磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

小島桂太様からのユーザーレポート

2021年02月18日掲載文

Vol.271 徳島県海陽町 宍喰の磯釣り

2月7日(日)徳島県海部郡海陽町にある宍喰の磯にグレを狙いに釣行してきました。
勝浦渡船にお世話になり、朝6時30分に宍喰港を出港し、エベッサンという磯に渡礁しました。
磯に上がり、仕掛けの準備を始めます。道糸はTORAYの銀鱗SS アイサイト1.75号、ハリスは同じくTORAYのトヨフロンスーパーL EX HYPER1.2号、ウキはグレックスプラス トーナメントプロ観「B・S」Lサイズ0号にガン4玉号を打ち、針はヤイバグレXの閃烈グレ6号としてウキ下2ヒロ半からスタート、
 
潮は左から右沖に流れている模様、まずは手前にマキ餌を打ち、マキ餌の潮下に仕掛けを投入して流し、仕掛けを回収するとエサは取られていたので今度は10m沖に仕掛けを投入し仕掛けを流していくと、右斜めに大きなシモリが見えていたので、流れた仕掛けをシモリの手前で止めてゆっくりと沈ませ待っているとウキが加速をつけて沈んでいき、あわせを入れてゆっくりとやり取りして浮いてきたのは30cm程のグレ、2投目で本命のグレが釣れて、幸先の良いスタートが出来ました。
グレの口元には閃烈グレがガッチリと刺さっておりました。
次も同じようにシモリ手前を狙って探っていくとポツポツと同サイズのグレを2匹追加することができました。
しばらく休憩を取り、釣りを再開すると私の後ろからの風が段々と強くなってきたので、追い風で仕掛けが飛ばしやすくなってので、ウキⅯサイズ00号に変えジンタンの8号を2点打ちにして仕掛けが馴染んだらゆっくりと沈むようにしながらシモリ周辺を流していくが釣れてくるのは判で押したように同じサイズばかり、何とか良型のグレを釣ろうと遠投や磯際を探ってみたものの、魚からの反応がないので、仕掛けの変更、ウキをⅯサイズ2Bにウキ下を4ヒロ取り、ガン玉の2Bとジンタン6号を打ち針をヤイバグレスリム4号にして、先ほど釣れていたシモリの沖側に仕掛けを投入し、仕掛けが馴染み深い棚を探っていくと、ウキが少し加速をつけて沈んでいったので、あわせを入れると、重量感のある魚の反応、必死に抵抗して何度もシモリの底に突っ込み慎重にやり取りを行い、ウキが見えてきたところで、再度、シモリの底に突っ込み、ハリスが根に触れた瞬間にプチとハリスが切れて、良型の魚は逃げて行ってしまいました。
再度、同じようにシモリの沖を深く探るが魚の反応は無く、再度、朝狙っていたシモリの手前で、同サイズのグレは1匹追加し全部で6匹のグレを釣り、良型のグレは次回の持ち越しとして本日の釣りは終了となりました。

page top