磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年02月21日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

静岡県南伊豆大瀬への釣行

 2月17日に横浜真ぐれ会メンバーで静岡県南伊豆大瀬の「倉の下」さんに行って来ました。

朝の5時過ぎに港でメンバーと合流し出船です。

港を出ると少々ウネリが有り安全な場所へとメンバーを渡してもらいました。

私は、「高平」と言う少し地方よりの磯へと渡磯しました。

沖向きは左右からのサラシが広がっていたので朝一は足元の際をポイントにしようと

私のパイロット的な針ヤイバケイムラ・グレの5号から始めました。

朝は当て潮でしたので仕掛けを竿一本分先へ投入し磯際へ這わせるつもりで

仕掛けを操作していた所、ウキが勢いよく水中へ35cmのメジナを一投目からヒット!

幸先良い感じでしたが、その後はエサ取りのフグ・フグ・フグとエサ取りが増えていき

針をヤイバグレスリムの軽い針に交換、やや沖目に仕掛けを投入するとぽつぽつと

メジナが当たり始めました。

潮位が下がり沖に広がっていたサラシも落ち着いてきたので、さらに沖向きへとポイントを変えると、ここでも単発ながらメジナが釣れ始め昼過ぎに本日最大の40.5cmのメジナが釣れ楽しい一日が過ごせました。

港へ戻るとメンバーも各々楽しい釣りが出来たようで、42.5cmを筆頭に良型のクロダイ・メジナを堪能していました。

針も色々な状況やシュチュエーションにより選択をし結果がでることも有ります。

ササメ・ヤイバの針は沢山ありますいろいろ使ってみるのも楽しいので、是非使用してみて下さい。

20190218_210313 20190217_122255 20190217_141625

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年02月18日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

下流カップに参加し、久々の・・・

2月10日の日曜日に下流カップが開催されました。下流をホームグラウンドにしているクラブが集まって楽しく仲良く釣りをしようと毎年行われます。

事前に配布された大会要項では「30cm以上のメジナ3匹までの総重量で順位を決める」ことになっていたのですが、前日の情報を基に規定サイズを急遽「25cm」に変更して実行されました。

 

「弱い東寄りの風で終日曇り」と言う天気予報はほぼ当たりましたが、さすがに海に出るとその風がかなり強く吹いていました。

受付を済ませたらくじ引きで磯を決めるのですが、意外にウネリがあってくじで引いた磯に乗れず予備磯に渡礁する人が続出しました。私も『沖トーリツ』を引いたのですが乗ることができず、予備磯の『ヨシワラ』に行くことになりました。

『ヨシワラ』は下流の最も東にあり、隣の小稲港が目の前に見えます。普段は時折石鯛狙いの人を見かけるぐらいで上物で使うことは少なく、私も15年ぶりぐらいに乗りました。潮が通す所ではなく根回りをピンポイントで攻めるような小場所ですが、過去には大型のメジナやクロダイの実績もあり侮れない磯ではあります。

 

いつも通り6.3mの磯竿を伸ばし、道糸は2号ですが根がきついのでハリスは2.5号を結びました。ウキはF-LOGIC製フォース(Mサイズ)の4B、針は「ヒネリグレ」の6号で開始。

 

小稲向きに竿を出すと朝の1投目・2投目で続けてフグが釣れ、お約束通りのスタートでした。「今日は何度針を結びなおすことになるのだろうか…」と思っていると意外にも3投目で小メジナが釣れてきて、それほどフグがうるさい状況でもないようです。

その後すぐに32~3cmのメジナが釣れたのでクーラーボックスにキープ。これで何とかボウズを逃れてホッとしました。

強風に道糸をとられ、沖からのウネリで仕掛けが安定しないのでハリスにジンタンを打ってウキを沈めて堪えていると竿先がクッと引き込まれてメジナが釣れてきます。一時はこれで35cm前後の口太が入れ食いになりましたがあまり長続きせず、10時半頃から魚の食いがパタッと止まって全くエサも盗られない状況になりました。

 

あの手この手を試そうにもポイントは限られており、また潮が下げて浅くなっています。根掛かり覚悟で重い仕掛けにするとやっぱり根掛かり。軽い仕掛けでは風ですぐに手前の根に持っていかれてしまい、ウネリの中で安定する間もなくやはり根掛かりしてしまいます。結局そのまま納竿時間となり、道具を片付けて足元を洗い流して待っているとほどなく迎えの船がやってきました。

 

検量を済ませ、仲間といつものようにバカ話をしていると表彰式が始まりました。

順位の下の方から発表があり、いつまでたっても私が呼ばれないので忘れられたのかと思っていると何と私の名前が最後に呼ばれて優勝の名誉にあずかりました。以前にこの大会で優勝したのは何年前だったか、思い出せないぐらい昔のことです。

毎年大会を企画し運営してくれているスタッフ、坂下丸の船長と女将さん、そして下流の海に感謝。

 

 

釣行データ 2月10日(日)

場 所:下流 『ヨシワラ』

天 候:曇り

渡 船:坂下丸

潮回り:中潮(満潮:午前8時半頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年02月18日掲載文

フィールドモニター宇畑好二氏のレポート

釣りは楽しく楽しく・南房総勝山の地磯

釣りは楽しく楽しく

2月13日水曜日に南房総勝山の地磯に行ってきました。

前日の予報は晴れ、しかし釣り場に着いてみると朝から小雨模様

高場から澄み切った海を観察するとまだ伸び切っていない藻の陰にチヌの姿がチラホラと

コマセを撒いて釣りをスタートすると35㎝クラスのチヌがヒット!

チヌスナイパーピンクスペシャルがきれいな曲りを見せてくれます

バットのパワーでポイントを外してのやり取りチヌに主導権を与えずネットイン。

ポイントを荒らさない釣りでこの後も4枚のチヌを追加。

終わってみれば35㎝~45㎝のチヌを5枚手にすることが出来ました。

桜の花が咲き、長藻がもっと長く生えれば乗っ込みシーズンインですね。

みなさんも出かけてみたらいかがでしょうか。

きっと楽しい釣りが出来るはずです。

ヤイバのウエアーにベストでビシッと決めるとカッコいいですよ

 

今回使用のヤイバチヌスナイパーピンクスペシャル0.6号-5.3m

大型のチヌの引きにも耐えるバットの強さ。

 

ヤイバウルフロッドケース

収納スペースの広さがありクリアポーチも入って手荷物を減らしての地磯歩きにとても便利でした

 

                              チームヤイバ関東 広報 宇畑

3報告 5報告 6報告 1報告 2報告 4報告

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月23日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@西伊豆セミナー釣行@@

東京支部の石川です。

去年で三年連続で出させて頂いて居ります2018年ヤイバ磯祭り全国決勝ファイナルステージin日振島以来、今年に入って初めての釣りとなります1月20日(日) 静岡県西伊豆町田子へ自身の餌ブランド【マジックベイト】のイベント【マジックベイトフカセ釣りセミナー】に行って参りました(^^)/

当日は午後から強い西風で向かい風となる為、午前中勝負です。
足場の良い沖堤防で当て潮の中ウキを沈めてのスタート。

コマセが効き始めのスタート30分は何をしても完全沈黙状態(==)

そこからコマセが効き始めポツポツアタリが出始めてようやくヒット。  その日はグレの棚が浅かったりベタ底近くまで深かったりと、とても難しい一日でした。

セミナーの参加者の方にもヤイバXの針をご愛用頂き、このフィールドではかなりレアなヘダイをゲットされて居ました。

これから寒グレシーズンに入り、難しくそしておもしろい時期になってきますのでこれからのシーズンが楽しみです(^^♪

今年も各地でヤイバ磯祭りが開催されます(^^♪
大会が初めてという方でも、難しいルールでは無いので是非ご参加下さい! 分からない事が有ってもスタッフがサポートさせて頂きます(^^)/

釣果 : 口太45cm42cm40cm40cm 以下リリース
竿 : 1号
リール : 2500番
道糸 : ナイロン1、2号
ハリス : 1、5号
ウキ : 00号
餌 : マジックベイト
針 : ヤイバX 釣闘競技 5号、6号

DSC_4488 DSC_4482 DSC_4477

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月18日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

宮ノ浦でのクロ釣り

 1月12日平戸市丸宮釣りセンターよりクロ釣りに行って来ました。朝6時に出船。この時期のこの時間に行くとだいたい尾上島の西側は空いてないのだが、今年はあまり状況が良くないのか誰もいないので船を着けてもらった。

 

 まずは朝一尾上島は尾長が出る可能性があるのでハリはヤイバ尾長グレリズム(オキアミ)6号を結ぶ。

 

 足下から徐々に攻めていくが朝まずめは何事もなく終了。エサ盗りもでてきてツケエサだけ盗られるようになってきたので小さめのハリに変更。ヤイバフカセ遠投モード(オキアミ)2号に結びかえた。

 

 1匹目が釣れたのは先打ちしたマキエの中に仕掛けを投入。するとすぐにウキに反応がでて30cmオーバーのクロをゲット。けっこう浅いタナで食っているようだ。この日はこのパターンが良く、うまく先打ちしたマキエの中に仕掛けを投入できると食ってきてくれた。

 

 14時過ぎ見回りに来てくれた船長から「夕方シケてくるので気を付けとって」と言われた。その1時間後、風もでてきて徐々にシケ始め足下にはサラシ、沖に仕掛けを投入すると風で流され仕掛けもうまく馴染ませることができない。

 

 そこで、エサ盗りように撒き続けた足下にふと目をやると今までいたエサ盗りの姿が見えない。足下のサラシの中にマキエを撒きツケエサ、ウキの順で仕掛けを入れてやると35cm級の口太がヒット。もしかしてと思い夕方にもなってくるのでハリスを2.5号、ハリをヤイバグレリズム(オキアミ)7号に結び変えて狙うと1投目から竿先までガツンとくるアタリ。足下はえぐれているし岩の割れ目もあるので糸を出さずに竿でためて魚と引っ張り合いの勝負。しかし、ハリスが岩に当たったようでバラシ。その後もバラシ、バラシで結局とれたのは40cmから35cmまでのクチブトと40cm弱の尾長。バラシた魚は引きも重量感も半端なく尾上島のポテンシャルの高さを知らされた釣りとなりました。

DSCN5241 DSCN5243 DSCN5240

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月18日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

五島列島での初釣り

 1月4日サクセスフィシングより同クラブ員3人で五島列島に初釣りに行って来ました。船長の話によれば椛島周辺の磯は状況が良くないみたいで、足の裏サイズのクロを釣るのにも苦労するとのこと。

 

 朝3時に出船して2時間、船のエンジン音がスローになり到着したのは福江島の北東にある鴨嶋、ホゲ島。3人一緒に上がれる磯に船を着けてもらった。

 

 本日使用するハリはヤイバフカセ遠投モード(オキアミ)2号からスタート。

 

 まずは山崎君が2投目で良型の魚を掛けたが張り出した根にハリスがあたり痛恨のバラシ。その後、3人ともコンスタントに30cmクラスのクロは釣れるのだが、なかなかサイズが上がらない。そこで、仕掛けとマキエを少しづつずらして投入してやると私にも良型の魚がヒット。竿でためて浮かそうとするがかなりの重量感。手前まで寄せたのだが浮かすことも魚を確認することもできずにバラシ。

 

 そして、五島の朝まずめはキロオーバーのクロをみることができず9時に見回りにきた船で瀬替わり。3人上がれる場所があまりないみたいなので1人ずつ上げてもらう。

 

 私は島と島の間にある独立した瀬(無名瀬)に上げてもらった。さっそくマキエを足下に撒くと沖に出ていっているので右の水道側、左の水道側にマキエを数杯入れ沖で潮が合わさるところに仕掛けを投入。1投目から35cmのクロがハリ掛かり。このパターンですぐにキロオーバーのクロを取り込んだ。

 

 その後は潮も徐々に変わっていったが魚影が濃いのでどこに仕掛けを入れても30cm以上のクロは釣れ、キロオーバーを数匹追加して初釣りを終了しました。

 

 今回、寒グロの時期ということでクチブトメインでハリを選びました。遠投してもツケエサは取れず、しっかりとクロの口元や飲ませて掛けることができました。

DSCN5228 DSCN5227 DSCN5233

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月16日掲載文

フィールドモニター坂東英之氏のレポート

牟岐大島での初釣り

平成31年1月5日(日曜日)、徳島県牟岐大島に初釣りに徳島巧手会のクラブ員の3人と息子と私の5人で牟岐大島へ出かけた。

午前6時過ぎ、準備万端!徳島のグレの聖地牟岐大島へGO!

船中は私たち5人のみだったので,船中のクジは肩に力を入れず、残りクジで1番。

ここでクジ運の強い私!有言実行!磯クジは8番と断言し、船中を代表してクジを引いた。

小さくガッツポーズ!見事8番エリアを引き当てた。

このエリアは牟岐大島で超一級磯と呼ばれる『ヤカタ』『ヒッツキ』と言わずと知れた名礒があり、喉から手がでるくらい、上がりたい場所である。

『ヤカタ』にクラブ員の足立、多田氏の2人『ヒッツキ』に私と息子、小島氏の3人が渡礁した。

わくわくしながら準備を行い、実釣開始!しばらくし『ヤカタ』を見ると足立氏が大きく竿を曲げ楽しそうにグレと戯れている。指をくわえて見ていると、私の横で竿を出していた息子が『来たー』の声と同時に竿が大きく弧を描いていた。

軽快に竿をさばき、上がってきたのは40㎝弱の丸々肥えた本命のグレちゃんであった。

その後、私にも同サイズがヒット!小島氏にもヒット!と入れ替わり立ち替わりの入れ食いモードとなり!結果親子で35㎝から43㎝を30匹!爆釣となり楽しい楽しい!初釣りとなった。

これから,大島磯ではグレ釣りが楽しめますので是非,足を運んでみてはどうでしょうか!

 美味しいグレちゃんが楽しく竿を曲げてくれますよ。

 それと!最後にヤイバウルフ ロッドケースは値段もお手頃!少し大きいですが使い勝手がよく!素材よく!最高です。是非、お買い求め下さい。

 

道 糸  「東レ 銀鱗 スーパーストロング NEO 1.75号」、

ハリス  「東レ トヨフロン ハイパーガイアXX 1.0~1.5号」

ハ リ  「ヤイバX  閃列グレ・ミドル 3~4号」

「ヤイバX  ケイムラ グレ  4~5号」

「ヤイバX  グレ 釣闘競技  4~6号」

「ヤイバX  プロフェッショナルグレミドル 5~6号」

ウ キ  「GREX+ トーナメント・観(KAN)0~00 M~L」

「GREX+ TESTA 0~00 M」

image5 image6 image4 image7 image8 image2 image1 image3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月16日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

南伊豆の入間でクラブ例会

1月13日(日)に、南伊豆の入間でクラブの例会が行われました。

何と朝のくじ引きで1番を引いた私はたかし君、ゴロちゃんと3人で『牛根』に乗ることができました。『牛根』は入間で最も沖に位置する南北に細長い根で潮通しは抜群。色々な魚種が狙える超1級磯ですが中々乗れない磯です。

 

タックルケースを探ると予備のスプールに3号が巻いてあり、ハリスも3.5号まで入っていたのでこれを使いました。6.3mの愛竿を伸ばし、ウキはF-LOGIC製のバーテックス5B、針はヤイバヒネリグレの7号で始めました。

風はナライ(北東)で伊豆半島の西側にある釣り場はどこも凪、のはずなのですが、山の間を抜けてきた風が集まり、かつこれだけ沖に出ているとさすがに風が強いです。

 

朝の内は下りの潮の中でポツリポツリと魚が掛かってきましたが、どれも32~3cmまでで例会の規定サイズである35cmにやや届きません。口太だけではなく、尾長やイサキも混じって釣れてきます。水温を計ると18.6℃。本来この時期ならば16℃台ぐらいに下がっていて欲しいところです。

状況が変わらないので向かい風ではありますが陸側を向き、0の軽い仕掛けで馴染んだらゆっくりとシモっていくようにガン玉を調整し、針も自重がある閃烈グレヘビーの7号に替えて狙いました。

魚の食いが渋く居食いのような当たり方をするので、仕掛けを沈めて釣りをしているとアタリがわかりません。道糸を張っていてコツンとアタリを感じて合わせると唇の皮一枚で引っかかっていたりするような場合が多かったですが、昼過ぎまでにはクーラーボックスがかなり賑やかになっていました。

 

ドラマが起きたのは昼前でした。足元でじっと動かなくなった仕掛けを少し張り気味にしてみると何となく重みを感じます。そこでアワセをいれると、グンと乗った魚は力強く重量感があり、竿先を海中に引きずり込んで左側の根の方に走ります。道具を信じて耐えていると1/3ほど海中に突っ込んでいた竿がふっと軽くなりました。仕掛けを回収してみると道糸とハリスの直結部分のすぐ上で高切れしていました。結び目付近が弱くなっていたのか、偶々その部分が根に触れたのか…、無念のバラシです。

 

昼頃には潮が止まってしまい、その後暫くしてまたゆっくりした下りになりましたが、魚が全く口を使わなくなりました。仕方なく少し沖目に投げて仕掛けを沈めて放っておくとプルプルッと道糸が引き出されてイサキが喰ってくる程度です。

結局その後状況が好転することはなく、何となく欲求不満気味の例会が終了しました。欲求不満と言うのはちょっと贅沢ですが、決して釣り的に不満だったということではなく、折角『牛根』に乗れた割には型的に不満だったという意味です。次回に向けて楽しみはとっておくことにしましょう。

 

 

釣行データ 1月13日(日)

場 所:入間 『牛根』

天 候:晴れ

渡 船:入間荘 『日吉丸』

潮回り:小潮(満潮:午前10時頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月16日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

九十九島での釣り納め

 12月28日釣り納めに行って来ました。この日の天気は雪(長崎県の初雪)。爆風に加えて外海では波の高さ4~5メートル。こんな悪天候でも竿を出せる場所が九十九島の湾内。今回狙いの魚はチヌ。

 

 鹿町町にある梅田釣りセンターより朝7時出船。風は回り込んでくるものの風裏となる横島に上げてもらいました。

 

 本日使用したハリは閃刀チヌ(ストレート)ミドル(オキアミ)1号。

 

 風で道糸がとられるのでウキを沈ませラインでアタリをとっていくと1投目からチャリコ。2投目、3投目もチャリコ。魚の活性は高いようで次第にツケエサだけとられるようになってきたのでツケエサをオキアミ生から練り餌に変更。しかし、練り餌もすぐに盗られるので仕掛けを張り気味におとしていくと浅いタナでラインをひったくるアタリ。上がってきたのは40cmのチヌ。

 

 その後は本命のアタリは無くエサ盗りに翻弄されながら30cmのクロを追加し納竿としました。

 

 今回の釣行ではまだまだ手で触った感じでは水温が高かったですが、これから水温が下がってくると九十九島の湾内では大型の寒チヌが期待できるのではないでしょうか。

DSCN5221 DSCN5226 DSCN5222

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年01月16日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

長崎県畝刈の磯にてグレ釣り

平成30年の釣納めで、長崎県の畝刈の磯にグレ釣りに行ってきました。

前日まで波が高い日が続いていましたが、当日はベタ凪ぎとなり、絶好の釣り日和となりました。

同じチームヤイバの二方と同礁した磯は、仏崎という磯で、足場が良く3人でも余裕で釣れるところです。

気心の知れた3人で、釣果を競おうとなり、時間を決め23㎝以上の総重量で競いました。

フカセ遠投モードオキアミカラーの1.5号をセットし、釣始めましたが、食いが渋く、素針を引くことがしばしば、なかなか思うように釣れませんでした。

そこで、針のサイズを落とし、グレ釣闘競技の4号をセットすると、ヒット率が上がり釣果を伸ばすことができました。状況に応じた針の選択の大切さを改めて実感しました。

他の二人は最初からコンスタントに釣果をあげられており、結果、私はビリの釣果でした。

他の二人に仕掛けや釣り方等のアドバイスをいただき、単独釣では気付かない、自分の足りない面が分かる事ができました。

海は秋磯の名残か、シイラの群れが登場、仕掛けを二度飛ばされました。

グレのアベレージは30㎝程でしたが、40㎝に迫るオナガや良型のチヌも釣れており、良い釣納めとなりました。

 

場所:長崎県畝刈

仏崎の磯

日時:平成30年12月30日

使用した針:フカセ遠投モードオキアミカラー1号、1.5号

グレ釣闘競技4号、5号

1547355754553 1547355782095 1547356071431 1547355802444

page top