磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2010年1月
« 1月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1 / 212

WING様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.45 鳥羽本浦チヌかかり釣り

11月4日C☆MAXのメンバーKさんと2人で「やま栄」渡船に釣行しました。
秋の数釣り真っ只中の釣行で目標は3ケタ釣り。
チンタ主体ではあるが、まれに中型~大型もヒットするのでフックは「閃刃チヌミドル」でダンゴ釣りは1号、広角は3号をチョイス。

撒き餌のダンゴが効き出した昼過ぎから納竿までほぼ入れがかり状態になり目標の100枚オーバーも達成!
まだしばらくは数釣りを楽しめるのでビギナーの方にはおすすめです。
2人の釣果15~29cm 213枚

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.44 秋のメジナシーズンは…まだかな

平成22年10月10日  この日はクラブの釣り大会の予定でしたが、高潮注意報が出て磯に上がることが出来ないと判断::大会中止になりました。でも、釣りがしたくて数カ所の渡船に電話を入れるが、何処も悪条件で休みとの事::そこで諦めずに宮崎県南の都井の室丸さんに電話すると、「明日は船…出すよ!」と返事が返ってきました。

思わず「やったー」と喜び、エサの準備に取りかかる為にいつもの釣り具店に行きました。暑い日が続いていたのでお昼の釣りが出来ず、まだまだ夜釣りの釣り人が多いこの時期ですが、メジナ秋シーズンを確かめる釣行、とにかく釣れなくても竿が出せるだけで良いのです。私にとっては磯に立てる事が嬉しいのです。そんな事で明日は2時30分起床::都井に6時に着かなくちゃ行けません。

準備完了::今から寝ますと時計を見たのが21時30分の事でした。
ZZZZ::::時間だ::起きた::安全運転で串間の都井岬に車を走らせたのです。都井岬/黒井港に到着したのは5時前だった。室丸に乗船する皆さんが来るまで仮眠していると、1台の車が到着、2名の方が準備に取りかかっていました。

その後、私の所属するクラブの釣り友が4名::そして室丸常連の数名の方が…今日、私達が上がる瀬は船長任せで「ゴロクのハナレ」になりました。出港時間は満潮/高潮で低い瀬は上がれません。ゴロクのハナレで釣り開始::

1投目からメジナが::その後::瀬替わりするまで入れ食い状態::10時30分下げ潮で瀬が見えてきたようで、船長から電話連絡がありました。「0番に上がれるので片づけて待つように」と、A級ポイント予約なしでは上がれない瀬「0番」です。上礁してすぐに撒き餌をして投入して潮の流れを確認、撒き餌を撒き続くて5分ぐらいして、仕掛けを投入するとすぐにメジナが釣れた。きょうの仕掛けは全誘導にYAIBAーXグレ3です。型は25cm程だった::

入れ食い状態になった。3号針では活性の良いメジナの食い込みに時間が勿体ないと思ったので、いきなり7号針に替えてみました。飲み込まれが無くなり手返しが早く出来るようになりました。0番は3方の釣り座が可能の瀬…どの方向に仕掛けを入れてもメジナが釣れました。「大きさは20cm~35cm位の型」でした。今日1番の35cmは遠投で釣れました::一日中竿が休まる時間が無いくらい釣れました。ヤイバのキープバッカンにポンプを2個付けていたので2個ともスイッチON。

しかし、すぐにメジナで一杯になり苦しそう!型の良いのは氷詰めのクーラーに、そうして釣り上げた魚は釣果を待っている仕事仲間にと持ち帰りました。帰宅後持ち帰ったメジナを数えたら95尾でした。この他リリースした数が30尾程はあったと思いますので、ゴロクのハナレ::瀬替わりして上がった0番とも、心地よい疲れを感じましたが久しぶりに楽しい一日になりました。23~25Cmほどのメジナが多かったので、メジナのシーズンはこれからだなと感じた宮崎県南/都井の釣りでした。::YO-KO

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.43 ニューバージョンにて磯に立つ

九州も梅雨の時期で、予定した日程での釣行がままならない日を送っています。
本来ならこの時期「梅雨グロ」で楽しんでいるのですが、各港の渡船も出船が出来ないようです。そんな中、天気予報がはずれて喜び(笑)夜釣りに行くことにしました。目的は「シブダイ」なのですが、満月の夜、その月の明るさで磯はライト無しで歩ける程でした。結果はシブダイは釣れず「大きなカマス」や「金目鯛に似た赤い魚」のお土産を10尾ほどでした。次回::シブ釣りの爆釣条件、お昼は太陽の光がさんさんと海を照らし、夜になると真っ暗な海面になる::あたりと同時に緑色の光を放つウキが暗闇から消える::そんな日を選んで挑戦致します。

今回の報告は、この春に新発売なりました「キャップYMCー3とジャンプアップ長袖の黒」について。キャップは同じ型番の白も持っていますが、黒色は自分の全体的な色合わせのスタイルになるので好きになりました。かぶった感じも頭が深く入る(形状)ので、帽子をかぶっているという違和感が有りません。そして、ツバの長さと帽子の深さで、顔の日焼け対策も出来ますね。

ジャンプアップ長袖はいろが2種類(白/黒)あります。私は黒色を着用しています。全体的な色の配置がスタイルをカバーする(笑)ように、胴回りの部分は細く引き締まって見えます。胸元もボタンではなくファスナーですので、手の汚れも気にせず上げ下ろしが出来ます。生地も身体の部分で違っていますので楽に感じています。特に胴回りと腕の後部分はメッシュ素材(収縮生地)で出来ていますので、動作の変化や体温調節が考えて取り入れてあるようです。私(身長160cm)はMサイズを着用しています。袖の長さが少々長いと思いましたが、此も手の甲の日焼け防止対策として用::スタイルも着心地も私なりに満足しています。

大きな釣果と一緒にアップしたかったのですが。こんな報告になりました。次回の報告では「頑張りますので…」ヨロシクね。

シマラーK様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.42 梅雨グレ・・・

6月24日、雨の合間を見て、宮崎県串間市の沖磯へ行きました。
この時期やはりエサ取りパラダイス。
手のひらメジナは釣れるものの良型は現れず・・。
午後から瀬代わりしての一投目、40センチ1キロの良型を上げることができました。
針はヤイバ、ライトの4号、飲み込んでおりましたが明確なアタリでした。
5,4,3号と使い分けて4号で一番アタリもあり、バラシも数回ありましたが、やっと梅雨グレシーズンという感じでした。

WING様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.41 串本チヌかかり釣り

6月17日和歌山の串本「あけみ丸」にC☆MAXのメンバーと釣行しました。
当日は天気も良く風もないので絶好の釣り日和でダンゴを握る手に力も入ります(笑)
その天候とは裏腹に、お昼前に41cm1枚なんとか獲れただけで夕方まで非常に厳しい展開で半分諦めかかったところで、会友が値千金の55cmを釣り上げ、そこから納竿までの1時間2人でデカバン4連発!終わってみれば、とんでもない釣果となり大満足で納竿しました。

この日のフックは、対大物仕様でヤイバチヌひねりなし6号と7号をチョイスし6号はオキアミの房掛け、7号はボケで使用しました。
デカバンの頑丈な口に負けることなくしっかりフッキングしてましたよ!

この日の釣果
58cm 54cm 41cm

syun様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.40 淡路島 沼島のチヌ

チヌ釣りとしては有名な場所で、ここ最近釣果が良いという事で行ってきました。
当日の潮は若潮で、前日の雨はそう影響してないと思いますが、挙げ句の果てには、アジのが沸いてしまって本命のタナまでなかなか落ちない状況での中での釣果です。
しかも、潮が五合バエの方に流れたら釣れるのに今回は大体が潮止まりに当たりました。
51cmを筆頭に7匹釣りました。

使用ハリ
YAIBA-X 閃烈グレ・ヘビー 7号
すべて、がっちり唇にかかり貫通力は良かったです

club AFG 山本俊介様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.39 泊浦小島のグレ・チヌ釣り

4月3日、高知県 泊浦小島
ここ数日釣果が良いという事で4人で行ってきました。

朝5時過ぎに出船して磯まで約10分程。
磯自体は大きいが、足場は低いです。

竿を出したの6時位の船着き付近でしたが、タナがすごく浅い。しばらくやってましたが全然でしたので船頭が言ってた、先端の方に移動。移動して、一投目で約35cmのグレ撒き餌を打ってる最中でした。それを筆頭に続けて約45cmのグレ満潮の9時過ぎまでにチヌ(50cm、51cm)イガミ(40cm、41cm)をバタバタと釣りました。
どのアタリもウキが「スパッ」と消えるアタリで、ハリも飲まれずガッチリ掛かってました。
当日は全て「YAIBA X 閃刀グレ・ヘビー 7号」を使用しました。満潮を迎えて、潮が下がり始めてから暫くして、赤潮が発生てからは、全然ダメでした。
風も向かい風になり釣りづらい状況になりそのまま終了でした。

本日の仕掛け
竿   SHIMANO ISO LIMITED 1-530 Delgard
リール SHIMANO HYPRE FORCE MG2500DHG
道糸  KIZAKURA 全層メガフロートSP 2.0号
ハリス D-Fron α 1.5号
ハリ  YAIBA X 閃刀グレ・ヘビー 7号
ウキ  KIZAKURA Z-Trap B
タナ  2ヒロ~2.5ヒロ
磯名  小島

チンタ様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.38 テクニカルな釣り

兵庫県淡路島の福良筏釣りセンターさんでのチヌかかり釣りに行ってきました。今回乗ったのは2号かせです。
昨年同様、のっこみ期なのにテクニカルな釣りができそうな雰囲気になってきたと思い、まだまだ大物釣りが目立つなかがんばってきました。

ハリス1.2針はもちろん閃刀チヌシリーズのヘビー3号です。どのサイズのチヌにもきっちりと針が貫通し、いい仕事をしてくれました。
強風に悩まされ、あたりを見分けにくく大変でしたがポツリ、ポツリ釣上げて用事があるために午後2時30分に終了。合計21枚の釣果。

確実なフッキングでチヌをバラスこともなく納得いく一日でした。この時期のテクニカルな釣りに期待に応えてくれた福良筏釣りセンターさんと閃刀チヌシリーズには感謝、感謝です。

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.37 兵庫県の乗っ込みチヌ

4月4日チヌを狙いに釣行して来ましたので報告します。オキアミ・瀬戸内チヌ・メガミックスを配合したマキエを準備。
午前10時に釣り場到着。釣り場はすでに20人程の釣人で賑わっていました。その中に知人がいたので、今日の状況を聞くと早朝から餌取りのフグが邪魔をして1匹しか釣れていないとの事・・・

マキエを竿3本辺りに数回撒きマキエにかぶせるように仕掛を投入。
すれと緩やかな当て潮状態で少し時間が経つと際に仕掛けとマキエが集まってき、仕掛を回収するとオキアミが付いたまま。ここには餌取りはまだいないと思いマキエを際に数投。
仕掛けは竿2本先に投入し馴染んだ時に初めて同調する計算で仕掛けを流し数投した時にウキが際に到着と同時にゆっくりシモリだし道糸を少し張り、じっと待っていると微かなアタリまだ早いとカウント1・2・3・4秒経った時に一気に竿をひったくるアタリに透かさず合わせ一気に浮かせると水面にキラッキラッっと綺麗な銀色の影。35センチ程のチヌGETッ★

針はチヌの上唇を綺麗に貫通していました!
その後暫くすると潮がゆっくりと沖へ動きをかえ出した為、際狙いを辞め1投目と同じ竿3本辺りを集中して攻めて行く数投毎に上潮の動きが微妙に変わる為、頻繁にジンタンの位置をずらして微調整しチヌを追い詰め。
1匹目を釣り上げてから1時間を過ぎた辺りにで再び竿先にピクピクッ・・ズドン!

小さく合わせて引きを楽しむと上がって来た魚影が黒っぽい・・?
上がって来たのは25センチのグレ。
その後、続けて同じサイズのグレGET!直後にボラが回遊しだし潮も少し複雑変化し私の正面30メートル程先にヨレがくっきり出現。
ヨレに入って行く潮を計算しながらウキを投入すると、ウキがシモリ竿先を一気に持って行く強いアタリに合わせて竿を真横に倒し沖でボカンとチヌを浮かせて、ゆっくり取り込み40センチオーバーをGET!!その後3時間は沖を中心に狙いコンスタントに釣り上げる事が出来ました!! 今日のパターンは仕掛けが馴染みシモリ出すとすぐに前アタリがあり、しばらくすると綺麗な本アタリが出ました。活性が上がっている時間帯は頻繁にアタリはあるもののチヌ針3号では魚が掛かりにくくチヌ針1号かグレ針の4~5号でちょうどと言う感じでした。これから磯でもチヌシーズン突入になりますので、みなさんも是非チヌ釣りに出かけてみて下さい!

針:チヌ1~3号・グレ5号
ハリス:1.2号
道糸:ちぬ1.75号
竿:チヌ竿06号
リール:LB3000号
マキエ:オキアミ・(瀬戸内チヌ・メガミックス)

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.36 厳しい中で嬉しい釣果

3月が終わろうとしている26日の釣行でした。1週間前に予約を入れてA級ポイントの瀬を押さえましたが、当日は北西の風が強くうねりも有り、夜明け前の時間は上がれず、とにかく何処かにと言うことで此処も有名瀬/水島3瀬に上がりました。只今3時30分頃夜明けまであと3時間、用意してきた夜釣りの仕掛けでアジを釣ることに、この時期のアジは30cmオーバーの真アジなのです。

前回の釣りでキビナゴ1尾刺しで良く釣れました。使用した針は「カラー真鯛/夜光グリーンの13号」しかし、強風で寒い釣り座でした。ポイントもわからず投げ続けた仕掛けにあたりが出たのは2時間ほど過ぎた時でした。これが貴重なアジゲット丸々とした30cm程の大きさでたまごを持っていました。もちろん氷〆にして持ち帰りました。あと数尾欲しかったけどね。

やがて、夜が明けて周りがうっすらとしてきましたので、仕掛けをチェンジしてメジナ釣りに取りかかりました。以前強風です他の釣り人さんも苦労しているようです。釣れません。仕掛けが馴染みません。どうしたものか?そんな時間が9時まで続きました。やがて見回りの渡船が近づいて来て「どうですか?」釣れませんね「瀬替わりしようか」そうして下さいと携帯で言葉を交わすと瀬替わり準備、近くの方にも伝えて皆さんも一緒に乗船完了、私達は予約瀬のボーウズに上がりました。

さぁ、仕切なおしで頑張るぞ、此処は風も先程の瀬よりは弱いようです。四方八方何処も狙えるハナレ瀬の一番ポイントは何処だ。撒き餌をすると何と沢山のエサ取り名人達が、瀬際に2つ3つ打ち込んで潮目を見ながら仕掛け(針は愛用のグレ7号)を投入、同時にかぶせ撒き餌を1つ2つすぐに釣れたのは手のひら程のコッパグロでした。グレはいるかもと気持ちは楽しくなってきました。仕掛けを流してはすこし引き寄せる誘いを入れながらの釣りに、結果が出たのはお昼頃でした1尾、そしてもう1尾と釣れたので気持ちも楽になりました。

釣れない時間が長いと焦ってくる自分が分かります(笑)風も強くなってうねりも高くなり、釣り辛い状況になってきました。早めの納竿にして磯の掃除に取り掛かりました。今日の釣果はこの時期にしては満足出来ませんが、最近の近場釣果情報から見ると嬉しいグレでした。アジとメジナのお刺身でビールも美味しかったです。渡船の船長さんに聞くと、今年は例年にないような異常な状況だそうです。早く落ち着いてくれると良いのですが、じゃまたね。
そうそう、竿バックにYAIBAーXのステッカーをアレンジして「切り文字スタイルで張ってみました」

1 / 212
page top