磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月31日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

西伊豆田子港でのチヌ釣り

7月27日西伊豆田子港に釣行してきました。

例年ではそろそろ数釣りが楽しめるので期待しての釣行でした。

釣り場に着くとまだ足下には藻があちこちに生えていて例年には無い状況。

地元の方にもお話を聞くとまだ一面に藻がありほとんど切れてないとの情報でした。

そんな中一部砂地らしき場所があったのでそこをポイントにする事に。

棚を取りながら餌取りの様子見でまずは閃刀チヌミドルをチョイス。

すると早々にベラがヒット。

その後棚を取り終えた後もコンスタントに餌取りの反応が。

そんな中大きなアタリがあり少し早合わせではありましたがヒット。

すると35センチのメジナ。

その後はアイゴやボラの反応が多くなってきたので棚をさらに深く取りハワセスタイルに。

ハリもミドルからヘビーに変えなるべく崩壊地点から刺し餌を動かさない作戦に移行。

するとそんな中ようやく40センチ弱の本命がヒット。

何度か藻に入られましたがなんとか取り込む事が出来ました。

夕方までハワセ幅の調整をしながら何とかクロダイを4尾ゲット。

サイズ的には45センチが最大でした。

そんな中数尾大型の魚をヒットさせましたが藻に巻かれてライントラブル。

姿を見る事は出来ませんでした。

 

今回は流せる範囲が極端に狭くすぐに藻に絡んでしまう為早合わせの連発となりました。

そんな中でも閃刀チヌはしっかりと本命の口元を捉え安心感のあるやり取りをする事が出来ました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月28日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鶴見釣行

梅雨明け間近の磯へ、最後の梅雨グロ&マズメのイサキを狙って行ってきました。今回は、大分県南の鶴見大島へ行ってきました。同行者はクラブ員の山南君です。午前4時出航の、のんびりした釣行計画です。期待の朝マズメは、タカベの猛攻に遭い、完全に戦意喪失!しかも、釣れてくるタカベの丸々としてデカいのが多いんです。日頃からのエサ撒きの結果なんでしょう!

見回りの便で、沖磯から湾内へ瀬変わりをしました。すると、ここにはタカベの姿はなく、アブッテカモの姿がチラホラ見えるのみです。瀬際にエサ取りを釘付けにして、沖にマキエを入れました。ツケエが残ってきました。チャンス! 何度か繰り返しをしていたら、0号のウキがきれいに海中に突っ込んでいきました。何度かの突っ込みをしてくれたクロは、35㎝のこの時期では良型の地グロでした。

マキエが効いてきたようで、その後ポツリポツリと釣れました。こうなったら、欲が出てきて40㎝オーバーが欲しくなります。しかし、姿を見ることなく納竿の時間になりました。途中、真っ昼間ですが、35㎝位のサバの群れに遭遇をして、美味しいお土産も出来、満足の釣行となりました。今回使用した針は、YAIBAの釣闘競技の4号~5号です。軽くてクロに違和感を与えることなく、クロの口元までツケエを運ぶ事が出来ます。 今年の大分県南一帯の磯、釣れてないです!秋磯に期待をしたいものです!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年07月15日掲載文

フィールドモニター曽我芳子氏のレポート

高知県足摺岬釣行

7月2日、倶楽部仲間の誕生日杯をすることになり、足摺の磯に行ってきました。

祝うかのように梅雨の合間の晴天!

 

気合いだけ充分の私は、朝から釣れるが、引きの楽しみもないくらいの小長グレばかり( ノД`)シクシク…

11時頃から潮もよくなり釣れだすが、3回連続切られてしまう。

多分、犯人はサンノジかアオブダイでしょう?

ハリス1.7号から2号に交換、ハリもプロフェッショナルグレ6号から、閃烈グレ7号に

交換!

4回目で切られることなく釣上げたのが、40アップのサンノジ!

その後もサンノジのオンパレードでした。暑く苦しい釣でしたが、引きは存分に楽しめました。

これから暑い日が続きます。皆さん、熱中症には気をつけてください。

 

使用の針

プロフェッショナルグレ   6号

閃烈グレ          7号/8号

道糸  ヤイバウルフライン 2号

ハリス ヤイバウルフライン 1.7号/2号

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月23日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

泊浦でのグレ・チヌ釣行☆

高知支部の大谷です。

3月に行った泊浦釣行でいい思いをさせてもらったので、仲間たちと今シーズンもう一度行くことになりました!(^^)!

チヌ場でありながら、前回はチヌの顔を拝めませんでしたので、そのリベンジも兼ね3名での釣行です!(^^)!

ワタクシともう一人は上物ですが、一人はカワハギを専門に狙うとのこと(一緒に行くのは初めての方ですが、聞くところによるとカワハギ釣りに関しては相当の腕の持ち主らしいです)(#^.^#)

 

今回渡礁したのは「アカサキ」(前回、楽しめたので、同じところ)(#^.^#)

朝10時頃が干潮ということで、とりあえず沖の方で竿出し(#^.^#)

前回もこのあたりで口太が来たのになぁ~と思って引かれ潮の中を張り気味に流していると・・・

やっぱりキタ――――――――――――ッ(*^。^*)

シモリへの2,3度の突っ込みをかわし、上がってきたのは、38センチの口太ちゃん(*^。^*)

そして、前回同様しばらくはグレのあたりが続きました(#^.^#)

1時間程度、口太時間が経過し、最長寸は最初の38センチでしたが、キープサイズは8枚!(^^)!

 

それからは、小フエフキ、小バンドウなどが、退屈しない程度にウキを沈ませてくれます((+_+))

 

そんな中、干潮過ぎの潮が動き出した時に、ウキがゆっくり沈み込む本命らしきアタリが!(^^)!

 

ゆっくり、大きく合わせフッキング(#^.^#) チヌ特有の引き(#^.^#)

シモリ際に沿って逃げようとする本命を大事にタモ入れしました。45センチ(#^.^#)

泊浦サイズとしては小さいですが、久しぶりのチヌに満足満足(*^。^*)

「もういっちょ~!」と思いチヌ針3号に変えましたが、奇跡は続かず・・・((+_+))

 

結局持ち帰れる魚はこれが最後でしたが、前回同様、退屈することなく、最後まで楽しめました。

 

船着きでカワハギを狙っていた方も、午前中はテンポよく釣り上げていましたが、午後からはあたりが遠のいたとのことでした((+_+))

 

船頭さんも親切で、いろいろと教えて下さり、実際に釣果も期待できる泊浦を仲間たちに広げたいと思っております(*^。^*)

 

なお、唯一のチヌですが、大切に大切に水たまりで飼っていたのですが、満潮の高波の時にお帰りになられました(;一_一)(-“-)

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.5号 5.3m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : ヤイバウルフライン2.5号・・・半年ぐらい巻き変えてない((+_+))

ウキ : 2B・3B・・・エサ取りが多いので軽い仕掛けは難しいです(#^.^#)

ハリス : ヤイバウルフラインハリス2.5号

ハリ : ヤイバグレ(茶)6号・7号、ヤイバチヌ(白)3号・・・チヌ針では釣れませんでした((+_+))

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月19日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

例会で新島 鵜渡根釣行

5月28日(日)は久しぶりの離島例会で新島・鵜渡根に行ってきました。

渡礁順を決めるくじ引きで珍しく3番と言う良い番号を引き当てた私は、柳川氏と二人で鵜渡根の「岡の高島」の北端「中の島向かい」と呼ばれる場所に降りました。

晴れて風が弱く海も少しウネリがある程度ですが、日中はかなり暑くなりそうです。

 

今日の狙いはとにかくデカい尾長一発です。3号の磯竿(6.3m)に道糸とハリスは5号通し。針はヤイバグレの9号を結びました。

 

コマセを撒くと足元にはおびただしい数のエサ取り。タカベと小さなイサキが主体のようで、仕掛けをおろすとエサは一瞬でなくなってしまいます。

足元にコマセを入れながら潮の中を狙うと釣れてくるのはイサキばかり。沖目の潮のヨレまで遠投するとやっと尾長が釣れました。離島例会での検寸対象は40cm以上です。

メジナとイサキがひっきりなしに竿を曲げてはくれますが、メジナは最大でも47~48cm。せっかく鵜渡根に来たのですから大きな魚を釣りたいと、あの手この手を尽くします。

 

目の前の「沖の高島」の際を流していると少ししもったウキが動かなくなり、聞き合わせてみるとグンと力強い引きがありました。大きな魚です。グイグイと竿を曲げて全く寄ってきません。

この手応えです!他の魚なんかどうでも良い!こいつを釣りに来たんだぁ!とアドレナリンが全開です。

ところが格闘の末にやっと水面に浮かんだのは60cmを優に超えるイズスミでした(>_<)

その瞬間に竿先が跳ね上がって、全く残念ではないバラシ。うまい具合に針がハズれてくれたものです。これでこの日は終わりでした。

 

 

釣行データ 5月28日(日)

場 所:鵜渡根 岡の高島(中の島向かい)

天 候:晴れ

渡 船:かねよ丸

潮回り:中潮(干潮:12時半頃)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月16日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

熊本高浜釣行!

今回は、九州の西海岸にあたる天草の高浜へクロ狙いで行ってきました。ここ数年、大分県南のクロの状況が思わしくなく、目先を変えて熊本釣行です。渡船の出航は午前5時とやや遅い出港です。その分、期間には余裕を持って出発が出来ました。

今回上がった磯は、小ヶ瀬の本瀬という磯です。ここ天草西海岸一帯の磯は、朝マズメより、夕マズメにビッグチャンスが訪れるようです。朝マズメの右流れの潮で、気持ちの良いウキの消し込みで上がってきたクロは42㎝でした。まだ、本格的な梅雨グロではないようです。午前中はクロ2枚とブダイ、サンノジ沖縄の県魚グルクン等のエサ取りでしたが、夕方3時過ぎから4時30分の潮止まりまでは、クロの45㎝を頭に3枚、イサキ数枚、エサ取り多数!と多彩な釣果に恵まれました。

 今回使用した針は、YAIBAのフカセ遠投モード1,5号と2号です。この針の特徴は針掛かりの良さはもちろんですが、今まで針を折られたことが1回もない信頼の1本です。次回は、旬のイサキを求めて高浜へ行ってみたいと思います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月08日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

下の早福瀬で梅雨グロ狙い

 5月29日、梅雨グロ狙いで平戸市の浜本釣りセンターにお世話になりました。港から約10分、今回上がった場所は下の早福瀬。ここは上物、底物、潮切れも良く尾長、口太、両方狙える一級ポイントです。船長の話では前日はキロオーバーのクロも釣れていたとのことで期待がもてます。

 

 朝まづめの仕掛けは尾長も視野に入れてハリは尾長グレリズム(オキアミ)6号を結びました。

 

 まずは足下にマキエを入れエサ盗りの状況を確認しますが、全くエサ盗りの姿は見えず、その先に仕掛けを投入。それからまた足下にマキエを入れると、かなり遅れて潮下からスズメダイが姿を現しました。少し流して仕掛けを回収するとツケエサはそのまま。2投目はエサ盗りを分離するため仕掛けを遠投。ウキの周りにも数杯マキエを入れ、右に流れる引かれ潮に仕掛けをのせました。

 

 すると、本流との合流点付近でウキがモゾモゾと沈みだしラインがピンと張りました。合わせを入れやりとり開始。引きからしてまあまあのサイズのようです。手前まで寄せたところでしぶとい引きをみせ数回の締め込みをかわしタモに収めたのは40cm級の尾長グレ。

 

続いて同じポイントを流していくとまたしてもアタリ。上がってきたのは30cm弱の尾長グレ。時間とともに足下のエサ盗りの種類(スズメダイ、バリ、タカベ)と数も増え、ツケエサもだんだん盗られるようになってきたのでハリを変更しました。

 

尾長グレが食ってきていることから尾長のハリは変えられないので、ハリの種類をサイト尾長ミドル(白)6号に変更しました。

 

 ハリの変更後の1投目ですぐに結果がでました。ラインをひったくるアタリで釣れたのは30cmオーバーの尾長グレ。この後も30cm弱と30cmオーバーの尾長グレがコンスタントに釣れ続け、持ち帰る分だけをキープして納竿としました。

 

 今回の釣行はかなりの数のクロが釣れました。そのうちの9割5分は尾長グレで、尾長グレリズム(オキアミ)6号とサイト尾長ミドル(白)6号の威力を十分に発揮できた釣行となりました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年05月29日掲載文

フィールドアドバイザー太田雅人氏のレポート

毎年恒例の飛鳥釣行

山形支部の 太田と申します

5月27日、28日の2日間山形県酒田市にある離島の「飛島」に1泊2日の釣行に釣り友6名で行きました。酒田市からフェリーで75分の船旅です

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年05月29日掲載文

フィールドアドバイザー新谷一二氏のレポート

ヤイバ磯祭りin紀伊長島で優勝しました!

平成29年5月21日(日)、三重県大紀町紀伊長島の磯一帯で「ヤイバ磯祭りin紀伊長島」に参加してきました。

今回担当が三重と奈良支部でスタッフの方に挨拶を済ませ、私は受付けの手伝いをさせていただきました。

ヤイバ関西が何かイベントをすると晴天が続きます。今回も日中は真夏のような天気でした。

朝3時30分から受付スタートです。今日の参加者は77名で審査対象は規定寸法無しののグレ5匹の総重量です。

一般の方がクジを引き残りをスタッフが引き、私は28番で、「ポーター」とのことで「一栄丸渡船」のB船に奈良支部の古澤君とポーターを担当しました。

お世話になる渡船は「石倉渡船」「一栄丸渡船」と各2船づつで4船に選手を乗せて朝5時に港をいざ出発!

今回の撒き餌は、オキアミ3k1枚とアミエビ4k1袋に集魚剤は「つりまん」のピンポイントグレ1袋と遠投パン粉1袋を「エサ市場」さんにてブレンドしてきました。アミエビを入れると表層にエサ取りを集めてサシ餌を残すことができます。アミエビは解凍すると汁が出てほとんど水を入れなくても撒き餌が粘りが出てまとまります。一度試してください!

渡礁したのが5時30分、競技開始は6時からで納竿12時、6時間の勝負です。

今日上がった磯は「八瀬の5番」一人での渡礁で初めての磯でした。磯の周りはシモリだらけで棚が深いと良型が来たら取れない感じだと思いました。

 仕掛けは、朝一番は竿は「ヤイバ」のウルフKYOUGI1号5m、道糸1.5号ハリス1.2号を2ヒロ、ウキは「グレックス+」の観RのサイズSのG4、ウキゴムは、「グレックス+」のアポロの赤色、そのすぐ下にガン玉G4を1個打ち、針は「ヤイバ」のプロフェッショナルライトの4号です。10mぐらいのところに撒き餌を打ち一投目から釣れたのはオセンです。

少し遠投気味で20mぐらいのところに仕掛けを入れ撒き餌をウキから潮上に竿1本分ぐらいずらし流すといきなり40cmぐらいのグレが釣れ、また同じところを攻めると強烈な奴がきました。あえなくチモトで切られてバラシです。またまた同じところで今度は高切れ(涙) 1号竿では歯が立たなくその後は竿「ヤイバ」のウルフTYPEⅠ1.25号5m、道糸1.75号ハリス1.75号を1.7~1.5ヒロ、針は「ヤイバ」プロフェッショナル6号に変え再チャレンジ! 基本私はハリスにはガン玉は打ちません。 (たまには打つ場合もありますが)

その後は、30mぐらいの遠投に変えますが、またもシモリに入りぶち切ってきます。今度は撒き餌をウキと合わせすぎるとアイゴが食ってきます。やっぱりウキから撒き餌を3~5mずらせ何とか23cm~40cmを4枚を追加をし規定の5枚を揃えましたが、イマイチサイズが小さいので10時を回ったぐらいからサシ餌が残りだし食いが渋くなり針を「ヤイバ」のケイムラ6号に変えると再び食いが蘇り28cm~35cmを3枚追加し、結果8枚を釣ることができ、競技終了時間の12時が来て小さいサイズの2枚をリリースし6枚をキーパーに入れて帰港しました。

帰港後グレ5枚を検量に出すと3,520gで優勝することができファイナルへの参加権利をいただきました。

担当スタッフの方々本当にご苦労様でした。

やっぱりヤイバ関西は盛り上がってますね~楽しい一日でした。ありがとうございました。

フィールドアドバイザー 新谷一二

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年05月22日掲載文

フィールドアドバイザー太田雅人氏のレポート

地元の釣具店さんの大会に参加しました。

山形支部の 太田と申します

5月21日に自分の住んでる山形県鶴岡市にある普段より大変お世話になっております、釣具店「自然満喫屋」さんの第1回黒鯛cupに参加させて頂きました(^-^)

渡船禁止の大会なので目ぼしい磯場は皆狙うであろうと敢えて既に黒鯛の乗っこみも終わり、混まない場所を選びました。場所は鶴岡市旧温海にある深間と言うテトラ帯で、足元に注意しながらの釣行です。

外海はウネリがあり濁りもあり釣れそうな感じです

仕掛けを作り釣り開始です

釣り早々内向きを狙っていた同行者が早くも黒鯛ゲット、期待が高まるなか足元にコマセを入れると何やら水面で魚が…河豚です。河豚に針をとられながらも釣りを続けていますと、ウキガしもり穂先に当たりが!何やら下に突っ込みます、海面まで浮かしてみると40位の寒鯛でした。

その後今の時期には珍しい

30オーバーのメジナを釣り

メジナは検量外との事で納竿時間になり終了です。山形の海で近年40cm位のメジナも見るようになり、来月開催予定の、「ヤイバ磯祭り東北予磯祭り予選会」でも同型のメジナも釣れれば盛り上がります!

本日の仕掛けは

道糸1.7号

ハリス1.2

針けいむらチヌ2号

page top