磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月14日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

神子元島へ釣行!

クラブの例会にて神子元島へ行って来ました。

天候は晴れで若干の西風が吹きウネリ・サラシも少々で良いコンディション

で釣り始めです。

磯際から始めましたが、スズメダイが多くまた他のエサ盗りも多くなってきたので

徐々に沖へと移行し本流の潮へと流し込む釣りをしました。

針をヤイバグレ6号へ交換し潮の中に流し込むと竿引きのアタリを捉え

釣り上げたメジナは、45cmに迫る良型です。

その後もぽつぽつとメジナやイサキを釣り午後からは沖に浮きグレが湧き

型は35cm前後ですが入れ食いを堪能できました。

 

今回の仕掛けですが、竿ヤイバウルフロッドTIPE2、道糸2号、ハリス2.25号、

針はヤイバケイムラグレ6号→ヤイバグレ6号→フカセ遠投モード2号→プロフェッショナル5号(ヘビー・ライト)とローテーションをして使用しました。

 

そして新しいヤイバレインスーツ!晴天でしたが快適な着心地で一日を過ごせました。

 

とても魚影の濃い神子元島、みなさんも行かれてはいかがでしょうか?

20180512_055702 20180512_043621 20180512_135550 20180512_134333

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月10日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

GWでの八丈島釣行!

GWを利用して伊豆諸島〝黒潮〝流れる八丈島に釣行してきました。

 

期間中は名礁カンナギ 、中根、シモダテ、クニノミチなど八丈〝屈指〝の磯で離島ならではのダイナミックな釣りを楽しむ事が出来ました。

 

今回メインで使用した針は「尾長グレリズム」、「サイト尾長 ミドル」。

 

「尾長グレリズム」は針先にややネムリを持たせてあり、向こうアワセで掛けるシチュエーションでもしっかりと口元にフッキングさせやすい形状です。

 

水温は22度台と高め、イスズミが湧いていて、磯によってはサメがついている状況でした。

コマセの打ち方や仕掛けの投入点でイスズミをかわして、尾長、口太ともに50cm手前まで。ベストシーズン時のサイズには物足りないものの、40cm後半が頻繁に竿を曲げてくれました。

サメがついている状況ではゴリ巻きで魚を浮かせて針に高負荷をかけましたが針の開きや折れはなく、強度にも信頼が持てるフックです。

 

今回は、期間を通しNEWアイテムの「ウルフレインスーツ」を着用しました。

一日の中で寒暖差があるこの時期でも、早朝は暖かく、日中は快適に。

透湿性が高い素材を使っているので、服の中が蒸れずに釣りに集中することが出来ました。デザイン性も抜群でお気に入りのウェアです。

 

八丈島は黒潮の動き、水温次第では日中から

〝夢のロクマル〝が狙える数少ないフィールドです。

 

都心からのアクセスも容易(羽田→八丈島 約45分)なのでレコード記録を狙って、是非チャレンジしてみて下さい。

1525900361311 1525900359131 1525900357076 1525900354864

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月09日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

マッスルチヌを狙いに泊浦へ☆

2018年3月31日(土)

高知支部の大谷です。

この時期はチヌののっこみ本番という事で、マッスルチヌのメッカ、宿毛湾に面する泊浦に行って参りました。

上がった磯は泊浦の名磯「小島」!(^^)! 今日は何故かお客さんが少ないとのことで、小島全体を3人で貸切となりました。

同行者2名は「ワレ」や「北の船着き」に散らばり、ワタクシは「船着き」を独占!(^^)!

いつもの様に撒き餌を作って、撒きながら、仕掛けを作ります(#^.^#)

仕掛けが出来上がって、撒き餌をしたところをみると、コッパ達やスズメダイ達がわんさか(+o+)

ウキ下2ヒロで、とりあえず遠投・・・((+_+)) 釣れあがってくるのはやっぱりコッパ((+_+)) 入れ食い((+_+))

コッパと戯れていると、流れが出て、コッパ達もどこへやら(*^。^*)

その流れが速くなってきたので、仕掛けを重く、ウキ下を深くして、再遠投(#^.^#)

すると~、キタ――――――――――――ッ\(◎o◎)/!

ハエ根が多く、シモリに突っ込まれながらも、苦労してタモ入れしたのは45センチの口太(#^.^#)

お腹パンパン(#^.^#) おいしそ~(*^。^*)

それから1時間程度は口太タイム(#^.^#) できる限り遠投して、早い流れに乗せてしばらくすると、必ず竿をひったくる状態(#^.^#) キツやアイゴにも時々邪魔されますが、結構な確率で良型口太や30チョイまでの尾長(小長?)(#^.^#)

午前中だけでグレのお土産は十分すぎるぐらい(#^.^#)

昼前になり、干潮潮止まりとなって、口太ラッシュも終了~((+_+))

昼食のパンをかじりながら、同行者を見回りに行くと、皆さんワタクシと同じぐらい釣ってます(*^。^*) 45センチぐらいのオオモンハタや30センチ弱のカワハギもいます(*^。^*)

 

負けじと再開!(^^)! しか~し、満ち潮に変わったばかりは、流れがほとんどありません((+_+))

すると、渡礁時状態((+_+)) コッパとスズメダイの猛攻((+_+)) コッパとの戯れタイム再来((+_+))

コッパの干物はおいしいので、持って帰ろうとおもっていたのですが、今回釣れあがってくるのは、10センチ程度で、あまりにも小さすぎる((+_+))

とりあえず磯際にコッパ達を集め、指し餌はド遠投して、ほったらかしにしておくと・・・!

いきなりウキが消え、竿先を持っていくアタリ(*^。^*)

久しぶりに、キタ――――――――――――ッ\(◎o◎)/!

グレとは違う、ハエ根に沿ってゆっくりながらも力強く走る、大型チヌ特有の引きを楽しみ、取り込んだのは44センチ(;O;) あらら、引きを楽しんでいる時は十分年無しと思っていたのに実物は微妙な大きさ((+_+))

やっぱり、宿毛湾のマッスルチヌはよく引きますね~(#^.^#)

チヌをもう一匹とイガミ2枚を追加し、満足していると、どうもコッパ達がいなくなった様な・・・(*^。^*)

すると、ゆっくりとウキが流れ出しました。 口太タイム再来・・・ではなくて、アイゴ襲来(;O;)

5連チャンの良型アイゴ(;O;) のちカワハギ!(^^)! カワハギはうれしいけど、アイゴは・・・一応煮つけにしてみるかと持ち帰り決定!(^^)! 血抜きして、トゲを落としてついでにハラワタも捌きます!(^^)! ここまですれば独特のにおいが多少はましになるかな?帰ってからのお楽しみ!(^^)!

 

いつもは3時ごろに撤収ですが、本日は帰りに釣果取材の方が来られるとのことで、5時まで(-“-)

船頭さんから連絡が入り、これまでの釣果を伝えると、「写真の見栄えが良うないき~、グレ45以上とチヌ50以上を釣ってくれ~」と無理難題((+_+))

釣果に関しては大満足していたのですが、船頭さんの言葉もあり、釣り継続(#^.^#) すると、4時頃からまた潮がかなり早くなり、今度こそ口太ラッシュ再来(#^.^#)

昼前と同じ状態(#^.^#) 夕グレも堪能(#^.^#)

4時30過ぎ、納竿準備直前にホントにびっくりの46センチ追加(#^.^#) チヌは無理でしたが、グレのノルマはギリギリながらも達成(#^.^#)

本日の持ち帰りはチヌ2枚(44㎝、42㎝)、口太グレ9枚(46㎝~33㎝)、尾長グレ3枚(~33㎝)、カワハギ4枚、アイゴ2枚、イガミ2枚、バンドウ1枚、ガシラ2匹となりました(#^.^#) 大漁~大漁~(#^.^#)

のっこみはしばらく続くだろうとのことで、今シーズンにもう一度は来たいものです(#^.^#)

 

PS 心配だったアイゴは、生姜をたっぷり入れて、煮付けにしました。独特の臭みは生姜で消え、おいしくいただくことができました。

 

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.75号 5.0m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : 3号

ウキ : B→4B

ハリス : 2.25号~2.5号

ハリ : ヤイバフカセ遠投mode(オキアミ)2号、3号

チヌ&グレ 釣果

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月02日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

ふらりと南伊豆の入間に釣行☆

GW中の5月1日、ふらりと南伊豆の入間に釣りに行ってきました。

船の一番奥に荷物を積み込み、『最後に空いたところに乗っけてくれれば良いよ。』と船長に声をかけておくと、他の釣り客を下した後で空いていた三ツ根に乗せてもらうことができました。入間の港を出てすぐ、ワンドの奥の方なのですが、決して侮れない磯です。

 

いつも通り6.3mの磯竿。2.5号の道糸にハリスは2.75号。B負荷の小粒のウキを通し、針はヤイバグレの7号から様子見です。いつもはヒネリグレの6号で釣り始めて状況を見ながら針合わせをしていくのですが、このところ尾長も回っているようなので最初からヒネリのないものを使いました。

 

磯際、少し沖、遠投と探りを入れてみましたが、潮はほとんど動いておらず魚の活性も低い感じです。

仕掛けにオモリを追加して、針も自重のある閃烈グレ・ヘビーの8号に換え、少し沖に仕掛けを投げました。オモリを足し過ぎたか、仕掛けの沈みが意図していたよりもほんの少し速いと感じましたが、水深のある場所なので暫く様子を見てみようと沈むに任せているといきなりアタリがありました。やり取りをしている間に強くなっていく大物特有の引きです。最後に3段にギアチェンジしながら加速する走りであえなくハリスがとんでしまいました。悔しい…。

 

気を取り直して釣りを続けると、時折フグに針を取られながらも、メジナがポツポツと釣れ始めました。10時半頃からはイサキが釣れ始めて、一時は入れ食いになりました。11時半頃にはピタリとアタリが止まりましたが、磯上がり間際にまたアタリが連続して、メジナやクロダイなど色々な魚が次々と釣れました。

終わってみればメジナは36~7cmぐらいまででしたが、真鯛が2匹にクロダイも釣れ、イサキはご近所の分まで確保できて、十分に楽しむことができました。今の時期のイサキ、真子の煮つけは最高の酒肴です!

 

 

釣行データ 5月1日(火)

場 所:入間 『三ツ根』

天 候:晴れ

渡 船:日吉丸

潮回り:大潮(干潮:午前11時半頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月02日掲載文

フィールドアドバイザー杉本正徳氏のレポート

香川県津田町の磯に釣行!!

全国のヤイバファンの皆さんこんにちは、徳島支部の杉本です。

 

本格的な春の磯チヌシーズンに入り、今回は香川県津田町の磯に釣行して来ました。

 

朝7時からの釣りとなり、最初からチヌ狙いでしたが、かなりの大型チヌがヒットしているとの情報があり、あえてサイト尾長ベビー6号でスタートしてみました。

予感は的中で、開始早々に50㎝のチヌがヒットし、針がのびる心配もなく、余裕のやり取りが出来ました。その後も、数釣りの状態となり、ヤイバグレ6号でも同じような釣果となりました。

 

私自身、オールラウンドな針だと実感しました!!

 

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

思わぬ釣果に、巡りあえるかもしれません。

 

さて、約1ヶ月後には、ヤイバ磯祭り日振島が開催されますので、四国の皆さん、また近県の皆さんで盛り上がりましょう!!

2018042917460000.jpg 2018042911530000.jpg

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年05月02日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

沼津内浦湾へのチヌ釣り釣行☆

4月24日今回は沼津内浦湾に釣行してきました。

前回は思った以上に厳しい状況でしたが何とか1枚顔を見る事が出来ました。

今回の場所は冬場に実績のあるポイントという事もあり開始早々からわくわくです。

前回の場所とは違いここは満潮時で約15メートル程。

かなりの深場となっております。

手前から15メートル程まで敷石が入っているため25メートル程の場所にポイントを作ります。

開始早々からウキには反応がありますがなかなか合わせても乗せる事が出来ません。

刺し餌を色々とローテーションしながらやっているといきなり竿をひったくるようなアタリ!

ここは左右にロープが張り巡らされ中々糸を出せないような場所。

少し強引にやり取りをしながら上がってきたのは、50センチジャストの年無しクロダイ。

久々の年無しという事もあり暫し余韻に浸りながらまた再度2匹目を狙って打ち込みます。

またウキにアタリがありますが乗らない。

そんな状況が暫し続きお昼頃に。

そんな中急に雨が降り始めなかなか厳しい状況に。

濡れた手を何とか拭きながらしっかりとダンゴを締めているとまたアタリが!

今度もちゃんと乗せる事ができ上がってきたのは40センチジャストのクロダイ。

その後2連発でヒットしたのですがあまりの豪雨に心打たれ納竿となりました。

この日は少しハワセ気味のタナの方が良かった為刺し餌を落ち着かせるためにも数種類の針をローテーションしました。

結果閃刀チヌ ヘビー 茶 1号 でヒットしました。

50センチのクロダイのカンヌキをしっかりと射抜いていて安心したやり取りができました。

まだまだ伊豆はノッコミ真っ盛り!

これからも楽しめそうです!

image1 image2

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年04月26日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

沼津初となる大瀬崎の護岸に釣行

4月20日外はかなり暖かくなり夏のような日が続く中今回は沼津初となる大瀬崎の護岸に釣行してきました。

情報によるとまだシーズンには入っておらず少し厳しい状況とのこと。

水温はもう17度台という事もあり餌取りの活性は良いとの情報でした。

早々有料駐車場に車を停めてポイントである護岸に場を構えます。

初めての場所なのでまずは大体のタナを測ります。

水深は6メートル弱。

右に行くにつれてダラダラと掛け下がってるようなポイント。

手前にはまだホンダワラが密集しているため25メートル程沖合にポイントを作ります。

潮は左から右奥にダラダラ流れてるような状況。

朝のうちは餌取りの反応も見たい為少し詰め気味のタナに設定。

すると早々に餌取り達の反応!

ベラやフグやカワハギ達に戯れてもらいながら時間が過ぎていきます。

少し餌取りも多くなってきたのでタナを調整しややハワセ気味に。

するとようやく怪しいアタリがあり合わせると藻に向かって突っ込みます。

何とか交わし無事ネットイン。

サイズを測ってみると40センチジャストのクロダイ!

これをきっかけにもう一度タナを見直し打ち込んでいきますがそれといったアタリがなく時間だけが過ぎ納竿となりました。

今回はヤイバタブルエックスチヌ2号を使用。

餌がオキアミメインだったのでズレ防止を考えこの針を選択しました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年04月25日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@ヤイバ磯祭りin伊豆須崎@@

東京支部の石川です。

4月21日(土)静岡県伊豆半島須崎へ

【 2018ヤイバ磯祭り in 須崎 】に参加して参りました。

今年度も須崎からは2名、全国決勝ファイナルステージへの切符を

賭けて、熱い戦いが繰り広げられます。

今年はシード権が無いので一般枠から参加させて頂く事に。。

早朝ヤイバスタッフで集まり打ち合わせ。

そして選手共に集まり競技説明。 いざ出船。

抽選の結果私が降りた磯は二つ根と言う磯。

比較的大きい磯で私を含む3人で渡礁。

早速準備をして居ると。。水道付近に何やら浮きグレの気配。。

少し湾内のこの磯、磯割で3か所有る内1つが水道、

2つが如何にも釣れそうな沖向き。

じゃんけん優先権は自分が2番目、一番目の方は先端沖向き。

最近のプライベート釣行で得たデータ通りなら、

潮が効いている場所よりも水道の様な静かな所にグレはいるはず。

沸きグレらしき物も見えたし。。よって水道を選択。

朝一潮とそよ風が右に流れる状態。いつもの6メートルハリスに

00ウキをセットしてスタート。道糸が流れに捕られると

水中の仕掛けの馴染みが乱れるだけで無く、

僅かなアタリも取れ無くなるので、丁寧にラインを打ち返し

良型を上げて行く。 途中潮の速度が若干速まり、

ハリスを2ヒロに変更して糸ふけを多めに出し、

水中の仕掛けに違和感を持たせない事を心がけ流して行くと。

ラインに僅かなアタリ。

合わせを入れてやり取りを開始するも、凄まじい重量感。

ジリジリと糸を出しつつ竿の角度を一定に保ち、他の選手二人が

見守る中上がってきたのは55cmのチヌ。。

53cmだったチヌの自己記録をココでまさかの更新です。

やはりこのポイントはデカイ魚が居る。 それを確信した所で

風が強くなってきました。。 仕掛けが中々下まで落とせず

上がるのはほとんど表層にいる木っ端。 ここで場所変え。

場所変え後は爆風になり木っ端しか釣れず終了。。

その日一日を通してウキが沈んだ回数はナントゼロ。

全て絡まん棒やラインでしかアタリが出ない程難しい状況でした。

港に戻り検量して頂き。  結果は4、540gで優勝。

今年度は須崎、山口、那智勝浦、日振島、鶴見、と沖縄以外の

5会場を出場予定してましたが、これで何とか

自力で3年連続全国決勝ファイナル進出となりました。

竿 : 1号

リール : 2500番

ウキ : 海希ウキトーナメントV1 00号

道糸 : 1、2号

ハリス : 1、5号

針 : ヤイバ 釣闘競技5号
(55cmのチヌの口にもしっかりフッキング)

S__4120586DSC_4150 DSC_4126  S__4120587 DSC_3572 DSC_3777 DSC_3948

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年04月25日掲載文

フィールドモニター宇畑好二氏のレポート

ヤイバ磯祭りin伊豆須崎に参加しました☆

4月21日(土)関東大会ヤイバ祭りin伊豆須崎に参加してきました。当日は夏日を思わせるような晴れ渡る青空の下で競技が行われました。須崎の磯は何度か行った事がありますが乗った磯は初めての場所で試合開始と同時にコマセを撒いて様子を見るとフグらしき魚影が確認出来、何度か手返しをしているとグレをポツポツと釣ることができ開始から3時間で規定数5枚をキャッチ。後半戦はそのグレも姿を見せず海底付近を探っていると良型のチヌがヒットしてきました。チヌ特有の首を振る引きにも針外れもなくキャッチ出来ました。検量の結果惜しくもグレでは入賞できませんでしたがチヌで他魚賞を頂きました。新発売のレインスーツYRS-3ホワイトを着ての良型チヌとの記念撮影。良い思い出になりました。(ヤイバのレインスーツかっこいいですよ)

ヤイバレインスーツYRS-3 ホワイト

釣り 2釣り

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年04月18日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@のんびり単独釣行@@

東京支部の石川です。

朝と日中での寒暖差が非常に激しい時期。

静岡県伊豆半島 西伊豆田子へ久々の単独釣行。

お世話になったのは最近西伊豆田子で渡船屋を開業した、

福由丸 さん。

福由丸さんはダイビング船も経営している為、

ドコにメジナが居るか、海の状況等、的確に教えてくれます。

その日は午後から西風が吹き荒れる予報で前半勝負!

ここの所、安定して40オーバーが出て居て絶好調。

今回渡礁した磯は青根。 流れは右か左の一方通行。

まずはいつもの6mハリスに00ウキをセットして、

少し沖からスタート。

1投毎に海の情報をキャッチしながら釣り方を組み立てて行きます。

沖は風と潮が強く板鉛で重さを調整して

ウキを強制的に沈下させて行くと、

エサはとられるがアタリが出ず。

魚は居る様なので潮、風に邪魔されない手前を狙って行く事に。

僅かにウキを抑え込むアタリ。

小さいアタリも逃さず積極的に合わせを入れて行くと

ようやくグレが釣れ出し一安心。

そんな中、富士山を見ているとオープンベールで道糸を抑えていた指を

バチっと弾く元気なアタリ。

合わせを入れるとそこそこの重量感。

何とか手前まで寄せて来たところで突然暴れ始める。

体を移動させながら手前の抉れた磯をかわし、

上がってきたのは46、5センチの口太グレ。

その後は風が強くなり、お昼ご飯を食べて終了。

磯の上で昼食を取っていると、

太陽が昇りキレイで透き通った海を照らしだし、

そこには青く巨大な根が見えた。

磯の名前 青根 の由来だそうです。

寒暖差が非常に激しいので、暖かい恰好をして水分を持参し、

暑くなったら脱ぎ、水分補給はしっかりとしましょう。

この時期にも関わらず釣り仲間が釣り中に熱中症になりました。

皆さん気を付けましょう。

グレ 25cm ~ 46.5cm 14枚

竿 : 1号
リール : 2500番
道糸 : 1、2号
ハリス : 1、5号
ウキ : 00号、0号
針 : 釣闘競技5号

【 福由丸 】
静岡県賀茂郡西伊豆町田子336-1
岡部船長090ー2431ー1222

DSC_3572 DSC_3777 DSC_3948

page top