磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月25日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鶴見釣行

そろそろ寒グロの声が聞こえてきてもおかしくはない状況なんですが、今年はかなり遅れているようです。しかし、ここにきて、瀬ムラはあるようですが、あちらこちらでクロの便りが聞こえてきました。そこで、クラブ員12名で大分県南の鶴見大島へ磯宴会を兼ねて寒グロ狙いに行ってきました。今回は場所取りを兼ねて、出航は午前0時です。渡船はいつもの「海翔丸」です。昨日まではかなりうねりがあって、沖磯は渡せなかった場所が多かったようですが、今日は幾分か収まったようで、みんな沖磯へ展開出来ました。

磯上がり後、二人で磯宴会!寒い体を暖めたら睡魔に襲われた。午前3時に寝袋の中に。ふと目が覚めたら午前6時前。先程まで付いてなかったうねりが沖から押し寄せてきている。満潮まで3時間近くあるので、「危ない!」と判断をして、船長に電話をして緊急回収をしていただき、湾内に行くことにした。週末の磯、空いている磯はない。切れ波止に上がろうか?と思っていたら、船長が夜釣りのポイントなら空いているかも!と連れて行ってくれた磯は、地磯から30m程離れた足場の悪い磯でした。波止よりは良いかも!とここで竿を振ることにしました。水深はかなり浅いようで、内側は、砂地になっている。ここ、クロいると?

まずは突端の沖向きに吉澤君が入った。私は地磯向きに釣り座を構えた。マキエを打ったら地磯方向へ流れて行く。数回流したがツケエはなくならない。オマケに根掛かりをしてしまった。そこで、このポイントを諦めて内側に移動をした。沖目にマキエを打つたら、瀬に当たってきた。完全な当たり潮だ!狙うならこの潮しかない!そこで、大量のマキエを打ち、仕掛けを入れ、同調を心掛けて流してみた。瀬際で道糸を張って待っていたら、第一投目で、穂先を抑え込む当たりが出た。軽く合わせを入れたら、完全に竿に乗った。瀬に突っ込もうとするのを竿で交わして海面に浮かせたクロは、35㎝程のレギュラーサイズのクロであった。次の一投も同じやり方で仕掛けを入れた。沖から瀬に当たってくる潮に、良い感じで仕掛けが馴染んでいる。道糸を上手く調整しながら瀬際まで持ってきた。すると、先程と同じように穂先に当たりが出た。今度のは先程のクロより良い引きである。数回の締め込みに耐えて海面に姿を現したクロは40㎝オーバーの良型であった。

どうも瀬際にクロが潜んでいるようだ!この潮で釣るしかあるまい!と、仕掛けの打ち返しをした。当たりは全て瀬際で張って待っている時である。私は、この当たり潮は好きである。エサ取りが多い時期には通用しないが、エサ取りが少なくなるこの時期からは、好んでこの潮を探して竿を振っている。30分程竿を振ったろうか!気が付けば当たり潮は無くなっていて、横流れになっていた。不思議なもので、この潮に仕掛けをいても、クロの姿を見ることはなかった。クロが好んで捕食をするポイントを見つけることも好釣果に繋がっていくのではないか!これから益々水温が低下をしてくる。クロの食い気を出させて、価値ある一匹を引き出していきたい!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月18日掲載文

フィールドモニター坂東英之氏のレポート

牟岐大島釣行

私のホームグラウンドでもある、徳島県の牟岐大島へグレを釣る目的でクラブ員と釣行に行った。天気予報では、正午前から少し雨が降るとの予報で、平日と言う事もあり全島で10数名の貸し切り状態であった。

 磯クジは7番、今!絶好調のエリア、私は「沖富士(オキフジ)」、クラブ員は「金輪(カナワ)」と言う磯に上がった。

 今回、使用する仕掛けは、磯竿1.3号相当、道糸は新製品の「銀鱗®スーパーストロング アイサイト1.75号」ハリスは「トヨフロン®スーパーLEXハイパー」1.2号~1.7号、針はYAIBA-Xの「ヤイバグレ釣闘競技」4~6号を使用した。

この時期はまだまだ水温も有り、魚の活性が高いので朝一番の大物に備え、ハリス1.7号、針6号から始めることにした。

 

 朝は、ウネリが強く仕掛けがなかなか安定せず、潮も定まらない状況だったので色々な所を探ってみた。予想に反して開始から約3時間が過ぎた時点で30㎝弱のグレ1匹の貧果だった。

 

潮も引きに入り時間とともに少しウネリが弱まり、雰囲気も良くなって来たので、ダイレクトに潮目を狙ってみた。狙いは的中!少し張り気味だったラインが竿先を一気に引ったくっていく気持ちの良い当たり!すかさず竿を立て、強気のやり取りの末上がってきたのは、丸々肥えた本日最大の綺麗なグレに思わず「ヤッタ」と心で叫んだ。その後もぽつぽつではあるがグレとイサギが竿を曲げてくれた。試行錯誤の結果グレ7匹、イサギ4匹と牟岐大島を満喫した一日となった。

 ここ牟岐大島ではこれからが本番!グレが釣り人を楽しませてくれるのでLet’s Go!

 

 

タックルデータ

道 糸

銀鱗®スーパーストロング アイサイト1.75

ハリス

トヨフロン®スーパーLEXハイパー 1.2号 1.5号 1.7号

 針

YAIBA-X「ヤイバグレ 釣闘競技」4号 5号 6号

ウ キ

GREX+「グレックスプラス トーナメント・プロ観」M~LL 浮力0~000

【お問い合わせ】

牟岐大島への磯釣

渡 船  第三大幸丸 ℡08847-2-0372

渡船代  5,000円金輪の釣友 魚写真 沖富士から見た景色 釣果

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月18日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

高知県須崎での寒チヌ釣り~二日目☆

12月6日(日)

今日こそいざ本番(^^)

今シーズン仲間全員が初集まりです。

昨日の予習を活かし、針とハリスを仕入れていざセット(^^)

底付近を流したいので今日は「プロフェッショナルグレ」の8号を使います。

生粋のチヌ釣り師から邪道と言われそうだけど、適当な大きさで重いのはグレ針だから、試してみないとわからないも~ん。

ダメだったらいつもの「ダブルエックス」の2号にもどすからね~(^^)

本日参加の4人がフカセでひ1人がダンゴ釣りです。ダンゴの方の横には行きたくないな~と思っていたのに残念ながら、重鎮の隣を空けてくれました・・・(涙)

潮下だから、ま~いいか~としぶしぶ納得。やっぱりみんなとおんなじ時間に来るべきだった・・・(反省)

9時に到着して(昨日と同じで7時の人もいたみたい)仕掛けの準備。

昨日の釣り場より若干深いのでハリスはやわらかめの1.2号をチョイス。

ではでは、第一投~(^^)

今日も長い長い撒き餌だけの時間が始まると思いきや、馴染むなり、いきなりHit!

お~走る走る(^^) 間違いなくチヌではない。

正体は30センチをチョット切れるエバでした。

そのあとチョット小さいけどエバ3連チャン。ひっぱりあいっこは楽しいけど疲れる・・・

午後から年無しが来たら体力持つかな~なんてね(^^)

エバの時間は約20分で終了。

みんなエバを2~5匹釣ったみたいです。

仕掛け回収の時に喰いついてくることが多かったみたい。エバを釣るならエサを動かしましょう~(当たり前!)

エバ時間が終わってすぐに現れたのは本命のチヌ(^^)32センチ~。チヌ①(12.6) チヌ③(12.6) 釣果(12.6) チヌ②(12.6) JJ(12.6)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月18日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

高知県須崎での寒チヌ釣り~初日☆

12月5日(土)

寒くなってきましたが、行って参りました。

いつもの釣り仲間達とチヌ狙いで場所は須崎で~す(^^)/

定期メンバー全員が揃う明日が一応本番なのですが、土曜日が休みのメンバーで海の様子を偵察で~す(^^)

本日参加の3人ともフカセ釣りです。

9時に到着して(みんなは7時に来た方もいたみたい)仕掛けの準備。さっそく一投目を投入。・・・予想通り2時間当たり無し。やっぱり秋から冬に変わる時期で、水温も安定してないからチヌChan達も食欲がわかないみたい。

釣れ出すのは水温が上がる午後からかな~。

棚を変え、ハリスを変え、ウキを変え、いろいろ悪戦苦闘。

そんでもって初当たりは1時30分!! おそっ(怒)

我ながら結構ガマン強い(^^)

上がってきたのは28センチのキビレChan(^^)/

そのあとは、ぱらぱらっと釣れて本日終了。

他の2人もワタクシと同じぐらいの釣果でした。

ま~本番は明日だからね~(^^)

遠投して、底を這うぐらいを流した方が、釣果が良かったみたい。

重い針を仕入れとこっと(^^)キビレ(12.5) 釣果(12.5)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月14日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

大分県南の昼クロ、夜サバ釣りレポート

まだまだ水温が高い大分県南の磯、寒グロの便りは入って来ませんが、恒例のサバ祭りが開催中?との嬉しい情報が入ってきました。脂が乗って美味しい「サバ」が食べたい!と、早速釣行計画を!11月21日~22日で夜釣りで行ってきました。場所取りを兼って、鶴見釣行時はお世話になっている「海翔丸」で午前7時に、出航をしました。上がった場所は「ウノトマリ」先客に挨拶をしてから後方で待機させてもらうようにした。サバの状況は、日が完全に暮れてから当たりが出始めて、午後10時位にはクーラー満タンになった!と、嬉しい情報が!

先客が、ナイターだけで、クロ釣りはしないで帰られたので、私達は午前10時位からクロ釣りを開始した。緩やかな右流れに仕掛けを入れた。しばらく流してみたが、当たりは出なかった。仕掛けを回収してみたら、ツケエはきれいに無くなっていた。そこで、ガン玉を外して完全フカセでやってみた。棚は2ヒロから始めた。数回流したが当たりは無かった。ツケエも残っていた。ならば、追い打ちマキエを打ち、沖目のクロを狙ってみたら、ウキが気持ちよく入った。軽く合わせを入れたら、30㎝ほどの可愛いクロが姿を現した。同様の流し方で、同型のクロを数枚追加したところで、当たりがピタッと止まった。ならば棚を探ってみた。G5のガン玉を打って、仕掛けが馴染んだら沈めていった。すると、竿一本半程入ったところで道糸が走った。今度のは良い感じで突っ込んでくれる!竿が軟らかいので、クロとの引きを楽しめる。しばらくやり取りをして、無事にタモ入れをしたクロは、今期初の40㎝オーバーであった。これを最後に、早い夕食を取って、夜釣りのサバ釣りに備えた。

午後6時30分。辺りが暗くなったので竿を振った。、まずは、フカセでサバを狙った。棚は竿1本半である。マキエはジャンボとパン粉を主体にオキアミを混ぜ合わせた。ウキは1号である。針は、YAIBAのである。ハリスは3号で、ガン玉を蓮打ちして仕掛けの安定を図った。10m程投げてマキエを5.6杯被せた。20m程流して何の変化もないまま仕掛け回収。ツケエは無くなっていた。同様の流し方で流すこと1時間。当たりが出ない。ツケエは無くなる。棚もいろいろ探ってみるが、状況変化無し。

そこで、先客が「カゴ釣りが良いですよ!」とのアドバイスをもらっていたので、急遽、カゴ釣りに切り替えた。棚は竿1本半とした。その一投目、仕掛けが馴染んだら、ウキが一気に海中深く入っていった。合わせを入れたら、強烈な引きが伝わってきた。何度かの締め込みの後、海面に現れたのは正しく「デカサバ!」50㎝程の良型であった。それから、一投毎に当たりが出て、50㎝ほどの良型が釣れ続いた。特に、仕掛けが馴染んでから、大きく竿をシャクってマキエを底で効かせるのが、サバ釣りには有効だったように思える。中には50㎝オーバーの良型のサバも混じった。ツケエは、オキアミのLサイズ、ボイルの小粒が有効であった。棚は竿1本半で初めて、食い棚が浅くなったら、竿1本で良かった。また、棚を竿2本半取ったら、イサキが食ってきた。イサキもサバも合わせはゆっくりと一呼吸して位の余裕で合わせてからちょうど良かった。12月一杯まではサバ狙いで鶴見一帯は賑あう事であろう!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月14日掲載文

フィールドアドバイザー川崎健雄氏のレポート

宮崎都井のクロ釣り

昨日の休みは何処か釣りが出来る場所を探して来たとこは・・・

数年ぶりの串間市都井の荒崎

渡船は友太丸 。

お元気そうで何よりです。

九州の東側は時化て何処も船止め・・・。
やはり都井岬を挟んでこちら西側は波もありませんがウネリは入ってきてました

久しぶりに低い瀬に乗りました。

釣り開始早々、ぶち切られ・・・ww

その後からキタマクラの巣となり手の付けようもありませんでした(^-^;

ハリが軽く3袋は無くなりました(笑)

たまに40センチのヘダイや・・・

イチノジ・・・

サンノジ・・・

ときより強烈なアタリも・・・ww

これは久しぶりのボウズかと思い釣ってると・・・

2時過ぎに待望のアタリがきました~

37センチくらい ゲット。

その後、地合いのようでバタバタと

そして、今日一番のアタリは42センチの良型グレでした。

納竿3時でした。

釣果は37~42センチ 3枚でした。

使用ハリは

閃烈ライトグレ4号
プロフェッショナルグレライト4号

今日はこれで十分に楽しめました

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

南房総富浦沖磯 釣行レポート

朝晩が段々と寒くなり、そろそろ良型のメジナが釣れ始める時期になり

 

今回、千葉県南房総にある富浦沖磯の石切と言う磯に行って来ました。

 

北向きの風がやや強く、釣り座正面から吹き付けていましたが

 

若干のウネリとこの北風で、サラシが出来て潮色がにごり条件は良い感じです。

 

足元から釣り始め、一投目より手の平サイズですがメジナが釣れました。

 

その後も、小メジナやアイゴ、メバルと絶え間なく釣れます。

 

若干、潮が引き始め沖に根が点在している事が確認できるようになり

 

ポイントを沖の根周りを重点に攻めると、単発ながら少しずつ型の良いメジナが釣れ

 

最終的には、43.5cmを筆頭に小型のメジナが多かったですが、とても楽しく

 

釣りが出来ました。

 

向かい風が強かったので、エサが飛ばないように針はフカセ遠投modeの1~2号を

 

主に使いしっかりとエサ付けが出来たので良い釣果に恵まれました。

 

また、新製品のウルフバッカンも側面がしっかりしていて、コマセを押し付けやすく

 

遠投が出来た事も良かったのではないかと思います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

長崎県 畝刈 グレ釣り釣行

11月15日(日)に長崎県畝刈の磯に、いつもお世話になっている先輩、平野さん、丸本さんと釣行してきました。渡船は釣潮丸さんです。

 まずは仏崎に上がりさっそく準備開始です。0号のウキを使用した全層仕掛けを作り、ハリはいつも通り閃烈グレミドルの5号をセットし準備完了です。競技会など手返し重視の展開は除いて、主に私が閃烈グレミドルから始める理由は、ハリ軸の長さ・太さ・重量等、中間の設定となっている為、この後、刻々と変化していく状況にも対応しやすいからと考えています。例えば、重量はあまり変えずに短軸へしたい時は、ヤイバ口太 グレリズムへ、長軸へしたい時はプロフェッショナルグレへ、ハリの形状はそのままで沈下速度を変えたい時は、ライトやヘビーを使用したりと、あくまで一例ですが私は上記のようなイメージでハリの交換の展開を組み立てています。

 さて、当日の状況ですが、まだ水温が高いようで朝一からコッパ~25㎝クラスが元気いっぱいでサイズアップが難しい感じだった為、昼頃に丸瀬へと瀬代わりです。

 こちらでは、25cmクラスの口太が良く竿を曲げてくれますが次第にアタリが遠のきました。「ならば!」と、ハリを渋グレの4号へと変更すると、ポツポツながらまたアタリを捕らえられるようになり、期待の夕まずめへ突入。すると、いままでと違ったアタリが来ました。手元のラインをバチバチっとひったくっていくアタリで、グーンっと合わせると竿に乗った瞬間にフッと軽くなりました。仕掛けを回収してみるとチモトでスパッと切られていたので、ハリ軸の長さを少し長くする為、閃烈グレミドルにハリを戻すと、次の一投でも先程同様のアタリが来ました。上がって来たのは、サイズは足裏クラスでしたがやはりオナガグレで、その後も数匹、同サイズのオナガを追加したところでタイムアップとなりました。

 状況はいまから上向いてくると思うので、近々またリベンジに行きたいと思います。

 

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー池角昭智氏のレポート

BMT例会 大会レポート

2015年10月31日(土)・11月1日(日)に静岡県東伊豆須崎沖磯一帯にて

20名でクラブの例会を行いました。

例会前日から南伊豆へ入って竿を出したが低気圧の影響で風、ウネリとも厳しい状況と判断し急遽、例会当日は東伊豆の須崎へ舞台を移し開催となった。

AM5:00より開会式にてルール説明、磯割抽選を行い5:30から乗船を開始した。

今回はささめ針様から釣闘競技4号・5号を頂き、選手の皆さんに使用してもらいます。

磯は外浦エリアの根島のハナレ(2名)・根島高場(2名)・赤根島(2名)・輪島(2名)・須崎エリアの右大臣(2名)・爪木島(3名)・田の浦(2名)・細間島(2名)・平島(2名)に分かれた。

朝一はコッパメジナやフグ、イサキ、ソウダの猛攻に悩まされまれ中々キーパーサイズのメジナが出ない状況です。際にチラホラ見える良型メジナを狙います。するとスーっとエサ取りが消えた瞬間強いアタリが。。。強烈な締め込みでやり取りするも痛恨のバラシ。なんとか同じパターンで喰わせるも38㎝とやや不満足ではあったがしっかりと口元を釣闘競技は捕らえてくれていました。優勝した一條選手に釣闘競技の感想を聞くと『メジナが違和感なく付け餌を加え、向う合わせでガッチリと刺さる感じだそうです。

港に戻り食事を済ませ年間最終恒例の祝賀会&宴会です。明日はゆっくり起きて朝食予定のスケジュールなので

ガンガン飲んで盛り上がりましょう!!今年も各メーカー様からの協賛も頂き、ありがとうございました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月16日掲載文

フィールドモニター鈴木伸幸氏のレポート

チームスケイル、拓釣会、合同釣り大会冬の陣

皆さん今日はチームスケイルの鈴木です!

11/15拓釣会さんと我がチームスケイルとの合同釣り大会冬の陣!大引の巻き!!を行いました!

何時もながらヤイバの大会か?と思うほどチームヤイバだらけ嬉しく事です!

前日からのウネリと雨後の強風のため使える磯が少ない!水潮による低活性!皆さん厳しい釣りを強いられた様子でしたが、グレ2尾長寸で行われた今大会何時も運営をいっしょに頑張って下さって居る島津さんが2尾合計62センチで優勝!運営しつつ釣果も安定してあげられる!私も見習いたいモノです!

またルール上涙を呑まれ大物賞となりましたが、皆さんの記憶に残るグレを1尾を横谷さんが仕留めてくれました!

48センチ中紀では文句無しの大型!悪条件の中見事に仕留められました、横谷さんにとっても自己新記録との事!まさに記憶に残る記録嬉しく為ります!

2位は前田さんが2尾合計61.5センチで取られました!

他魚賞では岡本さんがイシダイの40センチを仕留められ、グレでも3位と見事な釣果を見せてくれました!

開催自体危ぶまれる状況でしたが、上野渡船さん、参加者の皆さんの協力のおかげで無事大会を終える事が出来ました!

次回は春のチヌ、オオイの巻き!です宜しくお願いします!

page top