磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
1 / 11

山下 孝介様からのユーザーレポート

2013年01月29日掲載文

Vol.96 閃烈グレ」で喰い渋るグレを刺していく

作成者:山下孝介(TEAM YAIBA 佐賀支部)
釣行日:平成25年1月15日
渡船:アクアライナー(浜本釣りセンター)

五島初挑戦となる同僚の江口君の誘いを受け1月15日に釣行することになった。数日前、五島に釣行したフィールドスタッフの山田圭介氏から「喰い渋り状態」との情報が入ってきた。そこで貫通性に優れた針が必要不可欠と考え、まるきん伊万里店で『閃烈グレ』を購入し、良型のグレが釣れることを願いつつ出港先の平戸 西浜港へ向かった。
午前4時半に浜本船長が操縦するアクアライナーに乗り込み出港したが前日からの爆弾低気圧の影響でウネリが残っている状況。約1時間後にエンジン音がスローになり、平島の西側に位置する無名瀬に江口君と上礁した。しかし大きな波が磯に砕け散り、辺り一面がサラシ場となっている。そのサラシが比較的落ち着くワンド向きに釣り座を構え、東の空が色づき始めた午前6時30分頃から仕掛け作りの準備に取りかかる。
00浮力のウキと水中クッションJ6に道糸を通し、ハリス1.75号に閃烈グレ5号(ミドル)を結びつけ釣りを開始した。仕掛け投入後、ラインにテンションを掛けながら少しずつツケエを入れ込んでいくと道糸が「バチバチ」と音を出して加速し35cm級のグレが海面に姿を現したが低活性を思わせるような皮一枚の針掛り。オマケに連発するものの型が思うように上がらない状況が続いた。そこで足元から沖の方へ払い出すサラシを狙ってみることに…。サラシの先端で撒き餌とツケエが同調するようにサラシの際に撒き餌を打ち、仕掛けを投入すると緩んでいた道糸が「スゥ~」と一直線に張った。喰い渋るグレに違和感を与えないように道糸を送りこんでやる。すると穂先から手元に伝わる小さなアタリを捉え、合わせを入れたと同時に竿が大きく弧を描いた。重量感のある引きを楽しみながらタモに納まったのは47.6cmの口太グレであった。
その後、型が伸びず倉島のハカタ瀬へ瀬変りしたものの、時より大きなウネリが打寄せる状況。サラシの際で発生する吸い込む潮から仕掛けを投入するが、仕掛け全体に張りが作れずアタリを捉える事が出来ない。そこで自重のある閃烈グレ(ヘビー)5号に変えた一投目…。道糸が音を出して加速したと同時にスプールに当てていた指が勢い良く弾かれた。しかし合わせを入れた直後に一気に瀬の方に突っ込まれてしまい痛恨のラインブレイクをやらかしてしまった。その後も大型のアタリを期待したものの沈黙が続き納竿の時間を迎えてしまった。
今回の釣行では終始グレの活性が上向きにならずシビア釣りを強いられたが、このような時期だからこそ貫通性に優れた針が重要となってくるのではないでしょうか。『閃烈グレ』シリーズを使い分け50cmオーバーを獲ることが今の私の目標である…。

イノウエ様からのユーザーレポート

2013年01月25日掲載文

Vol.95 グレ狙いでしたが、、。

2013年、、。
明けて釣り運がない、、。
そういえば、、。厄年です、、。
そういうことか、、。
しかし、磯シーズン最盛期!
フカセ中毒も禁断症状が、、。お店にいても気がかり、、。
1月23日
夕方から用事もあるのに出かけました。
浅川へ!
先週から徳島は水温低下で、グレ釣果も厳しい状況、、。
そのなか、浅川では40オーバーもでたということで、今回釣行に出かけまし
た。
お世話になるのはいつもの神野渡船様
6時30分出船
今回渡礁した磯は名礁「シオフキ」
大砂海岸の沖に位置する磯です。
東側先端に釣り座を構えます。
今回の相棒
前回の日振島同じ
竿)グローブライト メガディスハイパー1.5-53
リール)グローブライト トーナメントZ競技2500LBD
道糸)釣研 フリクションゼロ サスペンドピンク2号
仕掛けはトーナメントゼクトG3
ウキ下1ヒロ、ハリス 2ヒロ 釣研 ゼロアルファ2号
針 ささめ針 ヤイバグレ6号

集魚剤はオキアミ 2角に マルキュー 爆寄せグレ2袋プラスグレパワー遠
投 を混ぜ固めにします。

さて、1投目、、。
アタリなし、、。
2投目 サシエ取られ、、。
それからサシエばかり取られます、、。
正体は、、?。
ウキがシモリ、アワセルと重たい重量感!
竿をたたく、、。(?)キツ、アイゴ、、。
白い魚体、、。
おチヌ様、、。しかも立派!
グレ針でおおチヌ釣れました!
グレ狙いなのに、、。
グレ針をひとつも持ってきていない、、。
でもささめ針「ヤイバグレ」で勝負!

同じポイントで
さらに1尾追加
でっかいフグさん、、。重たかった!
その後さらにおチヌ様追加し、
最後にドラマが!
夕方所用がありましたので、12時納竿

残り時間あとわずかでウキがシモリます、。
掛けるとこれも重い!
竿をたたく感触、、。これもチヌ、、。
しかし、今までとは明らかに抵抗感が違う、、。

なんとか寄せてきてもタモ入れまでなかなかうまくいかない、、。

ようやくタモ入れしたところ、、。
大きい
口元にがっちり掛かっていました!
ヤイバ針が獲物を捕えていました。さすが!

港に戻って大きな最後の魚を計測。
52cmもありました!
この魚のほか合わせて5尾の釣果!
すべて40オーバー!(1尾のみお持ち帰り、その他は海にお帰り頂きました)

贅沢な釣りを楽しませてもらいました!
豊かな海に感謝です!
浅川、この日はチヌがその他磯でも上がっていました。
真鯛70オーバーも出たようですよ!

グレが厳しい時でも、このような魚に出会えるとうれしいです!

また、出かけ、ご報告致します。
ご期待下さい!

岩本 比呂志様からのユーザーレポート

2013年01月22日掲載文

Vol.94 爆弾低気圧

南九州を爆弾低気圧が襲った1月の13/14日。自分の休みと重なった15日こそグレ入れ喰い間違い無しと、仕事帰りにエサを買い、19時に渡船屋に電話すると「明日迄休む。」との事。両肩が脱臼したほど落ち込んだが、エサも買っているので宮崎の南にある串間市の防波堤へと行く事にする。沖正面の表側は、時折波を被っており内側を狙う事に。小ッ葉グレかクロダイ位は釣れるだろうと、1.2号の竿にウルフライン1.5号、フカセ遠投2号で釣り初める。内側のテトラの右角をかすめる様に流すと、しっかりとしたアタリ。いきなり45cmオーバーのクロダイだった。グレ釣りに行けず落ち込んでいた心に日が差し込んできたかの様に笑顔で次投へ。同ポイントですぐにアタリ。それから入れ喰い状態で、夕マズメ前には帰ろうと言うと「最後に。」と、表の波止付け根にある岩場の所で、しつこくグレを狙うと言う。道具を洗いかたずけが終る頃に、ニヤケてタモを抱えて帰ってきた。なんと、、、外道とは言え強烈な一枚を仕留め、満足の釣行となった。

島津様からのユーザーレポート

2013年01月08日掲載文

Vol.93 初釣り

年末から、体調を壊してましたが、釣りに行きたい、磯に立ちたいと言う、気持ちを保てたんで、なんとかお正月に久しぶりに揃う仲間たちと、好きな、和歌山県の、日高郡、田杭の磯に向かいました、が? 正月5日、天気グ~ではお客様があふれて、思わず近くにある、地磯の実績のあるポイントに車を走らせました、ラッキーにも空いていて、今日は昼前が満潮となる朝一からの上り潮。地方の浅いポイントだけに、午前が勝負! 夜明けと共に仲間が早速、良型のグレをかけるが、根ズレでバラシ!その後、沈黙が続いて、満潮1時間前、僕の遠投していた、浮きが綺麗に消しこまれ、あわせを入れると、ゴンゴンと頭を震る、チヌ、網に納め、計ると45センチ。その10分後、シモリが点在する際を浮きが通る瞬間。今度はユックリと入り、あわせも時間かけると、グレらしい走り、浅瀬の根を慎重にかわし、上がって来たのは46センチの口太グレ! えーこんな時期にこんな場所で、このサイズがと、驚き。お年玉を頂いた気分でした、その後は当たり無く、お昼に納竿にしました、竿5メーター、1、15号、道糸、磯波止スペシャル2号、チヌハリス1、5号、針、遠投モード2号、浮き0号、タナは2ヒロでした、この場所は、釣友である、ジャイアン鈴木君のホームグラントの一つでも有りまして、彼のおかげで、お正月から良い釣りになりました。

1 / 11
page top