磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2012年6月
« 5月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 / 11

横尾 考耶様からのユーザーレポート

2012年06月22日掲載文

Vol.84 大型尾長を求めて、上五島白瀬へ

6月に入り梅雨グロシーズンも本格的になり、特に上五島の白瀬灯台では50cmオーバーの尾長グレが上がっているという情報が入ってきていた。そこで私が所属している「閃釣会」の会長である山田圭介氏(ヤイバフィールドスタッフ)に電話を掛けてみるとヤイバフィールドテスターである原隆彦氏も釣行されることを聞き、白瀬釣行が決まった。
11日の夜、アクアライナーに乗り込み白瀬にむけて出港した。今回は白瀬の「4番」に原隆彦氏と2人で上礁した。ここは毎年、大型の尾長グレが釣り上げられている実績場である。さっそく夜釣りの準備をはじめた。竿3号、道糸8号、ハリス6号、針は尾長グレリズム10号を使用した。夜釣りをはじめて1時間が経つころだった。磯際の根回りを探っていると、原氏の竿が大きな孤を描いて曲がった。上がってきたのは50cm級の口太グレであった。その後、私も40cm級の口太を釣り上げ夜釣りを終わり、日中のタックルの準備をした。
今回の狙いは大型の尾長なので、朝マズメはヤイバプロフェッショナルグレ(ヘビー)8号にハリス3号を結んだ。手前にエサ取りを寄せて竿3本ほど先にできている潮目を狙う。引かれ潮に仕掛けを投入し、仕掛けを沖の潮目まで流した。20~30m程流した所で、スプールを押さえていた指が勢いよく弾かれた。アワセを入れた瞬間に大物だと分かる手応え。だが…魚に主導権を握られてしまい、痛恨のラインブレイク…。その後、潮が変わり沖の潮が流れなくなってしまった。ここで、私はポイントを磯際に変えることにした。若干だが潮が流れており、釣り座の右側にはサラシがあり、このサラシによって潜り潮が発生していた。ウキを00号、ハリス2号、針を『サイト尾長(ヘビー)』7号に替えた。
足元にマキエを撒き、サラシによってできる潜り潮に仕掛けを投入する。竿先に神経を集中させ、道糸を少し張り気味にしながら仕掛けを沈めていくと「コツコツ…グゥ~」っというアタリがあった。すかさずアワセを入れると、今まで味わったことのない重量感と引きに襲われた。「今度こそは…」という気持ちで魚と向き合った。数分後、海面を割って上がってきたのは、50cmクラスの石鯛であった。尾長が本命だけにあって複雑な気持ちであるが、サイト尾長は石鯛という大物が相手であっても針が延ばされることもなくやり取りができた。アタリ数は少ないものの、同じパターンで46cmの口太グレを釣り上げ、3時にアクアライナーに乗り込み帰港した。
今回の釣行では、尾長グレを釣り上げることはできなかったが、石鯛が相手でも針を伸ばされたり、折れたりすることがなく、改めて「サイト尾長」の強度と貫通力を実感することができた。

大型尾長を求めて、上五島白瀬へ
レポート作成者:横尾考耶
釣行日時: 平成24年6月12日(火)
釣行場所: 上五島白瀬灯台
渡  船 :浜本釣りセンター

山下 孝介様からのユーザーレポート

2012年06月06日掲載文

Vol.83 閃釣会 梅雨グレ大会

私が所属する【閃釣会】(YAIBA-Xフィールドスタッフ山田圭介会長)の第2回グレ釣り大会が5月28日に開催されました。
大会に集まった参加者は8名。大会当日に平戸(西浜港)浜本釣りセンターに集合し大会説明を聞き、アクアライナーに乗り込み午後10時に出港。
約2時間程でエンジンがスローになり、下五島 嵯峨ノ島へ到着。私は嵯峨ノ島は初めて来る場所でまったく情報がない状態でした。三番目に瀬へ上がったあとは電気を照らし磯の状況を把握し準備することに。
今回の大会は夜釣りからなので、まず夜釣り仕掛け、道糸7号・ハリス5号・ウキ1号・グレリズム10号の針を結びつけて実釣開始。夜釣りということもあって、瀬際からゆっくり探ったもののアタリがなく仕掛けが沖へ流されていくため、ウキを2号に交換し瀬際を重点的に狙ってみる。しばらくすると、電気ウキが「スゥ~」と入り、合わせを入れると40cm級の尾長グレが姿を現した。すかさず、同じ場所へ仕掛けを投入するとウキが一瞬で海中へ入り込み、慌ててアワセを入れると先程より重量感のあるグレの引き。海面から姿を現したのは46cmの尾長グレ。グレリズム10号針が綺麗に上アゴに貫通しており抜群の刺さりを実感ました。その後も42cm~45cmのグレとイサキを追加し夜釣りは終了した。
朝5時ごろ空が明るくなり始めたので慌てて日中仕掛けの準備に取り掛かりました。ハリス2.25号に閃烈グレ7号(ミドル)を結び釣り開始。朝マズメも瀬際から狙ってみるがアタリがない。しかも瀬際はエサ取りだらけなので、足元から沖へ流れる潮を狙ってみることにした。エサ取りを沖へ出さないように足下に撒き餌を打ち、仕掛けを流すと「パラパラ」っと道糸が走ったのでアワセを入れると、30cm弱の尾長グレ。閃烈グレの針も刺さりが良く、上アゴに貫通していました。これからサイズアップをと思って頑張ってみましたがコッパグレ、イスズミしか釣れないまま時間が過ぎていきました。しかし昼過ぎから潮の動きが変わり沖でいい潮が流れているので、ツケエが外れにくいケン付きタイプのフカセ遠投モード2号に針を変え、遠投し狙ってみることに…。しばらく魚信の反応を捉えることが出来なかったが40cm程の口太グレを追加し納竿時間を迎え、アクアライナーに乗り込み嵯峨ノ島をあとにした。
港に戻ると参加者全員が「TEAM YAIBA」のメンバーとあって良型のグレが検量に出されていた。
私の結果は夜釣りの釣果のおかげで46cmのグレを筆頭に良型を揃えて見事優勝することができました。

1 / 11
page top