磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
1 / 11

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2014年09月30日掲載文

Vol.163 ☆チヌ釣り懇親会☆

9月28日(日)、北九州市苅田町の沖波止で行われた、つりまんファングループの懇親チヌ釣り大会に参加してきました(^-^)

当日は参加者33名で、なんと、あの1000釣法で有名な「池永裕二さん」がサプライズ参加されてました(^o^)

駐車場に止めた自分の車の横に、大分ナンバーの車が止まり、車を降りて準備しながら何気なくお隣さんに「おはようございます」と挨拶をすると「おはよーございます」と返ってきた声がなにやら聞き覚えのある声で・・・。
「ん!?」

チラッと横目で顔を確認すると・・・!!!

まさかの「池永裕二さん」でした(^o^)!

朝っぱらから興奮と緊張でいっぱいでしたが、今日の大会は第25回懇親大会ということで節目の記念大会らしく、池永さんもわざわざ大分から駆けつけてくれたらしいです☆

景品も豪華で、チヌ竿が一本、リールが2つ、その他諸々豪華商品が用意されてました!(^^)!

ルールはチヌ(キビレ含む)25センチ以上の2匹長寸。
5時出航の13時納竿。
場所は、苅田沖の長波止に33名全員であがりました。

港向きは堤防で沖向きにテトラが積んである場所なんですが、テトラ側は非常に足場が悪く、当然フラットな場所はなく、下りていくだけでも大変でバッカンはもちろん斜めになったりテトラとテトラの間にはめ込んだり・・・(^_^;)

しかし自分はどうしても沖向きで竿を出したかったので、必死に下りていきなんとか釣り座を確保しました。

朝は干潮止まりから上げ潮を釣る感じで、緩やかに右から左に流れる潮でした。

仕掛けは、最近ハマっている000号で直結部にG6のガン玉を1つ打ちハリスは1.5号でノーガン。浮き止めなし。針はもちろんケイムラチヌ、3号。

朝の数投はアタリもなく、ガン玉をG5に変えたり、ハリスにもG5やG6を打ったり外したり。針をケイムラチヌの2号に落としたり。

そうこうしていると、7時頃に待望の1尾目ゲットです☆

型は小さかったんですが、とりあえず釣れてくれてホッとしました(^-^)

その後もそんなにアタリはなく、あったとしても活性が悪いのか、ビミョーなアタリで、ラインがススス~っと引かれる程度です。

そのアタリに反応してあわせを入れますが、ギリギリ唇の皮1枚でかかってきて、タモ入れ直後に針が外れたりと、そんな感じでした(^_^;)

まさに、ケイムラチヌに助けられました(^-^)

餌取りもほとんどおらず、アタリがあれば本命なんですが、そのアタリ自体があんまりなく、10時ぐらいまでになんとか4枚釣り上げたんですが、その後はサッパリで沈黙の海となりました(T_T)

なんとかサイズアップをと必死で仕掛けを打ち返していると、12時頃にやっとアタリを捉えました!

グィーーンっとしっかり竿に乗った感じは結構な重量感!!

心の中では「優勝?」「大物賞?」の言葉がチラつきますo(^-^)o

ゆっくり大事にやりとりをしてスーっと姿を現したのは・・・まさかのデカボラ(ToT)

かなりデカいボラ(–;)

沈黙を破っての会心のあわせだったのでかなり恥ずかしく、サッサとすくってしまいたかったんですが、姿を見せてからのヤツは右にいったり左にいったり往生際が悪く、さんざん手こずらされました(>_<)

しかし、どんなに荒いやり取りをしても、ケイムラチヌは外れることなくしっかり唇を捉えていました☆

残り時間も少なかったんですが、最後の一投までしっかり集中して・・・何事もなくそのまま納竿となりました(^_^;)

港に帰って検量が始まり、表彰式です☆

とりあえず、規定枚数はクリアしてたので何か貰って帰れるだろうと表彰式を見守ってると・・・・

「第3位、鹿○さん!」

「ん!?」

「えぇぇっ!?自分ですか(°°;)!?」

検量に出したチヌは2枚とも40センチにも届かないサイズで、37センチとか36センチだったので、まず上位は期待してなかったんですが・・・(^_^;)

しかも、1位2位の方がそれぞれリールを取っていかれていたので、まさかまさかの竿を頂いてしまいました(^_^;)

さらに、1~3位までは景品とは別に集魚材を1箱頂けるようになってます☆

こんな感じでまさかの入賞をする事が出来ました!(^^)!

池永名人にも会うことが出来ましたし、つりまんファングループのリーダーの江藤さん、WFG常連の永田貞則さん、いつも楽しく明るいTFGメンバー等々、凄腕が揃ったメンバーと一緒に竿を出すことが出来て、とても充実した1日になりました(^-^)

次こそは必ず頂点を!!!

ぶっち様からのユーザーレポート

2014年09月06日掲載文

Vol.162 2014.8.31 広島プチ遠征

8月31日 広島県 牛の首フィッシングセンターに行ってきました。

今回の遠征の企画してくれたのは、クラブの若手2人がホームに招待してくれました。

深夜出発して、東福山の「タイム集合していざ渡船屋さんへイカダは連結いっぱいしてます。

釣り座を決定して釣り開始です。

今回は、僕が潮上でした。

僕の釣り座はかなりの低活性

オキアミはそのまま帰ってきます。

ガンガン流していって流していって7:30頃にやっと穂先はちょっとだけ持たれたのを掛け合わせて!

33cmのきれいなおチヌ様!

ヤバイヤバイ!

口の皮一枚!

「ライトニングX」

いい仕事してくれました。

その後あたりはなくなり・・・・

試行錯誤しながら8:15頃に2回目の当たりが

今回もかなり流して何とかGET!

その後は潮は滑っていくが、僕の釣り座では魚からのシグナルを感じられず。
昼寝をして場を休めるが・・・・
かわりな~し!

しやーないわ!って思ってたら納竿間際になって、急に潮の向きがかわったら団子に魚が触ってきます。徐々に雰囲気も上がってきましたが、残り15分では、結果を出すことはできず・・・

景色もよくいい釣り場でした。

岩本夢叶志様からのユーザーレポート

2014年09月06日掲載文

Vol.161 二枚潮の復習。

9月2日に鹿児島は錦江湾へとチヌ狙いで行ってきました。と言うのもこの前に雑誌の取材で来た時に、キツい二枚潮に手をやいたからです。当日の朝も、やはり上潮は左で底潮は右へと流れています。(綺麗な二枚潮)
底潮が左に変わった時と上潮が緩むか右流れへと変わった時にはアタリが取りやすくエサ盗り達がバンバン当たってきます。アジ子、アメウオ(ダイミョウサギ)サンバソウ(石鯛の幼魚)チャリコ等々。
中々流れがつかめない中沈めた浮きが底潮を捉えたかな?と思った時に強烈アタリ。やっとチヌが喰ってくれました。これでいいのかな?と半信半疑のまま釣り続けると、型は出ませんがアタリが取れる様になって来ました。この感じが分かっていたら前回の取材の時にもう少し頑張れたかな?と思いましたが、これも勉強です。
こんなヘタッピな僕でも頑張ってるという事で、なんと!今回初の表紙に載せてもらいました。さりげなくヤイバのアピールも出来、これからの秋磯シーズンに向けて又、頑張ります!

鹿内圭太様からのユーザーレポート

2014年09月04日掲載文

Vol.160 ☆長崎大村湾チヌ釣り☆

8月31日(日)、釣友と2人で大村湾にチヌ釣りに行ってきました(^-^)

自分は、今までチヌ釣りは、B~5Bの重い半誘導仕掛けでやってましたが、最近は000号や00号を使って全誘導沈め釣りにチャレンジしています☆

まずは000号、ハリス2ヒロのノーガンからスタートしました☆

針はもちろんヤイバの「喰わせチヌケイムラ」!

ポイントを作るために、撒き餌をドカ撒きしてから仕掛けを作ります。

1投2投とアタリなく、餌が取られません。
そして3投目・・・張り気味にしていた道糸に少し重みを感じたのですかさず鬼あわせ!!!

バイーンッと竿に重量感を感じます!(^^)!・・・・・が、まさかの根掛かり(T_T)

早速000号を持ってかれてしまいました(T^T)

気を取り直して00号で再スタート!

000号に比べ、馴染みも遅いので直結部にガン玉G6を打ってます(^-^)

いい感じに仕掛けが馴染んでいくと、アタリはないんですが付け餌が取られます。

餌取りだと判断し、もう少し早めに沈めていこうとハリスの真ん中あたりにもG6のガン玉を追加。

数投目でアタリが出たんですが、釣れたのはチャリコ~(^_^;)

しばらくチャリコと遊んでいると、今までとはちょっと違うビミョーなアタリが・・・!

勉強しない私は反射的に「ブォーン!」

「グィーンッ!」と竿に乗った感じは・・・またもや根掛かり(ToT)/~~~

00号ロストです(>_<)

心が少し折れかけたので、淡々と本命を釣り上げていた釣友の隣へ移動しました(^_^;)

釣友に状況を教えてもらい、気持ちを切り替えて再スタート☆

この日はあくまでも全誘導沈め釣りを課題としていたので、懲りずに000号でチャレンジです!

ウキの沈むスピードや仕掛けが馴染むスピード、針の号数などを自分なりに考えながら釣ってみました(^-^)

結果、昼までにメイタ多数と40クラスを4枚釣ることが出来ました(^o^)

だんだん暑さが増してきたので、とりあえず昼食タイムを取って、釣友と話し合った結果、車で10分ぐらい走った所へ場所移動しました。

お互いボチボチ釣れてはいたんですが、やはり50オーバーも釣りたいし、気分転換も兼ねて(^-^)

移動した場所は、竿3本先ぐらいから緩やかに深くなっているような場所で、遠投が必要な釣り場です。

お互いに1投目からアタリを捉えます!
型もボチボチ良く、2人でニンマリしていたんですが、釣れば釣るほどドンドン型が小さくなっていき・・・最終的には足裏サイズのメイタばかりになってしまいました(^_^;)

結局、休み休みしながら16時近くまで粘りましたが、お互い型を出すことが出来ずに納竿となりましたm(_ _)m

釣果は40クラスを7枚とメイタ多数でした。

デカバンには巡り会えませんでしたが、課題としていた全誘導沈めをなんとなく理解出来、ケイムラのアピール力、刺さりの良さなどを再確認出来たのは大きな収穫だと思います!(^^)!

しかしめちゃくちゃ暑かったなぁ(;´Д`)

皆さん夏の昼釣りは、暑さ対策を万全に☆

1 / 11
page top