磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
レポート投稿フォーム

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
1 / 2912345...1020...最後 »

田代智之様からのユーザーレポート

2021年04月12日掲載文

Vol.282 牛深 小ガン瀬釣行

まだまだ寒グロが好調な牛深へ馬場君と行ってきました。当日は、南東の風が爆風との予報!お世話になった渡船は「初丸さん」です。午前6時の出航です。今回上がった磯は「小ガン瀬」です。馬場君は、かぶりとの水道での竿出しです。私は、大ガン瀬との水道での竿出しです。使用した針は、鋭貫グレ6号です。ウキ下竿1本から始めます。第一投から付け餌がなくなりました。

 そこで、ウキ下を2ヒロにして、再チャレンジ!すると仕掛けが馴染んだのと同時にウキが視界から消え去りました。軽くブリ上げたのは「コナガ」でした。それからは、コナガの入れ食いが始まったので、裏の馬場君の横へ瀬代わり!こっちには、コナガの群れが居なくて釣りやすい状況です。途中、馬場君が55㎝のイスズミを上げました。鋭貫グレ6号がきれいに上唇に掛かっていました。

 途中、付け餌がなくならない状況が多々あり、休憩を挟みながらクロ釣りを堪能しました。わずかなクロの釣果でしたが、久々の磯楽しい一日を過ごせました。

 

DSC_0384 TRIPART_0001_BURST20210403093715373_COVER TRIPART_0001_BURST20210403155035470_COVER

木村 優太様からのユーザーレポート

2021年04月09日掲載文

Vol.281 今シーズン2度目の三浦半島へ

東海 静岡支部の木村優太です

平日休みがあり釣り友と、皆んなが釣り残したノッコミメジナがいることを信じて三浦半島の地磯へ行ってきました!
風波共に強い予報が出ていたので、その想定で風裏となるポイントを選択したのですが、いざ行ってみるとベタベタの澄み潮で一日通してほとんど潮も流れず。

底までぼんやりと見え、開始から1時間ほど経った頃に海底をゆっくり横移動しているメジナを確認!!!
ウキを00、ノーガンの仕掛けに針を『閃烈グレライト』4号を結んでゆっくりじわじわと沈めていき、マーカーの動きでアタリを取って掛けるパターンが一番ハマりました!

この日はコマセを打ってもメジナは底付近から離れず、それに加えて留まっているツケ餌は完全に見切られました、餌に反応するレンジが底〜30㎝くらいまでの間隔で沈下している間だけととても渋く、日中は難しい時間が長かったです

夕方にはメジナの活性が出てきたので、ガン玉となるほどウキ止めを付け、手返し良く魚を掛けることが出来ました。
38㎝が最大でサイズ的には30㎝中盤が多くとても楽しめましたが、今回も40㎝を出すことが出来ず…
やはり三浦半島は40の壁が高いですね笑

今シーズンのグレは終わりかけですが各地でコサバが出てくる前に、もうひと頑張りしたいと思います!

27〜38㎝ 15枚

平野 彰様からのユーザーレポート

2021年04月02日掲載文

Vol.280 九十九島で大爆釣!?

3月18日、乗っこみチヌを求めて九十九島へ釣行してきました。
事前の船長の情報では数も型も微妙とのこと…,
しかし、準備を終え、1投目。40cmくらいのチヌをキャッチする事に成功。更に2投目と続き、開始6投までに5枚のチヌをキャッチする事に成功。
その後、魚の反応が渋くなってきたため、仕掛け棒ウキ、針を極チヌの3号にチェンジし、再びチヌをキャッチ。
納竿までにメイタを含む46cmを筆頭に16枚のチヌを釣ることが出来ました。

金森 直城様からのユーザーレポート

2021年04月02日掲載文

Vol.279 初めての西伊豆仁科釣行!

3月18日(木)西伊豆仁科に仲間3人で行ってきました。
以前から仁科で大きい魚が出ると聞いていたので夢が膨らみます。

6時出船、カキハラという磯に渡礁しました。
まずは3人でジャンケンして場所決めし、自分はジャンケンで負けてしまったので仲間2人は沖向きで、自分は潮位の高さと波が高かったので先端には行けず、陸向きで釣りをスタート。
朝から11時頃迄仕掛け、投入点、コマセの撒き方を幾度と変え粘りましたが、フグの猛攻に針を取られまくりで耐え切れず、潮も下り先端に行けそうだったので場所移動を決意し、沖向きに戻ると仲間達2人はたくさんメジナが釣れており焦る自分(汗)
急いで先端に行き、2Bのウキでタナ竿一本の半遊動仕掛けでスタート。
先程まで右に行っていた潮が左に変わりました。
これはチャンスだと思い、足元にコマセを打ち潮目を流していると一投目で引ったくられるアタリが。
根がキツいので上手くやり取りをし、上がってきたのは30台後半のメジナが。
二投目も同じように流すとウキがスパッと入ります。
先程よりパワーがあったのでまぁまぁの魚と確信、上げてみると40オーバーのメジナでした。
三投目も同じように流すとまたウキがスパッと入り、上げてみると30台後半のメジナでした。
3尾目を釣ってから30分位して全遊動に仕掛けを変え糸を張っていると、糸がピッピッピッと飛び出ました。
上げてみると30台後半のメジナでタモ入れしようとした瞬間ハリ外れ、凄くガッカリの瞬間でした。

この日の釣果は30台後半が2尾と42センチが1尾釣れ、40オーバーが釣れたので凄く満足いく一日となりました。
因みに仲間の1人は45センチのメジナを持っておりました。

仁科のポテンシャルの凄さを思い知らされる一日となりました!

木村 優太様からのユーザーレポート

2021年04月02日掲載文

Vol.278 初島リベンジ成功!

急遽平日休みを頂いたので初島へメジナ狙いで釣行してきました!!!
本当は近場でクロダイをやろうと思っていたのですが
日曜日の夜に降った大雨のおかげで川から流れ込むゴミと泥濁りが酷い…
ウネリもある予報だったので地磯も怖いなと判断し悩みに悩んだ結果、今回はクロダイを諦め熱海の離島、初島へ〜
今年の正月に初島で初釣りをしたのですがボウズを喰らってしまい
3ヶ月ぶりにそのリベンジを果たそうと行ってきました!

初島へ着きフェリーをのんびり降りたら、人気の第一堤防先端近くは埋まっているものの、いつもなら必ず人が入っている足場のいいテトラが空いておりそこに釣り座を構えました。

オキアミを溶かしてコマセを準備し10時前に釣り開始。
マキエを打つとタカベとスズメダイが元気元気…

足も早くて寄り出すと結構厄介者なタカベを避ける為、狙いを足元のテトラの頭を出しているスレスレの際々に!

仕掛けはロングハリスの中に0のウキ、ウキ下のハリスは1ヒロ
なるほどウキ止めをマーカークッションから10㎝無い所に付け
ガン玉のG4とG5をハリスに段打ち
針は『鋭貫グレ』6号をセットしました。

仕掛けを投入して際から離れないようにだけ注意して仕掛けをまずは沈める
ガン玉から下部が馴染んでいないので、仕掛けを引き戻す
この時にサシエ先行の状態を早めに作りたかったので『フカセ遠投モード』3号や『鋭貫グレ』の5〜6号の重めの針をメインとした。
何度かやっているうちに見切られてきているかもと思ったら誘いを掛けてみたり、極端に軽い『極細グレ』4号を間に混ぜたりしてみてガン玉調整をセットで針をローテションしました。

毎日釣り人が入っているせいか、魚がスレていると感じましたが
この流れが丁寧に出来た時は細かいアタリを拾えて
平均30〜33㎝、最大で40㎝までの本命を釣ることができました!

大満足で初島リベンジ成功です。

28〜40㎝ 50枚

4811DECA-6B07-4936-9342-0C51C41C7EE0 AF4BECC2-741C-4EB6-B52A-CC044782661F 714E597D-589F-4FAB-9352-F0DAD7558CFF 012CE855-7BC0-4733-9056-B562B95BB375

平野 彰様からのユーザーレポート

2021年03月18日掲載文

Vol.277 五島へ寒グレを求めて!

3月5日、クラブメンバーの釣り友、矢野さんと上五島 ホゲ島へ釣行しました。
酷い時間帯は、風速20m/sの爆風。
立っているのが、やっとの中での釣りを強いられました。
足場が高く、ラインが風に煽られるため、足元から丁寧に探り、30〜35cmのクロとイサキをポツポツと拾っていく釣りに。
強風の中、力強いキャストが必要となる中で、ヤイバX 遠投フカセモードが大活躍。
ケン付きの針、遠投には持ってこいです。
その中で、なんとか沖に流し40cmちょいのクロを捕獲。
非常に難しい釣りとなりましたが、成長できた釣りと思います。

平野 彰様からのユーザーレポート

2021年03月18日掲載文

Vol.276 乗っこみの兆しを求めて!

2月28日の釣行です。
乗っこみの兆しを求めて、北九州の若松運河へソロ釣行。
大潮だったので、激流かと思いきや、思いのほか緩やかな流れ。
翔黒5Bで仕掛けをドッシリと構え、潮の変わる時間帯に撒き餌を多めに打ち込み、なんとかメイタサイズをGET。
さらに、下げ潮に入り、素直に流し同調をイメージする中で竿先をコツンと叩くアタリから40cmちょいのチヌをGET。
乗っこみにはまだ早く、今後に期待です。

木村 優太様からのユーザーレポート

2021年03月17日掲載文

Vol.275 地元の堤防へ

前回の三浦釣行から中1日の2月14日(日)、今度は家から近場の堤防へ行ってきました。

 

釣り場に着くと何人か知り合いがいて午前中の釣果を伺うと口を揃えて今日は厳しいとのこと…

 

まずは普段通りに『釣闘競技』5号を結び、自分も準備して始めてみると、00のウキが凄い沈下速度で潜水。

自分の理想とするウキの沈下速度と違ったのですぐにウキを0に変更、なるほどウキ止めをマーカークッションから30㎝上に付け、針を重めの『鋭貫グレ』6号にしたら仕掛けが馴染んでからゆっくり沈下していくようになって準備完了。

 

前日の雨でかなり真水が入っている様でした?

 

何投かしているとマキエが効いてきてマーカーの走りや傾く動きを見ながらのアタリを取り30㎝~33㎝が数枚釣れました。

 

サイズUPを狙いたくなりマキエの潮下に仕掛けを離して投入したのですが魚がスレているのかアタリがあってもなかなか乗らず…

そこで針を『閃烈グレライト』4号、ガン玉G5、G7を打ち、若干早めに仕掛けを沈めて底層の方まで達したなと思ったらラインを止め、張って待っていると36㎝が掛かりました!

 

その後はアタリが遠くなってしまいガン玉のG5~G8を付けたり外したり、『閃烈グレライト』の4号と3号をローテーションして仕掛けの角度や落とし方を変えながら30㎝中盤を追加できました。

 

40㎝は出せませんでしたが、軽い針と重い針の両方使って本命を釣ることができ良かったです!

 

36~27㎝  8枚

木村 優太様からのユーザーレポート

2021年03月17日掲載文

Vol.274 三浦半島地磯で寒グレ釣行

初めて投稿させてもらいます

 静岡県の木村です。

 

3月12日(金)、三浦半島西部の地磯へ釣り友と釣行してきました。

三浦半島は大学生の頃に初めて磯でフカセ釣りをした思い出の深い場所です。

今年は釣り友とタイミングがなかなか合わず3月になって今シーズンもやっと行けました!社会人1年目の生活はなかなか慣れません。

 

ここの地磯は釣り座のキャパも広くて人気の高いポイントの為、平日にも関わらず釣り人は自分の他に8名程。

まずは手前~10m位の範囲を軽い仕掛けで『釣闘競技』を結び、細かい当たりを拾おうと丁寧に探っていきましたがメジナからの返信を貰えず…

途中から手前を捨てて、他の誰よりも遠くへ仕掛けを遠投、投入して馴染んでしばらくした頃にウキに僅かな当たりが!

慎重にやりとりをして上がって来たのは本命のよく肥えたノッコミメジナ。

バッカンの上で採寸してみると39㎝ありました!

 

この時に使用したのはヤイバ 『フカセ遠投モード』(茶)の1号

軸にケンが付いていて遠投しても付餌がズレることなく安心して釣りが出来たのと、今回のように食いが渋い時には針の号数を落とすのに加え、短軸で吸い込みのいい針で魚の口の中に付餌を入れるのが大切かなと考えこの針を使用した結果、いい魚を手にすることができました!

 

3月中旬となり寒グレシーズンも終盤ですが、ヤイバの針を使ってもうひと頑張りしたいです。

 

39~30㎝ 5枚

 

寺村将志様からのユーザーレポート

2021年03月08日掲載文

Vol.273 寺村杯釣り大会

令和3年2月21日(日)、寺村杯の第2回懇親釣り大会を開催致しました。

 

高知県須崎市観光センターに25名のご参加となりました。

 

少し波の心配がありましたが、天気も良く全員にグレやクロダイの釣果もあり、とても良い結果となりました。

 

当日は、戸島の大バエという、磯に三名で渡礁し、自分は船着で34センチ31センチ程のグレが釣れました。一緒に渡礁した2名も27センチから35センチを3枚、30センチ33センチで2枚釣られて全員釣果がありました。うねりとコッパグレに苦戦されたそうです!

 

 

 

選手の皆様、スタッフの皆様、須崎観光センター、岡田船長、池田船長様、大変お疲れさまでした!

 

次回もよろしくお願いします!

 

1位中谷 淳一

2位山中 誠一

3位和田 典彦

5位井上 久寿彦

10位楠瀬 健一

15位山中 涼央

ブービー秋山 忠男

他魚の部高橋 英次

IMG_0437 IMG_0439 IMG_0429 IMG_0426 IMG_0430 IMG_0432 IMG_0434 IMG_0436 IMG_0438 IMG_0428 IMG_0427 IMG_0431 IMG_0433 IMG_0435

1 / 2912345...1020...最後 »
page top