磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2014年09月04日掲載文

Vol.160 ☆長崎大村湾チヌ釣り☆

8月31日(日)、釣友と2人で大村湾にチヌ釣りに行ってきました(^-^)

自分は、今までチヌ釣りは、B~5Bの重い半誘導仕掛けでやってましたが、最近は000号や00号を使って全誘導沈め釣りにチャレンジしています☆

まずは000号、ハリス2ヒロのノーガンからスタートしました☆

針はもちろんヤイバの「喰わせチヌケイムラ」!

ポイントを作るために、撒き餌をドカ撒きしてから仕掛けを作ります。

1投2投とアタリなく、餌が取られません。
そして3投目・・・張り気味にしていた道糸に少し重みを感じたのですかさず鬼あわせ!!!

バイーンッと竿に重量感を感じます!(^^)!・・・・・が、まさかの根掛かり(T_T)

早速000号を持ってかれてしまいました(T^T)

気を取り直して00号で再スタート!

000号に比べ、馴染みも遅いので直結部にガン玉G6を打ってます(^-^)

いい感じに仕掛けが馴染んでいくと、アタリはないんですが付け餌が取られます。

餌取りだと判断し、もう少し早めに沈めていこうとハリスの真ん中あたりにもG6のガン玉を追加。

数投目でアタリが出たんですが、釣れたのはチャリコ~(^_^;)

しばらくチャリコと遊んでいると、今までとはちょっと違うビミョーなアタリが・・・!

勉強しない私は反射的に「ブォーン!」

「グィーンッ!」と竿に乗った感じは・・・またもや根掛かり(ToT)/~~~

00号ロストです(>_<)

心が少し折れかけたので、淡々と本命を釣り上げていた釣友の隣へ移動しました(^_^;)

釣友に状況を教えてもらい、気持ちを切り替えて再スタート☆

この日はあくまでも全誘導沈め釣りを課題としていたので、懲りずに000号でチャレンジです!

ウキの沈むスピードや仕掛けが馴染むスピード、針の号数などを自分なりに考えながら釣ってみました(^-^)

結果、昼までにメイタ多数と40クラスを4枚釣ることが出来ました(^o^)

だんだん暑さが増してきたので、とりあえず昼食タイムを取って、釣友と話し合った結果、車で10分ぐらい走った所へ場所移動しました。

お互いボチボチ釣れてはいたんですが、やはり50オーバーも釣りたいし、気分転換も兼ねて(^-^)

移動した場所は、竿3本先ぐらいから緩やかに深くなっているような場所で、遠投が必要な釣り場です。

お互いに1投目からアタリを捉えます!
型もボチボチ良く、2人でニンマリしていたんですが、釣れば釣るほどドンドン型が小さくなっていき・・・最終的には足裏サイズのメイタばかりになってしまいました(^_^;)

結局、休み休みしながら16時近くまで粘りましたが、お互い型を出すことが出来ずに納竿となりましたm(_ _)m

釣果は40クラスを7枚とメイタ多数でした。

デカバンには巡り会えませんでしたが、課題としていた全誘導沈めをなんとなく理解出来、ケイムラのアピール力、刺さりの良さなどを再確認出来たのは大きな収穫だと思います!(^^)!

しかしめちゃくちゃ暑かったなぁ(;´Д`)

皆さん夏の昼釣りは、暑さ対策を万全に☆

TAKESHI様からのユーザーレポート

2014年08月29日掲載文

Vol.159 ケイムラで仕留めたぞっ!!

久しぶりにレポートを書きます(笑)

前回の投稿はGWでしたね・・・汗

そんなことを考えると気温もだいぶ高くなり、何もしていなくても自然と汗が吹き出してきますね・・・

そんな中、お盆に実家の広島に帰省するついでに釣りに行ってきました(^^)
なにをいっているのだ?釣りをするついでに帰省しただけだろ・・・と思ったそこのあなた!!!!!すっかり見破っていますね(笑)

まずは通いなれた釣り場ということで広島市内の地波止へ遊びに行くことにしました♪

昨年、5回釣りに行って合計12時間釣りをしたのですが、その合計匹数はなんと120匹超えという異常までの魚影の濃さを誇るポイントです!

そんなポイントなので期待をしながら仕掛けを作ります!
タナは1ヒロ半から開始します。
針は喰わせチヌケイムラの3号を選択しました!

当日は曇りでサシエを目立たたせたかったのと、数釣りが予想されるのでまずは目立つ色で反応をうかがうため。
また、3号を選択したのは一番無難な号数でチヌが釣れてからかかりどころをみてサイズを変える目安をつけやすいからです。

開始3投目から30センチほどのチヌがあそびに来てくれます(^^)

しかし、それから15分ほど反応がありません。。。

これはどうしたものかな・・・っと針上に打っていたがん玉を取ることにします!
ハリスにまったくがん玉を打っていない状態です!

これでどうかな?と思っているとなじんだ仕掛けが横走りします!

アワセを入れ、ボラかな?なんて思ってやり取りをしていると竿を「ごんっ!ごんっ!!!」っと鈍く頭を振ります!
これはもしかしてもしかすると。。。うわぁ!!デカい!
計測の結果55.3センチ!!!

それからもケイムラで釣果を伸ばしちょい釣りだったのですが2ケタ釣果で帰省を楽しむことができました(^^)

峯山様からのユーザーレポート

2014年08月13日掲載文

Vol.158 伊王島釣行

こんにちは。

チームヤイバ長崎支部の峯山雄輔と申します。

今日、昼間に少し時間が出来たので伊王島の堤防へチヌ釣りへ出掛けました。

時間があまり無く11時~15時までの短時間勝負。
今日は大潮で釣り場に着いた時には下げ潮が緩に行っていました。
はじめは、タナを探る為、全誘導ではじめました。すると、竿一本ぐらいでアタリがあっていたのですがなかなか食い込まず半誘導に変え掛ける釣りに変更しました。
結果はMAX53㌢2.3㌔を頭に40㌢後半~50㌢程のチヌを五匹上げました。

竿…1号
リール…2500番
道糸…1.5号
ハリス…1.2号
ハリ…ヤイバ軽量チヌ2~3号
ヤイバケイムラチヌ2~3号
ウキ…0~B

あーちゃん様からのユーザーレポート

2014年08月13日掲載文

Vol.157 小サバに苦戦しましたが。

8月1日静岡県沼津市某所にチヌかかり釣りに行きました。
水深30mからの大型チヌとのやりとり。中層に群れた小サバに苦戦しましたが
なんとか20~40を12枚でした。
針は12枚全てヤイバストレート1号。
去年は年なしも1号でとりました。食い込み抜群で伸びや折れなども無く、か
かりも最高でいつも頼りにしてます。

ぶっち様からのユーザーレポート

2014年07月28日掲載文

Vol.156 2014.7.27 津久野 さかむらイカダ

今回は、さかむらイカダさんに行ってきました。酷暑で水温は、かなり高くエサ取りも高活性でした。

今回のポイントは、どれだけエサ取りをかわしてチヌの口にサシエを届けられるかでした。

ここの釣り場は、チヌ狙いの方は少なく飼い付けはされてないのでチャンスは少ないです。しかし、ハマれば良型~大型が連チャンすることも・・・

そんな期待をしながら、水深8M前後の筏に上がりました。朝一は、予想通りのエサ取りだらけ、ベら・ふぐが高活性でした。そんな中9時頃よりボラの団子あたりが出てき始めてしっかりと硬く団子を握って投入団子にボラ当たりが出てそのあとにしっかりとした抑え込む当たりをフッキング!小気味いい引きを味わって難なくランディング!
40cmの銀ピカチヌでした。

そのあとは、またエサ取りに翻弄されてしまい団子を打ち切って14:30に納竿をしました。

今回は、ライトニングX3号を使用しましたが、流石の貫通性でした

鹿内 圭太様からのユーザーレポート

2014年06月25日掲載文

Vol.155 ☆長崎市式見釣行☆

6月22日(日)、式見港より『渡船・いそかぜ』にお世話になり、平瀬のハナレに釣行してきました(^-^)

当日は雨及び時化の予報の為、どこの渡船も出航しないとのことだったので半分諦めていたんですが、もしかしたら式見なら・・・と思い、船長に電話してみると「船出すよ!乗れるよ!」とのこと!(^^)!

かなり久しぶりに式見、いそかぜにお世話になりました(^-^)
というのも、式見は予約制ではないので、磯に乗ったもん勝ち・・・みたいな感じなので、良い場所はほとんど常連さんに持っていかれるので、日曜日休みで単独釣行の自分はなかなか足が向かない渡船なんです(^_^;)

でも当日は、場所はどうあれ竿が出せればいいか!的な考えだったので、玉砕覚悟で行ってきました(^-^)

しかし、式見の事前情報では、どこも豆アジが湧いているとのこと(T_T)
釣りにならんかもなぁ~と思いながらも港に向かいます。
朝4時半に港に着くと、とりあえず人影なし!
5時出航予定なので、今からバタバタやってくるのかと思いきや・・・結局朝一は自分の他に5人組が1組とルアーマンが2人の8人で出航となりました~(☆。☆)

自分以外の皆さんは平瀬本島に下りたので、その横にある、潮位ギリギリ乗れそうなハナレに乗せてもらいました(^-^)
自分「ハナレ乗れますかね?」船長「あんた次第たい!」自分「もう下げ潮に入っとるけん、大丈夫でしょ?」「・・・バカ波のこんならね!」・・・(^_^;)
らちがあかないんで、危険を感じたらすぐ電話します!と一言言って下ろしてもらいました☆

チャラン棒も持ってきていたので、道具をしっかり固定して、しばらくは道具の近くで様子を見てました(^_^;)

思っていたほど時化てもなく、風も気にならない程度だったので、先端にて釣り開始☆

本日使用した針は「サイト尾長6号」「くわせグレケイムラ6号」

アジが湧くまでの朝マズメが勝負だろうと一投目から集中・・・☆
はい!きました!(^^)!

なかなかの重量感でしたが、手前に寄せているうちに一気に突っ込まれ・・・
あえなくラインブレイク(T_T)

初めて乗る磯だったので、沈み瀬の様子がよくわからない(>_<)

2投目、3投目と続けてヒットしてきたんですが・・・バラし連発(≧Д≦)

釣り座を沖向きから港向きに変えて気持ちを入れ替えました(^_^;)

明るくなってから沖向きの海中を見てみると、大きく沈み瀬が張り出してました(T_T)

こりゃ、取れんばぃ(T_T)

というわけで、納竿の3時まで終始港向き、横向きで釣ってました(^-^)

事前情報と違って、この日は豆アジの姿を見ることはほとんどありませんでした(^o^)

下げ潮の午前中はバリの連続でたま~に足裏サイズのクロが釣れてくれましたが、11時ぐらいから上げ潮が動き出すとクロの活性が上がり、たま~にバリが釣れる感じで楽しめました!(^^)!

結果、尾長の41センチ1.2キロを頭に40、39、36、36の5枚と足裏多数の釣果でした(^_^)/

釣果のほとんどが尾長でしたが、一度も針を飲まれることなく、しっかり口掛かりしてくれてました☆

サイト尾長、ケイムラはしばらく手放せないアイテムとなりそうです!(^^)!

鹿内 圭太様からのユーザーレポート

2014年06月06日掲載文

Vol.154 梅雨グロ調査釣行☆

5月31日(土)、長崎市伊王島の沖の平瀬に釣行してきました

事前情報では、日ムラはあるがキロクラスの尾長と口太が混ざりながらぼちぼち釣れている、とのこと。

当日はベタ凪微風という予報だったので、暑さ対策だけしっかり準備して挑んできました(^-^)

沖の平瀬は、特に梅雨時期はデカ尾長が出没するので人気の磯なんですが、当日はなんと自分を入れて3人!

他の釣り人は裸瀬に4人、口の瀬に4人、沖の平瀬のハナレに2人でした☆
渡礁後2人組の方と話をして、自分は伊王島向きの釣り座に、お2人はハナレ側に(^-^)

今回使用した針は「サイト尾長の6号7号」「尾長グレリズム6号(オキアミカラー)」

激熱の朝マズメを逃すまいと、バタバタ準備をしましたが・・・、そう上手くはいかず・・・アタリなし(T_T)

餌取りはチラホラ見えるんですが、そんなに多くもなく、風もなく、潮もいい感じに流れ・・・・!

はい、来ました!(^^)!本命~☆

サイズは小さかったんですが、とりあえずホッとしました(^_^;)

しかし、ホッとしたのも束の間、上げ止まりの9時半過ぎまでノーフィッシュでした(T_T)

気持ちを入れ替えるために早めの昼食を食べ、まだ残ってる撒き餌に、あと半日分の撒き餌を追加して混ぜ混ぜ~♪

釣り座を、駆け上がり側から裏側にチェンジして後半戦をスタートしました☆

うっすらと見える沈み瀬周りに、上手く仕掛けを流して馴染ませてやると・・・♪
35センチクラスのキープサイズをゲット!(^^)!

パターンを掴んで同サイズを連続ゲット!(^^)!

下げが動き出してからは、コンスタントにアタリがあり、納竿の15時までに口太46センチ1.5キロを頭に10枚の釣果でした(^o^)

10尾のうち、本命の尾長は2尾と撃沈しましたが、なんとか口太さんが助けてくれました(^_^;)

日中、沖平名物デカバン尾長の乱舞も見ることが出来ましたが、ヤツらに一切口を使わせることは出来ず、見えているだけにモヤモヤさせられました(T_T)

いずれ、ヤツらを退治したいと思います(*`Д´*)

そんなこんなで、尾長にはフラれた釣行でしたが、楽しい1日となりました(^o^)

あぁ、やっぱり釣りは楽しいですねぇ(*^_^*)

松野 徹様からのユーザーレポート

2014年05月30日掲載文

Vol.153 東北の海より

東北も日本海では、既にチヌのノッコミは始まっており、釣友からは景気のいい話がどんどん聞こえてきます(^-^)

私もゴールデンウィーク以降、何度か良い思いをしました(^-^)
今回は、地元の海での釣行をお届けします。
前回3週間程前に1度チャレンジしたのですが、予想通りのボウズを喰らい、今回もちょっと弱気の釣行です(^_^;)

コマセの準備を終え、10杯程撒いて仕掛け投入。
何度か打ち返しますが、付け餌が原形のまま戻ってきます。
餌盗りも全くみえず、時折ボラが横切る位で、魚からの応答はありません(^_^;)

投入場所を変えたり、タナをまめに変えながら海に向かってお祈りしていると、
シモり気味のウキが急加速し待望のアタリが!
綺麗に竿を曲げてくれながら、無事タモに収まってのは、今季初の地元のチヌ(^o^)

まだ早いかなあとの思いがあったので、嬉しい一尾になりました。
残りのコマセを使い切る直前に、もう一尾同サイズを揚げて納竿にしました。

岩本夢叶志&比呂志様からのユーザーレポート

2014年05月26日掲載文

Vol.152 プライド オブ フィッシャーマン。

5月25日、いつも休みは雨模様で近場のチヌ釣りばかりでしたが、この日は晴れ。翌日は大雨の予報。一日ズレてくれたと早速宮崎の南に位置する都井岬の船頭さんへ電話。するともう夜釣りへ移行し昼釣りは2組だけとの事。予約を入れ気合いも入れ当日を迎えました。「エサ盗り多いぞ。」の船頭さんの言葉に「覚悟してます!」と笑いながら磯へと降りるとマキエもしないのにウヨウヨと木っ端達が磯回りに出てきました。
息子はプロフェッショナルグレ.ミドルの5号、私は6号でサイズアップ!を合い言葉に釣りスタート。まさに木っ端は入れ喰い状態。しかし、呑まれず針を外す手返しの速さで私が一歩リード。その木っ端を下から蹴散らし喰い上がった尾長を釣って息子が優勢に。が、潮裏のワレからクチブトを喰わせ私が逆転と、久し振りの磯を思いきり満喫出来ました。
野性馬も放牧されている都井岬の地方からポン!と離れている磯ですが、グレ、チヌ、イサキ、シブダイ、青物等も上がる素晴らしい所なのです。が、昔ここに原発が出来る予定だったのです。地元の方や釣り人、サーファーの方々の活動のお陰で風力発電の方へと替わって行く様です。この雄大な恵まれた自然を、子供や孫の世代にも残していかなくては。釣る為、勝つ為だけで無く自然を汚さないプライドを持って遊ばせてもらいたいですね。
「プライド オブ フィッシャーマン」私の好きな言葉です。

神谷様からのユーザーレポート

2014年05月26日掲載文

Vol.151 磯

最近沖縄県与根漁港で皆さんが食い渋る中、
小さいながらも25センチのチヌを手にした。
針は刃のダブルエックスチヌの2号を使用しての釣行。
最初はG社の針を使ってたが、刺さりが悪くヤイバさんの針に変えた。
そしたら針を変えて一投目で25のチヌをゲットした。

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »
page top