磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2020年03月30日掲載文

Vol.265 ☆南九十九島釣行☆

3月29日(日)、沼本商店さんにお世話になり、のっこみチヌを求めて南九十九島に行って来ました。

船長お任せで上がった場所は松浦島の「チョウランのマルヒ」?というところ(^_^;)

雰囲気は抜群です☆

朝イチの仕掛けは、00号のウキにG5の三段打ち。

自分は、付け餌にダンゴをメインに使用するので、針は短軸の「グレリズム」7号をセットしました。

グレ針ですが、よくチヌ釣りでも使用させてもらってます☆

短軸なのでダンゴがつけやすく、刺さりも抜群なので重宝してます☆

朝イチは、船長オススメのワンド側に釣り座を構えます。

しかし・・・1時間・・・2時間・・・3時間・・・反応がありません(T_T)

しびれを切らして沖向きへ移動。

多少横風が気になりますが、下げ潮がゆっくり右へ流れてるので、潮の中へ仕掛けを投入。

この時、針を「プロフェッショナルチヌ」ミドルの3号へチェンジしました。

潮の流れがないワンドみたいな場所を釣る時は、なるべくベタ底を意識して短軸の針でダンゴを多用するんですが、潮の中を釣る時は、オキアミやボイル等を使用することが多いので、軸長のプロフェッショナルチヌをよく使ってます☆

気持ち的には真鯛でも来ないかなぁ~と仕掛けを流していると・・・・・バチバチバチーッ!!

「ホントに真鯛が来たんじゃない!?」と思わせる程のアタリが手元まで来ました!

慎重にやりとりをして、上がってくるまでは完全に真鯛だと思っていたんですが・・・顔を見せたのは45センチぐらいの本命のおチヌ様でした☆

真鯛かと思っていただけに、嬉しいやら残念やらでちょっと複雑な心境でしたが(^_^;)

これを期に、連チャンとまではいきませんでしたが、納竿の15時までにポツリポツリと釣ることが出来ました。

九十九島はこれからが(もう既に?)のっこみチヌの本番だと思うので、また通ってみたいと思います☆

原 義幸様からのユーザーレポート

2020年03月23日掲載文

Vol.264 乗っ込みのチヌを求めて

去る3月8日(日)
乗っ込みのチヌを求めて、自身初となる長崎県の南九十九島へ。

午前6時、瀬渡し「竹内商店」で出船。
美しい島群を眺めながら、「長南風島」と言う磯に上礁。
船長さんが、上げ潮、下げ潮のポイントを丁寧に教えてくれました。

当日は午前8時が満潮の為、急いで仕掛け・撒き餌を作り、
船長お勧めの上げ潮ポイントに入りました。

仕掛けは00号のウキに、針は「カン付チヌ」(2号)をチョイス。
この針は抜群の食い込みの良さと結束強度の強さで、筆者のチヌ釣りでは欠かせないアイテムとなっています。

撒き餌を多めに撒き、オキアミの付餌での第1投目。
反応なし…。
2投目、付餌をダンゴに変えて誘いを掛けるとガツンと明確なアタリ。
ズッシリとした重量感と強い引きに耐えながら慎重にやり取り。
無事、タモに収まったのは、50センチの本命でした。

「カン付きチヌ」がしっかりと喉奥を捉えていて、
改めて吸い込みの良さと刺さりの良さを実感しました。

その後もアタリは止まることなく、メイタを含め、合計7尾の数釣りを堪能することができました。

船長のアドバイスと「カン付きチヌ」に助けられた釣行となりました。

風光明媚な南九十九島。又、近いうちに出かけてみたいと思います。

1 / 11
page top