磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート

南のYO-KO様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.60 夜釣りです狙うは…

今の時期は、メジナを釣りに出掛けてもコッパグロと、餌取りの猛攻で腕や肩が疲れる一日になります。3桁のリリースの繰り返しと、照りつける太陽はきつい…思いをするだけの釣行になりました。そこで夜釣り計画::7月から8月と夜釣りシーズンを楽しむ時期ですが、台風の影響で思う日程が、つぶれてしまう事が多いのもこの時期ですね。それならばと台風が接近してくる時に、天気予報を確認して通過時期を予測、うねりが落ち着く3日後を予約したのが8月4日でした。

「夜に電話を入れると船長が明日は台風じゃがねと、私、予約は先の日程ですからと(笑)」狙いは10日の夜の人気ポイントです。前日の渡船確認連絡::釣行計画は大当たりの晴天:波1mで出港可能::当日4時が出港時間になりました。朝の時間にエサを求め釣り具店へ、道具の準備を終了して1時に自宅を出る。到着した港には私達2名と他7名の夜釣り客が揃いました。今日、私達が上がるのは、シブ鯛で一番人気の荒崎2番瀬です。私達の瀬に行く前に、手前の瀬から順に皆さん瀬上がりです。私達も応援を頂き無事瀬上がり完了、夜釣りは昼釣りの時より、道具が多くなるので大変ですね。

釣り座は船付けの足場が良い処を選びました。夜釣りの時まで時間があるので、メジナでもと思い、愛竿をだして釣り始めるが、やっぱりいつもの猛攻にあいました。その釣りも1時間ほどでやめて、早めの夕食を済ませ薄暗くなった釣り座から、今日の楽しみ:夜釣り開始です。19時から過ぎゆく時間を気にしながら、ウキ(私はカゴ釣り仕掛けが重たいのでフカセで狙っています)を流しますが、なんにも釣れません上空には月が輝いています。若潮だから良いかと計画しましたが、このくらいの月夜でもダメなの?とつぶやきながら、ただひたすら赤く光るウキを見つめています。22時頃だったでしょう。ウキが沈みましたようやく「アタリ」が、釣れたのはキンメ鯛でした。

その後オジサン/イスズミ/キンメ鯛と続きましたが本命が今だ釣れません。隣の1番瀬からも遠投が続いています。緑色のウキが放つ綺麗な投光線は気になりますね。情報で得た潮の流れは左から右への下り潮が良いとの事。今の潮は逆の上り潮です。何時に潮変わりが訪れるかが釣果に左右されそうです。ココは2番=「2番じゃダメなんですかとちょっと前に流行った言葉がよぎる」そして、1番瀬は釣れているかが気になります。時間はながれて…迎えの船が来るのが6時::今5時です。今日はダメかと諦め気分になっている自分がそこにいました。

残り時間も少ないので余ってる撒き餌を、多めに撒いてウキを見ていると、突然海中に沈んで消えた。あわせた竿を前に倒しながら、思い切りの力でリールを巻く、このやり取りを繰り返して水面にウキと魚影が現れたとき、嬉しかった「シブ鯛」が私の前に、待ちに待ったコノ瞬間だ、どうしてもバラス事は出来ない、専属カメラマンにたも入れをお願いして得たシブダイが私の手に::夜釣りを始めて3年、やっと釣れた狙いのシブ鯛と記念写真を撮った時::目には少し流れるものが…、夜が明けて納竿間近の最後のアタリは、海の女神様からのプレゼント!我慢して釣り続けていた私への「夜明けの贈り物」だった。そう思いながら帰路の道に車を走らせました。たった1尾のシブ鯛でしたが私にとっては「嬉しい・嬉しい最高の1尾になりました」:::::yo-ko

page top