磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月11日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

静岡県~初島釣行~

10月の三連休。毎週末やってくる台風の影響で、所属するクラブの例会、大会が中止になってしまい、練習もかねて伊豆半島、熱海沖の初島に釣行してきました。

初島の堤防は足場が高く若干のシケでも安全に釣りが楽しめます。

潮は上りが入っていたので、釣り場は新堤防を選択しました。

 

針は【釣闘競技5号】を選択。

コマセを足元に入れると、スズメダイ、ネンブツダイの大群が群がります。

コマセを足元に打ち、遠投で分離して30センチ台を拾っていきました。

 

針を【ヤイバフカセ遠投モード5号】に変更し、徐々に距離を伸ばしていくと30後半までがコンスタントに竿を絞ります。

この針はケン付きで遠投してもつけ餌がズレにくいので、餌取りが多い秋磯シーズンにオススメです。

沖に入れるコマセと仕掛けの距離を離していくと40センチクラスにサイズアップ。

この日は大型がコマセに浮いてくるタイミングが早く、沖に打ったコマセの波紋に同時打ちで仕掛けを合わせる、サイズが上がらなければコマセの潮下に離していく釣り方が好調でした。

最終的には、この時期には嬉しい40センチ後半のデカパンも飛び出し、好調を予感させる秋磯シーズンの幕開けとなりました。

IMG_0102 IMG_0100 IMG_0098 IMG_0101

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年10月01日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

幸ノ子島にクロ釣り

 私が住む長崎県一帯でクロがぼちぼち釣れ始めたという情報を聞き9月22日、同クラブ員でヤイバスタッフの深江さんと佐世保市の沖磯にある幸ノ子島にクロ釣りに行って来ました。

 

 石井釣りセンターより朝5時半出しの船に乗り約20分で幸ノ子島に到着。伊島を向いて左側のポイントに船を付けてもらいました。

 

 本日最初に使用するハリはヤイバフカセ遠投モード(オキアミ)2号。

 

 足下にマキエを入れてエサ盗りと潮の流れを確認。釣り始めはエサ盗りの姿は見えず、潮は左に流れている。全体的に水深がないので遠投して狙っていくがコッパグロがハリ掛かりしてくるだけでサイズが上がらない。そこで、ウキ下を浅くして足下に撒いたマキエの少し沖を狙ってみる。すると仕掛けがなじんですぐにアタリ。合わせを入れると良型だとわかり、久しぶりの引きを楽しんだのは42cmのクロ。その後、同じポイントを狙い続けたが型がでないので再び遠投して沖を狙っていく。

 

 時間の経過とともに魚の活性も上がり足下のマキエにはエサ盗りが見え出し、沖では1投毎にアタリがあるもののハリ掛かりしなくなったのでハリをヤイバフカセ遠投モード(茶)1.5号に変更。するとバリとコッパグロが釣れてくるようになった。しかし、エサも盗られることが多いのでハリをヤイバフカセ遠投モード(茶)1号までサイズを落とす。

 

 ハリを変更したことで魚も良く掛かるようになり納竿までに35cmオーバーのクロを2匹、30cmオーバーを1匹、手の平から足裏サイズを多数、バリも多数ハリ掛かりさせることができました。

 

 今回使用したハリ、ヤイバフカセ遠投モードは遠投しても餌ズレしにくく本命、エサ盗り両方の魚の口にしっかり掛けることができました。

DSCN5179 DSCN5175 DSCN5177

1 / 11
page top