磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年07月11日掲載文

フィールドモニター出雲信也氏のレポート

Ⅿ-1CUPチヌ MFG東北選抜大会に参加

6月30日に行われたⅯ-1CUPチヌ MFG東北選抜釣り大会に参加してきました。大会は参加者44名、1回戦目は4時間でクロダイ2尾の総重量で行われ、各港の上位トータル7名が2回戦に進出です。2回戦の優勝者が全国大会に出場です。
当日は、ウネリガあり厳しい状態です。私は1回戦目堅苔沢のエボシでしたが、半分以上が波をかぶっていました。
今回も、ロッド・柄杓・玉の柄はピンクスペシャル、針は遠投フカセモードの3号と4号を使用しました。
1回戦目、船着き場に釣り座を選びスタート。エサ取りは予想よりも少なく、先にある根に沿って仕掛けが流れいい感じです。しかし、前半の2時間で釣れたのはチャリコだけ。後半は優先権が無いので空いている場所でスタート。後半なんと1投目でヒット。無事タモに入ったのは約40センチのクロダイでした。その後、まもなく同サイズのクロダイが釣れ、とりあえずノルマ達成。ちょっと休憩後、サイズアップを狙い再スタートしたところ1投目でまたヒット。しかし、サイズダウンしたので、まだ時間はありましたが終了とし2回戦の準備。
1回戦が終了し、港で検量した結果1860gで2回戦進出となりました。(全体で1位でした)
2回戦は、由良港に移動です。磯割のくじ引きで1番を引き当て今日は絶好調、どこの磯かと思えば全員離岸堤。まずは、一番端でスタート。潮はほとんど動かず、時間と共にエサ取りが増えてきます。前半戦はアタリが無く終了。後半戦も同じ状況ですが、1時間くらいした時、隣でクロダイがヒット。まもなく、その隣でもヒット。そして隣では2匹目。終了5分前には隣で3匹目。そして、私は釣果の無いまま終了となりました。
2回戦は釣果がありませんでしたが、久しぶりに山形でクロダイを釣ったので楽しい釣行となりました。

DSC_0092 DSC_0089

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年07月11日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

長崎県佐世保市、幸ノ小島でのグレ釣り

長崎県佐世保市の幸ノ小島にグレ釣りに行ってきました。

過去に45㎝のデカバンを釣った実績があり、期待を膨らませながら、磯にあがりました。

道糸1.75号、ハリス1.75号にフカセ遠投モード 1.5号 をセットします。

足元にコマセを撒くとコッパグレとスズメダイがちらほら見えました。

最初のアタリはやはりコッパグレ、 マキエから仕掛けを離し深く送り込んで行くと、 ベラが釣れました。

手前を諦め、沖を狙い左から右沖に流れる潮にのせると、勢いよく道糸をひったくられました。

アワセを入れると強烈な引き、良型のグレかと近くまで寄せると、魚体が細く茶色い。アイゴか?それにしては竿を叩かないぞと思っていると、なんとデカイサキ。急に口切れを警戒しへっぴり腰でなんとか取り込むと、40㎝は軽くオーバーしています。デカイサキはヤイバの針を違和感なく飲み込んでおり、外れない場所にしっかりと刺さっていました。

同型を2枚追加し、イサキタイム終了後は、足の裏サイズのグレが釣れだし、合間にはチヌも数枚釣れました。

同行した吉村さんも、デカイサキ数枚と自己記録の50㎝オーバーのチヌを釣り上げられ、二人とも大満足の釣りとなりました。

1530892738941 1530892763043 1530892784194 1530892691515 1530892719073

1 / 11
page top