磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

山下 兼治様からのユーザーレポート

2011年01月23日掲載文

Vol.53 2 月 20 日中五島 串島釣行

今季の五島は水温があまり安定せず、瀬ムラ、日ムラが激しいと聞いていたが、行きつけの釣り具や、まるきん唐津バイパス店の福田君から電話があり、水温が安定してきたため、数、型共に狙える様になってきたと情報を頂き、上五島へ行くことにした。当日の天気は北東の風やや強く、昼から更に強くなる予報で、波も1.5Mのち2.5Mの予報、宮之浦の丸宮釣りセンターに電話を入れてみると、船も出るし、上五島に走るとの事で、朝4時に宮之浦を出航して上五島まで約1時間、エンジンがスロ-になったので、外を見てみると、赤島まで来ていた、しかし、予想以上にほかの船が多く入っており、船長判断で、中五島の西磯に走る事になった。

さらに1時間走り、エンジンがスロ-になって到着したのは、中五島は串島、多少の風はあるものの、ロケ-ション的には最高の気分にさせてくれる。
他のお客さんを次々と降ろし、7番目に私の番である。上がったのは、串島の灯台下時刻も6時を過ぎていたので、慌てて撒き餌を混ぜる、今回の撒き餌は、昼から風が強くなるという事、クロの活性が低いという事からオキアミ3角に、ヒロキューのアドバンスグレ二袋とエキサイトグレ半袋を良く混ぜ合わせる。

仕掛けの方は、道糸、全層セミフロ-トSPインパルス2号にウキはIDR、F礁の0号の中に入れ、針はささめ針の渋グレの5号をチョイスして、竿一本の棚からスタ-トしてみる。空もうっすらと明るくなり始め、ウキも何とか見えるようになってきたので、足元の小さなサラシの横に入れ、馴染ませながら、そのサラシの先に入れ込んでいくと、ナント一投目からバチッバチッと道糸が走り、強烈な突っ込みを何度か交わし、タモに収めたのは43CMのクチブト、何か良い予感がする心を落ち着かせ二投目、ウキはモゾモゾするものの明確な当たりは出ず、エサだけ取られる。やはり食い渋っているようなので、ウキをシブシブの状態になるように、針から50CMくらいのところにジンタンの8号を1つ打ち、仕掛けが馴染むとゆっくり沈んでいくように調整して張って待っていると、竿先にわずかにコツコツと反応が出た、ゆっくり聞いて合わせを入れると、一気に竿に乗ってきたのは40CMのオナガ、やはり、今日は何か違うと、手返しを速くするが、そう巧くいくものでもなく、型が手の平から足の裏サイズに落ちてきた.

棚を少しずつ深くしていき1本半まで深くした時にモゾモゾシューっと走ったので、合わせを入れると一気に足元に突っ込まれ痛恨のバラシ、デカバンがいる事は分ったので、同じ棚を丁寧に探る事にしたが、この棚でも、型が落ちて35CM前後が釣れる、時々道糸が弾かれるような当たりが来て40オ-バ-を2枚追加した所で、潮止まり、ぱったりと当たりが止まってしまった。

仕掛けのチェックや撒き餌を混ぜ直していると、船が見回りに来て、2時40分回収を告げられ、時計を見ると12時を回っていたので、慌てて釣りを再開する。
海全体を見ようとその磯の一番高い所へ上がり、海を見渡すとワンドの出口付近にうっすらと潮目が出来ているのと乗っている瀬の先端にあったサラシが強くなった風の影響で、大きくなっていたので、沖と足元、二つのポイントを育てて、交互に釣る作戦に、変更した。

まずは、沖の潮目を攻めるのだが、はっきりとした潮目では無いので、ウキを潮目の先に入れ、馴染ませながら、手前にある潮目で馴染ませて釣る事にして、撒き餌もウキに被せずに、潮目で同調するように打つ、ウキが潮目に入って、馴染むとジワジワと沈みだすので、糸ふけを取り、張り気味で、待っているとコツコツと当たりが出たので、竿で聞いて合わせを入れると、結構な重量感、丁寧にやり取りし、上がってきたのは、今日一番の46.5CMのクチブト、お腹もパンパンである。

連続で、沖を狙ってみるが、当たりは出るものの、型が伸びず35CM止まり、それではと、足元のサラシの吸い込み潮に仕掛けを引っ張らせ、送りこんで行くと、バチッバチッと道糸が走るが、先端のオ-バ-ハングに突っ込まれあえなくハリス切れ、それならとハリスを2.5号に上げ、同じ場所を狙ってみると、ウキがモゾモゾするが、針がかりしない状況が続き、モゾモゾするところから、ビンビンに張りを作り待っていると竿まで持って行かれそうな当たりがありやり取りするが、先端の割れの間を通って逃げているのか?尾長のデカバンなのか??スパッとチモトを切られ3回連続バラシ、飲まれているのも、原因なので、針をサイトグレミドルの7号に交換し、同じやり方で入れ込んで行き、バチッバチッとくる当たりを捕え44cmと43cmのクチブトを追加した。気がつくと、回収の船が目の前で待っていたので、バタバタと片付けを済ませ、磯の掃除をして、納竿となった。

山下 兼治

page top