磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート

伊東治樹様からのユーザーレポート

2014年03月14日掲載文

Vol.140 蒲江・西の浦 「のっこみチヌ」釣行

梅の花が満開の早春
友人に誘われ、チヌの聖地「蒲江・西の浦」へ釣行しました。
5時に大分市を出発。
佐伯市内で撒き餌を調達。
生オキアミ2角・ジャンボ1角に遠投用集魚剤2袋・押し麦1キロです。
7時半、西の浦の地磯から竿出し。

道糸・ハリス共、ヤイバウルフライン1.75号
針はケイムラ・チヌ3号です。
ヤイバウルフラインは高知の鵜来島での釣行で実績のある信頼のラインです。

足元の駆け上がりにポイントを絞り、巻き餌を打ちこみます。
1投目より、付け餌が取られます。
右手の筏の下に、チヌの匂いがプンプンします。
4投目、2ヒロほど付け餌が入った頃、
渋々に調整したウキがゆっくり沈み始め、半ピロぐらいから一気に潜って行きました。
道糸がスプールから勢い良く出ていきます。
ガッチリ合わせを入れ、頭をこちらに向けます。
道糸・ハリスの強度を信頼し、1号の竿を曲げ込み、右手の筏へ走るチヌを、強引に制御して引き寄せます。

体高もあり、お腹パンパンのチヌを釣ることが出来ました。

その後は潮も引き潮になり、アタリも遠退きましたが貴重な1尾を釣ることが出来ました。

帰宅後、釣り具店で検量の結果、48,6cmでした。
この時期だけのチヌ釣りで結果が出せ、満足の釣行になりました。

page top