磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート

TEAM YAIBAキュウ様からのユーザーレポート

2013年02月25日掲載文

Vol.102 グレ終盤戦

2月24日 大潮 満潮7:40・13:40

今回は福岡在住のKさんが「式見で釣りをしてみたい」と言うことで、長崎市式見の平瀬へ仲間5人での釣行となりました。

風もほとんど無い予報でしたので、Kさん含め3人は北向きの本命ポイントへ入ってもらい、僕と友人の2人で南向きつ釣り座として、7時頃から釣りを開始。

しかし朝一から試行錯誤しますが何のアタリもなく時間は10時になっていました。
北向きの3人も同じ状態らしく苦戦していました。

隣で竿を出していた友人が「やっぱ北向きじゃなきゃ釣れんじゃない?」と居なくなってすぐ、本日初のアタリらしい動き。
ウキがゆっくりしもっていくのでそのままテンションを変えないようにジッと待つと、グンと乗ってきました。
なかなかの重量感で上がってきたのは40センチの口太。
このときの仕掛けは道糸1.85号、ハリス1号、針は閃烈グレライトの 4号で、上手く足元の沈みを交わせて穫れました。

また反応がなくなったので針をライトの3号に変更してサラシと潮が当たっている潜り潮に入れていくと、ゆっくりと道糸が引き出される感覚があり、少し張ってきいてみるとグンッと竿に乗る重量感タップリの引き。
ハリスは1号のままなので慎重に突っ込みと根を交わして見えた魚体がデカい。
ちょうど友人が様子を見にきたのでタモですくってもらいました。
45センチのタモ枠から余裕ではみ出す長さと丸々と太ったメタボな体。
立派な口太でした。

それからはまた沈黙の海になってしまいました。

この日、平瀬には全部で8人居ましたが、友人が 45センチ程のチヌ。他の方がかなり型の良いイサキを釣っておられました。

僕の口太は後で行きつけの釣具店に持ち込み検量してもらったところ、50.2センチ2キロでした。

そろそろグレも終盤かなぁと思わせる1日でした。

page top