磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年08月20日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

俵ヶ浦岸壁で真夏のチヌ釣り

8月11日チヌ釣りに行って来ました。この時期のチヌと言えば活性も上がり活発に様々なエサを漁るようになるので、比較的釣りやすい時期だと思います。

 

しかし、同時にエサ盗りも非常に多い時期となるのでエサ盗り対策が必要となってきます。エサ盗りのかわし方はいろいろあると思いますが、今回は場所選びを第1に考えて釣行してきました。

 

事前の情報によれば、私の住んでいる近辺の九十九島湾内はサバ子が多くほとんどかわすことができないとのこと。そこでサバ子がいないだろうと思う佐世保湾の入り口俵ヶ浦の岸壁で竿を出して来ました。

 

朝5時半釣り開始。最初の3投はツケエサをオキアミの生でやっていましたが、やはり歯が立たず、練り餌に変更。練り餌は赤、白、黄色の3種類を用意。最初は閃刀チヌ(ピンク)1号がきれいにかくれるくらいにつけていましたが、すぐに盗られるため徐々に大きくしていきました。

 

 エサ盗りにはチャリ子(マダイの子)、フグ、コッパグロ、バリと釣れ本命が釣れたのは釣り開始から1時間半がたった頃。サイズはいまいちでしたがわずかなアタリをとらえてメイタをゲット。

 

 その後は、エサ盗りを掛けながら本命を4匹追加し納竿としました。今回、チヌと呼べるようなサイズは出ませんでしたが閃刀チヌ(ピンク)1号でエサ盗りと本命どちらの口にもしっかりと掛けることができました。

DSCN5064 DSCN5069 DSCN5062

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年08月09日掲載文

フィールドモニター渋谷勇氏のレポート

伊豆七島新島エリア鵜渡根でクラブ例会

8月4日(土)クラブの例会が伊豆七島新島エリアにある鵜渡根で行われ釣行してきました。私はクラブのメンバーと二人でシンバと言う磯に乗りました。釣りの準備をしながらふと海を見るとマキエも撒いていないのにイサキが見えます。見えているうちにイサキのおみやげでも釣ろうとヤイバケイムラグレ8号を結び釣りスタートですイサキは一投一尾で釣れます。イサキもそこそこ釣れたので今度はメジナを釣ろうとマキエを打ちながらイサキの出てくる方向を確認しながら仕掛けを入れますがあいかわらずイサキばかり釣れてきますイサキが浅く浮いている状況遠投してもイサキです。少し深くさぐろうとハリをくわせグレケイムラ8号に交換すると二投目にイズスミ今日のメジナは食い気がなく浮いてこないのかなと思いハリスにガンダマを打ち釣りますが食ってくるのはイサキばかりガンダマをはずしマキエから少しはなして仕掛けを投入すると42センチ口太でしたが待望のメジナです。その後もイサキ、イズスミが釣れイサキ食いがよく合わせが遅れるとハリが呑まれます。そこでハリをサイト尾長ヘビー8号に交換すると数投目に本日二匹目のメジナ40センチ口太でした。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年08月01日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

福岡県津屋崎漁港での短時間フカセ釣行!

30年7月28日に福岡県福津市にある津屋崎漁港に短時間釣行に行って来ました。

5時に釣り場に到着し、フカセ釣り、サビキ釣り、投げ釣り、ルアーマンで釣り人が多い中隙間を見つけて、釣り場を確保。仕掛けにプロフェショナル チヌ(ミドル・オキアミカラー)2号を選んで結んだ。数投後に餌取りではないアタリを捕えると35センチのメイタを釣り上げた。日が昇ると餌取りが活発になって来ました。今回の餌取りは、フグ、アジゴ、小グレ、小タイです。撒き餌さが効いてきたのか、メイタが数枚釣れ出し、投入後すぐにアタリ。大きく竿を曲げ引きを楽しみ取り込んだのは、40オーバーのヘダイでした。約3時間の釣行でした。

 

仕掛け

・プロフェショナル チヌ(ミドル・オキアミカラー)

・ダブルエックス チヌ

・喰わせチヌ ケイムラ

IMG_4491 IMG_4495 IMG_4496 FullSizeR

1 / 11
page top