磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

溝口勝人様からのユーザーレポート

2009年01月23日掲載文

Vol.8 渋ッ渋の寒クロ釣り。

2月26日木曜日
大潮

2009年2回目の釣行は前回の初釣りで良い思いをさせていただいた鶴見半島にある「カタヘラ」に行ってきました。メンバーは最近、魚釣りの相性の良い熊本のメンバー達。みんな4時の瀬上がり後そそくさと夜釣りの準備をしています。私はまたも見学で…

しかし前回の様なドラマは無く時間だけが虚しく過ぎていきました。白々と夜が明けクロ釣り開始です。当日は夜明けと同じ時間に潮が下げ始める潮回りだったので、北からの風を考慮し先端には入らず、長ウド方面に釣り座を構えました。カタヘラは上げ潮が本命なので、期待は薄かったものの、朝まずめにはしっかりハリス2号、口太グレリズムの6号からスタート。完全に大物を意識したチョイス(笑)事前情報では「大きいのは少なくなった」とは聞いていたものの、釣り師の性が私を勝手にそうさせていました(笑)

数投しますが、完全に餌だけをとられてしまう状況でウキに反応がありません。棚は1本程度で打ち返しますがなかなか…私が四苦八苦しているのを横目に前回同様U氏に本日のファーストヒット!!腹の肥えた立派な寒クロでした。「棚は1本程度だよー」とU氏にアドバイスをいただいたので、しつこくその棚を攻めてみますが私には掛かりません(泣)

そこで大物タックルを諦め、ハリス1.7号、針をグレスリムの4号に変更して、半誘導仕掛けのガン玉をハリスに均等に段打ちにし、徹底的に当たりを拾う作戦に変更。仕掛けが馴染んだら道糸を張って、なるべく仕掛けが直線を描くイメージで(実際はどうなっているか知りませんよ!!)流して行きます。

するとウキの頭が若干押さえられ、穂先で聞くと「コツッ」と微妙なあたりが伝わります。間髪入れずにあわせるとビンゴ!!40ジャストのクロでした。ボーズが脳裏をよぎっていただけにホッと胸をなでおろし、次を狙いますが、なかなか後が続きません。全体的に苦戦を強いられた釣りでしたが、何とか潮変わりの一瞬にもう一枚追加して納竿しました。

この日の鶴見は釣った人で5~6枚程度と食い渋りがみられた様でした。ピークを過ぎた鶴見ではその日の1枚が貴重な1枚になってきます。あたりを確実にとらえて、素早くあわせる事が今回のパターンだったみたいです。寒クロシーズンも後僅かなので、もう一回ぐらい行きたいナー…
当日のタックル
竿…1.5号 530
リール…2500番
道糸…1.75号
ハリス…2~1.5号
ウキ…0~2B
針…グレスリム4号~3号
渋グレ4号~3号

page top