磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|ユーザーレポート
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

足立 恭崇様からのユーザーレポート

2014年01月08日掲載文

Vol.130 クラブの年末納竿大会

平成25年12月29日(日) 潮  中潮  水温14.5~15.2℃

参加者14人
私が所属するクラブの年末納竿大会が行われました。
大会と言っても懇親会みたいな行事なので全員が釣りを楽しむのが最大の目的です。
2013年最後の釣りと言う事もあり、出船前は期待と興奮が入り交じり、既にテンションはピークを迎える参加者達(笑)
今回、大幸丸渡船さんが2隻の船を出して下さったので6人と8人に別れて乗船。
牟岐大島は出船してから石切場と言う所に全船集合して磯割りのクジを引きます。
私達の代表者が引いてきた磯クジは18番だったので、私はオチの地の地と言う磯に上がりました。
釣りの準備を済ませ、撒き餌をしてもグレは出て来ず、エサ取りすら出て来ない状況。
これは厳しい1日になるなと覚悟を決め、3匹以上グレを釣る目標から1日がかりで対象魚を1匹釣る目標に変更。
朝のうちは0号ウキでじっくり撒き餌と同調させてウキごと沈めて行きましたが、サシ餌が無傷だったのでイサキ狙いに変更しました。
1匁を付けて大遠投で竿1~4本までのタナを1ヒロずつ深くして行きましたが、これも空振り。
電話でみんなに状況を聞きましたが魚の気配が無い!と言う返答。
最近、絶不調の牟岐大島なので何処に上がってもグレを釣るのは厳しいと言うのは分かっていましたが、ここまでとは。
もう1度グレ狙いに戻しグレを探しましたが、相変わらずサシ餌は無傷。
終了までラスト1時間になり、間違って喰ってくれ!と思い足下で居着きのグレを探しました。
左から順番に場所をずらして、仕掛けを磯に這わすように入れて行くと、ウキが少し沈んだような気がしたので、少しラインを張ってみるとドスン!と竿を引ったくるアタリ!
間違いない!居着きのグレだと思い、最初で最後のやり取りを開始。
まぁ引くわ引くわで何度も磯に突っ込まれましたが、逃すものか!と強気で引きずり出しタモ入れ成功。
あまりの嬉しさに1人ガッツポーズ!丸々肥えた口太グレで42㎝ありました。
この1匹の為に今日1日頑張って来たのが報われた瞬間です。
磯際で強引に引き出し強気のやり取りが出来たのはトヨフロンの銀鱗スーパーストロングNEO1.5号とスーパーL.EX1.5号の通しの強度を信頼しているからである。
この貴重なグレの口にガッチリ刺さっていた針は参加賞で頂いたヤイバXの喰わせグレ(ケイムラ)5号なんですが、海の中で光る優れもので、食い渋りの中、ケイムラに付け替えた直後にグレが食って来たので、アピール度はかなりの物があるんじゃないかと思います。
満足な1匹が釣れたし、納竿時間が迫っていたので、お世話になった磯を綺麗にして流して終了しました。
港に戻り釣果を聞くと、みんな苦戦したとの事でした。
そして計量した結果、見事優勝する事ができました。
貧果に終わってしまいましたが、景品があまりにも豪華だった為、参加者にも笑顔が戻り楽しい納竿大会として終了する事が出来ました。
水温の低下と安定しない水温に付け加え動かない潮、今が底なのでこれからの牟岐大島に期待したい。

page top