磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年11月08日掲載文

フィールドテスター芦尾知哉氏のレポート

キザクラ黒鯛カップに参加!

 

ヤイバファンの皆さんこんにちは(^^)

 

今回はささめ針さんとも仲良しメーカーの

キザクラさんの黒魂カップに徳島よりスタッフの岡本氏らと参加してきました。

 

場所は大阪南港、丸高渡船さん。

フィッシングショーでお馴染みのインテックス大阪の近くです。

 

参加者53名でキザクラインストラクター嶋田さん(ヤイバインストラクター)の挨拶で始まりました。

 

3名でセル波止と言う場所に下り、

すでに地元?先客が多数居て、それに挟まるれように3名で始めました!笑

 

使用針はヤイバチヌと遠投オキアミチヌ!

(スタッフ岡本も同じ)

 

しかし流れがあるため、すぐ仕掛け回収で苦戦する中、追い討ちをかけるかのようにアジ、サバが終了まで・・・

 

結果本命は37cmのチヌのみで…一緒に下りた2人はボウズで厳しく…

 

しかし内容&大会での醍醐味である出会いがいっぱいあったので、

大切なものを釣る事が出来楽しかったです(^^)笑

 

 

ヤイバフィールドテスター芦尾知哉

IMG_20161106_165556 IMG_20161106_132326 DSC_2397 IMG_20161106_161809 IMG_20161106_183107 1478426266777 1478411914269

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年11月01日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

近場の堤防にてクロダイの釣果

10月26日

神奈川県小田原市江ノ浦港

 

お昼過ぎから少し時間が空いたので近場の堤防に釣行してきました。

堤防に到着してみると午後からという事もあり釣り場はかなり混雑の模様。

なるべく迷惑が掛からないように少し手前に釣り場を構えます。

横ではファミリーの方々がサビキでイワシを釣っており魚の活性は良さそうです。

まずは軽量チヌの1号を付けて第1投目。

餌取りの反応はかなりある模様。

その後タナを調整しているといきなりひったくるようなアタリが!

慎重にやり取りをするとこの日最大の43センチのクロダイ。

開始から8投目でいきなり本命がヒット。

なかなか幸先が良すぎて不安になると案の定その後はバリとフグの連発。

あれこれ試してるうちにもう夕方が目前!

再度タナを見直しダンゴを打っていくとまた鋭いアタリ!

今度は33センチのメジナがヒット。

その後また40センチのクロダイがヒットした後暗くなり始めたので納竿としました。

 

この堤防はクロダイとしての実績がほとんどなく手探りの中での釣りでしたが意外と穴場的な存在なのかもしれません。

image1image2

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月26日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

ヤイバロッドウルフ ピンクスペシャルでチヌ釣り!

ここのところ沼津近郊では海も完全に秋と化し小型の数釣りが楽しめるとの事だったので釣行して参りました。

今回はヤイバ様から発売されたNEWロッド ヤイバロッドウルフ ピンクスペシャルを使用します。

沼津近郊では船と船の間やロープに張り巡らされてるようなポイントでダンゴを打つ為普段からグレ竿を使用していました。

写真で見るよりもずっとカラーリングが鮮やかで使う前からワクワクです。

実際に伸ばして使用して見ると思った以上に持ち重りが少なく穂先のブレが少ない為一投一投しっかり打ち込めました。

そんな中47センチのクロダイがヒット。

ロープの隙間に突っ込みそうになりましたが溜めているとスムーズに交わすことに成功。

その後午前中はこれのみで終了。

午後からダンゴに対しての反応が良くない事が気づき自重の軽い針に切り替えダンゴ崩壊後から潮下に流す作戦で連発。

夕方までには47センチを頭に8匹ヒットさせる事が出来ました。

この日は普段よりも遠巻きにクロダイが居るイメージで潮下に流し込んで行かないとヒットに繋がらない状況でした。

釣り始めは自重のあるプロフェッショナルチヌ ヘビー 『茶』を使っていましたが軽量チヌ 『茶』に切り替えたところ立て続けにヒットしました。

しっかりと毎回カンヌキに掛かっており安心したやり取りを楽しむ事が出来ました。

ロッドも今回が初釣りとなりましたが一回一回の手返しに無駄がなく魚の浮きも速く手返しの良い釣りを展開する事が出来ました。

クロダイ釣りには少し硬めかなというイメージがありましたがヒットしてからしっかりと胴に乗ってくれて障害物に走られることもなく釣り続ける事が出来ました。

これから大型の時期になると思いますがこのロッドとのコラボだと安心した釣行が出来ると思います。

image1 image2

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月24日掲載文

フィールドモニター鈴木伸幸氏のレポート

チームスケイル釣り仲間有志釣り大会

皆さん、良い釣りできていますか?チームスケイルの鈴木です!

風が涼しくなり秋らしくなってきた10月23日、有田オオイエリアの磯を舞台に恒例のチームスケイルと釣り仲間有志によるグレ釣り大会を開催しました、何時もながらヤイバファンだらけモニターをさせて頂いている私としては嬉しくなります!

今回開催日前日まで和歌山エリア全域にうねりが入っており直前までヒヤヒヤさせられましたが!皆さん日頃の行いがいいんですねー風はヤヤ有りますが無事に開催する事ができました!

薄暗い中ウルフたちが獲物を求め磯へ旅立って行きます(笑)

5匹総重量で争った今回の勝負、ほぼ全ての皆さんが5匹を揃える大接戦

その中、見事良型ばかりを揃えられ、山田さんが見事優勝に輝きました!

今回ほぼ全ての方が何かしらの釣果が得られ和気あいあいとした空気の中良い大会にできたと思います!

協力して下さった皆さん、オオイのアオイ渡船さん、そして何より、素人運営の私達の大会に何時も参加して下さる参加者の皆さん、本当にありがとうございます。

さて次回は湯浅なぎ丸渡船さんです宜しくお願いします。

20161024204008 20161024204022 20161024203955 20161024203943 20161024203932 20161024203919 20161024203906 20161024203854 20161024203825 20161024203840 20161024203811 20161024203747 20161024204057 20161024204033 20161024204045 20161024204120

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月24日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

平戸、宮之浦 クロ狙い

 秋磯シーズン到来。ということで10月11日クロ狙いに平戸、宮ノ浦に行ってきました。朝5時半、丸宮釣りセンターから出船。当日は北東の風が強く波の高さ2.5メートル。運よく尾上の西側が空いていたので船をつけてもらいました。1級ポイントの南西のカドは波がはい上がっているので、できるだけ風裏となる南側に釣り座を構えました。

 

 朝まづめ、針は尾長も想定して閃烈グレ6号を結び釣り開始。足下にマキエを入れて海の中を観察するとスズメダイが見える。少し沖に仕掛けを投入して様子を見てみるとツケエサがなくなっていた。そこでさらに沖を狙ってみる。すると仕掛けがなじんですぐに、ウキが勢いよく消し込んだ。上がってきたのは30cm級の尾長。同じパターンで足裏サイズもゲット。しかし、長くは続かずツケエサだけ盗られるようになった。足下に入れ続けているマキエに目をやると、ものすごい数のアジ子。沖に撒いたマキエにもピチャピチャと小魚が海面でザワついていた。もしかしてと思いウキにアタリがあっても合わせを入れずゆっくり回収してみるとアジ子が針掛かり。沖にもアジ子がいるようだ。

 

 そこで、まずはツケエサをボイル、むき身と変更した。次に仕掛けの投入点を潮下、潮上、沖、手前といろいろ試しながら30cmオーバーを数尾キープ。

 

 しかし、サラシと風に道糸をとられなかなか思うように仕掛けを投入、操作することができず14時納竿としました。

 

 10月に入り宮ノ浦一帯では40cmオーバーの尾長、クチブト、良型のイサキも釣れていて釣果も上向いてきているようです。しかし、まだまだエサ盗りが活発なのでエサ盗り対策も忘れず釣行してみてはいかがでしょうか。

DSCN4440 DSCN4442 DSCN4444 DSCN4447

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月11日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

東伊豆の伊東市宇佐美にてクロダイとメジナの釣果報告

午前中までは雨でしたが午後になり雨が止んできたので近場の堤防に夕方から夜にかけて釣行して参りました。

この場所自体が初めての場所なので色々と探りながらの釣行でした。

タナは2ヒロ弱からスタート。

仕掛けは普段よりもワンランク上のタックルで挑みます。

ハリはヤイバグレ8号をチョイス。

早々に30センチ弱のメジナがヒット。

その後数尾同型のメジナをヒットさせたところで少し投点をケーソンギリギリにズラすと40センチのクロダイがヒット。

水深が浅い分普段よりパワフルに感じました。

そんな中アタリが出るのに乗らない状況になりハリを食わせグレケイムラ6号に変更。

すると途端に強烈なアタリがあり慎重にやり取りをするとこの日最大の42センチのメジナがヒット。

また同じようなラインを流して行くと38センチのメジナがヒット。

ここで途端に大雨となり納竿となりました。

 

後半戦食いが渋くなりハリのサイズを落とすと同時にアピール力のあるケイムラに切り替えたことが釣果に繋げられた事だと思いました。

40センチ弱のメジナのやり取りの後でも刺さり等に変化も無くしっかりと釣り続けることが出来ました。

暗い時間の釣行という事もあり改めてケイムラの効果に実感させられた釣行でした。

image1

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月04日掲載文

フィールドアドバイザー太田雅人氏のレポート

まだ夏の山形の海

10月2日にチームヤイバ山形支部のメンバー3名と釣りに行きました(^-^)最近山形の海で30オーバーのメジナが見えるとの事でヤイバ磯祭り全国大会決勝ファイルステージに向けての練習です。コマセを入れると海面には鯵、河豚、サヨリの餌取りが見えます。手のひらのメジナらしき魚も見えます(^-^)木っ端の下には大きいのがいるであろうと期待を込めて、仕掛けを入れるも…餌が通りません

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年09月21日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

須崎の堤防で年無し狙い!☆

8月28日(日)

お久しぶりです。大谷です。

暑い夏ですので、お天気のご機嫌を確かめての釣行を計画していたところ、珍しく日曜日に、どんよりと曇りになりそうとの連絡を頂き、須崎市の堤防に行って参りました(^◇^)

 

いつもの釣り仲間4人と共に現地に8時に到着。もうすぐ干潮。

でも、この場所は水深が10m以上あるので、干潮・満潮にかかわらず、実績が高いので、さっそく準備を始めます\(^o^)/

 

竿:チヌ専用0.6号、リール:レバーブレーキ2500番、道糸:2号、ハリス:1.5号、針:ヤイバダブルエックスチヌ【オキアミカラー】で、年無し狙いなので、4号を選択~(^◇^)

紀州釣りの方もいますが、アタシはいつも通り、棒ウキを使ったフカセで狙います。

 

撒き餌と仕掛けが完成したので、さっそく、第一投(^◇^)

なんと、棒ウキが沈みこみました・・・タイゴ・・・やっぱり(@_@;)

この時期は、悩まされますね~。4号の針を飲み込もうとするタイゴの食欲コワい(@_@;)

でも、あと2か月も経てば、成長して沖に出て行くんでしょうけどね~(@_@;)

 

近場でも、遠投しても、ウキ下を変えてもタイゴは素早い・・・。一時間ほど試行錯誤を繰り返しましたが、軽いギブアップ(;一_一)

刺し餌はオキアミ系では無理と判断し、仲間達からカンパを頂きながら、練り餌、コーン、さなぎをローテーションで攻めようと、まず、コーンをつけてみると・・・

 

キタ―――――――――――――――――\(^o^)/

 

棒ウキがゆっくりと3目盛り程沈み、少し留まって、道糸が走るチヌ特有のアタリでした。

タモをセットしていたのが役に立ち、47センチをGet(*^_^*)

 

そこからは、チヌが集まり、タイゴが退散したのか、アタリが出れば、チヌという時間帯に入りました。タイゴとの格闘も撒き餌の時間と思えば、無駄では無かったようです。

タイゴが減ったらこっちのもんだい\(^o^)/

刺し餌を底すれすれに流すと、オキアミでも問題なく釣れてくれました。

 

40㎝越えは釣れていましたが、今日の目標は【年無し】ということで、さなぎを3個づけにして、若干這わせる感じで流していくと・・・

 

やっぱりキタ―――――――――――――――――\(^o^)/

 

心地よいドラグの音をレバーで止めて、2分ほどのやり取りの後、取り込んだのは、本日最長寸の50センチ(*^_^*) 前にネットで調べた様に、大きい針で大きい餌で底を流すと大きいのが釣れるというのは本当みたいですね~(^◇^)

教えてくれて ありがとうございます(*^。^*)

 

 

その後も、少し間があいたり、タイゴに邪魔されたりはありましたが、コンスタントに楽しめました。

楽しい時間を過ごしていると、満潮潮止まりとなり、太陽ものぞき出しましたので、納竿と致しました。

 

終わってみれば、50㎝1枚、40㎝~3枚、30㎝~4枚、小さいのも入れると全部で17枚という結果でした(^◇^)小さいのはもちろんリリースしました。この時期にしては、ギリギリですが、年無しも上げれて満足、満足(*^_^*)

今日は皆さんよく釣れていて、堤防全体では100枚以上は上がっているようでした。

最長寸はワタシかな~(^◇^)

 

大半は差し上げましたが、持ち帰ったものはマリネなどにして、美味しくいただききました。

 

PS ヤイバピンクロッド欲しかったな~(@_@;)

DSC_0167 マリネ50cm

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年09月20日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

静岡県沼津内浦での黒鯛釣行

9月14日静岡県沼津の内浦近郊に釣行してきました。

朝から土砂降りの雨で暫し車で待機しお昼前ぐらいから開始しました。

開始早々から餌取りの反応が凄くサンバソウやカワハギやフグなどがヒットします。

到底オキアミでは持たない状況なのでコーンやさなぎにローテーションします。

そんな中潮が少し左に流れ始めると餌取りが変わったのか小型のメジナがヒット。

その後そのパターンで本日最大の47センチがヒット。

その後もぽつぽつと同じようなアタリを拾い夕方18:30までに7尾ヒットしました。

その他得体の知れないモンスターのバラシもあり1日を通して楽しい釣りが出来ました。

今回もヤイバチヌヒネリ無しの1号を使用しました。

餌取りが多くクロダイがダンゴの周りに入ってこれないように見受けられたのでダンゴ崩壊後から潮下の方に流すことによってアタリが取れたのだと思いました。

普段は自重のなるべくあるハリを使用していますが潮下に流すときはウエイトの軽いハリの方が展開しやすいと感じました。

image1

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年09月09日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

戸田でのリベンジ釣行

先日に大型のバラシ等が多かった為再度リベンジを兼ねて釣行してきました。

予報では朝のうちは雨が降らないということでしたので6:00頃からスタート。

餌取りが多いと思われたのでなるべく低集魚の配合で挑みます。

そんな中急に雨が強くなり一時中断。

9:00頃まで大雨となり10:00頃にようやく再開しました。

ダンゴを数投してみると以前に比べて更に餌取りの活性が低い模様。

この時期ならオキアミはまず持たないのですが毎投オキアミが帰ってきます。

ダンゴに少し集魚を持たせつつなるべく崩壊の速さを意識しながら握っていると、細かいアタリがあり42センチの本命がヒット。

その後数回バラシがあり納竿となりました。

なかなかオキアミで食い込まないタイミングが多く苦戦状態でした。

 

今回はヤイバチヌヒネリなしの1号を使用させて頂きました。

状況がかなり渋く明確にアタリを出したい為にこの針を使用しました。

ヤイバエックスの効果に改めて実感した釣行で

した。

image1

page top