磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

キュウ様からのユーザーレポート

2012年05月29日掲載文

Vol.82 細軸でも強いライトを実感

5月26日
長崎県長崎市高島付近の沖磯へ釣行してきました。
初めての場所で、あまり情報もありませんでしたが、いい釣りができたのでレポートします。

5時過ぎに磯へ上がり釣りを開始しましたが、潮がフラついてバリ(アイゴ)、キタマクラ、カワハギ、スズメダイが大量にいました。
その下にグレが見えているので、活性は悪くないと判断し、エサ取りを1つずつ離していこうと思い、まずは遠近でスズメダイを分離。次に、ポイントをずらしながら軽い仕掛けでゆっくり落とすことでバリとキタマクラを交わすイメージで閃烈グレライトの4号を結び釣っていると、竿をひったくるアタリで40センチほどのチヌ。
仕掛けを入れ過ぎていたようで、中層をイメージして流していくと、また強烈なアタリで42センチのグレを取り込み、それから連続して46センチのグレ。
狙いが当たったようでしたが、少しだけタイミングをずらして流してみると、ウキをじわりと抑え込んだ直後に一気に消し去る強烈なアタリ。
仕掛けが全体的に細かったので、かなりの重量感。グレなら50オーバーとこれはマズイと思いましたが、沖の方でしばらく魚を疲れさせてからテンションを変えないようにゆっくり浮かせてくるとやはり丸々とした立派なグレ。
無事に取り込みクーラーのメジャーステッカーに乗せるとステッカーの長さは足りなかったですが52~3はありました。
その後もポツポツとグレ、チヌ、カワハギと釣って16時に納竿としました。
以前使っていた某メーカーの細軸の針は50クラスだとほぼ確実に伸びるか折れてしまっていたんですが、今回は閃烈ライトに救われた感じです。

page top