磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2018年01月06日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

雲見の新屋より

明けましておめでとうございます。今年も初日の出の写真をお届けします。

また初釣りに出かけた雲見の磯からは富士山も良く見えましたのでその写真もお送りします。

 

1月5日(金)に会の仲間と4人で入間に行き、運良く『河伍』に乗ることができました。この『河伍』は入間では牛根に続いて沖側に位置しており、ウネリを被り易いので渡礁できる日は限られますが、乗れれば釣果は硬い磯でもあります。

 

磯に降りると早速チャランボを打ち込んで荷物を全部引っ掛け、それから釣り座を決めてタックルのセッティングを開始します。私は斎藤氏と磯の南側に、大塚会長と花沢氏は北側に陣取りました。今日は昇り(北向き)の潮が流れており、潮の中を釣るなら南側、じっくりと型を狙うなら北側が有利なようです。

私の今日のタックルは6.3mの磯竿に道糸とハリスは2.5号の通し、針はヤイバ・ヒネリグレの6号で先ずは様子見です。この時期の口太釣りではヒネリグレの6号で釣りを開始し、海や魚の様子を見ながら針の形状や大きさ、重さなどその日の状況に針を合わせていくのが私の通常のやり方です。

 

朝の内2時間ぐらいは強いナライ(北東風)が吹き荒れて釣りづらかったですが、魚の方はそんなこととは関係なく食ってきてくれました。足元にコマセを集中させ、潮が足元のサラシとぶつかっているあたりから仕掛けを流していくと沖側の根の付近でほぼ1投ごとにアタリがありました。

魚が小さいので手前の根の間に狙いを変更。サラシでなかなか落ち着かないのですが、2BとBのガン玉を段打ちにし、その下に4号のガン玉を噛みつけて針も自重のある閃烈グレ・ヘビーの8号に換えるとアタリが出始めました。少し型が良くなり、最大40cmまで釣れました。

その後潮が緩むとアタリが遠のいたので、休憩してお弁当。手前でアタリが出なくなったので、軽い仕掛けに変更して潮の中を流すと沖目でアタリが連発しました。潮の中では尾長やイサキも混じって最後まで楽しむことができました。

 

 

釣行データ 1月5日(金)

場 所:入間 『河伍』

天 候:曇り 北東の風が朝の内強い

渡 船:日吉丸

潮回り:中潮(満潮:午前8時頃)

1 / 11
page top