磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
1 / 11

TAKESHI様からのユーザーレポート

2014年01月21日掲載文

Vol.132 水深20mを掛ける!

新年明けましておめでとうございます!
本年もササメ針さんを使用し大漁な一年になることを祈るばかりです♪

昨年からレポートを書かせているのを考えれば、あっという間に1年がすぎたなぁ~っと思わされます(^^)

そんな1年を締めくくる釣りは恒例となりつつある、年末に遠征にくる関東の仲間との釣りです。

関東の仲間には広島独特の釣り場である「牡蠣の養殖筏」です!

特徴は20m以上の水深と水深によって異なる潮流です。
時期や潮流の緩急によって釣れるタナが変動しタナを探すことと水深が深い分の突っ込みの強さを楽しむ事が出来ます(^3^)

今回のような水深が深く流れのあるところでは大きく重たい針が良いような気がするので「閃刀チヌ(ヘビー)3~5号」をメインで使います。

まずは底より5m上にウキ止めをつけ、ウキ止めまでいったらゆっくりと仕掛けを沈下させていきます。

1時間が経った頃タナを上下にいじくっているとHIT!
閃刀チヌ4号ががっちりと地獄にフッキングしてます。
それからぽつぽつ追加し、棒ウキで底べったりを流していくというのが良かったのか釣果を伸ばし7匹釣ることが出来ました(^^)

関東の仲間も同じく7枚で始めての釣り場にもかかわらず満喫してくれました♪

これからは深場に移ると思われますので筏のような餌も豊富で水温の安定するポイントはいいと思われます!

小島 桂太様からのユーザーレポート

2014年01月19日掲載文

Vol.131 初釣りで自己記録更新

釣行場所:愛媛県 矢が浜 カバの地 3番
釣 行 日:平成26年1月13日(月)

釣友から誘われて愛媛県の矢が浜に3人で今年の初釣りを兼ねて釣行することとなりました。
6:30に港を出港し、約30分後の7:00に磯へ到着、実は矢が浜での釣行は今回が2回目、なので磯の名前もよく解らないまま磯へ降りました。(釣行後に船頭より聞きましたが)

磯へ降りてまずマキ餌の準備、仕掛けは道糸1.75号、ハリス1.75、ウキは00号にジンタン6号と7号、針はヤイバグレスリム5号にセットしてウキ下3ヒロ半にして釣り開始

この日は風が強く強風によるウネリがある状況、マキ餌を足元に撒いて仕掛けは竿1本から2本の間に投入、潮はゆっくりと斜め右に流れている感じでした。

数投入れて流しているが30分ほど反応がなく、仕掛けが馴染んでいない様子だったので、ウキを2Bと水中ウキ2Bと大幅に変更して再度投入、仕掛けが馴染み糸を軽く張って待っているとウキが一気に消しこみ、竿に心地よい重量感を感じ慎重に取り込んだのは40cmを超える良型のグレ、寒く冷えていた体が一気に温まり幸先の良いスタートとなった。

このまま何枚か続くと思っていたが、しばらく沈黙ウキ下を1ヒロ2ヒロと深くしていくと石鯛が2匹ヒットしたので、ポイントを竿3本から4本と少し遠投して狙うと、またしても40cmのグレがヒット、良型のグレ2匹を釣って喜んでいたのもつかの間、またしても沈黙が続き、たまにヒットするのはカンダイとフグとなかなか本命のグレが当たってこないまま時間だけが過ぎていきました。

14:00ごろ2段ウキの仕掛けでは抵抗が強いのかもしれないとウキをレギュラーサイズの2Bに重りは、ガン玉Bとジンタン2号にして、ハリスも1.5号に落として針を喰わせグレケイラム5号に変更し最初のポイントへ仕掛けを投入するが、さし餌は残ったまま

ウネリが強いので仕掛けが馴染んでいないのではと思い、ガン玉Bの2段打ちにして強制的に仕掛けを沈めていきウキが10cmぐらい沈んだところで糸を張りながら待っていると、魚がくわえたようなコツコツという当たりが、軽く合わせると同時に、この日1番の重量と引きが、何度も抵抗を繰り返す魚に負けないよう必死で耐えながら浮いてきた魚はグレ、しかも明らかに今までとは大きさが違う魚にビックリ、最後に逃がさないよう慎重にタモで取り込もうとするが、ウネリが強くなかなかタモの中に入ってくれなくビクビクしながらやっとの思いでタモの中に納まり待望の大グレに大満足、喰わせグレケイラムの喰い渋りの効果に改めて実感しました。

自宅に帰りメジャーで図ると、なんと46.5cmもあり自己記録更新となり自分の記録にも記憶にも残る釣行となりました。

足立 恭崇様からのユーザーレポート

2014年01月08日掲載文

Vol.130 クラブの年末納竿大会

平成25年12月29日(日) 潮  中潮  水温14.5~15.2℃

参加者14人
私が所属するクラブの年末納竿大会が行われました。
大会と言っても懇親会みたいな行事なので全員が釣りを楽しむのが最大の目的です。
2013年最後の釣りと言う事もあり、出船前は期待と興奮が入り交じり、既にテンションはピークを迎える参加者達(笑)
今回、大幸丸渡船さんが2隻の船を出して下さったので6人と8人に別れて乗船。
牟岐大島は出船してから石切場と言う所に全船集合して磯割りのクジを引きます。
私達の代表者が引いてきた磯クジは18番だったので、私はオチの地の地と言う磯に上がりました。
釣りの準備を済ませ、撒き餌をしてもグレは出て来ず、エサ取りすら出て来ない状況。
これは厳しい1日になるなと覚悟を決め、3匹以上グレを釣る目標から1日がかりで対象魚を1匹釣る目標に変更。
朝のうちは0号ウキでじっくり撒き餌と同調させてウキごと沈めて行きましたが、サシ餌が無傷だったのでイサキ狙いに変更しました。
1匁を付けて大遠投で竿1~4本までのタナを1ヒロずつ深くして行きましたが、これも空振り。
電話でみんなに状況を聞きましたが魚の気配が無い!と言う返答。
最近、絶不調の牟岐大島なので何処に上がってもグレを釣るのは厳しいと言うのは分かっていましたが、ここまでとは。
もう1度グレ狙いに戻しグレを探しましたが、相変わらずサシ餌は無傷。
終了までラスト1時間になり、間違って喰ってくれ!と思い足下で居着きのグレを探しました。
左から順番に場所をずらして、仕掛けを磯に這わすように入れて行くと、ウキが少し沈んだような気がしたので、少しラインを張ってみるとドスン!と竿を引ったくるアタリ!
間違いない!居着きのグレだと思い、最初で最後のやり取りを開始。
まぁ引くわ引くわで何度も磯に突っ込まれましたが、逃すものか!と強気で引きずり出しタモ入れ成功。
あまりの嬉しさに1人ガッツポーズ!丸々肥えた口太グレで42㎝ありました。
この1匹の為に今日1日頑張って来たのが報われた瞬間です。
磯際で強引に引き出し強気のやり取りが出来たのはトヨフロンの銀鱗スーパーストロングNEO1.5号とスーパーL.EX1.5号の通しの強度を信頼しているからである。
この貴重なグレの口にガッチリ刺さっていた針は参加賞で頂いたヤイバXの喰わせグレ(ケイムラ)5号なんですが、海の中で光る優れもので、食い渋りの中、ケイムラに付け替えた直後にグレが食って来たので、アピール度はかなりの物があるんじゃないかと思います。
満足な1匹が釣れたし、納竿時間が迫っていたので、お世話になった磯を綺麗にして流して終了しました。
港に戻り釣果を聞くと、みんな苦戦したとの事でした。
そして計量した結果、見事優勝する事ができました。
貧果に終わってしまいましたが、景品があまりにも豪華だった為、参加者にも笑顔が戻り楽しい納竿大会として終了する事が出来ました。
水温の低下と安定しない水温に付け加え動かない潮、今が底なのでこれからの牟岐大島に期待したい。

川澤 隆男様からのユーザーレポート

2014年01月06日掲載文

Vol.129 釣行レポート

11月27日(晴れ)高知沖ノ島一ツバエ
チームヤイバ会員 土佐磯友会 川澤隆男
AM5:00片島港より渡船にて出発。
前日は風が強く心配されたが、当日はまったく心配のない夜明けを迎えました。
何度か釣行に行ったが、条件も厳しく釣果がまったくなく、せっかくの針も(プロトタイプ)評価のしかたもありませんでしたが、今回は条件も良く釣果が期待できそうな予感いっぱいで、いざ出船。
AM6:00底物の有名ポイント一ツバエに磯上がりする。風もなく、波も穏やか、久しぶりの好条件に胸が高鳴った。
まずは、ポイントに撒き餌を入れ仕掛けを作り竿をセットします。
ウニを4個針にセットし、いよいよ第一投目です。
針は他社メーカー2種類とヤイバのプロトタイプ、共に15号の針を使用。
一投目から前あたりがすぐにきた。ウニの芯までが無い。
これはチャンス!! 石鯛がいる!!
そんな予感をしながら二投目、激しい前あたりが来るがうまく食い込まない。
三投目、いよいよヤイバの針の出番。
同じポイントを狙い、海底にウニを投入するとすぐに前あたりがき、その瞬間、一気に竿が舞い込んだ。すぐさまピトンから竿を抜き合わせた。
久しぶりの石鯛の引き、竿を立てて、竿をあおり、リールを巻き上げて一気にぬきあげると50㎝ぐらいのイシガキ鯛です。
やっとヤイバの針で釣ることができた。フッキングもバッチリいい位置に貫通している。
その後も潮もよく午前中に、50㎝を頭に45㎝から30㎝までのイシガキを7匹も釣上げた。午後からは潮も変わり、あたりも少なく、食い込みもなく午後3時に納竿。
7匹中、他社の針で3匹、ヤイバの針で4匹の釣果でした。
根掛かりも多くあったが、他社の針は、針先が折れてしまったり伸びてしまったりなどハプニングがあったが、ヤイバの針はそのようなことが起こらなかった。やはり針先まで肉厚なため伸びることが少ないと思います。針の返しも大きいためガッチリ掛かると抜けにくいです。強度的にはいいと思います。他社の針は、掛かりの浅いものや口にギリギリ掛かっているものもありましたが、ヤイバの針は全て貫通。ガッチリ掛かっていました。
今回、餌がウニのため、針の耳の部分は良かったと思いますが、貝餌の時などはやりづらいので耳の部分の形状の改良が必要かと・・・
耳の部分の形状、穴の大きさ等が課題と思います。今回の釣果で針の形状、フッキングの良さや、肉厚や返しの大きさは大変優れていると思います。オールシーズン(貝、ウニ)でいける針を是非開発して頂きたいです。
TEAM YAIBA磯釣にも底物の会員が新たに増えると共に、他の釣人にもアピールしていきたいと思っています。これからも頑張ります。有難う御座いました。

1 / 11
page top