磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

岩本 比呂志様からのユーザーレポート

2013年02月05日掲載文

Vol.97 地獄から天国

2月4日の月曜日。かねてから予定していた釣行日なのだが、当日の予報は雨、風、波、雷と、これ以上はないタフコンディション。一応船頭さんに電話してみると「東側の磯なら乗れるだろう。」との事。
雷を心配しながら佐多岬へと向かう。
午前6時40分、薄くどんよりした雲と強い南西の風の中、出船する。
気になっていた雷の心配は無さそうだ。磯に降り道具を飛ばされない様注意しながらタックル作り。朝マズメにウルフラインの1.7号、針はサイト尾長ミドル7号からスタートする。(この場所は大型の尾長もでる為)開始早々息子の仕掛けに元気な小ッ葉グレがバカ当たりで飛び付いて来る。
流すラインを変えて何とか32cm37cmとサイズアップしたが、ここで強風&雨タイム。心は折れかかっているのだが船頭「雨が抜けないと風向きは変わらない。」の言葉を信じ、撒き餌を作り直し(釣れてくるのがクチブト主体だった為)針もグレスリムの6号に変え早目の昼食を雨に打たれながら立って済ます。
昼の12時少し前にして空が明るくなってきた。
待ってました!と、ここからはまさに入れ食いタイム。
初めは足の裏サイズが引たくって釣れていたが、40オーバーも喰いだし、ラストは共に大台ゲット。地獄から天国への釣行となった。
なお、途中息子は、針をプロフェッショナルグレの4号に替えていたとの事。慣れない小針でもしっかりと結果が出せて大満足。全然、知らなかった。私を出し抜くつもりだったのかーっ!

page top