磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2015年6月
« 5月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
1 / 11

池田知史様からのユーザーレポート

2015年06月25日掲載文

Vol.202 鵜来島リベンジ釣行

はじめまして。FIELD STAFFである居酒屋春団治の樫原氏にお世話になっています池田です。よろしくお願いします。

樫原氏との鵜来島釣行から二週間、毎日のように鵜来島への想いを募らせ、「納得いく釣果でなければ、二日釣り」を合言葉に、6月13日、相棒である石川くんと、高知へ車を走らせました。結局は二日釣りとなったのですが…

 

初日、前回の釣行と同じく、朝釣が本島カメ周り、半夜釣りが軍艦周りの通し釣りで柴田渡船さんにお世話になりました。船頭さんに、「尾長場におろして!」と一言。船頭の目に一瞬の凄みを感じたかと思えば、うなるエンジンは実績のある一級磯の「ミツバエの低場」への渡礁。

 

樫原氏と同様、自分と尾長への男道、ヘビータックルでの挑戦です。磯際、あるいは数メートル先の沈み瀬に狙いを絞り、二人とも集中力を切らすことのない釣りでしたが、尾長のあたりはなく、口太、イサギ数匹の釣果。

 

午後からは、二人の悔しそうな顔を察したのか、船頭の目はさらに凄みのある眼で、「池田さん、グンカン行くか?」と一喝。私は「お願いします」の即答。

感謝の念と期待を胸に、名礁「グンカン低場」でのリベンジとなりました。

 

潮は下り、ヒデバエとの真ん中を流れる潮筋も現れ、潮先には湧きグレ、撒き餌に反応したのはウスバ。しかしその奥には巨グレの姿。気合のスイッチをON。

 

竿:インテッサG-Ⅳ175-53、リール:TOURNAMENT 2500HLBD、道糸:レグロンソフト・レオモーツァルト4号、ハリス:Vハード3.5号、針:Sight尾長・ミドル(白)8号、ヘビー(白)7号、

 

一投目、潮筋に道具がなじんだところで気持ちよくウキが反応。「マジかよ」と心のなかで叫び、完全に尾長モードで竿を合わせたものの、浮いてきたのは良型イサギ。二投目、三投目と次から次へとイサキ。狙いを磯際に変更するも、結果はイサキ。尾長モードのはずが、気付いた時には、クーラー七分目のイサキ。試行錯誤を繰り返すが結果はイサキのオンパレード。相棒の石川くんも次々にイサキを連発していたようである。途中、雨が降り出すものの、もう一人、同じく渡礁していた鵜来島常連さんとで釣り座を交代しつつ尾長を狙うが、尾長の釣果はありませんでした。しかしながら、さすが名礁。どの釣り座でも竿を曲げ、ポテンシャルの高さを感じた一日でした。樫原氏の勧めもあり、Sight尾長をセレクトしての釣行で、残念なことに尾長を釣ることはできませんでしたが、イサキの口元へのフッキング、また、差し餌への差し易さなど、私の釣行に大きな助けになりました。

二日目につづく…

 

 

宿泊は柴田渡船さんの段取りで「旅館 金澤」のお世話になりました。女将さんが映画「パーマネント野ばら」にパンチパーマで出演したとか…パンチって(汗)

ゆっくり風呂に入って、おいしい食事をいただくのも、二日釣りの楽しみのひとつである。備え付けの頼りなさそうな目覚まし時計をセットして、缶ビールを飲み干した時には二人とも爆睡していた。

二日目の出船は午後四時。

天気はあいにくの雨。泊り客優先ということで、「どこでもどうぞ」とのことだったが、夜釣りの情報でグンカン周りはサメで釣りにならないらしいので、「チョボ」と「チョボの奥」にて、再びリベンジ。潮はゆっくりグンカン方向に流れ、若干当て潮ぎみ。磯際にポイントを絞って尾長を狙い撃つ。しかし、尾長の姿はない。

ここでは、かなり良型のイサキを連発。昨日の影響か、頭の中はイサキモードになっていた。この油断がいけないのだろう。強烈な当たりが竿を絞り込んだ。

「うぉりゃ~!!」とばかりにあわせを入れ、ヘビータックルでしっかり竿の胴で耐える。「よっしゃぁ!取れる」と思った瞬間、尻もちを付くぐらいのけぞり返った。ハリス切れ。危ない危ない。ヘルメットがいるかと思った。残念、無念。悔しがっていると、相棒の石川も掛けた!その瞬間、「バキッッ!!」。なんと、竿が折れてしまった。折れた拍子に竿先が磯に当たり、先端まで折れた。すぐさま、折れた元を手に取り、耐えている。この執念はさすがである。ここは助けに入らなければ、後でなにを言われるかわからないので、私はあわてて、チョボの奥へと駆けていく。折れた竿を私が持ち、石川がリールを巻く。(笑)ここで、リールがライントラブル。巻けない。(困)しかたなく今度は手で巻く。(汗)魚は強烈に引く引く!(やめて)五分はやり取りをしただろうか、上がってきたのは…サンノジ。(怒)竿を折ったので、記念撮影をしたのだが、その写真をよく見ていただきたい。海面をあざ笑うかのように逃げていくサンノジ。踏んだり蹴ったりとはこのことだろう。

 

結局、二人ともリベンジならず。仕方なく、(怒りを?)まき散らした巻き餌を、これでもかと言わんばかりに洗い流し、次回リベンジに備える二人であった。

帰宅後、留守中の家族のために(感謝)、互いに料理の腕をふるいました。

 

 

最後に、釣行前日、春団治にて、鵜来島でのアドバイスをしていただいた樫原氏、二日間安全な渡航をしていただいた柴田渡船さんに感謝です。

 柴田渡船 TEL  0880-65-6984

  居酒屋春団治 TEL 088-652-8607

松野 徹様からのユーザーレポート

2015年06月21日掲載文

Vol.201 山形県庄内磯へ

 6月19日 山形県は庄内の由良へ真鯛をメインに釣行しました(^_^)
由良港からはオイスター号にて、八乙女磯の赤岩に予約をしてましたので、釣友3人と渡礁しました。
準備していると、釣友のTOMI君がフグ群を発見!
今日の厳しい1日が予想され、テンションダウンでしたが、真鯛が蹴散らしてくれることを期待して、スタート(^_^)
2時間ほどは、フグ群に島が占領されたようで、どこに投げてもエサが残らず、我慢の時間が続きましたが・・
少しずつエサが残り始め、私に待望のアタりが!
顔を出したのは30超のクロダイ(^o^)
すると、釣友たちにもアタりが出始め、昼までエサ盗りを気にせずクロダイのアタりが続きましたが・・
真鯛が欲しいので、沖向きに3人並んでせっせとコマセを捲き続けましたが、ついに真鯛祭りはやって来ず
15時に納竿となりました。
結果、3人でクロダイ14尾、小真鯛1尾でした(^_^)

 使用した針

 閃刀チヌ ミドル2~4号

 短軸のませ 3号

 喰わせオキアミ ケイムラ 3号

 

足立恭崇様からのユーザーレポート

2015年06月15日掲載文

Vol.200 長男 グレにハマる!

長男 グレにハマる!

 

6月13日(土)
子供とT氏と私の3人で和歌山県有田市の初島と言う磯に行って来ました。
子供がいるので5時の1番船は諦め、空いている磯で良いという事で、7時に南村渡船さんに到着し7:30分出船しました。
南村渡船さんは何時でも磯に渡してくれるので朝が苦手な人には最適です。
初島の磯には地の島と沖の島があり、今回は地の島のカマイソに上がりました。
今日は子供にグレを釣ってもらうのが目標なので、典型的なフカセ釣り仕掛けにしました。
ウキは【グレックスプラス観M G4】
【ヤイバ ピットシモリss】でウキ下固定!
針は小さく鋭く【閃烈グレ・ミドル4号】で向こう合わせ主体でやりました。
20㎝前後は数釣り出来たのですが、キープサイズは遠投でポツポツ拾う感じにな り7才児には厳しい釣りになりましたがスバリも少なく食い込みの良い【閃烈シリーズ】に助けられました。
11時から地の島で海水浴なので3時間程の釣果ですが子供が満足してくれたので良かったです。
優しい南村渡船さんの兄やん(笑)も写ってくれました。

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2015年06月13日掲載文

Vol.199 ☆長崎県伊王島釣行☆

6月7日(日)、香洋丸さんにお世話になり伊王島の沖の平瀬に行って来ました(^-^)

ここ沖の平瀬は、梅雨時期は特に大型尾長が出現することで、長崎の近場では非常に夢のある磯です☆

デカ尾長を求めて朝4時半の出航~(^o^)

沖の平瀬本島は、MAX8名が上礁出来る広めの磯ですが、潮位270センチを越えると、少しの波でも危険を感じるほど非常に低い磯です。なので潮位と天気がうまくマッチしないとなかなか上礁出来ないんです!

当日はAM10時40分頃が満潮止まりで250センチほどでした。
天気も良く、波風も穏やかで最高の釣り日和です(^-^)

さてさて釣りの方ですが・・・当日は沖の平瀬に自分を入れて5人で上がりました。2人組が二組、単独で自分です。
釣り座は、2人組の方がそれぞれ両端に入りましたので、自分はド真ん中に構えました☆

両端が潮通しも良く、人気もありますが仕方ありません(^_^;)

真ん中あたりにはいくつか海溝が入っているので、そこが狙い目になります!

朝マズメのデカバンを期待して、ハリスは2号、針をサイト尾長ミドルの7号で挑みました(^-^)

上げ潮が右へゆっくり動いています。

餌取りの状況を見ながら、潮上に撒き餌を入れてゆっくり仕掛けを流していきます。

・・・1時間・・・2時間経過しますが付け餌が残ってかえってきます(T_T)

こんなはずでは(>_<)

浮いてくるであろう尾長を想定し、00号のウキにノーガンだった仕掛けを少しずつ変化させ、仕掛けの入るスピードを速めていきます。

ガン玉のG8・・・G7・・・G6・・☆

来ました!(^^)!・・・と思ったらタカベでした(^_^;)

その後もタカベが続きます(>_<)

中間から足元に撒き餌を集中させて、仕掛けを大遠投し、本命への撒き餌は3投に一回としアタリを待ちます。

さらに針をサイト尾長ミドルの5号まで落とし、ハリスを1.7号へ。

すると数投目にガツン!!!

間違いなく良型です☆

・・・が、海溝に走られ無念のラインブレイク(ToT)/~~~

その後も数回ヒットは続きましたが、瀬ズレ、チモト切れ、瀬ズレ・・・(T^T)

自分の実力の無さを再確認し、表側の釣り座を諦め、釣り易い裏側へ逃げるように移動しました(^_^;)

裏側は足場もフラットで、少し根が張り出してますが、十分勝算はあります!

左流れのユッタリとした潮に乗せながらゆっくり仕掛けを入れていきます。

針はサイト尾長ミドルの5号~7号を状況に応じて変えていきます。

すると・・・☆

きました!今日初のクロちゃん!(^^)!

36センチとお世辞にも良型とは言えませんが、元気いっぱいの口太ちゃんでした!
ガッツリ口元に掛かってました!(^^)!

・・・ん?口太(+_+)?
オナガサンジャナインダネ(+_+)

狙いは大型尾長でしたが贅沢は言ってられません(^_^;)

裏側ではバリが出始めてきて邪魔をするので、ポイントを左右遠近とチラシながら本命を狙っていきます。

昼過ぎまでバリや餌取りと格闘しながら、PM2時頃に強烈なアタリが!!

結構な重量感と瀬際で何度も突っ込むその引きはまさにパワフル!!!

尾長なんぢゃないのぉ~???

何とか耐えに耐え、無事タモに収まったのは・・・良型クチブト~(~。~;)

44センチ1.3キロの今日イチでした(^O^)

サイズの割には痩せてましたが、そのぶんスピードはシャープで尾長ばりの突っ込みを見せてくれました☆

その後も納竿の17時まで粘りましたが、尾長の姿を見ることは出来ませんでした(T_T)

尾長も釣れず、数釣りも出来ず、到底納得のいく釣行ではありませんでしたが、今回は口太さんに助けられました(^-^)

この梅雨時期、出来ればもう一度チャレンジ、リベンジしたいと思います!
次はサイト尾長のミドルとヘビーをしっかり使い分けて尾長を仕留めるどー!!

岩本 夢叶志様からのユーザーレポート

2015年06月09日掲載文

Vol.198 梅雨グレ祭り

宮崎県が明日から梅雨入りという事で慌てて昼よりグレ釣りに、、、笑。(長く竿を出せないと病気になりそうで)
大潮の干潮での磯上がりでこんな感じですが、満潮時には潮が上がってくるこのポイントでまずは閃烈グレ、ミドル5号で攻めます。
スズメダイや木っ葉、磯際のデカパンヒブダイ等をかわしながらの釣りです。
マキエが効き出すとアタリだしますが、仲々サイズアップしません。仕掛けの投入点・タイミング等を変えながらようやく一尾目の梅雨グレが。体力を回復した力強い引きに感激。
次の一枚を目指します。が、喰いは良いのに掛かりが浅く、ハリ外れもたまに、、、。ライトに変更しながらも掛け続け型は出ませんでしたが、数が出てくれたので大満足。
でもハリ外れの原因として、喰いは良くスッと来てエサの端を噛み反転し、掛かりが浅くなりハリ外れになる?
ここの修正が次回の課題です。

shinya様からのユーザーレポート

2015年06月03日掲載文

Vol.197 まさかの一投目より

5月30日に、マダイ・クロダイ狙いで秋田県男鹿半島の某堤防に3人で行ってきました。
堤防に渡って、まずコマセを作り足元に10投程投入後に仕掛けの準備開始。今回は大型マダイを期待し、ロッドはヤイバロッドウルフ1.5号、ハリは喰わせチヌケイムラ4号、ウキは00号を使用しました。
まだ暗くウキが見えない状態ですが、潮上と思う方へ仕掛けを投入しウキごと沈めて流してみました。意外と潮の流れが早いと思っていると、糸が軽く張る感じがあり、ちょっと糸を引いてみるとガツンという引き。その後強烈な走りがありましたが、しっかりと竿で受けていると竿を叩く感じがあり、これはマダイかクロダイの期待が大。大物を期待しながらも細仕掛けなのでやや慎重にやり取りをしながら魚を浮かせると赤い魚体が見え、無事にタモに入れると、まさかの1投目で54センチのマダイが釣れました。その後は、堤防の裏側に移動してみると、イナダがたまに釣れる感じでした。その中、ウキが一瞬で消え、合わせてみるとまた強烈な引きと竿を叩く引き。魚を浮かせてみると、40センチくらいのマダイでした。しかし、手元にタモが無く、どうするか悩んだ末一気に引き抜いたらあとわずか足らずハリスが・・・。その後少し粘りましたがイナダがたまに釣れるだけなので移動。移動後に同じポイントに入った同行者が粘っていると40センチのクロダイを釣りました。
その後、10時を過ぎると潮の流れが無くなり餌取りさえいなくなりました。朝のうちは周りでもイナダが釣れていましたが、周りでも何も釣れなくなり、1時半に納竿としました。

ぶっち様からのユーザーレポート

2015年06月03日掲載文

Vol.196 香川県 鶴羽 ゴーイングメリー釣行

今年の5月にオープンした渡船屋さんです。

ポイントは西のカセと東のカセがあります。水深は12Mほどですが潮流がめっちゃ早くてテクニカル!

腕のない僕にはなかなかの重荷です。

そんなのはよそにいい景色です(笑)

朝は、西から東へ流れていきますが、潮がはやくておてあげ~~!!

ちょっと粘りますが打つ手なし!

やることは一つ!

「お昼寝!」

1時間ほど寝ると潮代わりしていてややゆっくりになってます!

朝一は、流して釣ろうとがんばって流しましたが・・・

大きな錘を打って止める釣りに変更!

これが、功をそうしたのか??

変更して数投すると、ふわふわした当たりが・・・

迷わずフッキング!

上がってきたのは???

「ちっちゃ~!」

20cm以下って・・・

その後はあたりも遠のき全然!

昼飯休憩しますが状況はかわらず

13:30頃より徐々に潮が緩みだして潮代わりがチャンス!

潮が緩みだすとコノシロが団子に当たってきます。

コノシロの当たりをかわしていくと瀬戸内特有の小さいアタリが出始めます。

チヌが食い込むまで少しだけ張り気味にかまえて食い込んだところをフッキング。

小気味いい引きと重量感もあり、チヌとの楽しいファイト。

上がってきたのは、黒々としたチヌが上がってきました。
よかったのはここまでであとは、早い潮流にやられて撃沈でした。

岩本 夢叶志様からのユーザーレポート

2015年06月03日掲載文

Vol.195 台風のお土産?

先週の台風6号の時は、チヌ狙いで自己記録更新したので次はグレ?と思っていたら今度は7号。又々県南の港へチヌ狙いで行ってきました。
が。。。全く反応無し。エサも盗られず。場所チェンジを決め、鹿児島との県境を北上。各、港やワンドを見ながら走ると「この潮色ならグレでイケるかも」と親父が言う。先程のポインドではアタリも無かったので、「木っ葉でもベラでも良い。」とこのポイントで竿出し。マキエがチヌ用のまま遠投オキアミチヌから閃烈グレに結び直し 釣り開始。
南方系の口の小さいエサ盗りの多いこのポイント。サシエは生オキアミでは瞬殺なのでボイルを使用。数回投げてもエサ盗りが気になりません。
何かデカイのが入っているのか?全くダメなのか?
変な緊張感の中自分に当たり。強烈な引きで涙のバラシ!
居る。でも何か居る。型の良いのが。。。
一気にヤル気になり親父が掛ける!も、三の字「ん。これだったのか?」と一気に不安に。。。潮も上げて来てタマズメと重なり良い感じ!と思っていたらアタリ。「キタッ。」強烈なシメ込みを何とか耐え、ようやく浮かしたら、、、グレ!
それからは連発で上がり今迄のモヤモヤが一気に吹き飛びました。「嫌な台風でも、そのおかげで水も磯もキレイになりこんな島陰の小さな港にも魚が入ってくる。」と親父に言われ、直撃すれば嫌な台風ですが、今回はお土産をもらった気がしました。

1 / 11
page top