磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年01月06日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

クラブの納竿例会

私が所属するクラブでは毎年12月29日は納竿例会と決めています。

どこでも行けそうなぐらいに風も波も穏やかな予報だったのですが、神子元島に行ってみるとナライの強風が吹き荒れ、海は大きなウネリが残っていました。水温は約21℃もあります。本来この時期なら16℃前後まで下がっていて欲しいところですが今年は随分と水温が高い状態が続いています。

 

年末の連休とあって船は満員御礼ですが、これだけコンディションが悪くては大人数がまともな釣りをすることは望めません。江ノ口のワンドに船を着けて全員がそこで降りました。

釣り場を探しながら本場1号のどん詰まりのワンドまで歩きましたが、どこも既に釣人が入っています。仕方なくワンドの出口付近に荷物を置きましたが、ウネリが大きくて竿が出せる状況ではありません。この日は大潮で満潮は午前8時頃。潮が下げるまでお弁当を食べたり近くで釣りを始めた仲間の様子を見たりして時間をつぶしながら、『今日は十分に潮が下げてから2時間も竿を出せれば御の字』と覚悟を決めました。

 

海が荒れていて玉網が使える場所まで出られそうもないので6.3mの2号竿を伸ばし、道糸は3号、ハリスは3.5号にしました。魚が釣れたらごぼう抜きにする仕掛けです。

大きなウネリがサラシを作り仕掛けが落ち着きそうもないので4B負荷のウキに4Bのガン玉と、ハリスにG3のオモリを打ち、針は閃烈グレ(ヘビー)の7号を結んで潮が下げるのを待ちました。

 

11時近くになって足元が乾いてきたので釣りを開始しましたが、暫くすると大きなウネリが来て、頭から飛沫を被りました。間一髪、這う這うの体で逃げ帰りましたが、背後の少し高い所に置いてあったバッカンの中の蒔き餌は水浸しで、気が付くと水汲みバケツが海を漂っていました。

時間をおいて再度仕掛けを投入しましたが、強風と大きなウネリに道糸を持って行かれて岩の先端に引っかかってしまうトラブルが連発しました。

 

大きなウネリが来ると後ろの高い所に逃げ、少し治まるとまた前に出て仕掛けを投入すると言う動作を繰り返しながら、どうにか2時間ほどは釣りができ、30cm前後の尾長や40cmを超えるサンノジなどを釣ることができました。

そうこうするうちにそれまでとは違う強烈な手応えがあり、懸命にやり取りしましたがチモトから切られてしまいました。ハリスをチェックするとザラザラ。型の良い尾長に針を飲まれていたようです。

その後やっと40cm弱の口太が釣れました。検寸に出せる魚が出て、今日もどうにかこうにかボウズ逃れ。時計を見ると既に午後1時だったので、そこで道具を片付け、船が迎えに来る江ノ口まで汗だくになりながら道具を抱えて戻りました。

 

本当に疲れる釣りでしたが、相手は海です。こういうこともあるということで敢えてレポート致します。

 

 

釣行データ 12月29日(日)

場 所:神子元島 『本場1号』

天 候:晴れ、北東からの強風

渡 船:伊豆下田フィッシング

潮回り:大潮(満潮:午前8時頃、干潮:午後1時頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月23日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

毎年恒例の年間チャンピオン大会

12月に入り新年度が始まりました。私が所属するクラブでは1年度を12月から11月と言う区切りで活動しています。

14日の土曜日は毎年恒例の年間チャンピオン大会。前年度の各月例会の優勝者がトーナメント形式で年間チャンピオンを争うのですが、今年度も昨年度に続いて決勝戦で規定サイズの魚が出ず、年間チャンピオンは誕生しませんでした(><)。

 

翌15日は12月の月例会です。前日にあれほど激しく吹き荒れていた西風が止み、東寄りの風に変わりました。私は朝のくじ引きで4番を引き、本命と思われる沖の磯を避けて地方の『大黒(おおくろ)』を選びました。下流の港を出てすぐ東側にあり海岸に人がいると用を足すのも憚られるほど岸に近くて水深も浅い釣り場ですが、寒の時期にはカジメが茂り意外と侮れない釣り場に変身するのです。

 

リールには家にあった2.25号の道糸を巻いてきたので、ハリスも2.25号を選びました。6.3mの愛竿を伸ばしてG2負荷のウキにG5のオモリを2つ段打ちにしましたが、馴染みが良すぎるので下のオモリをG7に打ち換えて、針は閃烈グレの6号で釣り開始です。

 

一投目にはベラが釣れてきましたが、その後はほぼ一投一尾の入れ食いでメジナが釣れました。しかしどれも25cm前後の小メジナばかりです。水温はまだ19℃以上あり、釣れてくる魚が暖かく感じられます。

1時間ほどすると針が盗られ、フグが寄ってきたかなと思うとその後はフグばかりになりました。ショウサイフグにキタマクラ、赤目フグ…どうしようもなくて普段は狙うことがない後ろ側に仕掛けを入れてコマセを撒いていると、いきなりウキが消し込んでメジナが釣れました。何とか35cmを上回る検寸サイズが釣れてボウズは免れました。

 

10時頃に弁当を届けてくれた船長に様子を聞かれた時には『フグだらけで針がなくなりそう。』とこぼしていました。

一旦釣りを休止して暖かくて美味しいお弁当を食べ、暫くポイントを休ませてから釣りを再開しますが、相変わらずフグだらけ。針を1袋使い切ったところで少し大きめの7号に換えました。

 

暫く釣っていると今度はまた小メジナばかりになりました。水温が高いせいかとても元気があり、一瞬良型が来たと思ってしまうのですが、上がってくると30cmあるかないかのサイズでガッカリ…と言うことが続きました。

 

午後1時を過ぎて干潮の時間帯になったので思い切ってハリスを短くして釣りを続けました。暫くするとウキが消し込んだのでアワセを入れると今日一番の手応えです。釣り場が浅いので根に魚を盗られないように慎重にやり取りをして浮かせると40cm超えの口太でした。背中に傷跡があり、恐らくサメか何かに噛まれたものの何とか生き延びて傷が癒えたものかと思われます。折角修羅場を生き延びたのに私の針に掛かってしまって可哀想な気もしますが、美味しく頂くことで少しでも供養になればと思います。

 

今年の伊豆半島近辺は水温が高く、本格的なシーズン入りにはまだ少し早いかと思いますが、それでも季節は着実に進んでいるのでこれから更に状況は好転していくものと期待しています。

寒グレのシーズンを今年も楽しみにしています。

 

 

釣行データ 12月15日(日)

場 所:下流 『大黒』

天 候:晴れ

渡 船:坂下丸

潮回り:中潮(干潮:午後1時過ぎ頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月20日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

長崎県西海市の磯釣行

長崎県西海市の磯にグレ釣りに行ってきました。お世話になるリュウセイ丸の船長にグレが好調という磯に乗せてもらいました。

 

仕掛け

竿:グレ竿1.2号 道糸:1.75号 ハリス:2~2.5号

針:グレリズム尾長、渋グレヘビー、閃烈グレ ウキ:0号~00号

付け餌

オキアミ生、オキアミボイル、集魚剤をまぶしたオキアミ、芝エビむき身

撒き餌

オキアミ3角と3.5kg入りの集魚剤を1袋、パン粉4kg

 

当日の潮は大潮で、釣り始めから4時間ほどで満潮、その後下げ潮での釣りとなりました。釣り座から30メートル先を右から左に本流が走り、手前は本流に向かい引かれ潮が発生しており最高のシチュエーションです。

 

型の良いグレも出ているということですので、2.5号のハリスに渋グレヘビーの7号をセットし、しばらく足元付近を攻めましたが、グレは釣れずイスズミとアイゴを数匹釣ったところで、本流に狙いを変えました。尾長が釣れるのを期待し、グレリズム尾長の7号をセットし、流れが速いので撒き餌をウキよりもかなり潮上に撒き、道糸の膨らみでウキが本流から外れないように気をつけながら、流していきます。

 

数投目、50メートル程流したところで、バチバチッと道糸が弾かれました。釣れたのは35cm程の口太グレですが、本流の中にいるためか肉厚でパワーもあり、強い引き味を楽しませてくれました。その後、35~38cm程のグレを7~8枚ほど追加しましたが沖の流れが緩やかになり、アタリも少なくなりました。

 

すると足元の撒き餌の中のイスズミやアイゴに混じり、良型のグレの姿が確認できました。さっそく狙ってみますが、グレは付け餌をよけて撒き餌だけを食っており、釣れるのはイスズミやアイゴばかりでした。そこで、なるべく撒き餌の沈下速度に付け餌を合わせるため、鮮烈グレ5号をセットし撒き餌をまぶしたオキアミを付けトライしてみると、さっそくアタリがあり根に潜られそうになりながらも、45cmの口太グレを釣ることができました。その後何度かアタリがありましたが、瀬ズレや飲みこまれたことでハリスを切られ、良型の連チャンとはいかず、その後は、35cm程のグレを数枚追加し納竿しました。

今回リニューアルした閃烈グレを使用して感じたことは、バランスの良い自重で付け餌を自然に沈下させることができ、潮があまり動かないところでも、グレに違和感なく付け餌を喰わせることができる針だなと思いました。

これから本番となっていく寒グレを、是非とも閃烈グレで狙ってみてください。

 

1576770554992 1576770546165 1576770535808

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月19日掲載文

フィールドアドバイザー池角昭智氏のレポート

爆風の中の引き戻し釣方

日時:2019年12月14日(土曜日)

場所:南伊豆石廊崎沖磯

磯場:黒島

水温:19度

気温:16度

状況:西の強風、ウネリあり

 

当日は各大会が延期するなどの予報でしたが石廊崎沖磯は場所限定にて釣行することができました。

当クラブの今年度、最終例会とあって16名で参加しました。

メンバー全員でヤイバ閃烈グレ5号を使用しました。

私が乗った磯は黒島と言って港に近い磯です。今回は初磯釣り体験を実施し23歳の若者と一緒に上磯しました。サポート役に2名を付けて磯釣りの楽しさや注意点などを十分に理解していただこうと思い釣りスタートです。私の釣り座からは水深が足元1mから10m先でも2mしかない浅場で、幅も5m程度の溝を釣る感じです。

全体的にサラシに覆われ仕掛けが馴染まないので00号のウキをセットし投入後に沈む設定でスタート。ある程度棚を取ったら引き寄せての繰り返しで手前まで引き寄せる釣り方です。それでも根がかりスレスレを探り、それを繰り返し行う釣り方で良型を拾うことができました。他の磯ではメジナの顔を見ることができない場所もありばらつきがありました。私はその後、正面風の爆風に代わり比較的静かな表向きで38㎝を追加することができました。

20191214_142059A 20191214_163532A 20191214_141500A 20191214_163608A 1576375984322 1576376141747 1576376168487 1576376016767 20191214_112804A 20191214_090219A 20191214_163600a

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月16日掲載文

フィールドモニター河中謙作氏のレポート

ダイワグレマスターズAブロック大会

全国のヤイバファンの皆様こんにちは。

 

徳島支部の河中です。

 

先日、和歌山県那智勝浦町で行われたダイワグレマスターズAブロック大会に福原スタッフと出場して来ました。福原スタッフはマスターズ全国大会優勝経験者でもあって気持ちに余裕があるように見えました。自分は目標とする全国への切符をかけて意気込みだけは負けていませんでした。ぶっつけ本番でしたが、いつも使用している渋グレ4、5号で挑む事は決めていました。当日グレの活性は低く、思うように釣果が出ない中、やはり口太グレには最適の針で対戦相手の徳島の名手を差し置いて勝利する事が出来、何と何と2人揃って夢の全国大会への進出を決めました。勿論福原スタッフも渋グレを使用していました。2月に行われる五島列島での全国大会でも武器とする渋グレで徳島伝統の阿波釣法を発揮して2人で爪痕を残すように頑張ってきます。あまりの興奮で当日の魚と針の写真が無くて申し訳ございません。

1576499231279 1576499235232 1576499233319

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月12日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

クラブの大会で鶴見釣行☆

12月8日、クラブの大会を鶴見釣行で開催をしてきました。前日から爆風、うねりと条件は良くなかったんですが、竿出しが出来る磯をどうにか確保して、午前7時から午後1時までの6時間勝負で頑張ってきました。クロの食いは良くなくて、ツケエが残ってくる状況が続きます。全誘導で落とし込んでいってもツケエは無くなりません。

そこで、あえてウキ下を2ヒロに固定をして、追い打ちマキエを打ってクロ狙い!これがズバリ当たって、42㎝頭に7枚のクロを釣ることが出来ました。検量の結果、私が優勝することが出来ました。水温が19℃を切り始めました。そろそろ寒グロのシーズンINではないでしょうか!次回は、鶴見へサバ狙いで行きます。また、報告をしますね!

IMGP1703 IMGP1704 IMGP1707

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年12月11日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

伊豆半島 大瀬・仁科釣行

徐々に水温も下がり始め、間もなく寒グレシーズンを迎える伊豆半島に、新製品の【閃烈グレ】を使用して12月7日、8日の二日間釣行してきました。

 

初日は所属するクラブの2019年度、最後の例会で南伊豆大瀬へ。

 

沖側に位置する牛ヶ瀬に渡礁し港向きの釣り場を選びました。

 

30〜35cmクラスの口太が主体の中、伊豆半島では嬉しい45センチクラスの尾長が微笑み、優勝という形で今年の例会を締めくくれました。

 

二日目は西伊豆の仁科、龍海丸20周年記念大会に参加してきました。

 

当日は子犬に渡礁して遠投主体で釣りを組み立て40オーバー4枚を含む釣果で準優勝を頂くことが出来ました。

 

リニューアルした【閃烈グレ】を使った印象ですが、オーソドックスな形状で掛け合わせにいく際の貫通力に優れています。

6〜7号は今回の尾長のような不意の1発にも対応でき、ミドルサイズの尾長が時折混ざる状況ではメインフックに最適でした。

 

針の多少の重量が仕掛けの張りを作り易く、寒グレシーズンなどの深いタナにエサを送る際にも有効でした。

 

仕掛けの沈下速度をさらに抑えたい場合や喰い込みを重視する際は【渋グレ】【極細グレ】との併用で、攻めのレパートリーが増えていきます。

 

今シーズンの寒グレは、新たにリニューアルした、【閃烈グレ】を手にデカパンを狙って楽しみたいと思います。

1576023369124 1576023367281 1576023365278 1576023363226

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月28日掲載文

フィールドモニター福原健氏のレポート

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会I

みなさんこんにちは!ヤイバフィールドスタッフの福原です。1116日、ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会Iに参加してきました。当日は波、風もなく絶好の釣り日和です。運命のくじは36番、伊島の2番区域である唐人西に上がりました。この磯はプライベートでも何回も上がっており過去の大会でも優勝経験がある凄く相性がいい磯です。前半は惚れ惚れするような満ち潮が流れており優先権があったので潮下の釣り座に入りました。経験上、はっきりいって釣るのは朝の前半しかないと思っていました。その中で優先権が自分にあったのは運が良かったです。マスターズは5匹の総重量なので次のブロック大会に行くには最低でも4キロ以上は釣らなければと考えていました。と言うことは良型のバラシは厳禁です。ハリスは1.7号、針は新製品の閃烈グレ5号、閃烈グレを選んだのは理由があります。それは中軸で少し自重がある為、流れの強さに負けないのと時期的に餌取りにが多いのでその層を少しでも早く突破する為です。また、伊島のように太いハリスで良型が当たるところは強引にやり取りしても曲がらなく強気で攻めれるからです。尚、抜群の刺さりと強さは言うまでもありません。ウキは遠投ができるMサイズのG3です。流れの強さからもう少し重たくしてもよかったのですが立ちすぎて深く仕掛けが入ると定番のイサキが釣れてしまうので極力、ハリスは長めで斜めにフワフワふかせて入れすぎないよう心がけながら釣りをしました。潮は早く、下から湧き潮も出ているので当たりは穂先で取ります。そうなると仕掛けの張り加減が難しいのですがそこらへんは経験と勘です。開始直ぐに30センチ弱が釣れ、しばらくして竿先がひったくられ待望の45センチ、また直ぐに40センチオーバーと前半戦までになんと合計10匹のグレが釣れました。後半、入れ替えできるよう頑張りましたが釣れず予想通り釣れたのは前半の朝だけでした。結果は5尾で5206gで準優勝。優勝は5260g54g差だったので自分の詰めの悪さをことごとく感じた1日でした。実はバラシが2回ありまして。ラインがたるみすぎており当たりが分からず根に潜られてしまってました。次回はこの経験を生かして確実に取り込めるよう練習して腕を上げたいと思います。そして翌日、朗報が入りました。同じ徳島スタッフの河中氏が優勝したと。私が前日、準優勝しているのでかなりのプレッシャーがあったのにもかかわらず優勝とは流石です。しかもブッチギリで!

次のブロック大会も勝ち上がって2人揃って全国大会に行きたいですね。最後になりましたが新製品の閃烈グレもの凄くいいハリです。グレつりでよくあるハリ外れも全く無かったです。刺さりの鋭さ、耐久性も抜群で同じ針で何匹もの良型グレを釣り上げました。みなさんも是非、この閃烈グレを使って今シーズンのグレつりを楽しんでください。

DSC_0128

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月26日掲載文

フィールドモニター河中謙作氏のレポート

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会II

全国のヤイバファンの皆様お疲れ様です。

徳島支部の河中です。

 

11/17日に徳島県阿南市の伊島沖で開催された

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会2日目に出場して来ました。

前日同じ徳島スタッフの福原氏が好成績を残し準優勝し予選突破しました。ダイワグレマスターズ全国大会優勝経験者だけあって流石です。

プレッシャー全開の中、運命のクジ引きです。自分が引き当てた38番は、伊島の中でも最近群を抜いての好成績のある名礁、西長オチと同じエリアです。はっきり言って少し凹みました。西長オチに勝てないとブロック進出は難しいからです。気を取り直し渡礁した磯はオンビキと言う名の悪くはない磯ですが、近況はあまり良くない噂です。7時開始の13時まで頑張るしかありません。スタートは新発売の閂烈グレ5号からです。これには理由があり前日の福原スタッフが使用した針だったからです。開始して間もなく40メートル程沖の水面が怪しい波紋が見受けられたので一応遠投用の浮きに切り替えて狙ってみました、なんと即ヒットで相当な重量感でした。上がって来たのは40センチ程の口太グレです。連続ヒットしましたが痛恨の針外れ。これは湧きグレ仕様にチェンジと思い棚も浅く針もいつもの渋グレ5号にしました。これが的中しアタリがあっても一呼吸遅らせて合わせを入れると確実に飲み込み1時間ほどで良型ばかりをリミットメイク!これは西長オチと勝負出来ると釣り座交代までロボットの如く釣りまくり入れ替えを狙いました。なぜか開始から2時間経った9時位に渡船が近付いて来て、「撤収〜」とマイクで言っています。ん?撤収⁉️と思いながら慌てて道具の片付けを行いました。船に乗り込むと優勝候補の西長オチは釣れていません。期待を膨らませ帰港後検量を行うと、5匹で6290gで前日の優勝より1キロも重たい重量です。まさかの時化で撤収になりましたが、2位の方とはトリプルスコアの差で優勝する事が出来ました。来月那智勝浦で行われるブロック大会も福原スタッフと共にヤイバの爪痕を残せるように全国目指して頑張って来ます‼️

それでは失礼します。

1574758061038 1574758052171 1574758059129 1574758055249

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月26日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

親子釣行☆

11月6日(水)長崎県平戸市宮ノ浦港に、父親と2人で釣行に行きました。

 

渡船は、丸銀釣りセンターにお世話になりました。マリンアローで、上阿値賀島の北の瀬に3時に上がった。

 

夜釣りは「グレリズム」9号で、クロは釣れなく、ヨコスジフエダイ、アナゴ、アラカブが釣れた。

 

朝マズメには、復活した「閃烈グレ」5号を結び、ボチボチとクロやイサキが釣れ楽しませてくれた。

 

10時に見廻りで瀬替わり。尾上島の西に移動。沖に撒き餌さを打つと、クロが表面まで姿が確認できるぐらい活性が高い。

 

「閃烈グレ」5号と6号を交互に交換して仕掛けを張りぎみでアタリが出ると、竿を立てるだけで、針が刺さっている状態でした。納竿の16時まで、2人でクロの25cm前後を30枚以上釣り上げました。

 

今回使用した針は、復活した「ヤイバ閃烈グレ」5号6号。刺さりが抜群で最高の針だと感じました。

DSC_0446 DSC_0441 DSC_0453 DSC_0439 DSC_0442 (2) IMG_20191112_223852 DSC_0487 (2)

page top