磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

クラブAFG 浦崎 嘉晴様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.35 熊本県天草でのチヌ釣り

熊本県天草周辺はチヌの宝庫と言っても過言ではなく、磯に限らず身近な堤防でも良型狙いや数釣りとチヌ師を熱くさせるフィールドが無数に存在し、大きな島であることから悪天候でも風裏などがあることから、風向きなどを考えればどこかで竿出しが出来るのも魅力です。3月21日は発達した低気圧が通り過ぎた後であり、西寄りの強風の影響により渡船はどこも出せないということで天草下島の最北端にあたる西河内漁港へ釣行してきました。当日は3mの波高ということで釣り場へ着いてみると北西からのウネリが左方向から入ってきていますが、堤防に波が被っておらず、何とか竿出しも可能であり、上げ潮狙いで午前中に絞って竿出ししてきました。

今回はチヌ狙いでありますが、ヤイバ-Xの閃烈グレヘビーの6~7号を使うことにしました。筆者はオキアミが水中でクルクルと回ることの原因の一つに「オキアミの芯」に刺せていないということが挙げられます。チヌ針にはヒネリが入っているモノが多く、ストレートに比べて芯に刺しにくいので水中でクルクルと回っていることが創造できます。筆者は比較的流して釣ることが多いことからチヌ釣りでもストレートのグレ針を多用しています。

仕掛は2m近いウネリが入ってきていることから3Bと比較的重めの負荷のウキに針も閃烈グレヘビー7号と重めの仕掛けを狙ったタナに一定にキープさせながら誘いを入れ、タナを変えたりしながら探るも餌も取られない様な状況。9時半を回ったくらいにようやく35cmをゲット。その後に45cmのチヌを追加しましたが、時折小アジが当たる程度で本命のチヌのアタリは無いまま時間が過ぎて11時半を回った頃にようやくウキがわずかに押さえ込まれる様な前アタリの後にラインがわずかに走る本アタリで合わせを入れるとトルクフルな引きでまずまずの大型です。竿尻を魚に向ける様にして矯めて沖で浮かせたのは50.5cm2.35kgの本命のチヌでした。

タモ入れ後に掛かりを確認してみるとしっかりとカンヌキに刺さっており、「デルタポイント」を採用しているシリーズの刺さりの良さには信頼が置けます。その後も、次を狙いましたがアタリもなくなったことから納干としました。

チヌは大型になればなるほど、針ハズレによるバラシが増える魚と思っていますが、デルタポイントを採用しているシリーズでは刺さりの良さから針ハズレによるバラシを最小限に抑えることが出来ると思っています。天草下島北岸のノッコミチヌは周辺よりも遅れ気味でこれからがシーズンとなってきて、更なる大物混じりで楽しむことが出来ます。ヤイバ-Xにはデルタポイントを採用しているチヌ針である「閃刀チヌ」にはストレートもあり、ミドル・ヘビーと重さも2種類ラインナップされていることから、今後使って見るのが楽しみな針です。

page top