磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 / 11

傘谷秀人様からのユーザーレポート

2016年04月25日掲載文

Vol.218 ヘダイ地獄の一瞬の隙

こんにちは!かかり釣り部阪奈支部の傘谷です。
4月19日に休日出勤の代休をもらい、三重県紀伊長島海野の
井谷水産の海野前カセに単独釣行してきました。

ここは、ほぼ熊野灘の外洋に近く、前々日の爆弾低気圧通過の
名残で当日は、かなりうねりが残ってました。

モーニングはやらずにダンゴ釣りでスタート。
朝から活性はまずまずなのですが、底近辺にはカワハギ、ヘダイが
ダンゴにうじゃうじゃ寄ってきているようです。

オキアミ、ボケを中心にダンゴで落としますが、エサはダンゴから
抜けると瞬殺状態で外されます。
針を食いのいい閃刀チヌから最近のお気に入りのダブルエックス
チヌに交換するとオキアミもボケもしっかり針に固定され、
アタリがとれるようになりました。
ダブルケンの効果は予想どおりでした。

まずはおいしいお土産の25cm級のカワハギを強引にかけます。
続いて、手のひらサイズのヘダイがぽつぽつと。

午後に入り、ヘダイがカセ周りの海底一面に大群が寄ったのか
一時入れ食い状態になり、これは弱りました(笑)
30枚ほどヘダイをあげたでしょうか?

4時ごろに急にヘダイがおとなしくなり、エサが残るように
なりチャンスとばかりに集中すると穂先が波の動きと同調せず
おかしいなと思い両手で竿を持ち閃光一閃、上に振り上げたら
ガツン!で42cmののっこみばりばりの綺麗なチヌ。

まだいると思って大きめのオキアミを小さいダンゴにくるんで
落とすとまた波に同調せず穂先はやや下を向いた状態のままで
そーと穂先に聞いたときに穂先が海面につきささる快心のアタリ。
今度は43cm。

その後またヘダイが戻ってきて3-4枚で終了。
ここは良型の真鯛も多く、ケイムラも用意していましたが
この日は出番はありませんでした。
真鯛にはこのケイムラが活躍してくれるんですよ。

大ふへん者様からのユーザーレポート

2016年04月13日掲載文

Vol.217 釣り女!聴覚障害を乗り越えて! 大勢の仲間でサポート

皆さま初めまして!聴覚障害をもつ女性アングラーさんが
初ヤエン 初アオリ やってくれました‼️

4/10伊勢方面にアオリイカ釣行して来ました
今回の釣行は‼️
去年からFB(フェースブック)で友達になった正子さん
(聴覚障害を持っている御方です)が
アオリイカを釣りたいと言う希望を聴き その希望を
叶えるべく FBの有志で去年年末あたりから計画しておりました!
メンバーは FBザ・フィッシングのメンバーで
懇意にさせていただいてる方達と 色々
意見を言い合い今回と 五月を 目処に
絶対釣らせると皆んなで言い聞かせ
見事に 釣って頂けました!
何せ ヤエン釣りは 視覚 聴覚 感性 集中力が
必須と 思います!
健常者でも あたりは ドラグ音に頼る事も
多々有ります
そのハンデを 同磯に私と 赤森氏 渋木氏で
耳目となりヤエン釣りにチャレンジして頂きました!
そして 当日 水温が下がったのか思った以上に芳しくなく
4人で あたりはわずか3回!とても厳しい状況です
釣行前にサポート3人の竿にあたりが来れば
全て釣り上げるまで その女性にやり取りをして貰い
釣って頂こうと取り決めました!
一回目のあたりは ヤエンの掛かりが浅かったのか
無情にもバラシ!暫くあたりも 生命反応も無い
いたずらに過ぎゆく時間! 下げ一杯あたりで
待望のあたりが 赤森氏の竿に来ました!
じっくり食べさせ ヤエン投入をサポートして
じっくり時間を掛けて ヤエンを送り込み
見事フッキング! 横でパントマイム張りに
もっとゆっくり いや、もっとゆっくりと
自分達のやり取り以上にハラハラドキドキ
数分ののちに アオリイカが姿を見せました
何せ初めて烏賊を釣った女性です
ランディングの時の アオリイカの姿勢も
へったくれも無い 私には想定外でしたね
何せ垂直になってます これはヤバイな!
ギャフちゃうし よく見えない焦る中
見事キャッチ! 安堵と不安が入り交じる中
喜びの笑顔! 男3人本当に喜びました

本当におめでとう 正子ちゃん!
よくやって頂けました!

何せ女性相手なので色々難しい所も有ります
其処を大西 満里子様には大変お世話になりました
普段よりLINE等で色々アドバイスやコミュニケーション
等 ありがとうございます
素晴らしき仲間に感謝‼️
しかし 普段の三倍は疲れましたwww

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2016年04月01日掲載文

Vol.216 ☆長崎県福島チヌ釣り懇親大会☆

 3月27日(日)、TFG(釣りまんファングループ)の懇親チヌ釣り大会に参加して来ました☆

 

場所は、長崎県松浦市の福島で「秀吉丸」さんにお世話になりました!

 

朝5時出船の13時納竿です。

 

参加者は17名で、くじ引きの結果9番を引きました。

 

1便で最後の渡礁です。

 

同礁者は、福岡グレ競友会でバリバリ活躍されている「岡本みどりさん」です<(_ _)>

 

自分たちが上がったのは『弁天島』というところ。

 

初めての場所で、ジャンケンの結果自分が船着けから、みどりさんは右側に入りました。

 

どう見ても、自分が入った場所が本命ポイントなので、場所交代までの時間が勝負だろうと思い、集中して釣ります!

 

今回使用した針は、いつも愛用している「稲妻チヌ」2号をチョイスしました☆

 

自重もあり、刺さりも抜群でいつも助けられてます!

 

釣り開始から1時間ぐらいが経過したころ、撒き餌が効きだしたのかラインがススゥー・・・☆

来ました!35センチぐらいの本命です(^-^)

 

今日のルールは、チヌ2枚の長寸で、キビレチヌはナシ。チヌオンリーの勝負です!

 

とりあえず規定枚数を揃えたいところなので、同じ仕掛けで同じ場所を流してみますが・・・エサはとられるもののアタリがハッキリ出てくれません。

なので、針の号数を下げ稲妻チヌの1号に変えた1投目・・・バチバチーッ!

 

元気いっぱいの本命ゲットです!(^^)!

 

こんな調子で場所交代までに5枚ゲット出来ました(^o^)

 

一方同礁者のみどりさんは、朝一に一発かけますが・・・不運にもキビレチヌ(T_T)

その後は厳しい釣りを強いられてました(>_<)

 

 

その後、場所を交代して釣りを再開しますが・・・エサすら取られない厳しい状況(>_<)

 

しかも正面から強風が吹き出しました。

 

程よく潮は流れているんですが、水温が低いためか流れの中にチヌの気配は感じられません。

 

さらに潮が満ちてきて足場がなくなってきたので、ここで釣り座を移動。

 

同礁者の邪魔にならないように裏手に回ったところに釣り座を構えました。

 

そこは足場が高く、5メートルのタモがギリギリ届くかどうかという感じ。

 

でも、背後から風を受けるようになるので釣りやすいかなと考え、その場所で最後まで粘ることにしました。

 

上潮はゆっくり右に流れながら当ててくるんですが、底潮はほとんど動いていない感じです。

 

なので、針を「遠投フカセモード」の2号に変え、大遠投釣法☆

 

仕掛けが着底したら1、2分ほど待って誘いを入れます。

 

それを4回ほど繰り返すと足元の沈み瀬まで仕掛けが来るので回収します。

 

こんな感じで納竿までに何とか本命を3枚追加することが出来ました!(^^)!

 

誘いを入れて、付け餌がフォールしている時にチヌが喰ってくるパターンが多かったように思います。

 

普通の針では、誘いを数回入れたら付け餌が外れてしまうこともあるので、遠投フカセモードの付け餌が外れにくい特性を生かせた釣り方だったと思います☆

 

感謝感謝です(^o^)

 

さてさて順位ですが、数はそこそこ釣れたんですが型を出すことが出来ずに、2匹長寸81.9センチで7位でした(T_T)

 

 

でも当日は、針ハズレやバラしなどは一度もなく、かけた魚は全部とれたのでヤイバへの信頼度がますます増した釣行になりました(^-^)

1 / 11
page top