磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月23日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

泊浦でのグレ・チヌ釣行☆

高知支部の大谷です。

3月に行った泊浦釣行でいい思いをさせてもらったので、仲間たちと今シーズンもう一度行くことになりました!(^^)!

チヌ場でありながら、前回はチヌの顔を拝めませんでしたので、そのリベンジも兼ね3名での釣行です!(^^)!

ワタクシともう一人は上物ですが、一人はカワハギを専門に狙うとのこと(一緒に行くのは初めての方ですが、聞くところによるとカワハギ釣りに関しては相当の腕の持ち主らしいです)(#^.^#)

 

今回渡礁したのは「アカサキ」(前回、楽しめたので、同じところ)(#^.^#)

朝10時頃が干潮ということで、とりあえず沖の方で竿出し(#^.^#)

前回もこのあたりで口太が来たのになぁ~と思って引かれ潮の中を張り気味に流していると・・・

やっぱりキタ――――――――――――ッ(*^。^*)

シモリへの2,3度の突っ込みをかわし、上がってきたのは、38センチの口太ちゃん(*^。^*)

そして、前回同様しばらくはグレのあたりが続きました(#^.^#)

1時間程度、口太時間が経過し、最長寸は最初の38センチでしたが、キープサイズは8枚!(^^)!

 

それからは、小フエフキ、小バンドウなどが、退屈しない程度にウキを沈ませてくれます((+_+))

 

そんな中、干潮過ぎの潮が動き出した時に、ウキがゆっくり沈み込む本命らしきアタリが!(^^)!

 

ゆっくり、大きく合わせフッキング(#^.^#) チヌ特有の引き(#^.^#)

シモリ際に沿って逃げようとする本命を大事にタモ入れしました。45センチ(#^.^#)

泊浦サイズとしては小さいですが、久しぶりのチヌに満足満足(*^。^*)

「もういっちょ~!」と思いチヌ針3号に変えましたが、奇跡は続かず・・・((+_+))

 

結局持ち帰れる魚はこれが最後でしたが、前回同様、退屈することなく、最後まで楽しめました。

 

船着きでカワハギを狙っていた方も、午前中はテンポよく釣り上げていましたが、午後からはあたりが遠のいたとのことでした((+_+))

 

船頭さんも親切で、いろいろと教えて下さり、実際に釣果も期待できる泊浦を仲間たちに広げたいと思っております(*^。^*)

 

なお、唯一のチヌですが、大切に大切に水たまりで飼っていたのですが、満潮の高波の時にお帰りになられました(;一_一)(-“-)

 

 《本日の仕掛け》

竿 : 磯竿1.5号 5.3m

リール : レバーブレーキ付2500番

道糸 : ヤイバウルフライン2.5号・・・半年ぐらい巻き変えてない((+_+))

ウキ : 2B・3B・・・エサ取りが多いので軽い仕掛けは難しいです(#^.^#)

ハリス : ヤイバウルフラインハリス2.5号

ハリ : ヤイバグレ(茶)6号・7号、ヤイバチヌ(白)3号・・・チヌ針では釣れませんでした((+_+))

DSCN0869 DSCN0908 DSCN0917 DSCN0895

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月19日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

例会で新島 鵜渡根釣行

5月28日(日)は久しぶりの離島例会で新島・鵜渡根に行ってきました。

渡礁順を決めるくじ引きで珍しく3番と言う良い番号を引き当てた私は、柳川氏と二人で鵜渡根の「岡の高島」の北端「中の島向かい」と呼ばれる場所に降りました。

晴れて風が弱く海も少しウネリがある程度ですが、日中はかなり暑くなりそうです。

 

今日の狙いはとにかくデカい尾長一発です。3号の磯竿(6.3m)に道糸とハリスは5号通し。針はヤイバグレの9号を結びました。

 

コマセを撒くと足元にはおびただしい数のエサ取り。タカベと小さなイサキが主体のようで、仕掛けをおろすとエサは一瞬でなくなってしまいます。

足元にコマセを入れながら潮の中を狙うと釣れてくるのはイサキばかり。沖目の潮のヨレまで遠投するとやっと尾長が釣れました。離島例会での検寸対象は40cm以上です。

メジナとイサキがひっきりなしに竿を曲げてはくれますが、メジナは最大でも47~48cm。せっかく鵜渡根に来たのですから大きな魚を釣りたいと、あの手この手を尽くします。

 

目の前の「沖の高島」の際を流していると少ししもったウキが動かなくなり、聞き合わせてみるとグンと力強い引きがありました。大きな魚です。グイグイと竿を曲げて全く寄ってきません。

この手応えです!他の魚なんかどうでも良い!こいつを釣りに来たんだぁ!とアドレナリンが全開です。

ところが格闘の末にやっと水面に浮かんだのは60cmを優に超えるイズスミでした(>_<)

その瞬間に竿先が跳ね上がって、全く残念ではないバラシ。うまい具合に針がハズれてくれたものです。これでこの日は終わりでした。

 

 

釣行データ 5月28日(日)

場 所:鵜渡根 岡の高島(中の島向かい)

天 候:晴れ

渡 船:かねよ丸

潮回り:中潮(干潮:12時半頃)

O O OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月16日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

熊本高浜釣行!

今回は、九州の西海岸にあたる天草の高浜へクロ狙いで行ってきました。ここ数年、大分県南のクロの状況が思わしくなく、目先を変えて熊本釣行です。渡船の出航は午前5時とやや遅い出港です。その分、期間には余裕を持って出発が出来ました。

今回上がった磯は、小ヶ瀬の本瀬という磯です。ここ天草西海岸一帯の磯は、朝マズメより、夕マズメにビッグチャンスが訪れるようです。朝マズメの右流れの潮で、気持ちの良いウキの消し込みで上がってきたクロは42㎝でした。まだ、本格的な梅雨グロではないようです。午前中はクロ2枚とブダイ、サンノジ沖縄の県魚グルクン等のエサ取りでしたが、夕方3時過ぎから4時30分の潮止まりまでは、クロの45㎝を頭に3枚、イサキ数枚、エサ取り多数!と多彩な釣果に恵まれました。

 今回使用した針は、YAIBAのフカセ遠投モード1,5号と2号です。この針の特徴は針掛かりの良さはもちろんですが、今まで針を折られたことが1回もない信頼の1本です。次回は、旬のイサキを求めて高浜へ行ってみたいと思います。

P6040051 P6040054 P6040069 P6040055

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年06月08日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

下の早福瀬で梅雨グロ狙い

 5月29日、梅雨グロ狙いで平戸市の浜本釣りセンターにお世話になりました。港から約10分、今回上がった場所は下の早福瀬。ここは上物、底物、潮切れも良く尾長、口太、両方狙える一級ポイントです。船長の話では前日はキロオーバーのクロも釣れていたとのことで期待がもてます。

 

 朝まづめの仕掛けは尾長も視野に入れてハリは尾長グレリズム(オキアミ)6号を結びました。

 

 まずは足下にマキエを入れエサ盗りの状況を確認しますが、全くエサ盗りの姿は見えず、その先に仕掛けを投入。それからまた足下にマキエを入れると、かなり遅れて潮下からスズメダイが姿を現しました。少し流して仕掛けを回収するとツケエサはそのまま。2投目はエサ盗りを分離するため仕掛けを遠投。ウキの周りにも数杯マキエを入れ、右に流れる引かれ潮に仕掛けをのせました。

 

 すると、本流との合流点付近でウキがモゾモゾと沈みだしラインがピンと張りました。合わせを入れやりとり開始。引きからしてまあまあのサイズのようです。手前まで寄せたところでしぶとい引きをみせ数回の締め込みをかわしタモに収めたのは40cm級の尾長グレ。

 

続いて同じポイントを流していくとまたしてもアタリ。上がってきたのは30cm弱の尾長グレ。時間とともに足下のエサ盗りの種類(スズメダイ、バリ、タカベ)と数も増え、ツケエサもだんだん盗られるようになってきたのでハリを変更しました。

 

尾長グレが食ってきていることから尾長のハリは変えられないので、ハリの種類をサイト尾長ミドル(白)6号に変更しました。

 

 ハリの変更後の1投目ですぐに結果がでました。ラインをひったくるアタリで釣れたのは30cmオーバーの尾長グレ。この後も30cm弱と30cmオーバーの尾長グレがコンスタントに釣れ続け、持ち帰る分だけをキープして納竿としました。

 

 今回の釣行はかなりの数のクロが釣れました。そのうちの9割5分は尾長グレで、尾長グレリズム(オキアミ)6号とサイト尾長ミドル(白)6号の威力を十分に発揮できた釣行となりました。

DSCN4775 DSCN4774 DSCN4776

1 / 11
page top