磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

塩地 海希様からのユーザーレポート

2013年10月06日掲載文

Vol.119 自己記録更新

10月5日父と伊豆半島の城ケ崎海岸の陸の平根にグレ釣りにいきました。午後1時ゆっくりと磯に着くと、ウネリが強く一面真っ白なサラシが出ている。私はワンド向きに、父は沖向きに釣り座を取る。

タックルは竿1号、道糸・ハリス共に1.5号針は釣闘競技6号ウキは00-1で釣り始めるが、一面にギンユイゴの群れが湧き入れ掛りとなるが、1時間ほど粘ったが状況が変わらず沖向きを見に行くと、キタマクラに苦戦しながらも時折コッパグレ釣れるがすぐにサメに食われてしまうらしい。私も沖向きを攻めるとすぐに道糸が走り合わせると竿に乗るがすぐにサメに食われ沖に走られるがハリスが切れてしまう、父からタックルを上げろと言われ、竿1.5号ラインは1.7号、針を尾長サイト(ミドル)7号に上げる、キタマクラに苦戦しながらも時折コッパグレがヒットするとすぐに1mクラスのサメに食われ50m位走られ根に張り付かれる、早いリーリングで取り込んでもすごい勢いでサメが追っかけてきて半分の確立で食われてしまう、午後4時ごろ磯際を攻めていると道糸が走り合わせると小メジナの特有の引きの後、一気にドラグが滑り100m以上右側に引きずり出され止まる、ゆっくりポンピングを繰り返すと磯際まで寄って来たと思ったら今度は左側に100m引きずり出される、又ゆっくりポンピングを繰り返す、やっとの思いで寄せると又右側70mほど走られるが、かなり弱り始めていてゆっくりポンピングを繰り返すと磯際でギラっと光る、父からデカイ青物だから慎重にと聞こえる、やっとの思いで浮かせ父の差し出す玉網に収まり、約20分のやり取りだった。検量すると80㎝のブリに自己記録更新で、今回のタックルでサメにも食われずにこのサイズが上がったのは超ラッキーでした。

この後も午後5時まで攻めましたがコッパグレ、キタマクラ、サメで終ってしまいました。最高の1日となりました。

page top