磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年01月15日掲載文

フィールドモニター田邉昌汰氏のレポート

大島でのチヌ釣り

12月27日去年も釣行した大島に行ってきました。

去年と比べ水温がいきなり下がった事が原因なのかなかなか大型が出ていないとの情報でした。

そんな中初日は元町港にて。

水温が低い事もあり餌取りの反応すらない状況。

時折アタリがありヒットするもタカノハダイなどの外道ばかり。

夕方になり潮が少しずつ動き始めると42センチ程のクチブトがヒット。

その後数匹40センチオーバーを連続で釣り上げるとまたパッタリ反応が無くなり納竿。

そんな厳しい状況が続く日が多く釣り納めの31日は30センチ〜37センチのオナガとクチブトが午前中で23匹程ヒット。

釣り納めとしては少々心残りの釣りとなりました。

年明けの1日は突風でなかなか場所が見定め出来ず断念。

その後も風が強い日が続きようやく5日辺りから落ち着き岡田近辺に。

岡田周辺も餌取りの反応が無く刺し餌も残るような状況。

夕方になり速い潮が通し始めるとポツポツ釣れるような状況でした。

今回も11日間釣行しましたがなかなか天候が安定せず悔しい釣行となりました。

そんな中でも貴重なアタリをしっかりと捉えて釣果に結び付けれたのもヤイバの針だったからだと思いました。

今回はヤイバ渋グレヘビー 5号6号7号をメインに使用しました。

なるべく仕掛けを重くしたくなかった為重めの針をチョイスしました。

なおかつ食い込みの良い軸の短い針を選びました。

トータルで30センチ〜最大47センチまでで87匹の釣果となりました。

待ち望んでいた50センチには届きませんでしたがそれなりに釣果もあり楽しめました。

image3 image2 image6 image5 image1

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年01月15日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

北九十九島でのチヌ釣り

 12月29日、田中さん、深江さん、私の3人で北九十九島にチヌ狙いで釣り納めに行って来ました。朝10時過ぎに出船。船長の話では、ここ最近は状況があまり良くないそうで1匹釣れたらいい方とのこと。そんな中、渡してもらったのはアオサという磯。近くに真珠イカダが設置してありチヌが好みそうなポイントをしている。

 

 本日使用するハリは閃刀チヌ(ストレート)・ミドル(オキアミ)1号を結んで釣り開始。この時期の九十九島のチヌと言えばベタ底狙いが基本。最初は多めのマキエを入れポイントを作っていく。

 

 まず最初に魚の反応をとらえたのは田中さん。上がってきたのは足裏サイズのマダイ。続いて型の良いアジ。釣り開始から1時間、ついに本命がヒット。竿を曲げているのはやっぱり田中さん。落ち着いたやり取りでタモに収められたのは45cmオーバーのチヌ。1匹チヌが釣れたことで魚の活性も上がったかなと思ったが、その後は少し沈黙。

 

 次にアタリをとらえたのは私で、ベタ底にツケエサの生オキアミを這わせるイメージで待っていると竿先にコツンというアタリ。合わせも決まり40cm級のチヌをゲット。しかし、後が続かず時間だけが過ぎ夕まづめ。

 

 場所を真珠イカダの一番近くに構え狙っていくが、ここは先ほどの場所から数メートル移動しただけなのにコッパグロ、スズメダイ、フグの活性がすごくツケエサのオキアミがあっという間に盗られてしまう。そこでツケエサを練り餌に変えてみるが反応はなく、ムキ身に変更。すると半分かじられてかえってきた。そこでムキ身で重点的に狙っていき、竿先と道糸に集中しているとジワーッと道糸が真っ直ぐになっていき竿先と一直線になった。合わせを入れるとチヌ特有のコクコクという引きが伝わってくる。引きからして先ほどよりも型がよさそうだ。上がってきたのは45cmオーバーのチヌ。この1匹を最後にチヌのアタリはなく18時納竿としました。

 

 北九十九島のチヌですが、これから1月、2月と寒チヌ、それから3月、4月と乗っ込みシーズンに入っていき数、型ともにおもしろくなってくるのではないでしょうか。

DSC_2715 DSC_2718

1 / 11
page top