磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年11月
« 3月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 11

三上大輔様からのユーザーレポート

2020年11月20日掲載文

Vol.268 真夏の赤黒狙い

渡船で午前中勝負のチヌ、真鯛狙いで沖磯へ行って来ました。
竿2本の固定で開始早々にウキが勢いよく入り合わせると重量感のある引きに慎重に対応。
姿を見せてくれたのは綺麗なチヌだったのでとりあえずは一安心。
しかしその後はサバの群れが入り苦戦。
それでもポイントを絞り繰り返し狙うとヘダイを追加。
餌取りが消え付け餌が残るようになり、真鯛ではと丁寧に釣りをするも食わせる事が出来ず。
それでも粘ると今までに味わった事の無い引きが。
吊り上げたのはハタ!?かと思いきや検索するとクエでした。
その後はメイチダイを追加して納竿となりました。

小島桂太様からのユーザーレポート

2020年11月20日掲載文

Vol.267 秋の磯釣り

季節は秋となり磯釣りの釣果も聞こえ始めると、居ても立っても居られず10月28日(水)徳島県海部郡牟岐町ある牟岐大島に行ってきました。
朝6時に牟岐港を出港し、6時30分に運命の磯割抽選、結果は17番と裏周りのモモオチという磯に渡礁しました。

 磯に上がり、仕掛けの準備を始めます。道糸、ハリスともに1、75号、ウキはLサイズ00号にガン玉7号を打ち、針はヤイバグレX閃烈グレ6号としてウキ下2ヒロ半からスタート、足元に餌を撒くと小さいエサ取りが大量に湧いて出てきたので、厳しい釣りになりそうな予感がしてきました。
 潮は右から左沖に流れており、手前にエサ取り用の餌を撒いて、その10m沖に少量の餌を打ちそれに合わせて流しエサを回収するとエサがそのまま帰ってきたので、ハリスの真ん中にジンタン8号を追加し仕掛けが馴染むとゆっくりと沈んでいき張りながらさらにゆっくりと探っていくと、ウキが少し加速をつけて海中に消えていったので合わせると30cm程のグレが掛り、抜き上げようとしたら、針が抜けて逃げて行ってしましました。

 残念ながら最初に魚は逃げてしまいましたが、魚の反応は良さそうなので同じように、まき餌を分離させて流していくと、今度は手元にバチンとくる当たりがあり、やり取りを行うと魚は沖に走っていくので、ハマチかなと思いながら魚を寄せてくると針にかかっているのは、なんと、30cmほどのスマガツオ、今度はタモを使って無事に取り込むことができ、口には閃烈グレががっちりと刺さっており、美味しい魚を取りことができました。同じように流してさらにもう一匹追加したところで、エサ取りに大型のイズスミがでてくると、魚の反応は無くなったので、今度は深い棚を狙おうと、Ⅿサイズ2Bのウキに2Bのガン玉を打ちウキ下を4ヒロ半変えて沖の深場を探っていくと、30cm弱のイサキが3匹釣れたところで、潮が反対に流れ出すと魚からの反応は無くなり、しばらく我慢の釣が続きます。

 少し休憩をとり、釣りを再開しエサを撒くとイズスミは海面近くまで浮き上がっているが、グレは見えなかったので仕掛けを朝の仕掛けに変えてウキ下を1ヒロ半にして浮き上がっているイズスミの下を狙い流していくが、釣れてくるのはアイゴとサンノジとグレからの反応は無いので、ウキをLサイズからMサイズに変えて下を2ヒロ半にして流していくが仕掛けが馴染んでいないようなので、ハリスにジンタンの8号を追加し針をヤイバグレ5号の細く軽い針に変えてウキが見えなくなるまでゆっくりと沈ませて狙っていくと、バチンと当たりがあり慎重にやり取りを行い取り込んだのは、本日最大のスマガツオを釣り上げて納竿の時間となり本日の釣りは終了となりました。

 今回は良型のグレは次回の持ち越しとなりましたが、閃烈グレヤイバグレスリムの針のおかげで美味しいスマガツオとイサキを釣ることができました。

三上大輔様からのユーザーレポート

2020年11月20日掲載文

Vol.266 南房総の梅雨グレ釣行

コロナウィルスに依る移動自粛や仕事上の都合から数ヶ月ぶりの釣行になりました。
7月21日潮回りは大潮明け方が満潮の朝まずめの梅雨グレ狙いに、千葉県南房総市の地磯ヘ蜜を避けての短時間釣行ヘ行って来ました。
久しぶりにできる釣りに感謝しつつ入念に仕掛けを段取り、今回はYAIBAケイムラグレ4号から7号までを使用しました。
先ずは開始早々にイサキが気持ち良く竿を曲げて楽しませてくれました。
そしてすぐに勢いよく仕掛けを消し込む当たりと久しぶりに味わう強い引きに少々戸惑うも、無事タモ入れしたのは小型のシマアジでした。
本命のグレは手のひらサイズが多く苦戦しているとまた強烈な引きを魅せてくれたのは、小型のフエフキ。
初めて見る魚に興奮しつつも、本命であるグレのサイズアップを狙い根気よく攻め続けると今までとはちょっと違う手応えに慎重にやり取りして30弱の尾長。
直ぐに中型の口太を追加するも潮止まりとなり納竿となりました。
今回の釣行は食い渋る魚も多い中ケイムラグレが海中でアピールしてくれたお陰で得た釣果でした。
今後もコロナウィルスの感染拡大の状況や自治体の動きを把握しながら、感染させない、しないように対策をしてまた楽しく釣りができればと思います。

1 / 11
page top