磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月28日掲載文

フィールドモニター福原健氏のレポート

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会I

みなさんこんにちは!ヤイバフィールドスタッフの福原です。1116日、ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会Iに参加してきました。当日は波、風もなく絶好の釣り日和です。運命のくじは36番、伊島の2番区域である唐人西に上がりました。この磯はプライベートでも何回も上がっており過去の大会でも優勝経験がある凄く相性がいい磯です。前半は惚れ惚れするような満ち潮が流れており優先権があったので潮下の釣り座に入りました。経験上、はっきりいって釣るのは朝の前半しかないと思っていました。その中で優先権が自分にあったのは運が良かったです。マスターズは5匹の総重量なので次のブロック大会に行くには最低でも4キロ以上は釣らなければと考えていました。と言うことは良型のバラシは厳禁です。ハリスは1.7号、針は新製品の閃烈グレ5号、閃烈グレを選んだのは理由があります。それは中軸で少し自重がある為、流れの強さに負けないのと時期的に餌取りにが多いのでその層を少しでも早く突破する為です。また、伊島のように太いハリスで良型が当たるところは強引にやり取りしても曲がらなく強気で攻めれるからです。尚、抜群の刺さりと強さは言うまでもありません。ウキは遠投ができるMサイズのG3です。流れの強さからもう少し重たくしてもよかったのですが立ちすぎて深く仕掛けが入ると定番のイサキが釣れてしまうので極力、ハリスは長めで斜めにフワフワふかせて入れすぎないよう心がけながら釣りをしました。潮は早く、下から湧き潮も出ているので当たりは穂先で取ります。そうなると仕掛けの張り加減が難しいのですがそこらへんは経験と勘です。開始直ぐに30センチ弱が釣れ、しばらくして竿先がひったくられ待望の45センチ、また直ぐに40センチオーバーと前半戦までになんと合計10匹のグレが釣れました。後半、入れ替えできるよう頑張りましたが釣れず予想通り釣れたのは前半の朝だけでした。結果は5尾で5206gで準優勝。優勝は5260g54g差だったので自分の詰めの悪さをことごとく感じた1日でした。実はバラシが2回ありまして。ラインがたるみすぎており当たりが分からず根に潜られてしまってました。次回はこの経験を生かして確実に取り込めるよう練習して腕を上げたいと思います。そして翌日、朗報が入りました。同じ徳島スタッフの河中氏が優勝したと。私が前日、準優勝しているのでかなりのプレッシャーがあったのにもかかわらず優勝とは流石です。しかもブッチギリで!

次のブロック大会も勝ち上がって2人揃って全国大会に行きたいですね。最後になりましたが新製品の閃烈グレもの凄くいいハリです。グレつりでよくあるハリ外れも全く無かったです。刺さりの鋭さ、耐久性も抜群で同じ針で何匹もの良型グレを釣り上げました。みなさんも是非、この閃烈グレを使って今シーズンのグレつりを楽しんでください。

DSC_0128

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月26日掲載文

フィールドモニター河中謙作氏のレポート

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会II

全国のヤイバファンの皆様お疲れ様です。

徳島支部の河中です。

 

11/17日に徳島県阿南市の伊島沖で開催された

ダイワグレマスターズ東四国ブロック大会2日目に出場して来ました。

前日同じ徳島スタッフの福原氏が好成績を残し準優勝し予選突破しました。ダイワグレマスターズ全国大会優勝経験者だけあって流石です。

プレッシャー全開の中、運命のクジ引きです。自分が引き当てた38番は、伊島の中でも最近群を抜いての好成績のある名礁、西長オチと同じエリアです。はっきり言って少し凹みました。西長オチに勝てないとブロック進出は難しいからです。気を取り直し渡礁した磯はオンビキと言う名の悪くはない磯ですが、近況はあまり良くない噂です。7時開始の13時まで頑張るしかありません。スタートは新発売の閂烈グレ5号からです。これには理由があり前日の福原スタッフが使用した針だったからです。開始して間もなく40メートル程沖の水面が怪しい波紋が見受けられたので一応遠投用の浮きに切り替えて狙ってみました、なんと即ヒットで相当な重量感でした。上がって来たのは40センチ程の口太グレです。連続ヒットしましたが痛恨の針外れ。これは湧きグレ仕様にチェンジと思い棚も浅く針もいつもの渋グレ5号にしました。これが的中しアタリがあっても一呼吸遅らせて合わせを入れると確実に飲み込み1時間ほどで良型ばかりをリミットメイク!これは西長オチと勝負出来ると釣り座交代までロボットの如く釣りまくり入れ替えを狙いました。なぜか開始から2時間経った9時位に渡船が近付いて来て、「撤収〜」とマイクで言っています。ん?撤収⁉️と思いながら慌てて道具の片付けを行いました。船に乗り込むと優勝候補の西長オチは釣れていません。期待を膨らませ帰港後検量を行うと、5匹で6290gで前日の優勝より1キロも重たい重量です。まさかの時化で撤収になりましたが、2位の方とはトリプルスコアの差で優勝する事が出来ました。来月那智勝浦で行われるブロック大会も福原スタッフと共にヤイバの爪痕を残せるように全国目指して頑張って来ます‼️

それでは失礼します。

1574758061038 1574758052171 1574758059129 1574758055249

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月26日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

親子釣行☆

11月6日(水)長崎県平戸市宮ノ浦港に、父親と2人で釣行に行きました。

 

渡船は、丸銀釣りセンターにお世話になりました。マリンアローで、上阿値賀島の北の瀬に3時に上がった。

 

夜釣りは「グレリズム」9号で、クロは釣れなく、ヨコスジフエダイ、アナゴ、アラカブが釣れた。

 

朝マズメには、復活した「閃烈グレ」5号を結び、ボチボチとクロやイサキが釣れ楽しませてくれた。

 

10時に見廻りで瀬替わり。尾上島の西に移動。沖に撒き餌さを打つと、クロが表面まで姿が確認できるぐらい活性が高い。

 

「閃烈グレ」5号と6号を交互に交換して仕掛けを張りぎみでアタリが出ると、竿を立てるだけで、針が刺さっている状態でした。納竿の16時まで、2人でクロの25cm前後を30枚以上釣り上げました。

 

今回使用した針は、復活した「ヤイバ閃烈グレ」5号6号。刺さりが抜群で最高の針だと感じました。

DSC_0446 DSC_0441 DSC_0453 DSC_0439 DSC_0442 (2) IMG_20191112_223852 DSC_0487 (2)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月26日掲載文

フィールドモニター上原大智氏のレポート

沖縄秋のフカセ釣り

沖縄スタッフの上原です。よろしくお願いします。

北風が吹き始め沖縄でもようやく半袖では肌寒さを感じる時期になりました。海ではエサ取りの数も徐々に少なくなってきており、ようやくフカセ釣りシーズンに突入です。

 

少し沖縄のフカセ釣りについて紹介します。ターゲットはグレやチヌだけではなく、イスズミやニザダイ類、ブダイ類もターゲットとなり磯や堤防で強い引きを楽しむのが沖縄スタイルです。

 

11月18日に県南部の東側にある久高島へ友人4名と釣行してきました。当日は生憎の雨模様。また北西の風が強く吹き付け水面も波立ち釣りをする状況としてはあまり良い状況ではありませんでしたが、そんな中でもポイントでは多くの釣り人が糸を垂れていました。

私も多くの釣り人に混ざり竿を出すことに。マキエを撒くと50cmを超えるトカジャー(和名:クロハギ)やイスズミがマキエに反応しているのをうっすら確認できます。いざその魚を狙いますが風の影響で横滑りする表層に仕掛けを取られ仕掛けとマキエの同調する時間が短くうまく魚に口を使ってもらえません。そこで、ウキの浮力を落とし着水と同時にウキが沈み始めるように調整。道糸を早く水中にいれることでマキエとの同調時間を長くすることができました。続いて魚の棚をサシエが少しでも長く漂ってもらえるよう復刻した中軸軽量の「閃烈グレ」7号に変更。仕掛けを変えた一投目、20mほど先に仕掛けを投げ込み仕掛けを海中へ入れ込みます。ウキが見えなくなりそろそろ魚の棚かな?と思うタイミングで仕掛けを張りアタリを待つとすぐに穂先へトンッとアタリが現れます。アワセを入れるとズシッと重みが乗ったと同時に強烈な引きが襲いかかります。魚は10メートル隣のテトラポットへ一直線。私もテトラポットの上を移動し魚の引きについていきます。足下のテトラ際でしつこく右に左に走り回る魚。怒らせないようゆっくり時間をかけて間合いを詰めていきます。体力を使い果たしたかゆっくり青白い魚体が浮いてきます。トカジャーです。水面に浮いた魚を一発で友人がタモ入れしてくれました。取り込んだ魚は50.2cm、2.1kgの立派なトカジャー。タモ入れや後ろから応援してくれた友人たちのおかげで取る事ができました。感謝です。

その後も「閃烈グレ」の号数を変えてニセカンラン(こちらも方言でトカジャー)などを釣り楽しく釣りをすることができました。

 

今回使用した「閃烈グレ」掛かり所もバッチリで軽量のハリながら強烈な引きにも耐えてくれました。ゆっくりサシエを落としていきたいときや、食い渋った時に使ってもらえると、沖縄でも活躍してくれる事間違いなしです。

_20191120_095635 DSCPDC_0001_BURST20191118110132253_COVER

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月12日掲載文

フィールドアドバイザー松野徹氏のレポート

房総遠征釣行

宮城支部の松野です。
今回は週末を利用して、千葉県は富浦町へ釣行しました。
お世話になったのは鳴釜渡船さん。
そしてポイントに選んだのは「モッソー」と呼ばれる
メジナ、クロダイ共に狙える一級磯です。
2番船で他のグループさんの計6名と渡礁し、船着きのテラスに陣取り釣り開始です。
復刻間もない閃烈グレ!
まずは5〜6号を使用します。
今回の釣行での使用を楽しみにしてました。

潮はほとんど動かず、餌盗りが気になりましたが
さほどては無く、数投後に小メジナが顔を出します。
それからは手のひらから足裏サイズがボチボチ釣れ、サイズアップに期待したところへこの日一番のヒキが!
良型を期待して慎重にヤリトリの後、顔を出したのは
残念ながらアイゴでした。
その後はアイゴの猛攻をかわせず、最終便まで頑張りましたがキープしたのは数尾でした。
しかしながら、使用した閃烈グレは中軸で軽量の為
食い込みが良く、また鋭い針先はほとんどの魚の唇を貫通していました。
Mサイズのつけ餌を使用しましたが、頭を取って刺すと丁度針がきれいに隠れてくれました。

久しぶりに訪れた千葉県ですが、途中に先の台風の被害に合われ、未だに手付かずの住宅が沢山ありました。
被害に遭われた方々が1日も早く日常を取り戻せることをお祈りします。

DSC_0314 DSC_0320 DSC_0313

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月12日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

秋磯開幕!南九十九島でのクロ釣り

 11月4日、秋磯開幕ということで南九十九島にクロ狙いで釣行してきました。

南九十九島といえばチヌ釣りのイメージが強いですがクロの魚影も濃く35cmクラスは沖磯での40cmオーバーに値し楽しめます。

 

今回は待望の復活をした『ヤイバ閃烈グレ』を。軸の長さ、自重とミドルタイプで私的にはやはりまずこの基本タイプのミドルタイプから始め、後は状況に応じて変えていく感じで使用しています。

当日は湾内ながら強風が吹いており仕掛けのコントロールが難しくウキを少しシモらせてなるべく風の影響を受けないよう仕掛けを打ち返すと30cm前後のクロが楽しませてくれました。

午後からの下げ潮では活性が低くなったのか魚の動きが悪くなったので沖の頭を出した沈み瀬をダイレクトに狙ってみるとこの日最大の34cmが釣れ満足がいく釣行となりました。

 

使用鈎:ヤイバ閃烈グレ5号・4号

IMG_1223 (2) IMG_1211 (2)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月06日掲載文

フィールドアドバイザー太田雅人氏のレポート

第4回東北スマイルカップに参加

11月3日日曜日に第4回東北スマイルカップにスタッフ、選手として参加しました。この大会は東北の磯釣りを盛り上げようと今年で5年目の大会です。

毎年各12のメーカー様からご協賛頂いております。

毎年ヤイバ様からのご協賛頂いております。ありがとうございます

DSC_3071 DSC_3069 DSC_3070 FB_IMG_1573003781832 DSC_3073 DSC_3068

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2019年11月06日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

秋のチヌ狙い

2019年10月27日(日)福岡県宗像市神湊漁港に行って来ました。

 

朝6時に漁港に到着し、防波堤の近い駐車場に車を駐車するとすぐに満車となった。

 

人気の防波堤が釣り人ファミリーフィッシング等でいっぱいでテトラポット側の比較的足場が良い所に釣りが出来るスペースを見つけ、ワクワクしながら準備をすることにした。

 

狙いは、チヌを狙うために「極チヌ(ケイムラ フッ素コート)2号」を結び、フカセで狙う。

 

開始早々、エサ盗りの活性が高いなか、メイタが釣れ、2時間が経ちエサ盗りのコッパグレ、アジゴ、フグ、バリ等が釣れる。

 

撒き餌が効いて、チヌが寄って来たと思い、エサ盗りの口に入らない大きめの針に変更(2→4号)にすると、25cmのメイタが釣れてくれた。

 

この調子で針を3号と4号を使い分けて狙うと、メイタが釣れだした。メイタが4枚釣れたぐらいの10時ぐらいに、波が高くなりテトラポットまで波が上がってきた。ポイント移動する場所がないので、安全第一で納竿することにしました。

 

秋になり、防波堤や漁港では魚の活性が高いので、ファミリーフィッシング等で楽しめると思います。命や怪我を守るためにライフジャケットや衣類等に注意してください。子供から目を離さないようにしましょう。

DSC_0397 DSC_0393 DSC_0401

1 / 11
page top