、
14時11分の干潮から上げてきての夕マズメ。
やはりダメだったかぁーと思っていたとき、自分にアタリ。
「チャンスかも、頑張って!」と声をかけると彼女にも待望のアタリ! 慎重にやり取りして釣り上げることができました。
サイズは可愛いですが、彼女には丁度良いサイズだったようです。
秋は絶好のファミリーフィッシング季節です。
皆さんも是非、海へ。
また一人、ヤイバファンが増えました。

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2014年09月30日掲載文

Vol.163 ☆チヌ釣り懇親会☆

9月28日(日)、北九州市苅田町の沖波止で行われた、つりまんファングループの懇親チヌ釣り大会に参加してきました(^-^)

当日は参加者33名で、なんと、あの1000釣法で有名な「池永裕二さん」がサプライズ参加されてました(^o^)

駐車場に止めた自分の車の横に、大分ナンバーの車が止まり、車を降りて準備しながら何気なくお隣さんに「おはようございます」と挨拶をすると「おはよーございます」と返ってきた声がなにやら聞き覚えのある声で・・・。
「ん!?」

チラッと横目で顔を確認すると・・・!!!

まさかの「池永裕二さん」でした(^o^)!

朝っぱらから興奮と緊張でいっぱいでしたが、今日の大会は第25回懇親大会ということで節目の記念大会らしく、池永さんもわざわざ大分から駆けつけてくれたらしいです☆

景品も豪華で、チヌ竿が一本、リールが2つ、その他諸々豪華商品が用意されてました!(^^)!

ルールはチヌ(キビレ含む)25センチ以上の2匹長寸。
5時出航の13時納竿。
場所は、苅田沖の長波止に33名全員であがりました。

港向きは堤防で沖向きにテトラが積んである場所なんですが、テトラ側は非常に足場が悪く、当然フラットな場所はなく、下りていくだけでも大変でバッカンはもちろん斜めになったりテトラとテトラの間にはめ込んだり・・・(^_^;)

しかし自分はどうしても沖向きで竿を出したかったので、必死に下りていきなんとか釣り座を確保しました。

朝は干潮止まりから上げ潮を釣る感じで、緩やかに右から左に流れる潮でした。

仕掛けは、最近ハマっている000号で直結部にG6のガン玉を1つ打ちハリスは1.5号でノーガン。浮き止めなし。針はもちろんケイムラチヌ、3号。

朝の数投はアタリもなく、ガン玉をG5に変えたり、ハリスにもG5やG6を打ったり外したり。針をケイムラチヌの2号に落としたり。

そうこうしていると、7時頃に待望の1尾目ゲットです☆

型は小さかったんですが、とりあえず釣れてくれてホッとしました(^-^)

その後もそんなにアタリはなく、あったとしても活性が悪いのか、ビミョーなアタリで、ラインがススス~っと引かれる程度です。

そのアタリに反応してあわせを入れますが、ギリギリ唇の皮1枚でかかってきて、タモ入れ直後に針が外れたりと、そんな感じでした(^_^;)

まさに、ケイムラチヌに助けられました(^-^)

餌取りもほとんどおらず、アタリがあれば本命なんですが、そのアタリ自体があんまりなく、10時ぐらいまでになんとか4枚釣り上げたんですが、その後はサッパリで沈黙の海となりました(T_T)

なんとかサイズアップをと必死で仕掛けを打ち返していると、12時頃にやっとアタリを捉えました!

グィーーンっとしっかり竿に乗った感じは結構な重量感!!

心の中では「優勝?」「大物賞?」の言葉がチラつきますo(^-^)o

ゆっくり大事にやりとりをしてスーっと姿を現したのは・・・まさかのデカボラ(ToT)

かなりデカいボラ(–;)

沈黙を破っての会心のあわせだったのでかなり恥ずかしく、サッサとすくってしまいたかったんですが、姿を見せてからのヤツは右にいったり左にいったり往生際が悪く、さんざん手こずらされました(>_<)

しかし、どんなに荒いやり取りをしても、ケイムラチヌは外れることなくしっかり唇を捉えていました☆

残り時間も少なかったんですが、最後の一投までしっかり集中して・・・何事もなくそのまま納竿となりました(^_^;)

港に帰って検量が始まり、表彰式です☆

とりあえず、規定枚数はクリアしてたので何か貰って帰れるだろうと表彰式を見守ってると・・・・

「第3位、鹿○さん!」

「ん!?」

「えぇぇっ!?自分ですか(°°;)!?」

検量に出したチヌは2枚とも40センチにも届かないサイズで、37センチとか36センチだったので、まず上位は期待してなかったんですが・・・(^_^;)

しかも、1位2位の方がそれぞれリールを取っていかれていたので、まさかまさかの竿を頂いてしまいました(^_^;)

さらに、1~3位までは景品とは別に集魚材を1箱頂けるようになってます☆

こんな感じでまさかの入賞をする事が出来ました!(^^)!

池永名人にも会うことが出来ましたし、つりまんファングループのリーダーの江藤さん、WFG常連の永田貞則さん、いつも楽しく明るいTFGメンバー等々、凄腕が揃ったメンバーと一緒に竿を出すことが出来て、とても充実した1日になりました(^-^)

次こそは必ず頂点を!!!

ぶっち様からのユーザーレポート

2014年09月06日掲載文

Vol.162 2014.8.31 広島プチ遠征

8月31日 広島県 牛の首フィッシングセンターに行ってきました。

今回の遠征の企画してくれたのは、クラブの若手2人がホームに招待してくれました。

深夜出発して、東福山の「タイム集合していざ渡船屋さんへイカダは連結いっぱいしてます。

釣り座を決定して釣り開始です。

今回は、僕が潮上でした。

僕の釣り座はかなりの低活性

オキアミはそのまま帰ってきます。

ガンガン流していって流していって7:30頃にやっと穂先はちょっとだけ持たれたのを掛け合わせて!

33cmのきれいなおチヌ様!

ヤバイヤバイ!

口の皮一枚!

「ライトニングX」

いい仕事してくれました。

その後あたりはなくなり・・・・

試行錯誤しながら8:15頃に2回目の当たりが

今回もかなり流して何とかGET!

その後は潮は滑っていくが、僕の釣り座では魚からのシグナルを感じられず。
昼寝をして場を休めるが・・・・
かわりな~し!

しやーないわ!って思ってたら納竿間際になって、急に潮の向きがかわったら団子に魚が触ってきます。徐々に雰囲気も上がってきましたが、残り15分では、結果を出すことはできず・・・

景色もよくいい釣り場でした。

岩本夢叶志様からのユーザーレポート

2014年09月06日掲載文

Vol.161 二枚潮の復習。

9月2日に鹿児島は錦江湾へとチヌ狙いで行ってきました。と言うのもこの前に雑誌の取材で来た時に、キツい二枚潮に手をやいたからです。当日の朝も、やはり上潮は左で底潮は右へと流れています。(綺麗な二枚潮)
底潮が左に変わった時と上潮が緩むか右流れへと変わった時にはアタリが取りやすくエサ盗り達がバンバン当たってきます。アジ子、アメウオ(ダイミョウサギ)サンバソウ(石鯛の幼魚)チャリコ等々。
中々流れがつかめない中沈めた浮きが底潮を捉えたかな?と思った時に強烈アタリ。やっとチヌが喰ってくれました。これでいいのかな?と半信半疑のまま釣り続けると、型は出ませんがアタリが取れる様になって来ました。この感じが分かっていたら前回の取材の時にもう少し頑張れたかな?と思いましたが、これも勉強です。
こんなヘタッピな僕でも頑張ってるという事で、なんと!今回初の表紙に載せてもらいました。さりげなくヤイバのアピールも出来、これからの秋磯シーズンに向けて又、頑張ります!

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »
page top