磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月18日掲載文

楠世志明氏のレポート

串本 樫野 ウス島

友人3人と和歌山県串本町樫野の磯に行ってきました。
この日は北西の風が強く平日だったため他のお客さんも少なく私たち3人はウス島を希望し渡礁しました。
ウス島は大きな磯で3人だと広々と使えます。東と先端、西に別れて釣り座を構えることにしました。私は真ん中の先端へ入り釣り開始。
マキエをまいて様子を見るもエサ取りの姿もぜんぜん見えず、上り潮がかなり早く釣り辛い状況。
潮が早いうちはアタリがなくサシエも触られない状態で数時間が経ち、10時頃ようやく潮が緩んできた。そのとき今日初めてのアタリがありイサギが釣れた。イサギはポツポツと釣れるのだがグレからの反応はなく浅いタナから深いタナまで探っていき竿2本のタナで待望のアタリ。イサギよりも引きは強くグレのような感じ慎重にやり取りして浮かすとやはりグレだ!しかしタモですくおうとした時ハリが外れてバイバイキーン。やはり低水温のためか喰いが渋いようだ。(この日の水温15.1℃)そこで、ハリをプロフェッショナルグレミドルの6号から細身で軽量のヤイバグレライトの4号に交換した。
そして今グレが喰ってきたところに仕掛けを流していくと竿先にコツコツと小さなアタリが来たが喰い込んではいない様子、少し送り込んで待っているとガツッときた。竿を立ててやり取り開始、引きを楽しみながら浮かせたのはグレ。今度はタモにきっちり収まり36センチの口太ゲット。なんとかボーズを逃れた。その後も続けて33センチのグレとイサギを数匹釣り上げたがこの頃から風がよりきつくなり爆風となってきた。磯に立っているのもやっとの状況になったため船頭さんに連絡を取り午後2時に撤収しました。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月14日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島の乗っ込みチヌ

私のホームグランドの1つである九十九島では乗っこみチヌが釣れ始めたようで、さっそく釣行してみました。
3月7日朝6時半に港を出て最初に上がった場所は水子島のハナレ。ここは目の前に真珠イカダが設置してあり、いかにもチヌが好みそうなポイントだ。しかし釣り始めに多めのマキエを入れ、チヌを集めようとマキエを入れ続けながら釣りをしているとエサ盗りが出現。浅いタナでマキエを拾っていて確認すると、なんとこの時期に九十九島の湾内ではめずらしいコッパグロの群れ。底付近をいい感じで流れていたウキが消し込むも手のひらから30cmまでのクロ。ツケエサを練りエサやコーンなどに変えるてみたが反応はなく瀬替わりしました。
次に上がった場所は過去に数回上がったことのある上キナギ島。ポイントはだいたい分かっていたので集中してそこにマキエを入れる。アラカブ、メバルとアタリが続きその後沈黙。そして2時間後ようやく本命のアタリ。ほとんど流れていなかった潮がゆっくりと左沖に流れだした。合わせも決まりやりとりを楽しんでタモに収めたのは45cmオーバーのチヌ。立て続けにアタリ。ゆっくり待って竿先までアタリが伝わったところで合わせを入れたのだが空振り。その後、本命からのアタリは遠ざかり夕まずめ。期待していたがアジの群れが入ってきてどうすることもできず納竿としました。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月07日掲載文

樫原勝由氏のレポート

男女群島遠征レポート

皆さんお世話になります徳島スタッフの樫原です!
今回は36名参加の八釣会恒例行事でもある男女群島遠征に参加!
当初一緒に行く予定だった、同、徳島スタッフの芦尾君、真実ちゃんらは今年は急遽不参加となり、わたしは、今回初参加の最高齢の方とペアを組むことになってしまい、あまり良い磯には上がれないと少しテンションが下がりつつも、【あじか磯釣りセンター】チャーター船「ヘラクレス」に釣り具や二日分の食料品など積み込み、男女群島へ向かう。
天候には恵まれ、3日間とも風も波も穏やかで最高のコンディションとはなったが、やはり高齢者の方とペアの為、足場の良い磯ばかりに下ろされ巨大尾長の期待は消えた。
1日目は八女のタンポ、2日目は女島のエッケン瀬といった口太がメインの釣り場で芦尾君を恨みつつも、右手に見えるマルヒ(写真)を指をくわえて釣りをした(笑)
しかし今回の釣果は良く、尾長53cmまでを25匹
口太35~50cmまでをリリース含め約50匹以上を釣り数釣りは楽しめ良しとしました。
●朝昼タックル
ロッド2号、ライン.ハリス2.5号
針ヤイバ閃烈ヘビー5号
●夜タックル
ロッド3号、ライン.ハリス6号
針尾長サイトヘビー8号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月07日掲載文

大木朗氏のレポート

静岡県南伊豆『中木』からのレポート

3月1日(土)静岡県南伊豆『中木』からのレポートです。
重五郎屋さん(中木丸)の案内する南伊豆「中木」はカツオ島や白根と言った関東屈指の超一級磯を有し抜群の潮通しの良さと、魚影の濃さで年間を通じて多くの釣り人が訪れる渡船基地である。
当日は東北東の風5m/s~8m/s。前日からのウネリも残り船長より安全面を考慮して地寄りへの渡礁がメインであった。
わたし達は3名で「イガミ」と言う名の磯へ渡礁となった。
水深は深くないが、冬場のメジナや大型の黒鯛の実績があり、いい感じのサラシに期待感が高ぶります。
竿は1.25号、道糸:ウルフライン1.7号、ハリス:フロロハリス1.5号、ハリ:渋グレ5号ウキはJ3浮力にて下げ潮(水温13.7°)からの釣り開始です。
手前に出るサラシに仕掛けを入れるが予想以上に仕掛けは波に揉まれ入り難く、あっと言う間に沖まで流されて行きます。
Bウキに替えガン玉を付け6m程のタナをキープ。
潮の変化もあったのか35cm~40cm弱のメジナ数匹をゲット。
その後は喰わせグレ(ケイムラ)5号に替え同型の黒鯛もキープ。
ケイムラの威力を実感し楽しく納竿となりました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月07日掲載文

高橋 新吾氏のレポート

静岡県石廊崎釣行

2月に入り二週に渡って週末に関東地方は記録的な大雪に見舞われやっと久しぶりの釣りで静岡県南伊豆町石廊崎へ行ってきました。
石廊崎は渡船屋さんが二つ有りますが私が利用しているのは本瀬港から出船する橋本屋宮島丸です、船長がとても気さくで優しい人柄なので気に入っている渡船屋さんです。
当日は所属しているクラブ横浜真ぐれ会のメンバー川久保氏と2人で大根のテラスに乗る事になりました。
この磯は陸を向いて大きな水道を釣る事になり場所によっては30メートルの深さがあると言われています、水温13.8℃。
2人で「水温下がったみたい」「ここは深いみたいどうする?」等と話をしながらも各自思い思いのタックルで挑みます。ウキはキザクラD-Flatz74のP-J6にJクッション水中J6、ハリスにジンタン8を2点打ちハリはフカセ遠投モード2号(グレバリ6号程度)をチョイスと全体的に軽い仕掛けからスタートさせました。
ウキ下を2ヒロ半~3ヒロ~竿一本~一本半と下げていってウキがやっと消し込むと35㎝クラスの口太ゲット!
その後すぐに35㎝ほどの良型イサキを筆頭に30㎝前後のメジナ、イサキを交互にポツポツ程度で釣っていましたが10時半を過ぎた頃に全く口を使って貰えなくなったのでお弁当休憩を取ることに、すると目の前の川久保氏が良い竿曲がりでやり取りしだし浮いてきたのは丸々と太った40オーバー口太メジナでした。
「やったねー(^.^)」と声を掛けたものの内心は「やられた(/_;)」急いで弁当を食べ終えて
戦闘モードへ、それでも午後12時半まではエサも取られたり残ったまま戻ってきたりの有様でしたが1時近くになると今まで左右にふらついていた潮が多少右へ上り潮と差してきました。ウキ下も2本まで下げるとオキアミエサが頻繁に取られるようになってきたのは良いのだが上がり時間までゆっくり出来ません。
2本のタナを早くキープし長く漂わせるのに仕掛けをウキはIDRPROのBに変え、ハリを喰わせグレケイムラ5号にチェンジするとこれが功を奏し気持ちよくウキが入水、合わせをくれるとズッシリ感が竿から腕に伝わってきてタモに収めると42㎝をゲットそして更に43㎝の連釣で幕を閉じました。
今回は終了間際まで集中して諦めなかった事とケイムラが妖しい光を放ってくれた事が勝因だったのではと強く感じ、2人で渡船屋さんのホームページに写真を載せて貰えて楽しい1日の釣行になりました。

  • 001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月05日掲載文

渡邊真樹氏のレポート

かかり釣りレポート

2月23日に三重県 志摩市 磯部町三ヶ所のフィッシングセンター マンボウさんへ、かかり釣りに(今年の初釣り)行きました。
ここマンボウさんは、昨年立ち上がりましたチームヤイバ かかり釣り部門で大変お世話になった渡船屋さんです。
季節によって、型、数、どちらも狙いにいける素晴らしいフィールドです!
季節は冬、2月に入り全国的に寒波が襲うなど、3月はすぐそこですが、まだまだ厳寒期といった感じ、当日も強風の吹き付ける寒い1日でした。
僕も他に漏れず 冬の一撃大物狙い!
竿1.5メートルに両軸リール、ライン2.5号を道糸ハリス通しで、ハリはヤイバ ライトニングエックスの5号!
朝一番は、ボケ餌で落とし込みからスタート。
1時間程探りましたが、全く生命反応は無く、餌取りすら皆無…
ダンゴ釣りに切り替え、魚を寄せるべくテンポ良くダンゴを打ち返しますが、全く魚が寄ってくる気配も無いまま昼を過ぎました。
ボケ、オキアミ、サナギ、アケミ貝と餌をローテーションしても、ダンゴ釣りの合間合間に落とし込みで探っても、状況は変わらず…
潮は小潮のうえ一方通行…潮の変化に期待するも変化無し。
こんな状況が続いたまま、時間を確認すると16時半に…最終の迎えの船の時間は17時、ここで竿と玉網だけを残して全ての道具を片付け、ギリギリまで粘っても直ぐに船に乗れる様にして、落とし込みだけで狙う事に。
ポイントを少しづつ変えながら、落とし込んでいく。
釣り座から渡船場は目視出来る距離。
渡船場に目をやると、渡船屋さんの大将が迎えの準備をして、船を動かし初めているのが見えたので、次をライト一投と決め、ボケ餌で落とし込み 着低後は穂先にしっかりとテンションを掛ける。
20秒程経った時、穂先がフワっと持ち上がりテンションが抜けました。
何かが食い上げた!
ここまで何の生命反応も無く、一度もアタリが無い状態だったので半信半疑な感じで、そっと利いてみると穂先が残る!
次の瞬間、考えるより先に体の方が反応して、自然とアワセを入れてました(笑)(笑)
腕に伝わるチヌ特有の引きと重量感!
興奮を抑え慎重に巻き上げ、無事に水揚げ成功(笑)(笑)
釣り上げたチヌは47センチでした。
年無しには届かなかったですが、大満足の1尾です。
家に帰り捌いてみると、少しですが卵を持っていました。
まだ寒い日が続いてますが、季節は春に近づいている事を実感、いよいよ三重県も乘っ込みシーズンに入りつつある様です。
次回の釣行は乘っ込みの大物を狙いたいと思います。
皆さんも機会がございましたら、三重県への釣行オススメです!

  • 001

  • 002

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年02月21日掲載文

近藤龍氏のレポート

北九十九島のチヌ

2月9日北九十九島に石井釣りセンターからクラブ員4人でチヌ釣りに行ってきました。この日は風が強かったもののそこは九十九島、風裏となる塩一升に4人一緒に上げてもらいました。
まずは釣り始めて30分、深江さんに30cm級のメイタがヒット。沖のかけあがり付近でアタリがあったそうです。その1時間後、田中さんも同型を追加されました。ポイント聞くと深江さんと同じかけあがり付近でアタリがあったそうです。
昼食をとり今度は猿田君にヒット。タモに収まったのは本日最大となる45cmオーバーのチヌ。深江さんが1匹目にチヌを釣ったポイントと同じ所でアタリがあったそうだ。
この後、チヌらしきアタリが何回かあったのですが掛けることができず納竿としました。
北九十九島のチヌですが徐々に数、型ともに上向いてきているようです。3匹のうち2匹は乗っこんでいたため今回は、乗っこみチヌの走りといったところだったのでしょう。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年02月12日掲載文

山本弘茂氏のレポート

静岡県西伊豆町仁科、ヤゴベイの磯からのレポート

2月1日静岡県西伊豆町仁科、ヤゴベイの磯からのレポートです。
ヤゴベイは伊豆半島の西側に位置し西伊豆最大の観光スポット堂ヶ島海岸の沖に点在するひとつの磯で、収容人数は3~4人と限定されますが潮通しが非常に良く年間を通して色々な魚が狙える磯です。
今回私は沖向かいに釣り座を構えます。
釣り座からは左側に大きなサラシ、右側は足元から深く潮は左から右へ流れています。
船長に水温を確認すると13.7度と低く、魚の活性が期待出来ません。
今日は深タナの大物に狙いを定めます。
仕掛けは大物狙いを考慮し、道糸はヤイバウルフライン2.5号、ハリスは2.0号、フロートはBをチョイス。
それにジンタンを打ちます。
針は誘いを重視し、喰わせグレケイムラ5号をチョイス。
撒きエサを足元に入れ、狙いのポイントに仕掛けを投入します。
狙い通りの場所をウキ が潮にゆっくりを仕掛けを送ってくれます。
ウキがスーッと入り合わせると、竿に強い引きが伝わります。
慎重に魚を浮かせると40cmのマダイです。
魚のタナが判ったので、フロートを3Bに変更し、勝負を早めます。
同じラインを流して、誘いながら軽く仕掛けを張り魚のアタリを捕らえます。
フロートが少し左右に揺れたのでゆっくりと合わせます。
魚が答えてくれたので合わせると竿が大きく曲がります。
大物狙いのタックルなので、安心しながらゆっくりと魚を寄せます。
何度か突っ込みますがそれを交わしながら寄せてきます。
海中から見えたのは赤い魚!慎重にタモ入れです。
たっぷりと空気を吸わせ落ち着いたところをタモ入れをすると
収まったのは52cmのマダイです。
その後35前後の口太メジナを追加して納竿です。
今回は竿2本以上の深いタナを攻めたのですが、喰わせグレケイムラが非常に威力を発揮しているのではと感じることが出来ました。
これから喰いが厳しいシーズンこの針と誘いで大物狙いにチャレンジしてみたいです。

  • 001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年02月06日掲載文

山本弘茂氏のレポート

三重県錦の磯 釣行紀

寒グレシーズン真っ只中ですが、皆様も大判グレを求めて釣行されていると思います。私も2月1日に三重県錦の磯に行ってきました。
渡船はいつもお世話になっている坂口渡船さんです。当日、船長さんから指示された磯は「水島3番」。最近本格的に磯釣りを始めた息子と2人で渡礁しました。息子は中央の本命ポイントに私は東端のポイントに入り釣り開始。
午前中の下げ潮ではイガミやボラは釣れるもののグレの反応はなくエサも残ってきます。午後からの下げ潮でやっとグレが喰ってきました。キープサイズに満たないサイズ(20~25cm)ならポツリポツリ釣れるものの大物のあたりはありません。釣れるタナも徐々に深くなったことから針を閃烈グレから喰わせグレケイムラ(6号)にチェンジ。まもなくウキがスーっと入りました。すかさず合わせるとかなりの重量感です。磯際に駆け寄った瞬間ハリス切れで痛恨のばらし!! その後、大型のあたりはなかったものの45cmと33cmのグレを追加し納竿となりました。
釣行当日は水温も低く喰いの渋い状況でしたが喰わせグレケイムラのおかげで何とかグレを釣ることができました。皆様も喰い渋り時に是非お試しください。
錦の磯は50cmオーバーのグレが高確率で釣れる磯です。1日粘り強く釣っていれば必ずチャンスがあります。皆さんも是非チャレンジしてみてください。
【釣行データ】
坂口渡船:三重県度会郡大紀町錦895
05987-3-2654、(船長携帯)090-7307-4965
アクセス:紀勢大内山ICを右折れ→錦トンネルを通過→錦魚港の交差点を左折れ→
     道なりに直進して橋を渡った突き当たりが駐車場&乗船場
渡船代:5,000円 (弁当なし)
予約:事前予約してください
竿:1.5号(磯竿)、道糸:2.5号、ハリス2.5号
針:喰わせグレケイムラ(6号)、閃烈グレ(ヘビー7号)
エサ:マキエ・サシエ共、ボイルオキアミ

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年02月03日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島の寒チヌ

1月最後の日曜日、田中さんと釣りに行くことにしました。前日の天気予報では北風が強く波も高いとのことだったので九十九島にチヌ釣りに行くことにしました。
早速、梅田釣りセンターに電話を入れて話を聞くと今年はなぜかクロが遅くまで釣れていて、チヌが例年のようには釣れていないそうだ。しかしながら当たれば良型とのこと。
朝8時出船。風裏となる下キナギ島に船を着けてくれました。ここは最近マダイがよく当たっているそうで、船長から朝まづめは特に気をつけておくようにと伝えられました。
田中さんが水道側に私がワンド側に入って釣り開始。やはり水温が低いこの時期は反応がでるまでに時間がかかり釣り開始から約2時間たった頃ようやく田中さんのウキに変化があらわれました。するどいアワセが入りやりとり開始。しかし上がってきたのは30cmオーバーのクロ。この後アラカブ、ベラを追加したもののチヌの反応はなく12時瀬がわりしました。
次に上げてくれた磯は上忠六島。この磯も釣り開始から全く反応がなくツケエサがそのまま返ってくる。この状態が続き時計を見ると納竿まで残り20分弱。2人ともあきらめかけたその時、またしても田中さんのするどいアワセが入りました。竿は大きく曲がり糸が1回、2回と引きずりだされています。走りが止まったところでようやくやりとり開始。巧みな竿さばきでタモに収まったのは55cmのチヌ。
最後の最後でようやくチヌが微笑んでくれました。しかも良型。ちなみに私はボーズで17時迎えの船に乗り込みました。
船長の話によるとこれからチヌは良くなってくるのではないかとのこと。今年は早くも57cmのチヌが上がっているそうですよ。
使用ハリ
チヌ短軸 呑ませ 1号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top