磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年03月23日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

北九十九島のチヌ釣り

 3月14日石井釣りセンターより北九十九島にチヌ釣りに行って来ました。朝7時過ぎ出船。当日は風が強く船長お任せで船を着けてもらった場所はトコイ島の西側。目の前には真珠イカダが設置してあり、いかにもチヌが好みそうなポイントをしています。

 

 この時期の九十九島のチヌは底狙いが基本となるので釣り始めはポイントを作るため多めにマキエを入れて狙っていきます。

 

 この日、最初にハリ掛かりしたのはチャリコ(マダイの子)。その後はしばらく反応がなく仕掛けを打ち返していると、誘いを入れた仕掛けに怪しいアタリ。じっくりと待って合わせを入れるとチヌ特有のコクコクという引き。まずは小ぶりながら本命をゲット。このチヌ、手前に寄せた時に口の中から黄色のムギ、コーンを大量に吐き出していた。そこで黄色のツケエサをメインに狙っていくと、すぐに反応があり45cmのチヌをゲット。

 

 そして、また沈黙。そこで、00号のウキをシモらせてラインでアタリをとっていたのをウキ止めをつけた3Bのウキに変更してウキでアタリをとっていく。ツケエサを盗られるタナまでウキ下をどんどん深くしていき、この仕掛けでなんとかもう1匹を追加して14時半納竿としました。

 

 この日使用したハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号。ツケエサは黄色系が反応が良かったように思います。

 

 九十九島のチヌですがお腹もパンパンで数、型ともによく釣れています。バラシもけっこうあるようで大型のチヌを求めて釣行してみてはいかがでしょうか。

DSCN5489 DSCN5491 DSCN5490

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2020年03月23日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

佐世保市の護岸でチヌ釣り

 3月9日佐世保市の護岸にチヌ釣りに行って来ました。午前中だけの釣りなのでマキエはオキアミ1角に集魚剤2袋を混ぜ約6時間分としました。

 

 まずは仕掛けを作る前にいつも通りマキエを広範囲に数十杯入れポイントを作っていきます。仕掛けは00号のウキにハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号を結びました。

 

 ツケエサはオキアミ、ムキミ、練り餌(赤、白、黄)を用意し、ローテーションしてアタリ餌を探っていきます。

 

 アラカブ、チャリコと釣れ本命がアタッてきたのは釣り開始から2時間後。上がってきたのは20cmほどのメイタ。この時ぐらいから潮が若干右沖に流れだし雰囲気はいい感じになってきました。するとその数投後ラインがスッーと伸びるアタリをとらえ40cm弱のチヌを追加。

 

 今がチャンスと思い集中して竿先から垂れる道糸を見ていると、またしてもラインがスッーと伸びるアタリ。合わせを入れると良型だとわかる引きと重量感が手元に伝わってきます。ゆっくりと竿の弾力で浮かせ無事にタモ入れしたのはジャスト50cmのチヌ。

 

 この後は反応がなくなり納竿としました。この日は黄色の練り餌に反応が良かったように感じました。

DSCN5482 DSCN5485 DSCN5480

1 / 11
page top