磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
1 / 11

TEAM YAIBAキュウ様からのユーザーレポート

2013年02月25日掲載文

Vol.102 グレ終盤戦

2月24日 大潮 満潮7:40・13:40

今回は福岡在住のKさんが「式見で釣りをしてみたい」と言うことで、長崎市式見の平瀬へ仲間5人での釣行となりました。

風もほとんど無い予報でしたので、Kさん含め3人は北向きの本命ポイントへ入ってもらい、僕と友人の2人で南向きつ釣り座として、7時頃から釣りを開始。

しかし朝一から試行錯誤しますが何のアタリもなく時間は10時になっていました。
北向きの3人も同じ状態らしく苦戦していました。

隣で竿を出していた友人が「やっぱ北向きじゃなきゃ釣れんじゃない?」と居なくなってすぐ、本日初のアタリらしい動き。
ウキがゆっくりしもっていくのでそのままテンションを変えないようにジッと待つと、グンと乗ってきました。
なかなかの重量感で上がってきたのは40センチの口太。
このときの仕掛けは道糸1.85号、ハリス1号、針は閃烈グレライトの 4号で、上手く足元の沈みを交わせて穫れました。

また反応がなくなったので針をライトの3号に変更してサラシと潮が当たっている潜り潮に入れていくと、ゆっくりと道糸が引き出される感覚があり、少し張ってきいてみるとグンッと竿に乗る重量感タップリの引き。
ハリスは1号のままなので慎重に突っ込みと根を交わして見えた魚体がデカい。
ちょうど友人が様子を見にきたのでタモですくってもらいました。
45センチのタモ枠から余裕ではみ出す長さと丸々と太ったメタボな体。
立派な口太でした。

それからはまた沈黙の海になってしまいました。

この日、平瀬には全部で8人居ましたが、友人が 45センチ程のチヌ。他の方がかなり型の良いイサキを釣っておられました。

僕の口太は後で行きつけの釣具店に持ち込み検量してもらったところ、50.2センチ2キロでした。

そろそろグレも終盤かなぁと思わせる1日でした。

とみえ釣具梅本様からのユーザーレポート

2013年02月25日掲載文

Vol.101 グレ釣りのレポート

釣行日:H25.2.17
場所:五島市 富江町 中鯨
この日は地元仲間との釣り大会でした。
くじ引きで上磯場所を決め午前5:30出航し10分ほどでポイントに到着。
中鯨は高さの低い磯で滅多に乗ることが出来ない名磯。

夜が明けると南風が徐々に強くなってウネリが入りだしました。
そこで釣り座を風下に決定。
しかし磯の両側から強烈なサラシが出来ていました。

サラシの中に撒き餌を打ち、サラシの切れ目で仕掛けが馴染むようなイメージで手返しを続けると、40cmほどのグレがポツリポツリと当たりだしました。それから小一時間たったころ、それまでのグレとは明らかに重量感が違う魚が掛かり、釣り上げてみると50.5cmの良型でした。
その後は風とウネリがさらに強くなり、14:30途中回収となりました。

結果50.5cm頭に40UPを16枚、36~39を9枚の釣果でした。

グレリズム尾長良いですね~!
殆ど飲まれる事がありません!
最高です!

仕様タックル
ロッド:ニッシン ゼロサム磯 弾X4 typeⅢ
スペア:ニッシン ゼロサム磯 弾IM 2-53
リール:ダイワ トーナメントISO 2500LBD
タモ:ニッシン イングラム玉の柄 500 チタン玉枠ワンピース 45cm
ライン:サンライン テクニシャンハイカラー 2.5号
ハリス:サンライン ブラックストリーム 2.75号
針:グレリズム尾長 9号
小物:ガン次郎・はりこみ小次郎・ガン玉各種 ドングリウキG2
偏光:タレックス アクションコパー・イーズグリーン・ブラウンOA

TEAM YAIBA キュウ様からのユーザーレポート

2013年02月18日掲載文

Vol.100 1尾を獲るために

2月17日 小潮 満潮11:50

最近大型のグレが上がっているというので、長崎市の式見の磯へ行くことにしました。朝6時出船ということでしたので、5時半に港へ着いてみるとすでに20人ほどの釣り客がおられ、神楽島の穴前ハナレが希望でしたが無理と判断し、船長に相談したところ「マンジュウ」という同じく神楽島の真ん中ほどにあるハナレ瀬に上がることに。まだ暗いのでヘッドライトを装着し、撒き餌を作ります。オキアミ2角にグレパワーV9徳用を1袋。これで14時までの撒き餌とします。

混ぜ終わる頃には明るくなっていたので足元に撒き餌をして様子をうかがいますが、餌取りなどの姿は見えません。朝一なのでハリスを1.75号と太めを選択し、閃裂グレミドルの5号を結んで7時に釣り開始。

残念ながら朝マズメの一発は味わえず、1時間ほど経ったところでハリスを1.25号に変更。針も閃裂グレミドルの4号へ。G3のウキにG5のガン玉を2つ直結部につけて、ウキ下は竿1.5本として仕切り直し。しばらくすると足元にスズメダイが見え始めましたが、活性は低いようで動きが鈍い。そのまま足元から出さないように注意しながら少し沖へ仕掛けを投入。ピンポイントで少量の撒き餌を合わせますが、付け餌はそのままの状態で全く触られてもいません。潮の動きは1投ごとに違う感じでハッキリしません。タナを深くしていきますが、やっとアタってきたのはベラ。

そうこうしながら時間は10時前。
潮が左へ流れ出し、2ヒロほど入ったところでいきなりひったくられるアタリ。一気に左側に張り出した根に向かって突っ込んでいきます。竿を寝かすようにして何度も突っ込みを交わして上がってきたのは44センチのチヌ。
なんでチヌ?って感じで続けて仕掛けを投入。
今度はしっかりウキ止めまで入ったところでジワリとウキがシモリます。そのまま待ってみますがウキの動きは止まってしまい、回収すると餌が取られ
ていました。もう一度同じコースで流すと、全く同じようにシモったので今度は竿先が少し曲がる程度に張って戻しますがやはり乗らない。
ここで針を閃裂グレライトの3号へ変更。そしてもう一度同じ流し方をしてみましたが結果は同じ。ならばとハリスを1号へ変更。しかしまた同じ。
もうこれで喰わなきゃ後がないと思い針を閃裂グレライト2号へ変更し、ウキを釣研トーナメントゼクトSの00にしてガン玉無しの全遊動へ。喰い込み重視の仕掛けにして同じように流す。するとジワリとシモったので軽く張ってみると一気にグンと竿に乗るアタリ。少し竿を叩くのでまたチヌ?という感じ。なかなかの重量感ですが、正直針が小さいので針外れを警戒してしまい、テンションを変えないように慎重に浮かせて無事にタモに収まってくれたのは41センチのグレ。今の時期のグレはこの辺りだけかもしれませんが少し竿を叩きます。
この1尾はかなり嬉しかったです(写真ではかなり小さく見える(TT;))。

ハリスが結構ズタズタだったので交換して同じコースを流します。
すると今度は2ヒロほど入ったところでウキがシモります。
軽く張って…と思ったところいきなりひったくられ強烈な引き。
先ほどのグレとは比べ物にならないと思い何度も糸を出しゆっくりゆっくり…チラッとみえた白い魚体。
50はありそうなデカいチヌだ。
ここで一番心配になったのは針。ライトの2号。ヤバイでしょって感じでハリスが根に当たりながらもなんとかタモに入れて取りこんだのは、本日最大の57センチのチヌ。
小さな針がガッツリとチヌの硬い口にかかってました。

その後終了までに55センチのチヌと36センチのグレ(その他木端グレ多数)を釣り上げ右腕がパンパンの釣果となりました。

閃裂シリーズやっぱりいいですね。強くて刺さりもよく、心配していた針外れも一度もありませんでした。

竿:ダイワトーナメントISO競剣1.25-53
リール:ダイワ11インパルト競技
道糸:ダイワマスターエディション競技1.85号
ハリス:ダイワタフロングレートカスタムZ
ウキ:釣研トーナメントゼクトG3,トーナメントゼクトS00
針:閃裂グレミドル5号,4号 閃裂グレライト3号,2号

ツリキチオー様からのユーザーレポート

2013年02月09日掲載文

Vol.99 水温7.8℃のチヌ

1月29日 今日の風ならガチンコの寒チヌ狙いで竿が出せる。長男のヤックンと出発です。14:10のフェリーで前島へ渡り、引きポイントの黒岩東へ。ところが現地に着くと潮はいい感じですが南西の風が強くてザバザバ…。参ったなぁ~。

1時間程右斜め前から吹き付けて来るなか仕掛け&撒き餌を入れてみますが、手前に生い茂っている藻と風で狙いのポイントで細かいサシエコントロールができません。
ヤックンが高切れしたのをきっかけに「風裏の旧フェリー乗り場へ移動しようや」 旧フェリー乗り場は風も弱く別世界です。日没までの約2時間勝負。極々ゆっくりと左への潮のなかを竿先、10メートル付近、15メートル付近…以外に浅く根掛かり連発です。沈め探りウキをヤックンは2個ロスト。私も1個ロスト。

沈め探りウキを極ゆっくり沈むタイプに変更、段打ちしていたG5を一つ外します。針はフカセ遠投mode1号・・・低水温の中でいかにサシエを口にしてできれば飲ませるか・・・ ケン付きがソフトタイプのサシエのオキアミをずれることなくキープ。そしてひねり無し・短軸の小針が違和感なくチヌが口にしてくれると信じて・・・根掛かりとフグの様子を頼りに探っていくと25メートル位の所が駆け上がりの向こうかな? 30メートル付近に仕掛けを投入して当て潮に乗せて馴染ませながら手前に手前にゆっくりと。時折仕掛けをを持ち上げてフリーフォール。すると、ラインに変化 ツー ツー。合わせると竿は曲がるも、ただ重いだけ。この動きは…まさしく水温一桁台の寒チヌ。重いままゆっくり浮いてきてタモ入れ。よっしゃ~!嬉しい記念写真をヤックンに撮ってもらいます。この一枚で十分満足。17:45穂先が見えなくなったところで納竿。水温7.8℃のチヌ、嬉しい!釣れて良かった~。

この厳しい水温にも関わらずばっちりのど奥まで飲み込んでくれていました。
狙い通りフカセ遠投mode1号の針の威力が確認できた釣りともなりました。

イノウエ様からのユーザーレポート

2013年02月06日掲載文

Vol.98 ついに釣れました!

西海、、。
釣果に縁がない、、。
でもあの雰囲気は好きです、、。
九州が見える磯、、。(私の出身は福岡です)
今回はフカセ好きポイント店長米子店 平島店長のお誘いにて愛媛 御五神
に行きました。
お世話になったのは平島店長おすすめ 濱田渡船様 090-7785-4143
昨年もお世話になりました。昨年は名礁グレバエに上がり、強風と潮の流れに
あえなくボウズ、、。
今回こそは、、。
この日は曇りでしたが、風もなく穏やかな日和。
朝6時15分出船

抽選して各磯につけていきます。
今回は釣り人が意外に少なく、一人ずつおろしてもらいます。
平島店長は寝床4番に渡礁。
私は本島周りの桑バエに下ろしてもらいます。

大きな磯で本当は多くの釣り座を持ちますが、今回は贅沢に一人!
隣は桑バエノ子(ハナレ)です。
カゴ釣り2名で青物狙いです。

左側に寝床周りを眺めながら竿を出します。
足場は少し悪いですが、この磯を独り占め。
本当に贅沢です。

今回の相棒
竿) グローブライト メガディスハイパー1.5-53
リール)グローブライト トーナメントZ競技2500LBD
道糸)釣研 フリクションゼロ セミフロート 2号
ウキは今回も十八番の「トーナメントゼクト」
最初は0号スタンダードをチョイス。
ハリスは釣研 ゼロアルファ2号
針はささめ針 ヤイバグレ6号
ハリス2ヒロ、ウキ下1ヒロで流してみます。
本島から桑バエハナレに早く流れます。
サシエはない、、。
エサ取りか、、。
再度流すと、ウキがシモリ、、。
犯人は、、。
カワハギ君、、。

それからこのカワハギ君の入れ喰い、、。
足元にはキツの群れ、、。
エサ取りは元気です。
隣のハナレでは青物がヒット!
どうやらハマチのようです

エサ取りを分断することに、、。
足元にマキエを撒き、水道筋を流すと、、。
ウキがシモリます、、。
慎重にアワセルと、、。
確かな重量感!
グレでした!
30cm前後ですが、良い引きです。

口元にがっつりと刺さっています!
また、今回はポイント倉敷店 黒石店長よりアドバイス頂いたTバックオバネを使いました!
これが効果あったようです。
喰い込みに違和感を感じず、グレがしっかりサシエを咥えます。

それからこのサイズより少し小さめが入れ食い、、。
タモを使わず抜きあげ続け、、。
少しポイントを遠投に変えると、、。
ウキがシモリ、、。
アワセルと、今日一番の重み!
慎重に寄せてタモ入れ。

 

やっと釣れました!

 

ゼクト良い仕事します。
ゼロアルファも強いです。安心してやり取りできます!

そして同じポイントでさらに1枚追加!

また、針も口元にがっちり!

さすがヤイバです。
刺さりも抜群です!
そのあと、何度かのバラシもあり、、。
40オーバーさらに1枚追加

この日全体の釣果
40オーバー3枚
グレの30cmほど多数(針をのんだものだけキープ)
カワハギ多数(大きなものだけキープ)
納竿直前のバラシもあり、、。(大きかったと思います、、。)
十分楽しめました!
各所でグレ釣れており、寝床4番平島店長もしっかりと釣っていました!
堂々の47cm!
さすがです!

帰りのサービスエリアでJ名人と偶然にお会いしました。
日振島で大漁だったそうです。
西海はまだまだいけそうです!
是非このシーズン楽しみましょう!

岩本 比呂志様からのユーザーレポート

2013年02月05日掲載文

Vol.97 地獄から天国

2月4日の月曜日。かねてから予定していた釣行日なのだが、当日の予報は雨、風、波、雷と、これ以上はないタフコンディション。一応船頭さんに電話してみると「東側の磯なら乗れるだろう。」との事。
雷を心配しながら佐多岬へと向かう。
午前6時40分、薄くどんよりした雲と強い南西の風の中、出船する。
気になっていた雷の心配は無さそうだ。磯に降り道具を飛ばされない様注意しながらタックル作り。朝マズメにウルフラインの1.7号、針はサイト尾長ミドル7号からスタートする。(この場所は大型の尾長もでる為)開始早々息子の仕掛けに元気な小ッ葉グレがバカ当たりで飛び付いて来る。
流すラインを変えて何とか32cm37cmとサイズアップしたが、ここで強風&雨タイム。心は折れかかっているのだが船頭「雨が抜けないと風向きは変わらない。」の言葉を信じ、撒き餌を作り直し(釣れてくるのがクチブト主体だった為)針もグレスリムの6号に変え早目の昼食を雨に打たれながら立って済ます。
昼の12時少し前にして空が明るくなってきた。
待ってました!と、ここからはまさに入れ食いタイム。
初めは足の裏サイズが引たくって釣れていたが、40オーバーも喰いだし、ラストは共に大台ゲット。地獄から天国への釣行となった。
なお、途中息子は、針をプロフェッショナルグレの4号に替えていたとの事。慣れない小針でもしっかりと結果が出せて大満足。全然、知らなかった。私を出し抜くつもりだったのかーっ!

1 / 11
page top