磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート

南のyo-ko様からのユーザーレポート

2010年01月23日掲載文

Vol.29 冬の大島は釣れます

新春のクラブの懇親釣り大会も終わり、次の釣行の予約を入れたのは先週でした。予約日22日の釣りは宮崎県南:大島周辺/ヤヒョウの船長お勧めの瀬上がりでした。1番船3時出港で夜明けまで時間の時間があと4時間、準備して
きた夜釣り用フカセ道具をセットして、ささめの針カン付きシブダイの20号にキビナゴを付けて…何が釣れてもいいやと思いながら流していると、ビックリサイズのヒラスズキが釣れました。とにかくリールを巻き続け近くに寄せるのが。きつくて、きつくて、たもに収まった時には疲れとドキドキ感でしばらくは沈黙でした(笑)時間つぶしのつもりが思わぬ釣果に驚きでした。

やがて夜明けが来たのでメインのメジナ釣りの準備に取りかかりました。此処の瀬は以前も上がったことが有りますので、ポイントと釣り座はすぐに決めました。1.75号のハリスにヤイバグレ8号と結び、大きめのエサを付けてポイントに投入、最初のあたりは足の裏サイズでした。数投後のあたりは今日1番の46.5cmの嬉しいメジナでした。その後2尾を追加したところであたりも遠のき釣れない時間が15時まで続いたのです。相棒(旦那さん)は、12時には竿をバックに納めてごゆっくりの時間(カメラマンになりました/笑)

私はひたすら仕掛けの投入を繰り返してチャンスの時間を待ち、その時がきました納竿前の1時間(只今15時)今までの潮が上り潮に変わりました。水面下10cmに程調整して流していたウキが潜り潮に誘われるように消えた。そのままラインを張って待っていると竿を引くあたりが有りメジナをゲット、このパターンが何度も何度も続き、途中に悲しいバラシを数回入れながら4尾を釣り上げました。帰港して皆さんの釣果を見ると。20名近くの中で我慢の釣りを続けた方だけが釣果に恵まれていたそうです。何処の瀬も潮の変化がメジナを連れてきたようで、あと1時間欲しかったねと言っていましたがもちろん私もそうでした。此処大島周辺は今の季節が一番「冬の大島はもう少し楽しめそうです」

page top