磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年11月
« 10月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年11月19日掲載文

フィールドモニター石川諭氏のレポート

@@西伊豆波止グレ@

関東静岡支部の石川です。

 

同静岡支部の福井氏と佐藤氏の3人で、

静岡県西伊豆の波止へ行って参りました。

 

ここの波止は夜釣禁止エリアとなっている為、

いつも利用させて頂く福由丸の岡部船長と

近況話をして、明るくなるのを待って

ゆっくり準備に取り掛かります。

 

AM9:00頃のんびりとスタート。

まずは仕掛けを作る前にコマセを撒いて、

海の状況をしっかりと見て判断していきます。

餌を撒くと相変わらず大量の餌取りに囲まれます。

以前来た時はグレが捕食後横移動する為、

中々仕掛けにアタリが出なくて苦労しました。

しかしその日のグレの動きは以前とは違い、

コマセを捕食したグレが横移動せず

勢い良く海底へ下がって行きます。

おそらく水温が安定している証拠で

これからグレ釣りが楽しくなる兆しだと感じました。

 

堤防独特の当て潮から始まり、強い横流れ等々。

波止での釣りは1日に様々な潮や状況変化が訪れる為、

良い練習になるので日頃私は

9割近く波止場で釣りをしています。

 

難しい状況の中何とか仕掛けを送り込んで行きますが、

さすがに波止だけあって魚がスレています。

そこで今回選択した針は、

【YAIBA-X 渋グレ】

渋グレ3号・・・標準自重21、0mg

渋グレ4号・・・標準自重27、0mg

 

この針の特徴は超軽量設計で非常に軽く

グレを違和感無くバイトに持ち込み、

刺さりの鋭い【ヤイバ・エックス】で

スムーズにしっかりと刺さります。

更に短軸半スレ設計により刺さりをアシスト。

正に渋い状況に特化した頼れる針となって居ります。

 

実戦では40cm弱を3号で掛けましたが、

折れや伸びも無く強度もしっかりとした

仕上がりとなって居ります。

使用感としましては、

『 人が良く来るスレた波止場でも

魚に口を使わせる事の出来る針 』

と言った印象でした。

これから訪れる寒グレシーズンに活躍しそうです。

 

こちらの商品は今ご覧の

YAIBA-X公式ページよりご覧頂けます。

 

 

 

<タックルデータ>

 

ロッド : ヤイバロッドウルフチヌスナイパー0、6号

リール : 2500番

道 糸 : 1、2号

中ハリス : 1、2号

食わせハリス : 1号~1、5号

ウ キ : 修道F、0、00号

ハ リ : YAIBA-X渋グレ3号

     YAIBA-X渋グレ4号

小 物 : ヤイバXフロートストッパーオレンジ

コマセ : オキアミ6キロ + 米ぬか

刺 餌 : マジックパウダー(黄)

S__12148798 S__12148796 B99C0978-324F-4BBD-888F-D5A7765A1E88 E01FFE41-F272-40D1-9EE8-A14AB9989CF3 1BD37966-10AC-43C3-872B-866F1E43FC60 DSC_0051 DSC03821 S__12148802 S__12148801 S__12148800

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年11月19日掲載文

フィールドアドバイザー安藤大相氏のレポート

平戸宮ノ浦にクロ釣り釣行

去る10月31日(土)

釣友の 矢野 昌俊 氏(フィールドスタッフ)、チームヤイバに入会予定の23歳の若き釣り人・平野 彰 君。そして、平野君の同級生である 清水 竜斗 君 と釣り道場・平戸宮ノ浦にクロ釣りに出掛けた。船長によると「前日は時化。波は徐々に落ち着くと思うので、遅めの出船が良い」とのアドバイスを受け、福岡を午前4時に出発。宮ノ浦に到着したのは午前8時。普段の釣りより、ゆっくりしたスタートとなった。午前8時半、丸銀釣りセンターの「ニュー丸銀丸」での岸払い。「ニュー丸銀丸」は、宮ノ浦の沖合に浮かぶ上阿値賀島へ。船長が勧めで「上の裏瀬の角」に上礁した。

早速、仕掛けを作り、実釣開始。時間が経つにつれて、波は落ち着くとのことであったが、サラシがきつく、悪戦苦闘の釣りとなる。しかしながら魚影の濃い宮ノ浦。足の裏サイズのクロがポツポツと釣れ始めた。しかしながら、その上を行く30センチオーバーが中々出ない。午前11時、見回りに来た柴山伸幸船長(マリンエキスプレス丸銀)に瀬替わりをリクエストした。伸幸船長のナビにより、今度は、2名ずつに分かれることに。平野君と清水君は下阿値賀島の「魚のネヤの1番」へ。私と矢野氏は同じく「魚のネヤの3番」に上礁した。

以前、「魚のネヤの3番」に上礁した際、浅く釣ると良型がヒットした経験から、今回もハリスにガン玉を打たず浅く釣ることに専念した。すると第1投目で仕掛けが沖に一直線。浮いてきたのは35センチの尾長グレであった。久々の良型は非常に嬉しい。使用したハリは「ヤイバ閃烈グレ(イブシ茶)」(5号)。口元を見ると抜群の針掛かりであった。 矢野氏は、愛用していると言う「スピードグレ スレ鈎」(4号~5号)を使用し、いつもながら良型を連発していた。

平野君、清水君も「喰わせグレ(ケイムラ)」(5号~6号)を使い、30センチ~37センチの数釣りを楽しんだ様子。ヤイバの針で全員安打、非常に楽しい一日となった。秋も深まり、これから宮ノ浦はクロ釣りの好シーズンへ。筆者の宮ノ浦通いは続く。

取材協力:丸銀釣りセンター      0950-29-1006

     フィッシングなかはら今宿店 092-807-5082

1605685861375 1605685859660 1605685857242 1605685855305 1605685866365 1605685864673 1605685863137

1 / 11
page top