磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

南のYO-KO様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.63 2度と無いだろう貸切状態で

今年は磯の状況が厳しい日が続きますね。私の地域も「渡船泣かせの年になっています」そんな中での贅沢な磯で一日を楽しんで来ました。
宮崎県南:日南南郷の水島1瀬でした。人気の釣り場で日によってはクーラー満タンの釣り人が多いのです。その釣り座:船着け一帯は10~12名が並ぶ釣り場です。どうした事か、当日は時間になっても、他船(2隻)が瀬着け待機場所に現れず、本船だけの瀬上がりになりました。当初、私達2名は大島エリアの磯予約していたので、出港時もそこに上がる予定でしたが、水島の釣り場前で…船長が「此処で釣りなさい…と」私達…少し考えた後、滅多にない…いや…2度と無いかもしれませんチャンスです。だって、貸切ですよ超A級ポイント瀬が二人切りですよ…「私=ハイ上がります」

このエリアには、ビックリする程の尾長がいるから「頑張って」と操舵室から船長の声が聞こえた。他の乗船の方の応援を頂きまして瀬上がりです。今の時間は3時30分:暗い(これから夜明けまで3時間半待つのです)がこの時期にしては、寒さは感じない今日の気温です。7時頃釣りの準備に取りかかる。

そして、1投目を…しばらくはアタリ無し8時過ぎた頃、1尾目のメジナをゲットする。そして、2尾‥3尾‥と数を増やして行くが、何時しか潮が変わったのかアタリが遠のく、しかし、釣り座前の水中には撒き餌の着水と同時に、下からビッグサイズのメジナが上がってくる。仕掛けを半誘導からチェンジする。針はそのまま「フカセ遠投1号」でハリスを短く1ヒロの固定で勝負だ。「1ヒロのハリス/ノーガン」は正しかった。仕掛け投入、即、ウキに撒き餌を2~3杯かぶせると、Kオーバーを含むメジナのヒットが続いた。

時には竿にのせたが「あっ!と言う間にハリス切れ」::これは尾長のアタリだったと素早く針を結び直し::仕掛け投入。
一日の中で切られたのは4~5回ありましたね。針はベストなのでハリスの大きさが原因::いやいややり取りの技量不足ですね。このときのハリスは1.5号::1.75号~2号にすれば何のアタリも無くなるから、元の号数に戻し最後迄使い続けた今日の釣りでした。帰港後に船長が難しかったでしょうと
…食いが鈍いとハリス選択に苦労するからねと…
13時頃から再び潮が変わりアタリが無くなる。そして、15時に納竿とし、撒き餌で汚れた磯を水で流し、他にゴミは無いか周囲を確認して迎えの船を待った。本日の釣果は口太のKオーバーが3尾/800gが5尾/尾長の足の裏サイズが2尾/ウスバハギ:50cmが1尾でした。
2度と無いだろう人気瀬を貸切状態で楽しめた一日と、満足のいく釣果は大好きな磯釣りの、良き思い出として残ることでしょう。

 

page top