磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年11月05日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

クラブの秋の例会で雲見釣行!

11月4日(日)に私が所属する友志会の秋の大会が雲見で行われました。

朝の運命のくじ引きで私は4番くじを引きました。今日はどこに渡礁できるのでしょう?

最初に3人を岩地の『大根』に下ろしたので次は私の番です。渡辺氏、久米氏と共に『前の島』に渡礁できました。『前の島』は雲見の港を出てすぐ目の前にありますが潮通しも良く釣果は比較的安定しています。

 

対象魚はメジナ(35cm以上)、クロダイ(35cm以上)、真鯛(40cm以上)の3魚種なので、デカい真鯛で優勝を狙ってやろうとリールには4号の道糸を巻いてきました。ライジャケのポケットには4号ハリスのみが入っています。

南の先端に陣取って道具をセット。いつも通り6.3mの磯竿を伸ばします。毎年のことですが夏の間アユを釣って遊んでいた後、秋になって磯竿を伸ばすと何とも短くて頼りない気がしてしまいます。

2B負荷の小粒のウキを通し、やや過負荷ぎみにオモリを打って、針はヤイバ・ヒネリグレの7号で様子見です。

 

潮はゆっくりと左手に向かって動き、港の方に入っていきます。恐らく沖では潮が下っていて回り潮になっているのではないかと想像しながらコマセを撒きました。一投目では私が意図したよりも仕掛けが速く沈んでいくのでオモリを打ち過ぎたのかなあと思いましたが、水深がある場所なので暫く行かせて様子を見ようと思っていると道糸が走ってイサキが釣れました。どうやら落ち込みで既に喰っていたようです。次からは仕掛けが馴染む前に道糸をコントロールしてやるとほぼ一投一尾のペースでイサキが釣れました。

しかし2時間ほどで魚の食いが止まり、どこまで落としても刺しえさが残ってくるようになりました。

 

干潮の午前9時頃に一旦休息をとって弁当を食べ、その後に釣りを再開すると潮が上り始めていました。ハエ根の際を流しているときれいなアタリがあって本日最初のメジナが釣れましたが、検寸サイズの35cmに届くか届かないか微妙なサイズです。とりあえずバッカンに水を張って生かしておきました。

その後はアタリが遠のき雨と風も強くなってきたので、狙いを沖向きに変えました。ここでは針を自重がある閃烈グレ(ヘビー)の8号に替えてハエ根の際を落としていくようにしましたが、一投目からウツボが掛かってきたり、根掛かりしたり、フラストレーションがたまる釣りでした。

それでも粘って釣っているとアタリがあってかなり強い引きがありました。頭を振っているのでどうもメジナではなさそうです。サンノジかなぁと思いながらやり取りしていると浮いてきたのは何とカンダイでした。

その後イサキを追釣し、検寸サイズのメジナも釣れて本日の釣りを終了しました。

 

今日は他の魚より先にイサキが喰ってしまうような釣りでした。嬉しい外道ではありますが…。

本格的なメジナのシーズンまでもう少しです。

 

 

釣行データ 11月4日(日)

場 所:雲見 『前の島』

天 候:曇り一時雨

渡 船:愛海丸

潮回り:中潮(干潮:午前9時前頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年11月05日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

大分県鶴見へサバ釣り!

今年も鶴見一帯にサバの回遊が始まりましたよ。と、嬉しい連絡が入りました。美味しい関サバを釣りに、早速出かけて来ました。サバの季節は、夜釣りの磯確保が厳しいです。今回も、午後3時の便で向かいました。夕マズメ、朝マズメはクロ釣り、日が暮れてからが本命のサバ釣りです。情報では、サバの型が様々のようで、大きいのはまだまだ少ない状況のようです。

マキエを広範囲にしばらく打ってから、竿を振りました。針は、発光をする「ヤイバグレリズム ナイトライダー」を結びました。すると、第一投目からウキが横走りをしました。サバの当たりです。縦横無尽に走ります。ブリ上げたサバは45㎝ほどの良型でした。良い群れが入ってたのでしょう!良型のサバが入れ食いです!夜明けまで、仮眠もしましたが、納得のいく釣果でした。

夜が明けてから、クロ釣りです。針は、ヤイバグレ(茶)の5号を結びました。イサキ混じりで当たってきました。棚は、この時期にしては深く、竿1本以上でした。型も35㎝止まりでした。これから日に日に寒が増してくれば、クロの良型が当たって来るでしょう!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月29日掲載文

フィールドモニター河中謙作氏のレポート

牟岐大島釣行

ヤイバファンの皆様こんにちわ。

 

徳島支部の河中です。

 

10/20に徳島県南部の牟岐大島に行って来ました。  当日は北からの強風で場所によれば非常に釣り難い状況でしたが、運良く大島の南面にある俵という磯に上がる事が出来ました。

事前情報で釣れていないと聞いていたのですが、理由が分かりました。水温の方も24度台で撒き餌をすると大型のイスズミが乱舞します。これではグレも警戒し撒き餌には姿すら見せません、15メートル程沖に撒き餌を多めに打ちイスズミを寄せ、磯際に少量の撒き餌をパラパラ撒き、刺餌のオキアミは頭とシッポを取って目立たないようにすると、ポツポツと30センチ前後のグレが食い始めました。27センチ以下はリリースし、37センチまでの尾長、口太を7匹釣る事が出来ました。当日は刺餌の大きさに合わせて短軸のスリム、渋グレが威力を発揮してくれました。これから寒くなり水温も下がり状況も良くなると思うので楽しみです。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月26日掲載文

フィールドアドバイザー新谷一二氏のレポート

チームヤイバ奈良支部 懇親釣り大会に参加☆

平成30年10月14日(日)、「チームヤイバ関西奈良支部第1回懇親釣り大会」(和歌山県西牟婁郡白浜町市江の磯一帯)に参加してきました。

今回奈良支部で初めての支部大会ということもあって登録人数も滋賀、三重と少人数です。

参加者が少なくて大会にならないとと心配でしたが大阪支部からの参加者もあり総参加者28名での大会となりました。

今日の審査対象は規定寸法無しののグレ5匹の総重量です。

同釣行者に磯釣りを始めて1年で新人の神門君と滋賀支部からは2人での参加になりました。

朝4時に受付をすませクジを引くと4番でした。

お世話になる渡船は「吉丸渡船」さん。選手を乗せて朝6時に港をいざ出発!

今回の撒き餌は、オキアミ3k1枚とアミエビ4k1袋に集魚剤は「つりまん」のぴんぽいんとフィールドグレ1袋と遠投パン粉1袋を来る途中「エサ市場尾鷲店」さんにてブレンドしてきました。

渡礁したのが6時15分で納竿13時、7時間弱の勝負です。

今日上がった磯は「カブト」2人での渡礁で神門君と上がりました。磯の沖に向かって右はシモリだらけ、左は結構深く釣りやすそう新人の神門君に左を勧めて私は右で釣りを開始しましたが釣れるのはアイゴ、サンノジ、ベラ、ニザダイと外道のオンパレード。

左で釣りを始めた神門君は小さいですがグレ20cm弱をポンポン釣るし、10時30分の場所交代まで私はグレが0匹でした。

 仕掛けは、朝一番は竿は「ニッシン」のゼロサム磯競技タイプ1の5m、リールは「シマノ」BB-Xテクニウム2500DXGS、道糸1.7号ハリス1.5号を2ヒロ、ウキは「グレックス+」の観RのサイズSのG2、ウキゴムは、「グレックス+」のアポロの赤色、そのすぐ下にガン玉G2を1個打ち、針は「ヤイバ」のプロフェッショナルライトの4号です。

10時30分の場所交代後直ぐににサイズは25Cmクラスのグレがやっと釣れボウズ回避出来ました。

何とか速攻で5匹を揃えて、撒き餌を打つ場所と時間をずらせて良型を狙い、結果30Cm~36Cmを5枚揃えて優勝することが出来ました。

途中強烈な奴が2回来ましたが高切れで海に帰ってもらいました。涙

帰港後検量に出すと私が1位で神門君が2位という成績でした。

奈良支部のスタッフの方々本当にご苦労様でした。

やっぱりヤイバ関西のイベントは楽しいですね。ありがとうございました。

尚、頂いた賞品はジャンケン大会に出しましたが、悪運が強い神門君が持っていきました。

5 2 4 6 7 1 3

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月23日掲載文

フィールドモニター鈴木伸幸氏のレポート

チームスケイル釣り大会

夏の暑さが過ぎさり涼しさが心地良くなってきた10月21日恒例のお気軽釣り大会イン湯浅を開催しました!

チームヤイバの皆様を中心に26名の方々が湯浅のグレを仕留めにきてくれました!

カンドリ周辺を中心に好釣果の話が聞こえており期待十分、ウルフ達が湯浅の海に旅立って行きます!

やはり皆さん多くのグレを仕留められており僅差の争いと為りました!

その僅差の争いを見事制し今沢さんが優勝され副賞のヤイバジャージパンツをゲットさせました!

見事な釣技をみせて下さいました!

さて何時も磯割り無しの無茶苦茶ルールにも関わらず快く協力下さるなぎ丸渡船様!!

賞品などサポート下さるササメ針様!

そして何時も参加下さるだけでもありがたいのに様々な協力をして下さる参加者の皆様!

この場をかりて御礼申し上げます!

次回は春のチヌを予定しています皆さん宜しくお願いします!

1540184465062 1540184456895 1540184467564 1540184460194 1540184469716 1540184462894 1540184487096 1540184489242 1540184481957 1540184484522 1540184479501 1540184477426 1540184475566 1540184491173 1540184471627 1540184473770

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月23日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

クラブ例会で田子釣行

クラブの10月の例会は田子で行われました。私は田子には2~3度しか行ったことがなく、それももう20年以上前のことなので、殆ど初めての磯に行く感じでした。

渡船は『三本』、『沖のコブ』に仲間を下ろし、その後佐野氏と私は『タナ下』に渡礁しました。雄島の南西の角で三本や沖のコブを目の前に見る釣り場です。後ろを振り返ると富士山がクッキリと見えていました。

 

いつも通り6.3mの磯竿。2.5号の道糸にハリスは2.75号。B負荷の小粒のウキを通し、針はヤイバグレの7号で様子見です。

 

背後から北寄りの風が少し強いですが、仕掛けを入れると手前に戻ってきます。緩い当て潮なので足元を中心に攻めてみました。

最初は魚の気配は薄かったのですが、次第に餌を盗られるようになり、暫くするとメジナが釣れました。32~3cmの口太でしたが、例会の検寸サイズである35cmには少し届かないのでリリース。

 

その後魚が釣れ始め、尾長・口太混じりで10時過ぎまでにかなりのメジナが釣れました。45.3cmを筆頭に40cmオーバーも数枚混じりました。

潮が止まるとアタリが止んでしまい餌も取られない状況が続きましたが、仕掛けをいじり、針を自重がある閃烈グレ(ヘビー)の8号に変更し、根気よくコマセを撒きながら打ち返しているとアタリがあり強烈な引きに見舞われました。どうにか引きに耐えると浮いてきたのは石鯛でした。45cmぐらいあります。その後も同じ場所で同じようなアタリで同じように強烈な引きがありましたが残念ながら2度続けてハリスを飛ばされてバラしてしまいました。

 

やがて磯上がりの時間が来て、久しぶりの釣りは楽しくあっという間に過ぎてしまいました。

 

 

釣行データ 10月21日(日)

場 所:田子 雄島『タナ下』

天 候:晴れ

渡 船:福由丸

潮回り:中潮(干潮:午前9時半頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月23日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

尾上島東のクロ釣り

 10月初旬、長崎県平戸市宮ノ浦にクロ釣りに行って来ました。渡った場所は尾上島の東(船着け)で竿を出してきました。

 

  使用したハリはヤイバ口太 グレリズム5号。

 

 この島は全体的に潮の流れが複雑で1投毎に潮の流れが変わるため、いかに仕掛けを馴染ませることができるかで釣果が変わってきます。この日はほとんどエサ盗りがおらず、当たればクロという感じでした。潮を見て仕掛けを投入し潜り潮に仕掛けを入れ込んでいくと足の裏から30cmオーバーのクロが釣れてくれました。尾長と40cmオーバーは出ませんでしたが数釣りを楽しむことができました。

 

 これからの先、平戸市宮ノ浦の磯は尾長の良型も当たってくるのでおもしろくなってくるのではないでしょうか。

DSCN5202 DSCN5204 DSCN5188

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月18日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@西伊豆 田子 釣行@@

東京支部の石川です。

10月7日 同支部の佐藤氏と、自身のオリジナルブランド

【Magic Bait マジックベイト】の取材を兼ねて、

静岡県西伊豆田子へ行って参りました。

この日は干潮へ向かって右流れからのスタート。

沖に行けば行く程流れが強くなる為、手前の流れがゆるやかで

潮同士がぶつかり、よれて居る所をこまめに狙って行きます。

この時ハリスを6メートルでウキを00からスタートしたが

エサが残り、仕掛けの沈下速度が速すぎると判断し、

ウキを0に変更して道糸の糸ふけを少し多めに出してゆっくりと

沈めて行きます。 そうすると3投目からヒットして行き

コンスタントに釣れ出します。

後半は流れが逆になり、流して行く釣りに。

午後13時になり、いよいよキーパーバッカンに

魚が入り切らなくなり。 撮影に切り替え佐藤氏の釣り見物。

朝は青物も周っていて非常に魚影の濃い釣場で取材も完了。

結局暑さに弱い我々は14時前には早上がりをして港へと戻った。

私の釣果は35センチ~46センチまでのグレを30匹以上。

佐藤氏もクーラー満タンに釣っていて大漁日となった。

【石川】 グレ35センチ~46センチ 30枚前後

スタイル : 全遊動
ロッド : 1号
リール : 2500番
道糸 : 1、2号
ハリス : 1、5号
ウキ : 00号、0号
針 : 釣闘競技6号
刺餌 : マジックベイト

【佐藤】

スタイル : 全遊動、沈め釣り
ロッド : 1.2号
リール : 2500番
道糸 : 1、2号
ハリス : 1、5号
ウキ : 0号
針 : プロフェッショナルグレ 5~6号
刺餌 : マジックベイト

静岡県西伊豆田子
沖堤防3000円
沖磯4000円
日の出~日の入りまで
福由丸 岡部船長09024311222

DSC_4343 DSC_4322 DSC_4294 DSC_4290

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月11日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

静岡県~初島釣行~

10月の三連休。毎週末やってくる台風の影響で、所属するクラブの例会、大会が中止になってしまい、練習もかねて伊豆半島、熱海沖の初島に釣行してきました。

初島の堤防は足場が高く若干のシケでも安全に釣りが楽しめます。

潮は上りが入っていたので、釣り場は新堤防を選択しました。

 

針は【釣闘競技5号】を選択。

コマセを足元に入れると、スズメダイ、ネンブツダイの大群が群がります。

コマセを足元に打ち、遠投で分離して30センチ台を拾っていきました。

 

針を【ヤイバフカセ遠投モード5号】に変更し、徐々に距離を伸ばしていくと30後半までがコンスタントに竿を絞ります。

この針はケン付きで遠投してもつけ餌がズレにくいので、餌取りが多い秋磯シーズンにオススメです。

沖に入れるコマセと仕掛けの距離を離していくと40センチクラスにサイズアップ。

この日は大型がコマセに浮いてくるタイミングが早く、沖に打ったコマセの波紋に同時打ちで仕掛けを合わせる、サイズが上がらなければコマセの潮下に離していく釣り方が好調でした。

最終的には、この時期には嬉しい40センチ後半のデカパンも飛び出し、好調を予感させる秋磯シーズンの幕開けとなりました。

IMG_0102 IMG_0100 IMG_0098 IMG_0101

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月01日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

幸ノ子島にクロ釣り

 私が住む長崎県一帯でクロがぼちぼち釣れ始めたという情報を聞き9月22日、同クラブ員でヤイバスタッフの深江さんと佐世保市の沖磯にある幸ノ子島にクロ釣りに行って来ました。

 

 石井釣りセンターより朝5時半出しの船に乗り約20分で幸ノ子島に到着。伊島を向いて左側のポイントに船を付けてもらいました。

 

 本日最初に使用するハリはヤイバフカセ遠投モード(オキアミ)2号。

 

 足下にマキエを入れてエサ盗りと潮の流れを確認。釣り始めはエサ盗りの姿は見えず、潮は左に流れている。全体的に水深がないので遠投して狙っていくがコッパグロがハリ掛かりしてくるだけでサイズが上がらない。そこで、ウキ下を浅くして足下に撒いたマキエの少し沖を狙ってみる。すると仕掛けがなじんですぐにアタリ。合わせを入れると良型だとわかり、久しぶりの引きを楽しんだのは42cmのクロ。その後、同じポイントを狙い続けたが型がでないので再び遠投して沖を狙っていく。

 

 時間の経過とともに魚の活性も上がり足下のマキエにはエサ盗りが見え出し、沖では1投毎にアタリがあるもののハリ掛かりしなくなったのでハリをヤイバフカセ遠投モード(茶)1.5号に変更。するとバリとコッパグロが釣れてくるようになった。しかし、エサも盗られることが多いのでハリをヤイバフカセ遠投モード(茶)1号までサイズを落とす。

 

 ハリを変更したことで魚も良く掛かるようになり納竿までに35cmオーバーのクロを2匹、30cmオーバーを1匹、手の平から足裏サイズを多数、バリも多数ハリ掛かりさせることができました。

 

 今回使用したハリ、ヤイバフカセ遠投モードは遠投しても餌ズレしにくく本命、エサ盗り両方の魚の口にしっかり掛けることができました。

DSCN5179 DSCN5175 DSCN5177

page top