磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月10日掲載文

フィールドアドバイザー岡本昌幸氏のレポート

香川県へチヌ釣り釣行!

今回は、ヤイバテスター芦尾氏とポイント徳島店井上店長、ポイント新入社員の4人で、香川県の仲良し渡船の森君のとこへお邪魔しました。

 

チームアシオ香川メンバーも常連御用達で、今時期チヌは好調‼

 

私が今回使用した針は、ヤイバチヌ&ケイムラ極チヌ。

芦尾氏は、ヤイバチヌ&遠投オキアミチヌ。

 

ヤイバチヌは、相変わらずの安定したやりとりができ、今回初めて、ケイムラ極チヌを使用しましたが、刺さりも強烈で、軸も強く、魚とのやりとりもスムーズでした。

芦尾テスターは、お気に入りの遠投オキアミチヌで、爆釣モードに入ってました。(笑)

 

結果、瀬戸内の激流ポイントで、針、エサのローテーションで52㎝までを4人で楽しみました‼

1557443730106 1557443682865 1557443697024 1557443736737 1557443710842 1557443722920 1557443757156 1557443716925 1557443703815 1557443749515 1557443690642

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月07日掲載文

フィールドモニター出雲信也氏のレポート

男鹿半島のクロダイを狙って!

5月1日と5日に、秋田県男鹿半島の戸賀に乗っ込みのクロダイを狙いに行ってきました。
1日は朝から小雨の降る寒い日でした。釣り仲間と4人で港近くの磯に渡りました。釣り始めより足元にはタナゴとホッケがいました。今回ハリはグレケイムラの7号と8号を使いました。エサ取りは殆ど居ない中アタリを待っていると、隣でヒット。良型のクロダイが釣れました。その後、他のメンバーもクロダイを釣り上げ、隣では2匹目が釣れました。私はと言うと、11時過ぎに何とか1尾釣る事ができました。その後は、潮が止まりクロダイを追加出来ないまま納竿となりました。
5日は2人で行ってきました。今回は港の南側の磯に渡りました。この場所もエサ取りは殆ど居ない感じです。どのポイントがいいか探っていると、隣の磯でパタパタと良型のクロダイが4尾釣れました。私の乗った磯はクロダイのアタはがありませんでしたが、11時過ぎにやっと良型のクロダイが釣れました。その後、同サイズのクロダイが釣れ、同行者も納竿間際に1尾釣る事ができました。
今年の男鹿半島のクロダイは、半島全体で釣れ出すのが早い感じです。しかし、磯によってはフグが多く撃沈する人も。マダイらしきバラシも多く、5日には57センチのクロダイが釣れていました。男鹿半島のクロダイの乗っ込みは始まったばかりですが、釣果情報が多く、今年も楽しみです。

DSC_0244 DSC_0231 DSC_0223 DSC_0218

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月06日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@平成最後の釣り@@

静岡県西伊豆町田子へ、釣り仲間と二人で行って参りました。
GWで人が多く、三便での出船となった。
今回渡礁した磯はカドと言う磯。
朝一風は弱いが波が残っていた為、安全を考慮しながら場所を選択。
中々ヒットする棚や状況を上手く掴めず、1時間が経過。
仕掛けを小まめに変更しながらようやく25センチ程の口太がヒット。
途中小サバが出たので少し早いお昼休憩を取り、磯を休めてサバの様子を見ながらのスタート。
午後になり風が強くなったので、ウキを沈めてガン玉を段打ちして対応して行く。
途中凄い勢いで糸を弾いて行くアタリが有り、しかし残念ながらハリス切れ。
例年に比べて小サバが出るには早い時期では有るが難しい一日となった。

(釣果)巨大サンノジ1枚  グレ25センチ~39センチ
(竿)シマノ マスターチューン磯 1号530
(リール)シマノ ハイパーフォースSUT 3000番
(道糸)レグロン ワールドプレミアム1、2号
(ハリス)東レ スーパーL EXハイパー1、5号
(ウキ)釣研 エイジアマスターピース 03号
(ガン玉)G3、G7、G7 三段打ち
(刺餌)マジックベイト マジックパウダー(イエロー)
(針)ささめ針 ヤイバX 釣闘競技 5号

DSC_4859 DSC_4882 DSC_4869

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年05月06日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

神津島に再チャレンジの例会!

4月28日の日曜日は神津島に再チャレンジの例会でした。

前回は西の強風で島の東側の地磯に張り付くようにしか入れず、潮裏で苦戦しましたが今回はどうでしょうか?

 

今回は東寄りの風で恩馳の『長根』に渡礁することができました。海は意外に静かでしたが、潮が全く動いていません。海を見つめながら仕掛けの準備にとりかかります。

仕掛けは前回と全く同じ。6.3mの磯竿に道糸とハリスは5号通し、ウキはF-LOGIC製プロストリーム(Lサイズ)の0。道糸とハリスの直結部分にG4のガン玉を噛みつけ、針は「ヤイバグレ」の9号を慎重に結んで大型の尾長に備えます。

 

コマセを入れるとチョウチョウウオ系の魚やタカベなどおびただしい数のエサ取りがワッと寄ってきて、仕掛けを入れるとあっという間に餌が盗られてしまいます。

沖に投げると風の影響でなかなか仕掛けが馴染まないので、ハリスの真ん中にG5のガン玉を追加しました。

暫くするとイサキが数匹続けて釣れてきましたが、どれも居食い状態でアタリは出ず、仕掛けを上げようとリールを巻くと魚が驚いて走り出したという感じです。いつ喰ったのかもわからず、喰ったタナも定かではありません。

そんな状況が暫く続いた後で初めて道糸が走るアタリが出ました。驚いたことに釣れてきたのは口太です。38cmぐらいで、離島例会の検寸サイズである40cmには足りないのでリリース。その直後に46~7cmぐらいの口太が釣れ、これで何とか今日の例会はボウズにならずに済みました。後は大型の尾長を狙うのみです。

 

沖を釣りながら足元にもずっとコマセを入れ続けていたので、10時頃になってそろそろ魚が寄ってきたかと足元のエサ取りの大群の中に仕掛けを入れてみると、イズスミ、サンノジに続いて尾長が釣れました。竿は気持ちよく曲がりますが、これも37~8cmぐらいしかないのでリリース。

足元で尾長が入れ食うシーンを想像していたのですが、そんなムシの良い状況は訪れず、時折35cm前後の尾長が釣れる程度で終わってしまいました。

 

朝から潮が動かず左沖に浮いている大きな藻の塊がいつまで経っても同じところにありましたが、昼前になって南東の風が強くなってくるとこちらに吹き寄せられてきました。厄介なものが寄ってきてくれたものです。風と藻に道糸を盗られて仕掛けが馴染まず、更なる苦戦を強いられました。

 

隣の『大根』にも数人の釣り人がいますがやはり潮が入っていないようで、あちこちを向いて釣りをしています。

ふと見ると大根のはるか向こう側、神津島本島付近には潮が入っているようです。あの潮がこっちの方に寄ってきてくれれば良いのになあ…と勝手の良いことを考えていましたが、海はそんなに甘くはありません。結局潮が動かないままに納竿時間を迎え、次回に期待をかけることにしてこの日は恩馳を後にしました。

 

 

釣行データ 4月28日(日)

場 所:神津島 恩馳『長根』

天 候:晴れ

渡 船:長佐丸

潮回り:小潮(満潮:午前11時頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月26日掲載文

フィールドモニター杉崎勝氏のレポート

三浦半島は諸磯の釣行

4月20日、三浦半島は諸磯の磯へ釣行してきました。

当初はヤイバ磯祭りが開催される予定でしたが、あいにくの天候不順の為に大会は延期に。

午前5時頃、辺りが明るくなった頃から開始。エサ取りも少なく付けエサが残る時間が多かったですが、コマセと付けエサの同調を意識して投入を繰り返すと、ポツポツと口太メジナがヒットしてきます。しかし、アタリは小さく、針をヤイバグレケイムラの6号から開始しましたが、5号に変えてからヒットしました。最大は38cmまでで、おまけに44cm程のクロダイもヒットして、夕マヅメにも期待が持てそうな状況でしたが、南の風が強くなり、大量の海藻が釣り座周辺に流れてきて釣りづらくなってしまったので、午後4時に納竿することにしました。

ヤイバ磯祭りは延期になりましたが、メジナとクロダイを釣ることができて楽しい1日となりました。

 

使用タックル:

竿:ヤイバロッドウルフTYPE1 1-500

リール:3000番

道糸:PE0.6号

ハリス:フロロカーボン1.5号

針:YAIBA-X ヤイバグレケイムラ 5~6号

ウキ:G2

kurodai mejina

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月26日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鹿児島県の川内港沖の中ノ瀬釣行

クラブ員の馬場君と2人で、鹿児島県川内沖の中ノ瀬へ行って来ました。

私は今回石鯛狙いでした。馬場君はクロ狙いで、42㎝頭に数釣れました。

クロが食ってくる棚は、2ヒロ前後と浅かったです。釣ったクロのほとんど

が、産卵が終わっていました。そろそろクロの荒食いが始まりそうです。

今回、活躍をした針はケイムラグレの4号5号です。

IMGP1446IMGP1437

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月26日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

宿毛のマッスルチヌ狙い☆

2019年4月13日(土)

お久しぶりです。高知支部の大谷です。

この時期恒例の宿毛のマッスルチヌを狙いにホームグラウンドの泊浦に行って参りました(^^♪

残念ながら、当日早朝はウネリがあり、小島まで行くことができません”(-“”-)”

仕方なく2年ほど前まではよく上がっていた名磯?「アカサキ」へ。

今日はチヌ狙いだし、濁りもあるし、ま~いいかと思い、準備を整え、早速釣り開始~(^^)/

1時間経過・・・何も釣れず・・・(-“-)

きつい濁りのせいなのか、ウネリが高いせいなのか、魚の気配が全くありません。

いつもなら、木っ端グレや小バンドウなどは遊びに来てもらえるのですが、今日は全くあたり無し(涙)

根ガカリ覚悟でタナを深くして沈み根付近を流していると・・・やっぱり根ガカリ(-“-)

さらに深くして沈み根の奥を流していると・・・まさかの

キタ――――――――――――ッ\(◎o◎)/!!

力強くうねうねしながらのご来場は、42センチの本命(^^)/ すこし小さめ( 一一)

でも、本命を仕留めることができてとりあえず満足(^^♪

同じ場所でもう一匹追加したところで、船頭さんから、磯替わり可能との電話(^^)/

行くしかないでしょというわけで、いざ本命ポイントの「小島の船着き」へ

ウネリはアカサキとあまり変わりませんが、風裏になっているので、流しやすそうです。濁りもマシみたい(^^♪

早速竿出し(^^)/ すると・・・一投目からウキが入ります(^^)/ かる~い感じで上がってきたのはアマギちゃん。

例年泊浦のこの時期はアオリイカが熱いので試しに棒ウキイカ仕掛けにセットしてフカセに邪魔にならないところに流しておきます。まさかね(^^)/

さてさて本業再開(^^♪ いい感じで緩めに流れ、時々木っ端が遊びに来てくれるので退屈はしません。

こうやって遊んでいて撒き餌が効いてくると本命が現れるのがいつものパターン(^_-)-☆

撒き餌を切らさず続けていると・・・

キタ――――――――――――ッ\(◎o◎)/!

マッスルチヌ(*^_^*)48センチ(^v^) 年無しまであと少し(^v^)

その後、カワハギや木っ端グレなど、退屈しない程度に遊んでいると・・・(◎_◎;)!!!

・・・・・さっきまで沖目をフラフラ漂っていたアマギ付きのウキが見当たりません!しかも、道糸がどんどん出ています! 糸ふけをとって、大きく合わせると・・・・・まさか、のった~\(◎o◎)/!!!

ゆっくりと引き寄せ、足(手?)1本しかかかっていなかったので、タモ入れは同行者にお願いし、無事確保(^^)/ 帰って測ると1.2kgありました(^^)/

思わぬお土産に大満足(*^_^*) フカセもいいけどアオリイカも楽しいかも(*^_^*) 今度はベラを付けてほったらかしときます(*^_^*) まさかね(^^♪・・・(なんと納竿間際に抱きつかれ、900g追加しました\(^o^)/

潮止まりとなって、魚たちが釣れなくなったので、納竿としました。

本日の持ち帰りは、チヌ3枚、カワハギ3枚、グレ5枚、アオリイカ2杯となりました(*^^)v

チヌ・グレは当然ながら、アオリイカまで楽しめる「泊浦」に皆さんぜひどうぞ~今日も大満足~(#^.^#)

 

 《本日の仕掛け》

竿     : 磯竿1.5号 5.3m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸  : 2.25号

ウキ  : 3B、B

ハリス : 2号

ハリ   : ヤイバフカセ遠投mode(オキアミ)2号、ヤイバグレ6号

アオリイカ チヌ 釣果

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月26日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

長崎九十九島鹿町釣行2日目

 4月14日、2日連続で梅田釣りセンターにチヌ釣りに行って来ました。本日、上げてもらった磯は八木島のハナレ。このエリアで今シーズン一番、型、数共に上がっている場所だそうです。

 

 ここは九十九島の湾内でも外側に位置しており潮もけっこう動くところです。仕掛けは昨日と同じ00号のウキで沈め釣り。

 

 船長からポイントを聞き、そこにマキエ、仕掛け、マキエの順で仕掛けを打ち返していると開始1時間で竿先にコツンというアタリ。合わせを入れるとなかなかの引きで幸先よく51cmのチヌをゲット。それからもコンスタントに釣れ続き計5匹のチヌを釣り納竿としました。

 

 今回使用したハリは喰わせチヌ(ケイムラ)2号。

 

 この日釣れたチヌはすべてお腹パンパンの乗っ込みチヌでした。

DSCN5312 DSCN5310 DSCN5303

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月26日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

長崎九十九島鹿町釣行1日目

 4月13日、九十九島エリアで1番北側にある渡船梅田釣りセンターからチヌ狙いに行って来ました。この日は小潮ということで、普段上がれない磯を希望すると丑ヶ島の東のハナレに行ってみようということになりました。

 

 ここは、ワンドの中がポイントということでマキエを溜めて底付近を中心に狙っていきました。ウキは00号でゆっくりと沈めていき竿先またはラインでアタリをとっていきました。ツケエサはオキアミとムキミ、そして練り餌を数種類用意してローテーションしていきました。

 

 この日のアタリはかなり渋く竿先がほんの少しおさえ込むぐらいのアタリしか出ませんでしたが、50cmの良型を含め3匹のチヌを釣ることができました。

 

 今回使用したハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号。

 

 喰いの渋い状況でもしっかりと唇に掛けることができました。

DSCN5299 DSCN5297 DSCN5296

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年04月12日掲載文

フィールドモニター鈴木伸幸氏のレポート

お気楽釣り大会を開催!

桜の花が咲き誇る4月7日恒例のお気楽釣り大会を開催しました‼

チームヤイバの皆様を中心に27名の強者達がノッコミ真っ盛りの湯浅のチヌを仕留めに来てくれました‼

この湯浅の磯をホームにされている方も多く今年チヌは和歌山県下絶好調なこともあり!皆様釣ってます!釣ってます!検量も大変なほどの接戦でしたが、年無しを含め9匹を仕留めた佐原さんが見事優勝されました‼

おめでとうございます‼

いつもながら無茶苦茶ルール(磯割り無し)にも関わらず快く協力くださる、なぎ丸渡船様

色々サポートしてくださるササメ針様

そして、参加してくれる上様々な協力をしてくださる参加者の皆様本当に本当にありがとうございます‼

さぁ次は秋グレです宜しくお願いします‼

1554727290530 1554727238338 1554727241805 1554727284617 1554727287588 1554727260929 1554727257017 1554727270884 1554727234978 1554727246522 1554727282068 1554727293455 1554727265319 1554727252891 1554727249755 1554727296403

page top