磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年10月12日掲載文

杉本正徳氏のレポート

徳島伊島磯にて!

こんにちは、徳島スタッフの杉本です!
この度、徳島阿南市伊島磯に行って来ました!
台風の影響で状況は悪くグレが釣れないものの、新製品のヤイバロッドを堪能することができました!
1.25-500を使用
針は極細グレ4号

  • 001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年10月11日掲載文

深江進太朗氏のレポート

長崎県佐世保市のチヌ釣り

10月5日に長崎県佐世保市相浦港から出船し、チヌ釣りに行ってきました。当日の天気予報は台風18号が近づいてきている影響で、北東の風が強く上がれる場所があるか不安でしたが、相浦湾を知り尽くした釣り船三平丸さんの金子船長に何とか釣りができる磯に上げてもらえるようたのみました。磯釣りトーナメンターでもある金子船長に最近の釣果状況を聞いてみると、ここ何か月も好調をキープしているそうで、小型~中型が中心ですが数釣りができ、しかも50オーバーが顔を見せるのも少なくないとの事、俄然やる気が出てきました。

付け餌の当たり餌は、練り餌、しかもイエロー系が良く当たっていると教えていただきました。そうこうしているうちに、磯につきました。出船から4~5分程です。場所は「浄土ケ浦入口」との事、時折強風が回り込んではきましたが、それ以外は無風に近く釣りには影響はなさそうです。見回したところほかの磯はモロに風が吹き付けておりまともに釣りできそうになく、金子船長の計らいに感謝です。

磯周りの状況は竿一本ほど先から急に落ち込みとなっており竿1本半ほどはありそう、また、沖合40メートルほどに養殖イカダがあり、チヌのポイントとしては申し分ありません。養殖イカダ付近に狙いを定め、まずは30杯ほどの撒き餌を打ちポイントを作ります。ちなみに私は撒き餌杓のカップを小さめの物を使用しており、一回の量よりも撒く回数に重点を置いています。同じ量の撒き餌を撒くにも回数を増やすことで、時間差ができ縦にも横にも広範囲に撒き餌を効かせることができると思っているからです。

この辺は良型のヘダイもよく当たると聞いているので、ハリスをいつもよりワンランク太い1.5号に「フカセ遠投モードチヌ・グレ」の2号をセット、まずはエサ取りの状況も見たいので生オキアミを付け釣り開始です。00号のウキに針上30cmに4号のガン玉を付けた全層沈め釣りで、イカダ手前5メートル、約35メートル先に遠投します。「フカセ遠投モードチヌ・グレ」についているケンがしっかりと付け餌を固定しているので、付けエサが外れることなくポイントまで届けてくれます。
早くも同行された田中さんがヒット、40センチオーバーを仕留められました。

私の方は3投してアタリはなく、エサも残ります。付けエサをイエロー系練り餌に替え2投目、誘いをした後すぐにアタリ、中々の重量感が竿に乗り、よしっと思った瞬間フッと竿が軽くなる。何らかの傷が入っていたのか道糸から切れており残念の一言、仕掛けを作り直す際に道糸に傷がないか確認後、釣り開始。

しかしバラシたことで場が荒れたのかしばらく沈黙が続きエサ取りも出始めました。ハード系加工オキアミ、ボイルオキアミを使うと上層で25センチ程のグレが食ってくるので、練り餌中心に切り替えホワイト系、イエロー系、茶色系とローテーションします。しばらくするとイエロー系にアタリ、25センチほどのメイタでした。その後またしてもイエロー系にアタリ、今度は重量感たっぷり、40センチオーバーのチヌでした。

不思議とホワイト系、茶色系の練り餌はフグにやられまくりでしたので、イエロー系で責めたかったのですが、量をあまり持ってきておらずとても一日通して使えそうにありません。そこで、他の色の練り餌をイエロー系練り餌でコーティングするという方法で、節約しながら使用しました。その後40センチオーバーを何枚か追加し13時納竿としました。

今のチヌは食味はいまいちですが、ガンガンと最後まで元気よく引く今の時期の釣り味は最高だと思います。朝夕は肌寒くなっていますが、日中はまだまだ暑く気温の差がありすので、体調を崩さない様注意し秋チヌ釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

追記
 去る9月28日に第4回ヤイバ福岡支部懇親釣り大会に参加させていただきました。場所は大村湾の磯で対象魚はチヌ2尾の長さを競い、他魚の部は1尾の長さを競います。同礁された方は福岡の鳥羽さん、25cm~35cmまでをコンスタントに、また、マダイの良型も仕留めておられました。私は、エサ取りのフグに翻弄され、エサだけでなく針を大量にとられる始末、なんとか2尾で74.6cmを揃えましたが、終わってみれば入賞ラインは82.9cm以上と全く話になりませんでした。優勝者は85.6cmを揃えられており、福岡支部のみなさんのレベルの高さを思い知らされました。ちなみに同礁された鳥羽さんのマダイは見事、他魚の部で1位となられました。最後にお楽しみ抽選会で商品をゲット!大変楽しませていただきました。福岡支部のみなさん大変お世話になりました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年10月10日掲載文

八次秀樹氏のレポート

近場の磯でクロの引き堪能

台風18号の余韻が残る北部九州、そんな時でも近場、内海の磯なら竿が出せるポイントがあり、長崎の西海市にある呼子ノ瀬戸に出かけてみた。

時期的にまだ早いかな?と思いつつも鉄塔下という、流れの速いポイントに五幸丸の案内で渡り、さっそくパン粉中心のまき餌を足元に巻いてみる、

すぐに大量のエサ取りのお出ましかと思いきや、意外にも少ないではないか、中には小型のクロも見えており期待が持てそうだ。

得意の全層仕掛けに、センレツぐれのライト5号を結び、本流の際をゆっくり流してみると、付けエサはとられていた、投入ポイントを変えて、周辺に無数に見えている沈み瀬の

辺りを丹念にチェックし、反応を見ると、本流が大きな沈み瀬を超えて流れている場所でアタリがあった、その時ウキが沈み瀬の方に入っていったので、やはり沈み周辺のやや深い場所に

クロがついているようだ、針はがっちり上唇にかかっており食いあがってきた事がうかがえる。

30センチ弱であるが、この周辺ではなかなかのものだ。同じパターンでぽつぽつ釣り上げて行くが針が飲まれる事も多くなってきた、そこで針をサイズアップしていく、7号のセンレツに付けエサも

大きめのボイルにすると再びいいところに針掛かりするようになり、サイズアップにも成功した、その後はどんどんクロの活性も上がっていき、1ヒロまで食いあがるようになってきた、

これは、クロをかけた後、どこに針掛かりしているか観察し、飲まれていたら、ガン玉を軽くしたり、ハリスを短くしたり、ウキの浮力を大きくして張り気味にしたりで対応していくと良い感じであった。

また、付けエサも、多種多様で、状況に合わせるとよく、針とのマッチングは必要不可欠である。生のハード系オキアミには、センレツグレ、ボイルにはプロフェッショナルグレ、生のオキアミには、

渋グレなど、軸の太さや、長さをエサに合わせていくと釣果も違ってくる。

待望の夕まずめの時には、一投一尾の入れ食い状態で、近場とは思えぬ良い釣果にめぐまれ。

これからもしばらくはよさそうな気配であった。

針 センレツグレ ライト4~5号
  渋グレ   5~6号
  プロフェッショナルグレ 5~6号

  • 20141007_110944

  • 20141007_124719

  • 20141007_165110

  • 20141007_170813_3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年10月02日掲載文

保木憲三氏のレポート

秋の数釣りチヌ

ヤイバロッドWOLF-KYOUGI 1-500
ヤイバロッドWOLF-TYPEⅡ 1.5-500念願の竿が来ました。
9月28日、ヤイバロッドで徳島県伊島に日本グレトーナメント予選に行く予定でしたが、台風の影響で波が高く中止。
急遽、高知県須崎の地磯から秋のチヌを狙いに行って来ました。
湾内なので波風なく、絶好のコンディション!!
竿はWOLF KYOUGI 1-500、道糸1.5号、ハリス1.2号~1.5号
ウキ00号 針はヤイバWケン付チヌ1号と食わせチヌケイムラ1号を使用。
エサは、練りエサとスーパーハードチヌ、半ボイルの3種類を使用
釣り座から前方15mは浅く、潮が引くと歩いて行ける状態。そこから先は緩やかに水深が深くなっているので、かけ上がりを狙う釣りがベスト。
一投目から30㎝のチヌが釣れ、抜群の針掛かりと、細身のヤイバロッド競技ではあるが、パワー強さとしなやかさ、ねじれもなく、ためるだけで魚が上がってくる感覚。
その後も釣れ続け、かたはいまいちだが、3時間余りでチヌ20㎝~32センチ18匹、チャリコ数知れず、秋の数釣りチヌを満喫してきました。
次回はTYPEⅡを使用で釣行してきます。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年09月25日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

ヤイバ徳島香川合同懇親大会

ヤイバファンの皆さんこんにちは!
このたび徳島の伊島周辺磯(阿南市)にて第1回の懇親大会を開催しました。
対象魚はグレ、イサキ、アイゴ、タイ、チヌ、イシダイ(イシガキ含む)の6魚種。
ゲストにはささめ針より土屋さんが来られ、
当日キャンセルが5名ほどあったものの、会員、一般含め51名の方が参加されまし
た!
お世話になる渡船は棚橋渡船さんと岡本渡船さん。
そしてこの度、ヤイバウルフロッドが発売されることになり、
先行使用で試すことに!
上がった磯はオンビキ!
この日は中潮の引き潮!
台風の影響もあり、ウネリとサラシから抜ける帰り潮で磯周りは、かなり悪条件!
逆にこの状況でヤイバウルフロッドを試すにはうってつけ!
1-500競技で勝負!
非常にさばきやすく、ハリが半端なく感じられるロッドで、幸先良く、イサキが釣
れ、パワーのあるトルクを感じました!
大物、数釣り対応なので神経質な方ほど分かってもらえる一品に仕上がっています!
それからもロッドと仕掛けのチューニングでグレ、アイゴ、イサキ、ハマチが釣れ、
ちょっとした青物にも付き合いの良い競技ロッドです!
結果、場所に斑があったものの全体的に釣れており、笑顔で終わる大会となりまし
た。
お疲れ様でした!
釣果
グレ33~34cm2匹
イサキ31~35cm5匹
ツバス45~50cm3匹
アイゴ33~34cm2匹
◎使用針:ヤイバヒネリグレ5号
レポ:ヤイバ徳島香川広報 芦尾 知哉

  • 20140923181847

  • 20140923181945

  • 20140923182018

  • 20140923182048

  • 20140923182205

  • 20140923182235

  • 20140923182301

  • 20140923182335

  • 20140923182402

  • 20140923182433

  • 20140923182500

  • 20140923182527

  • 20140923182554

  • 20140923182649

  • 20140923182718

  • 20140923182743

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年08月25日掲載文

古澤英二氏のレポート

夏磯が好きです!

ということで、マイホームの三重県は錦へ行ってきました。
のんびりと、朝9時から出船で。
自宅でいつも通りの睡眠が出来て、らーく楽。
いつもの通り、坂口渡船さんを利用。
「どこに、乗るの?」と、船頭さん。
先客は、双子に既に乗っているので、それ以外なら何処でもいいよと!
なんとも贅沢な、話です。
「尾長が、釣れればいいな」
と、いうことを伝えて、「それなら、木生(きおい)に行くか」となりました。
木生の裏に着けてもらいました。
表も空いていたのですが、どちらの潮でも出来て、水道が狙える、あえて裏に!
船頭さんのアドバイスで、双子との水道からスタート。
撒き餌を撒くと、手前には、タカベやオセン等、無数の小魚が湧いてきます。
2投目でした、いいアタリが!
結構な引きです、まともな魚ですよ。
これはグレ!
しかも、35センチのナイスサイズ!
2投目にでこんな簡単に、釣れていいのでしょうか?
足元からはいい感じで、サラシも出ており、潮も沖に向いていい感じに、イッております。
今日は釣れる。
型は30ちょいのクチブト。
サラシ、遠投、流し。
何処でも、浮きが入ります。
楽しい!
なんと言っても、涼しい!爽やか!
あ~幸せ!
高活性でほとんどの魚は、針を飲み込んでいることから、長軸のヤイバX プロフェッショナルグレのミドルにチェンジ
手返しを速くしました。
25センチ程のクチブトが、釣れ続けるなか、30センチ強が混じります。
お昼過ぎ、潮が満ちて来て、足元に波がさらってきました。
安全第一で、釣り座を船着きに移動。
こちらは穏やかで、釣り易そう。
釣り初めは、撒き餌を多めに入れてアピールタイム。
そして数投すると、じわっと浮きがしもっていくアタリ。
合わせると、根掛かりのような重量感。
足元の根に入り込むのを、阻止し浮かせたのは、良型のクチブト!
タモに収まったのは、本日最長45センチ有りました。
この場所でも、足の裏程のグレが釣れ続けますが、
たまに正体不明の魚に2.5号が5回程ブチ切られます。
夕刻が近づくに連れ、尾長の気配がプンプン。
針をグレリズム尾長にチェンジ。
狙いは的中、ひったくるアタリに、強い引き。
尾長が掛かりだしましたヨ。
更にサイズアップをもくろみ、
38.5センチ尾長追加。
欲を言えば、40超えの尾長が欲しかったけど、竿を持つ手がダルくなるほど、魚が釣れ続け、良型グレも釣れたんで、最高に楽しく遊びました。
納竿時間は6時というのは、残念ながら8月で終了します。
これからは日差しも落ち着いてきて、快適に磯釣りが出来ることでしょう。
仕掛け
道糸
ラインシステム
ワックスサスペンド1.75
ハリス
磯フカセハリス1.75~2.5

ササメ針 ヤイバX
グレリズム尾長 6号
フカセ遠投モード 2号
プロフェッショナルグレ ミドル6~7号

マルキュー
グレパワー遠投
イワシパワー遠投
遠投フカセSP
のりグレ
浅ダナグレ遠投
V9徳用
差し餌
マルキュー
スーパーハードM+アミノ酸α

  • 1408860623539

  • 1408860654272

  • 1408860700644

  • 1408860725044

  • 1408860762841

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年08月08日掲載文

上野真実氏のレポート

撫養川ライトフカセ夜釣り

ヤイバ愛好家のみなさんこんにちは(*・ω・)ノ
今回もまたまた徳島県鳴門市を流れる撫養川に、夜8時より2時間ほど青イソメをエサにライトフカセ(ライトタックルでマキエサをしないフカセ釣り)に、メンバー13名で行って来ました(`・ω・´)
前回は取材でシーバスがメインで釣れましたが、今回は良型のキビレが釣れ、大満足です( ^o^)ノ
地元新聞、徳島新聞にも数年前からスタッフの芦尾さんが命名したライトフカセの魅力を伝え、
撫養川の釣果報告がよく掲載されるなどして、今では大人気となり、この日もたくさんの方が来られてました(・∀・*)
3mロッドにライン1.5号、ハリス1.7号、使用針は前回同様プロフェッショナルチヌミドル3号
結果メンバーら全員にキビレ、シーバスの釣果はあり、私は、38~46cmのキビレと30~33cmのセイゴ(スズキ)3匹でした( ^^)v
エサが青イソメなので軸が長いプロフェッショナルチヌかヤイバチヌが超オススメ!!

  • NCM_0737-1

  • NCM_0738-1

  • NCM_0741-1

  • NCM_0757-1

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年08月06日掲載文

椿下利春氏のレポート

YAIBAーX釣行記(第20回チヌの魚信を楽しむ会中京大会)

チヌの魚信を楽しむ会(中京大会)に参加して来ました。今回は、所属クラブの穴山君との釣行です。午後9時に石川を出発、北陸自動車道(米原)~名神(大垣)~258号~23号を経由し午前0:30に受付会場の三重県四日市市の冨洲漁港に到着。受付開始時間4時からなので、車中で仮眠。午前3時ごろから参加者が続々と到着。私も、Oさんとの挨拶を行い受付完了。
三重県での釣行は、2012選抜前打ち決戦以来で、私は四日市一文字堤しか釣行経験がありません。地波止のポイントは、まったく分かりませんでしたので、Oさんにナビゲータをお願いする事としました。5:30~岡崎おまつりF.CのYさんがナビゲーターとして同行。午前4時が完潮、満潮は午前10時であったので、水深の浅い場所は、後半にしようと相談し穴山君の得意とするテトラ帯から釣行開始。

1箇所目のポイントに到着。テトラも北陸とちがい3~4tぐらいで釣行しやすいタイプ。濁りはありませんが風表となっており期待満々。しかし、根魚orフグのあたりはあるもののチヌのあたりを拾えずポイント移動。

2箇所目は、9時過ぎから開始。最近Yさんが2枚の釣果があった川越のポイントですが、濁りは薄く、きびしい状態でしたが、潮は上がってきたのでここで釣行開始。私は、護岸付け根を前打ちにて攻めるが、やはり無反応でした。続いて少し離れた係留船まで行き、超前にて船底を攻めるるが無反応。チヌが潜んでいるような船でしたが、北陸とは、違うと実感しました。

係留船ポイントは、他にチヌ迷人のTさん、岡崎おまつりF.CのFさん、金沢茅渟研究会のSさんの3名がおり、穴山君は、そこを避け水門付近で釣行開始。チヌ迷人のTさんが穴山君の竿が曲がってるのにきずき声を掛けてくれた。タモ入れに少々時間が・・・しかし無事GETを確認。70mぐらい離れた場所からやりとりを見ていたが、タモに入ったチヌは大きく見えた。穴山君のところまで行き、メジャーで計測すると、49cm~49.5cmは、ありそう。チヌ迷人のTさんが今のところ参加者の中で49cmが最高との情報が入っているよと教えてくれましたのでもしかして・・・

10時30分が、検量締め切りなのでこの場所が最後と粘りましたが、私は、1バラシのみ。ここでタイムアップ、近差が予想されたため、バッカンに海水を入れ生かした状態で検量場に到着。計測すると48.8cm現在トップであった。このまま行くと優勝・・・その後、大きなチヌは持ち込まれず優勝を確認。お見事でした。穴山君の使用針はYAIBAチヌ7号ひねりなしです。

  • IMGP4146

  • IMGP4147

  • IMGP4148

  • IMGP4150

  • IMGP4152

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年08月01日掲載文

古澤英二氏のレポート

クラブの例会 串本樫野の磯

クラブの例会として、和歌山は串本の樫野の磯に行って来ました。
いつも御世話になります、池畑渡船さんを利用して、朝5時の出航。
本日の利用磯は「コガツオ」言わずと知れた、樫野の名礁磯です。
沖磯でロケーションも最高!
ワクワクです。
四人で、場所決めジャンケン
時間を決めて、ローテーションしていきます。
私は水道側からスタート
撒き餌を撒くと、磯際には、オセン、タカベ、ムツ等の大量の餌盗り達。
足元に引き付けたいが、すでに餌盗り達は沖にまで、群がっているようです
しかも、毎年このシーズン、25 30センチの中イサギが、餌盗りとなるんです。
少し深く仕掛けを入れたりすると、
必ずと言っていい程、イサギが喰ってきます

クラブの仲間達も、早速イサギを掛けているようです。
食べて美味しい魚なので、お土産にと必要な分だけキープ。
しかし、狙うはあくまでグレ
沖は、大量のイサギが湧いているようなんで、足元のサラシを攻めてみます。
浮き下は、矢引より浅いくらい。
針は、ヤイバ口太グレリズム6号。
短軸構造と、先端の立ちがお気に入り。
サラシが出るのを見計らい、仕掛けを投入。
なんと一発目で、浮きが消し込んだ!
やはり、ここか!

イサギとは違う重量感。
足元に、突っ込もうとするのはグレでしょう
28センチ程のクチブト
いいアタリでした。
触れれば刺さる。
針の刺さりは抜群ですね♪
この後、同じパターンで、間を空けず、同型を3枚追加出来ました。
クラブの釣友も、グレもポツポツ釣っていますが、やはりイサギに手を焼いているよ
うです。
場所交代の時間となり、
次は勝浦向きの、先端へ。
ここも大サラシが出るので、
これを上手く利用するしかありません。
浮き下はやはり、一ヒロ以内。
それより下は、イサギが喰ってきます。

サラシに飲まれた仕掛けを、張っていますと
竿先に変化あり。
まずまずの重量感。
浮かせたのは、先程より一回り大きくなり、35センチあります。
その後も、サラシ周りを細かく攻めて、同型を3枚、5枚と、追加していけました。
餌が残り流してしまうと、イサギは食い上がってきますが・・・。

正午くらいでしょうか、手元までくるアタリが有りました。
沖に走ったので、型のいいイサギかと思いましたが、なかなかの引きです。
やり取りをしていますと、足元に入り込んで来ます。
「これはグレやな!」
この日の最長寸、39センチ、タモ入れ成功♪
真夏ですので無理はせず、みんなの体力も考慮して、2時に納竿としました。
グレは28~39センチが13枚、お土産イサギは多数釣れまして、退屈する事無く、楽しめました。
夏磯は、過酷なイメージが有りますが、周りは水面なんで意外と涼しく、この日も風がそよそよと、思いの外、快適でした。
お客さんも比較的空いており、希望の磯に乗 れるチャンスもあり、私は好きです。
餌の調達は、フィッシングベース海くん
刺し餌
生オキアミ
マルキュー
スーパーハードM
喰わせスペシャルM
+アミノ酸アルファまぶし
撒き餌
生オキアミ12キロ
マルキュー
のりグレ×2
浅棚グレ遠投
イワシパワーグレ遠投
グレパワー遠投
スーパー1グレ
仕掛け
竿 ファイアブラッド デクストラル50
リール BBX2500
道糸 ラインシステム
磯ワックスフロート1.75号
ハリス ラインシステム
フカセ 磯ハリス 1.5 ~1.75号
針 ササメ針 ヤイバX
口太グレリズム5~6号
釣闘競技5~6号

  • 1406769486465

  • 1406769540402

  • 1406769554424

  • 1406769570075

  • 1406769577579

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年07月31日掲載文

深江進太朗氏のレポート

釣行記7月21日

7月21日に、所属している釣りクラブの田中会長と久田さんと私の三人で、夏チヌ釣りに行ってきました。場所は大村湾、長崎県東彼杵郡川棚町の「丸波止」を選択、ここ数日は、日中の暑さも激しくなってきているので、早朝から昼前(10時前後)までと事前に決めて集合場所に向かいました。

エサは撒き餌としてオキアミ3kgに3.5kgの集魚材を1.5袋混ぜ込み、付け餌はオキアミ生、ハード系加工オキアミのLサイズ、練り餌の三種類を用意しました。
二人と待ち合わせ、釣り場に付くと先行者は誰も居ません。海の状況は大村湾らしくベタ凪で、時折涼しい風が吹きベストコンディションです。満潮は午前6時、釣り座から右に向かって流れています。沖に向かって左から、久田さん、田中会長、一番の潮下に私が入りました。

水面には所々でバシャバシャと魚が跳ねており、魚の活性は高そうです。手前に撒き餌を撒くと、コノシロの群れが確認でき、あとは小さなイワシがチラホラ見える程度でした。遠投時に重宝しているダブルエックスチヌ2号をセットし、手前にエサ取り用の撒き餌を撒きながら、30m先に狙いを定め釣り開始です。

ファーストヒットは、流石は田中会長、2投目で25cmのチヌをゲット、続いて久田さんも同サイズのチヌをゲットされました。 遅れをとり焦っている私を尻目に、田中会長は25cm~45cmを連発させ、久田さんも40cmオーバーをヒットさせておられました。 私の方もアタリはあるのですがアワセる事ができずにいましたが針のサイズを1号に替えた直後にヒット、その後は20cm~30cmのサイズのチヌをコンスタントに釣ることができましたが、時間が経つにつれボラが大量に寄りはじめ、時折針がかりもするようになってきました。

撒き餌ワークと付けエサを練り餌中心に変更し、何とかチヌの層に付けエサを届けさせることで釣果を挙げることができました。 そのうち、ジリジリと日差しが強くなり始め、時間も10時になり納竿としました。終わってみれば、4時間程の釣行で3人で24枚のチヌを釣り上げ40cmクラスも混じり、非常に楽しい釣りとなりました。

磯の清掃時には足元に50cmクラスの魚影も確認でき、次回の釣行も非常に楽しみです。 皆さんも、熱中症にはくれぐれも注意しながら、夏チヌ釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

page top