磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年09月19日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

鹿町町役場裏でのチヌ釣り

 9月4日、午後からの短時間でチヌ釣りに行って来ました。場所は佐世保市鹿町町役場裏の防波堤。釣り場に着いてみると思いのほか風が強かったのですが、時間もないのでここで竿をだすことに。

 

 オキアミ1角に集魚剤2袋を遠投が効くように混ぜ合わせ、20杯ほど先にマキエを入れて仕掛け作りに取り掛かる。道糸1.75号にウキは釣り座に対して風が左斜め前から吹いているので自重がありマイナス浮力のものを使用する。ハリス1.25号にハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号を結ぶ。

 

 先ほどマキエを入れたところに5杯先打ちマキエを入れ仕掛けを投入。さらにウキの周りに追い打ちのマキエを5杯入れアタリを待つ。1投目、風に道糸がとられ右に大きくズレたので仕掛けを回収してみるとツケエサのオキアミはそのまま返ってきた。2投目も同じような状態になったのでハリスにガン玉を打ってなじませようと思ったが、ツケエサを練り餌に変更してガン玉の代わりとして使用してみた。

 

 するとその1投目、先ほどより仕掛けのなじみが良くなり少し待っているといきなりのアタリ。海面につけていた竿先が持ち上げられ道糸とともに一気に引っ張られていった。元気な引きで姿を現したのは40cmオーバーでお腹パンパンのキビレ。向こう合わせとなったがハリはきれいに口元に刺さっていた。

 

 その後、チャリ子、チャリ子と釣れ再び大きなアタリを捉えたのは1匹目が釣れてから30分後。姿を現したのはまたしても同型のキビレ。時間の経過とともにエサ盗りの種類、数も増えコッパグロ、フグとハリ掛かりするようになってきた。

 

 18時頃、今まで残らなかった練り餌が残って返ってきたので、長めに待っているとアタリがあり本命のチヌ(メイタ)が連続でヒット。しかし、海の中はすぐにエサ盗りだらけになり約3時間の竿出しでしたが納竿としました。

DSCN5162 DSCN5159 DSCN5164

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年09月19日掲載文

フィールドモニター新井郷平氏のレポート

静岡県、初島釣行

9月13、14日にTeam YAIBA渡辺会員と静岡県の初島に釣行してきました。

初島へは熱海港、伊東港から船で30分ほど。

アクセスが容易で手軽に釣りを楽しむことができます。

針は「ヤイバ グレ 5号」を選択。

撒き餌はボイルをメインにパン粉、ヌカのみでスタート。

コマセを入れると海が真っ黒になるほどのスズメダイ、ネンブツダイの大群が。

釣りを開始して間も無く、餌取りの下や沖に浮いている良型グレの姿を確認出来ました。

しかし、付けエサは触るが中々食い込まず。

そこで、ハリスを矢引きに詰めて、針を「閃烈グレ ライト」に変更。仕掛けの投入点を徐々に沖へ。潮受けの動きで掛け合わせていくと35cmクラスが。

仕掛けの投入点を変えていくと40cmクラスとサイズが上がっていきました。

足元の魚にはチモトにガン玉、パン粉の練り餌が有効でした。

遠近、釣り分けて終わってみれば40cmオーバーが二桁の釣果になりました。2日間でこのクラスが30枚ほど。

10年ほど初島には来ていましたが、この時期のアベレージをはるかに超える釣果に驚きつつ、絶好調の初島の海を満喫出来ました。

IMG_0040 IMG_0041 IMG_0029 IMG_0019

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年09月19日掲載文

フィールドモニター富塚信行氏のレポート

庄内由良釣行

宮城支部の富塚です。

先日の9/16に山形県は由良港より蔵泉ハナレ磯に黒鯛・真鯛をターゲットに釣行してきました。

 

自分は初めてのる磯で20~25mと足元から水深のある人気磯で、いつも予約が一杯なのですが珍しく予約に空きがあり、今回宮城支部の佐藤君と2人で6時より実釣スタートしました。

釣り開始から4時間は上潮が滑る釣り辛さと餌取りのサヨリ・チャリコ・小石鯛の活性が高く練り餌さも通らず悩まされました。

撒き餌を足元に入れ仕掛けを遠投、潮変わりのタイミングでなんとか小さいながらも25~40㎝の真鯛をGETできました。

 

今回使用した針はケイムラ フッ素コート 極チヌ3号を通しで使用です。

水深ある深場でのアピール効果を期待しての選択です。食いも針がかりも良く、安心して魚とのやりとりができました。

 

お世話になったのは

由良港より沖磯、離岸提へと渡船している

オイスター号 池田船長

完全磯予約制!

これからの秋磯に!おススメです。

DB0EAF21-B116-492B-9595-203AD847769D 64D8E65B-626B-4E53-86C9-7D79E4FC0237

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年09月19日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

平戸市曲港でのチヌ釣り

 日中の暑さもだいぶ和らいできた9月13日、平戸市曲港にチヌ釣りに行って来ました。ここは数年前の夏から秋にかけて大型のチヌが良く釣れていたところです。ここ最近はあまり聞かなくなってきたのですが、今年は釣果が上向いてきてるとのこと。

 

 釣り始めのハリは喰わせチヌ(ケイムラ)2号を結びました。

 

マキエを多めに入れてアタリを待ち、2投目でチャリ子(マダイの子)がヒット。しかし、その後はアタリがないままツケエサが盗られるので練り餌に変更。エサ盗りの種類はコッパグロ、アジ子、チャリ子で、たまにサバ子にフグ。足下にマキエを入続け手前と沖で釣り分けていると、足下に撒いているマキエの中にエサ盗りに混じってチヌが1ヒロのタナまで浮いてきてエサを食べているのを発見。ツケエサをコーンに変えて狙ってみると1発で針掛かり。タモに収まったのは40cmオーバーのチヌ。もう1匹同型の見えチヌをゲットして再び沖を狙っていく。

 

するとポツポツとエサ盗りに混じってチヌが釣れだし、夕まづめ大型がきてもいいようにハリを喰わせチヌ(ケイムラ)3号に変更。しかし、最大で45cmまでしか出ず納竿としました。

DSCN5167 DSCN5166 DSCN5169

1 / 11
page top