磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

兼基ツリキチオー様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.30 厳寒の海(水温8℃)のチヌ釣り

釣友のN君から「寒チヌ釣りたい~」メールが着弾。 初心者のN君でも本命が期待できる釣り場は・・・  1月19日 前島の黒岩で竿を出すことにして、6:45のフェリーで前島へ渡った。

釣り場へは車から徒歩2分。地磯とはいえ超お手軽釣り場なのです。しっかり潮は干いていていい感じ。先端に近い方にN君手前に私で7:30釣り開始。N君に基本的な寒チヌの狙いどころ、釣り方を説明しながら 沖の本流に引かれる潮の更に引かれる潮のゆっくりした潮の中を底狙い、尖刀チヌ(ヘビー)1号を結んだ。仕掛けがなじんだらウキが沈むように浮力を調整して流していく。
N君はウキを沈めてライン&穂先で当たりを取る釣り方は初体験。私の釣り方をみようみまねで打ち返し。仕掛けがきれいに入っていく場所を探しながら打ち返しでいると、これはいい感じ。じわ~っと沈みながらいい角度ではいっていく。そのまま軽く穂先にウキが引っ張られるのを感じながら流しつづけていると、20mくらい流したところで穂先を引くスピードがスーッとアップ。あわせると竿が曲がる。「N君 来たよ!」 小型ながらもチヌの感触。貴重なチヌなので大事をとってタモ入れ。よかった~ サイズはともかく厳寒期にはうれしい1枚。(8:03)

この潮があるうちにこの調子だと2~3枚いけるかな。
同じように流していると穂先を引っ張るスピードがアップ。 よっしゃ~ とあわせるも素針
り。う~ん もったいない。 その30分後にも ツン ツン ・・ また
しても素針り。早合わせが失敗か?なかなか咥えてもらえない。10時を回ると満ち潮が終わりがたち、西からの当て潮に変わってきた。

11時 釣り坐の水没で東側の引き釣り場へ移動。N君が先端のベストポジション、私は左手のちょっと引いたところから。潮を見るとまだ満ちの残り潮が動いているので私
はお昼ご飯&引き潮に備えてマキエの追加。

引き潮が動き始めた12:30頃から釣り再開。 あっち こっちへ仕掛けを入れて潮探ししているときにN君の竿が曲がって初寒チヌをゲット。 30mくらい沖に仕掛けを入れてなじんだら沈むセットでラインを張ったり止めたりでN君の前を通過して右手の沖に繁茂する藻に向けてどんどん流していく。

しばら~く流して回収しようとしたら・・・「お~喰ってた!」一尾目とは違い重々しい手ごたえ。ハリスが1号なので無理ができない。魚の動きに合わせてゆっくり ゆっくり寄せてくる。なかなかウキが見えてこない。あちゃー 10mほど沖の藻にかかった?
動かないぞ~ 「あきらめないで! 時間はたっぷりありますから」とN君から応援が入る。 「藻抜きするよ!」 竿の弾力を使ってテンションを少し緩めたり、ラインを動く魚にあわせて送ったり、竿を横にしたり・・・貴重な1枚、しかも重さからすると40㎝もつれ? なんとしても藻抜きだ。 1分 2分 3分・・・気持ち緩めた穂先がグーンと引かれた。チャンス 竿を横に振って・・・ 魚が右へ泳いで藻抜き成功! タモに収まったチヌは41㎝の良型。 水温が8℃前半まで下がってのこの2枚のは底を意識してハリスに結んだ閃刀チヌ(ヘビー)がもたらしてくれたうれしいプレゼント!
喰わせ鉛を打つことなく底をトレースできる「閃刀チヌ(ヘビー)
厳寒期にオススメの針です。

page top