磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年10月
« 8月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
1 / 11

岩本比呂志&夢叶志様からのユーザーレポート

2013年10月21日掲載文

Vol.122 爆発迄、後何秒?

台風連チャンの今年。影響で大分県の大会も延期となった10月20日、グレ釣りモードに成りかけた体をチヌモードに戻し鹿児島の錦江湾へと親子で行って来ました。
魚影も濃く少々の風雨も大丈夫ですが、問題は桜島の爆発による降灰です。
風向き次第で即、撤収になるスリリングな釣り。最初から飛ばします。
2投目で私に40cmオーバーのチヌ。
中々アタリの出ない息子にハリスの角度をアドバイス。するとすぐに良型ゲット。
「ガン玉ひとつでこれだけ違うんだね」って今さら!「
爆発迄に5枚釣れ」と言ってたが、風向きが変わり4枚で撤収。
遅い昼食を済ませ今度は風上のポイントへ。
だが、釣り始めると名物エサ盗りのキンギョの動きがおかしい。
中々姿を見せずやっとマキエに付いたかと思えばサッと戻る。
何かに怯えてる様なので良く見ると40cm位のセイゴが2匹、ユラーッと泳いでる。
こうなると、やる事はノマセ釣りしか無い。
遠投オキアミチヌ3号に釣ったキンギョを背掛けにして際を流すとしばらくしてアタリ。
「キターッ!」このクラスならチヌ用細仕掛けでも大丈夫と余裕のやり取りが、おかしい。強烈。
「だが針は3号だから大丈夫」全然弱らない。
「セイゴでも元気の有る奴は引くなー」数度の締め込みに耐え浮かしたセイゴは、鈴木さんに改名されていた。

TAKESHI様からのユーザーレポート

2013年10月15日掲載文

Vol.121 自己記録更新。。。汗

朝は寒くお昼は動くと汗をちょっぴりかく程度まで気温が下がりましたね(^^)

そんな秋らしい季節となった今、皆さんはどんな秋を過ごしていますか?

もちろん、自分は「釣りの秋」ですよ♪

自分が住む広島では今、旬となりつつあるのがブリですね!!
しかし、自分は一途なのでチヌまっしぐらです!

そんな今回もチヌを釣るべく釣具屋さんにいって針コーナーへいくとYAIBA-Xの「稲妻チヌ」という名前を目にした瞬間、自分も稲妻に打たれたかのように一目惚れをし、気がつけばレジへΣ(^。^)

「どんな大物が稲妻に撃たれるの??」なんて期待を胸にいざ釣り場へ!!

水温も下がり始めチヌの適水温となり小型から大型まで元気に餌を求めて海中で待っています!!

しかし、ため息が出るほど小さい20センチほどのチヌ君が1投目から釣れ、
「これからサイズアップする楽しみがあるから安心安心!」なんて思っているとどんどんサイズは下がり・・・

気づけば6.8センチという自己最小記録更新と。。。一個前のレポーターの方と比べるのも恥ずかしいチヌ君が稲妻に打たれてくれました・・・汗

海中ではきっとファインディングニモみたいになっているはずなのでリリースしてあげました!!

その後、場所を移動し何とかまともなチヌ君が釣れいい気持ちで帰れました(^^)

小型から大型まで対応出来る針は他には無いと思います!!
さすがYAIBA-Ⅹさんだなと思った釣行でした(^3^)

松野 徹様様からのユーザーレポート

2013年10月15日掲載文

Vol.120 ダイワスーパーバトルカップチヌ全国大会

去る10月12日~13日に山口県周防大島での、第10回ダイワスーパーバトルカップチヌ全国大会に参加してきました。
12日の前夜祭で、対戦相手と場所が決まって、明けて13日いよいよ競技日となり、港で餌作りを終え、渡船開始です。
渡った場所は、磯というよりは丸い大きな岩でした。
地元選手にからは、一級磯だということですから、準備しながら開始時間を待ちます。
7:00になりいよいよ試合開始です。
規定により若い番号が右側なので、私は左側でスタート。
最初の釣り座では釣果無く、交代後の終了直前に待望の1尾をあげ、磯替えです。
2回戦の磯は先ほどより広く、右手は砂浜で浅いが、釣り座からは徐々に深くなっており、釣れそうな雰囲気です。
風は気にならず、弁当を食べ、11:30スタートです。
仕掛けを入れるとゆっくり右手に流れて行き、2投目でこの場所での1尾目、その後順調に釣れ続け、釣り座交代前に5尾を揃えて、この時点で5:1で大きくリードして後半へ。
しかし交代後もこのまま釣れ続けるのではないかと、不安にもなったのです。
悪い予感は当たるもので、交代直後から相手選手は怒涛の追い上げを見せ、1時間半で6尾、計7尾となり、終了。
私も交代後2尾を追加し、計7尾。全ては帰港後の検量に委ねられました。
先に相手選手の検量、5尾4900g台。
私の番、5尾4500g台。相手選手に負けてしまい、順位無しに終わりました。
しかしながら、目標の5尾のリミットを達成出来た事もあり、悔しさもありましたが、納得の結果でした。
何より未熟な私を支えてくれたのは、御社の「ヤイバチヌ」「閃刀チヌ」でした。
鋭い針先で深く刺さるうえ、固い歯に掛かりタモ入れ直後に針が外れる状況でも、しっかりとチヌの引きに耐え、伸びる事も無く本当に頼れる針です。
おかげで掛けたチヌは全て釣りあげられました。
最後に大会出場にあたり、沢山の方々に応援、激励頂いたことに感謝いたします。
また、大会運営にあたられたスタッフの皆様、ありがとうございました。

塩地 海希様からのユーザーレポート

2013年10月06日掲載文

Vol.119 自己記録更新

10月5日父と伊豆半島の城ケ崎海岸の陸の平根にグレ釣りにいきました。午後1時ゆっくりと磯に着くと、ウネリが強く一面真っ白なサラシが出ている。私はワンド向きに、父は沖向きに釣り座を取る。

タックルは竿1号、道糸・ハリス共に1.5号針は釣闘競技6号ウキは00-1で釣り始めるが、一面にギンユイゴの群れが湧き入れ掛りとなるが、1時間ほど粘ったが状況が変わらず沖向きを見に行くと、キタマクラに苦戦しながらも時折コッパグレ釣れるがすぐにサメに食われてしまうらしい。私も沖向きを攻めるとすぐに道糸が走り合わせると竿に乗るがすぐにサメに食われ沖に走られるがハリスが切れてしまう、父からタックルを上げろと言われ、竿1.5号ラインは1.7号、針を尾長サイト(ミドル)7号に上げる、キタマクラに苦戦しながらも時折コッパグレがヒットするとすぐに1mクラスのサメに食われ50m位走られ根に張り付かれる、早いリーリングで取り込んでもすごい勢いでサメが追っかけてきて半分の確立で食われてしまう、午後4時ごろ磯際を攻めていると道糸が走り合わせると小メジナの特有の引きの後、一気にドラグが滑り100m以上右側に引きずり出され止まる、ゆっくりポンピングを繰り返すと磯際まで寄って来たと思ったら今度は左側に100m引きずり出される、又ゆっくりポンピングを繰り返す、やっとの思いで寄せると又右側70mほど走られるが、かなり弱り始めていてゆっくりポンピングを繰り返すと磯際でギラっと光る、父からデカイ青物だから慎重にと聞こえる、やっとの思いで浮かせ父の差し出す玉網に収まり、約20分のやり取りだった。検量すると80㎝のブリに自己記録更新で、今回のタックルでサメにも食われずにこのサイズが上がったのは超ラッキーでした。

この後も午後5時まで攻めましたがコッパグレ、キタマクラ、サメで終ってしまいました。最高の1日となりました。

1 / 11
page top