磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

チームヤイバ福岡支部 柳池 正博様からのユーザーレポート

2017年10月19日掲載文

Vol.242 秋磯のグレを求め五島列島へ

去る10月8日(日)、秋磯のグレを求め五島列島へ。

あじか磯釣センターの「ブラックヘリオス」にて中五島・中通島の奈良尾周辺の磯を目指します。この時期には、釣り人があまり入らないエリアです。

 

渡礁後、同礁者としばし会話を楽しみ、夜明けと共に釣り開始です。仕掛けを入れると第3投目で尾長グレの30センチがヒット。幸先良いスタートでしたが、その後は手の平サイズから25センチ位のリリースサイズのオンパレードです。サイズアップしないため、ツケエの動きに変化を付けるべくハリを「閃烈グレ(ライトピンク)」(6号)から「ケイムラ」(5号)、そして「渋グレ」(6号)とハリをローテーションしながら30センチオーバーの尾長グレを5枚キープした所で、見回りに来た船長に瀬替わりを依頼しました。

 

魚影の濃い五島列島ですが、船の瀬付け直後は、グレの活性が低いので「渋グレ」(6号)からスタート。若干、潮の流れが早い為、しばらくはツケエが残ってきていましたが、潮の流れが緩むと口太の35センチがヒット。それ以降は、魚の活性も上がってきたようで30センチの口太が釣れ出しました。しかし、五島列島のポテンシャルからして物足りなさを感じるため、更なるサイズアップを狙いツケエの芝エビのむき身が付けやすいようにハリを再び「閃烈グレ(ライトピンク)」(6号)へ。その直後、今までとは違う激しいアタリが。ドラッグから一気にラインが出て行きます。最初の引きを交わしたところで竿を立ててみると不覚にも根に潜られてしまいました。上がった磯は大型瀬渡し船も瀬付けでき、水深があると思い安心していましたが、海底に安全に隠れられる根があったようです。

 

これでこの磯の最大の特徴が分かったので気を取り直して釣りを再開。40センチと35センチの口太を追加でキープした後、再び重量感があるアタリ。ドラッグからラインが出るため、今度はドラッグを手で押さえて強引に根から引きずり出し、ハリスに傷が入っていることを想定し、慎重にヤリトリ。タモに収めたのは45センチオーバーの口太でした。その後も状況により、ハリをローテーションしながら、グレの数釣りを楽しみました。

秋磯から始まるグレ釣りシーズンを優れたヤイバのハリによって、素晴らしいスタートを切る事ができました。

 

*今回のハリ以外のタックル

・ライン:「フリクションゼロ」1.75号

・ハリス:「ゼロアルファ」 1.7号

・ウ キ:「エイジアマスターピースLC 02」

「フローズ 02」

IMG_1076 IMG_1071

page top