磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

チームヤイバ兵庫支部 中溝明利様からのユーザーレポート

2017年10月31日掲載文

Vol.243 マッスルチヌを狙って林崎漁港の波止に行ってきました。

台風あとの10月27日、激流育ちのマッスル チヌを狙って、明石の林崎漁港の波止に釣行して来ました。
当日は、夕まずめを狙って現地到着13:00、潮は満潮に向かって右から左側へ、速い流れ、先まき撒き餌を潮上に充分に撒き、仕掛けは
速い流れ考え、針は自重の重い、ヤイバX チヌ ヘビー2号、ハリス2号
1.5ヒロにガン玉無しでスタート、撒き餌を充分に打ち、ガン玉追加等
仕掛け調整するも当たり無く30分が経過して、ここで針を思い切って
自重の軽いヤイバXの閃刀チヌ ミドル2号に変更して、さし餌が
ゆっくりフォールして落ちるイメージで、ガン玉無しのフカセでスタートして3投目にウキが消し込まれ、合わせると1.5号のがま磯が絞り込まれる引きで、上がって来たのが、40㎝以上の良型、軽いヤイバXの閃刀2号に変える作戦が当たった嬉しい一尾、気を良くして夕まずめまでに一尾追加して2匹の釣果でしたが、針の選択が当たった事、ヤイバX 閃刀ミドル2号大活躍でマッスル チヌとファイト!出来て満足の1日でした。

当日仕掛け、針 ヤイバX 閃刀ミドル チヌ 2号 ヘビー2号
道糸2号、ハリス2号、ロッド がま磯1.5、リール2500LBD

撒き餌レシピ 湾チヌ ツー、MP、白チヌ、オキアミ3Kg

チームヤイバ福岡支部 柳池 正博様からのユーザーレポート

2017年10月19日掲載文

Vol.242 秋磯のグレを求め五島列島へ

去る10月8日(日)、秋磯のグレを求め五島列島へ。

あじか磯釣センターの「ブラックヘリオス」にて中五島・中通島の奈良尾周辺の磯を目指します。この時期には、釣り人があまり入らないエリアです。

 

渡礁後、同礁者としばし会話を楽しみ、夜明けと共に釣り開始です。仕掛けを入れると第3投目で尾長グレの30センチがヒット。幸先良いスタートでしたが、その後は手の平サイズから25センチ位のリリースサイズのオンパレードです。サイズアップしないため、ツケエの動きに変化を付けるべくハリを「閃烈グレ(ライトピンク)」(6号)から「ケイムラ」(5号)、そして「渋グレ」(6号)とハリをローテーションしながら30センチオーバーの尾長グレを5枚キープした所で、見回りに来た船長に瀬替わりを依頼しました。

 

魚影の濃い五島列島ですが、船の瀬付け直後は、グレの活性が低いので「渋グレ」(6号)からスタート。若干、潮の流れが早い為、しばらくはツケエが残ってきていましたが、潮の流れが緩むと口太の35センチがヒット。それ以降は、魚の活性も上がってきたようで30センチの口太が釣れ出しました。しかし、五島列島のポテンシャルからして物足りなさを感じるため、更なるサイズアップを狙いツケエの芝エビのむき身が付けやすいようにハリを再び「閃烈グレ(ライトピンク)」(6号)へ。その直後、今までとは違う激しいアタリが。ドラッグから一気にラインが出て行きます。最初の引きを交わしたところで竿を立ててみると不覚にも根に潜られてしまいました。上がった磯は大型瀬渡し船も瀬付けでき、水深があると思い安心していましたが、海底に安全に隠れられる根があったようです。

 

これでこの磯の最大の特徴が分かったので気を取り直して釣りを再開。40センチと35センチの口太を追加でキープした後、再び重量感があるアタリ。ドラッグからラインが出るため、今度はドラッグを手で押さえて強引に根から引きずり出し、ハリスに傷が入っていることを想定し、慎重にヤリトリ。タモに収めたのは45センチオーバーの口太でした。その後も状況により、ハリをローテーションしながら、グレの数釣りを楽しみました。

秋磯から始まるグレ釣りシーズンを優れたヤイバのハリによって、素晴らしいスタートを切る事ができました。

 

*今回のハリ以外のタックル

・ライン:「フリクションゼロ」1.75号

・ハリス:「ゼロアルファ」 1.7号

・ウ キ:「エイジアマスターピースLC 02」

「フローズ 02」

IMG_1076 IMG_1071

中溝明利様からのユーザーレポート

2017年10月12日掲載文

Vol.241 マルキューM-1チヌ、セミファイナル今治大会に行ってきました。

晴天、猛暑の中、29年10月8日.マルキューM-1チヌ、セミファイナル愛媛県今治大会に挑戦してきました。当日は各地の予選を勝ち抜いた
凄腕78名が集い、30㎝以上のチヌ5匹の総重量で競います。まず抽選で引いたゼッケンが74番で二番船に乗る事になり6時30分出船の予定が、なんと8時過ぎに出船する事に、それから一時間ほど走り順番に磯渡し、丁度干潮だった為、干満差3mの高さまで荷物を上げるのに一苦労、高いところから磯周り、海上を見ると予想以上の激流に、張り出したシモリ、取込み場所も狭く手強い磯だが気合を入れて釣り開始
激流対応で針はプロフェッショナル ヘビーチヌ2号に000のウキ、ハリス1.5号でスタート、潮上に撒き餌を充分に打ち第1投はオキアミからスタートするもエサ取りが凄い、大きめの練り餌で沈めて行く作戦に変更、30分ほどで撒き餌が効いてきたのか?ラインが走り上がってきたのは、43㎝のチヌ、これは行けるかもと集中するも当たってくるのは30㎝無しの小チヌ様、数は7匹でしたが型に恵まれず、タイムアップとなり、残念な結果でした、来年まで練習してまた挑戦したいと思います。

今回の仕掛、針ヤイバチヌヘビー2号3号プロフェッショナル
ロッド1.2号 5m 、リール2500LBD 道糸1.5 ハリス1.5

撒き餌レシピ・ オキアミ3kg二枚、 袋エサ MP DASH チヌベスト
白チヌ ナンバー湾Ⅱ 各一袋
激流対応に比重の重い物を手混ぜ、充分に粘りだし底まで届ける
作戦に手ごたえ感じました。

1 / 11
page top