磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月20日掲載文

フィールドモニター松野徹氏のレポート

庄内 由良の離岸提2

 宮城支部の松野です
6月2度目の釣行も山形県は庄内の由良へと行ってきました。
宮城の海もいずれレポートが出来ればと思っています。
渡船乗り場の由良港に着くと、予報通りの雨ですが風は無く、
波もありませんが、西風が強くなるので船長の判断により全員離岸提での釣りになりました。
事前の情報で聞いていた通り、足元にはフグが見えます。
まずは足元にコマセを入れ、仕掛けは20m程沖へ
回収すると餌が無く、どんどんと遠投することになっていくのですが、雨で道糸が竿にまとわり付き思うように遠投出来ません。
時々釣れてくる小マダイに、大物を期待しながらラインを見ていると
少し膨らんでいたラインが張り始めて、竿先を摘ままれるようなアタりがあり、アワセると重みを感じる魚のようです。
寄せてくると、小さいながらも本命のクロダイ!
無事取り込み、まじまじと観察しながらホッと一息つきました。
仕掛けを整えて、連発に備えて再開しますが、小マダイが消え
フグと小アジに占領され、同行の2人にも小アジが連発しています。
この頃から予報通りに西風が吹き始めて、すぐに荷物が飛ばされそうな風になり、仕掛けの回収が困難なほど。
いかに斜め後ろからとはいえ、止めて帰る人が出始め、最後の人と一緒に帰港しました。
11時頃で終了したため、明日も出掛ける釣友にコマセを託して、帰宅の途につきました。

本日の針
遠投オキアミチヌ(黒)
フカセ遠投モード(オキアミ) 他

渡船は
由良港 オイスター号
梅雨はマダイに期待大!の場所です

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月17日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

釣り日記 6月11日 須崎でのチヌ釣り

お久しぶりです。大谷です。

チヌのノッコミシーズンも終わり4月~5月は釣行を控えておりましたが、チヌ達の体力も回復した頃なので、いつもの仲間たちと、ご機嫌を伺いに行って参りました。

 

9時現地集合で、9時に着きましたが、ワタシが一番乗り・・・(涙)

実績のある場所を独り占めにし、まずは準備~(^◇^)

竿:チヌ専用0号、リール:レバーブレーキ2500番、道糸:1.65号、ハリス:1.2号、針:ヤイバフカセ遠投modeオキアミ色3号の最近絶好調のバージョンに致しました~(^◇^)

今日は小潮で満潮11時頃、干潮が17時頃です。水深も10m以上あるので、満潮前よりも引潮にかかってからの方がよいのでは・・・と思い、ゆっくり始めることにしました。

・・・・・

やはり、、、午前中は何も起こらず・・・というか、サバ子の猛攻・・・(;一_一)

昼までには全員が揃いましたが、全員のウキがぴょこぴょこ動く始末・・・。

 

誰も本命の姿を見ることができず・・・。中には、サビキで小アジ・サバ子を釣る方や、ガシラに切り替える方も・・・。

ワタシはといえば・・・ごはんをゆ~~っくり食べて、ダイエットの為にお散歩~(^◇^)

 

2時前から「餌が残りだした」という声が聞こえ出したので、始めることにしました。

 

すると、すぐに当たりーーーーーー!!!!

本日1匹目は42センチ(^◇^)

産卵の疲れも取れた様で、良く引きました(^◇^)

 

時合突入と思い、急いで投入(*^_^*)

早すぎず、遅すぎず、ゆっくりと沖へ流れる最高の潮。

すると、ゆっくりと棒ウキが沈み、ピタッと留まる大型チヌ独特の当たりが\(^o^)/

軽く合わすと、走る! 走る!

甘めのドラグから音を立てて道糸が出だしたので、ブレーキに変更。引きづり込まれそうになりながらも、ゆっくり時間をかけ、上がってきたのは・・・・

本日最長寸の47.5センチ\(^o^)/

 

その後も38センチと25センチを追加して、16時に納竿となりました。

皆さん3~7匹の釣果でしたが、最長寸は私の47.5センチでした(^◇^)

サバ子が湧いた時は釣り場を休ませ、撒き餌を温存?したのが勝因?でしょうか?

サバ子が餌取りの場合は堅い餌にもつついてくるらしく、当たりがわかりづらそうでしたので、潮が変わるまで撒き餌を控えるのもいいかもしれません。

次回は定例会の磯釣りです。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月15日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

九十九島でのグレ釣り

6月11日に長崎県佐世保市小佐々町にある石井釣センターさんから、九十九島にグレ釣りに行ってきました。

九十九島といえば、チヌ釣りが有名ですが、少し沖目に行けば30cm位までのグレが狙えます。渡船に乗り込み、港から30分ほどで釣り場の「幸ノ小島」につきました。

 

 道糸1.75号、ハリス1.5号、針・遠投ふかせモードオキアミカラー1.5号、ウキ0シブを使用し、釣り開始です。

 見たところ、20メートル先までは水深は5mほどで底は砂地、所々にホンダワラ(海藻)が立っており岩が点々としており、その先からは急に水深が深くなっています。

 

足元に撒き餌を撒くと、スズメダイが出てきましたがそれほど気になる数ではありませんでしたので、竿2本先に仕掛けを投入し撒き餌もウキにかぶせるように打ちました。

何投かすると、からまんボウが勢いよく走り、アワセを入れると25cm程の尾長グレが釣れました。その後は25cmに満たないサイズの尾長グレが釣れだしたので、撒き餌と仕掛けを離してみようと思い、撒き餌を水面に強めに叩きつけ、飛び散る少量の撒き餌が仕掛けに合うようにしたところ、28㎝程の口太グレを釣ることができました。

 

しかしその後は、エサ取りの活性が上がり、仕掛けが引っ張られ合わせても針がかりしない状況が続いたので、針のサイズを1号に落としてみると、針がかりしたのは小指ほどのサバ子、こいつがたくさんいるようです。

これはいかんと足元に大量の撒き餌、遠投して35メートル先に仕掛けを入れ、潮上5メートルほどに撒き餌を入れると、浮きがモゾモゾと沈み始めました。アワセを入れると、サバ子とは違う重量感、多少竿を叩く引きがあったため、チヌかなと思いながらやり取りをしていると、叩いたのは最初だけで竿を絞り込むような引きを見せます。近くに寄ってくると何度も岩場に突っ込もうとする強烈な引きを、竿の弾力で耐えて取り込んだ魚は良型の口太グレ、締めた後に計ったところ46cmありました。

 

まさか九十九島でこんな良型のグレが釣れるとは信じられなかったのですが、その後30㎝~38㎝程の口太グレがポツポツと釣れ、十分にグレ釣りを楽しむことができました。

 

これから梅雨グロ本番となり、更なる釣果が期待できるのではないでしょうか。ただ、磯についてすぐに、やぶ蚊の猛攻に会いました。虫よけスプレーで鉄壁のガードをしたつもりでしたが、グローブの隙間や服の上からかなりの箇所を刺されていました。皆さんこの時期は虫よけスプレー、日焼け止め、多めの水分は忘れずに持って行ってくださいね。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月14日掲載文

フィールドアドバイザー大西与志夫氏のレポート

和歌山県由良町三尾川 山口渡船

産卵期も終盤を迎えた6月11日、和歌山県の三尾川へ釣行しました。

朝の1番船で向かったのは沖の筏群。早速釣り始めて状況を確認してみると、エサ取りが活発で、オキアミがかすめ取られていきます。

サシエサをローテーションしながら打ち返しを続け、竿下のポイントにダンゴを入れていくこと約2時間。サナギのサシエサで穂先が押さえ込むアタリがでて35cmをタモ入れ。

それからはチヌの気配が濃くなってきますが、依然エサ取りが元気で、なかなかチヌの口までサシエサが届かきません。それでも釣り方を変化させながら立体的にダンゴポイントと、その周囲を釣り分けているとチヌアタリが出ます。

潮が飛ぶ場面もあり苦戦を強いられましたが、納竿までにチヌ35cm~46cmまでを3尾の釣果。サシエサはサナギとオキアミでした。

今後、三尾川では産後のチヌが釣れだしてきて、エサ取りも更に活発になってくると思われ、面白い釣りが出来そうな感じです。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月09日掲載文

SASAMEフィールドアドバイザー YAIBAフィールドテスター 五島末広氏のレポート

五島が五島へ行く part7

五島列島は福江島・玉之浦湾の養殖イカダへ60チヌを捕獲すべく、ゴールデンウィーク明けの5月9日に神戸を出発。新幹線でサクッと九州に入り、フェリーで一泊というマッタリとした旅を楽しみながら翌10日に現地入りし、先に送っている荷物の仕分け・段取りを行った後、久しぶりに顔を合わせる現地の皆さんと再会の宴を行った翌11日からの数日間、ガッツリ釣りをした。

 

ここのイカダの水深は35m前後、縦横無尽に張り巡らされているイカダ固定用のロープそしてそれらの障害物に潜んでいる60クラスのチヌがターゲットという事で知る人ぞ知る私の必殺システム・喰わせチヌケイムラ7号・チヌ極太10号をという大鈎にロッドは宇崎日新・ZEROSUM GORIMAKI PE-V「ゼロサムごりまきPE-V」、使用ラインはPE2.5号にリーダーはフロロカーボンの5~8号で勝負した。

 

つけエサにはマルキユー・魚玉ハード使い、ダンゴには水深も考慮してニュー赤団子チヌを使用。

 

魚玉ハードは6~7粒を使用し、針の大きさに合わせる。

 

まずは状況を確かめる為にダンゴにはくるまずそのまま落とし込む。そして12~13m付近まで落とし込んだ頃に竿をひったくるアタリ。

合わせを入れ、そしてゴリ巻きで一気に引き抜くと45センチクラスのヘダイであった。

気を取り直して2投目…同じくヘダイ。

3投目を落とし込むも同じ感じでのアタリ、だが少し違う引きに期待するも45センチクラスのマダイ…

これでは…という事で底釣りへシフトする為にダンゴを使用した。

そして底まで落とし込んだダンゴが割れた瞬間にひったくるアタリ!

掛け合わせると重量感のある引きで上がってのは60オーバーのマダイ…

 

開始から2時間はマダイ・ヘダイとの格闘となった。

 

そしてチモトから20㎝付近にダンゴを握り、刺しエサを出したままの私が得意とするスタイルへ変更してダンゴを投入。そこで来たのが今釣行最大の58.5㎝のチヌであった。

 

せっかくの遠征ということで現地には数日滞在したのだが、年無しチヌは釣行初日に釣った58.5センチを頭に19枚という結果となった。

 

今回の釣行ではチヌが産卵に入ってしまった時期と重なってしまいこの場所では少し厳しい釣りとなったが、45センチクラスのヘダイ・40~70㎝までのマダイが絶え間なくアタリを出し、イトヨリにクエ子、アイゴにマトウダイやガシラ、そしてグレ等々…豊富な魚種の顔も見る事が出来、それなりに納得のいく釣行となった。

 

そして今回お世話になった「とみえ釣具さん(0959-86-3822)」では、イカダのチヌに磯のグレや石鯛の他、エギングやジギングとマルチな釣りをする店主の梅本さんがエサの手配はもちろん、イカダ・磯への渡船の段取り他、民泊も始めましたのでオールインワンでの釣行も可能とのこと。

 

イカダでは一人だった為に写真ではそこそこな雰囲気しか出てないかもしれないが、記録狙いはもちろん、ご家族や友人同士での観光的な釣りなど、現地の方の話を聞き、そして安全を心掛けるだけで素晴らしい時間を楽しめる五島列島・福江島での釣り…皆さんも是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

次回は60チヌを捕獲したいと思います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月08日掲載文

フィールドアドバイザー杉本正徳氏のレポート

伊島での釣果

全国のヤイバファンの皆さん、徳島の杉本です。

先日の、ヤイバ磯祭り小豆島では、関係各位の皆さん、また参加の皆さん、お疲れ様でした!

6月に入り、徳島県南、伊島の磯では、水温安定と共に、良い釣果がでているとの情報があり、早速行ってきました!!

当日、水島の東に上がることができ、最初から本気モードの、渋グレの5号でスタートしました。

予想通り、釣り初めてそうそうから30㎝オーバーがヒットし、日中を通して、19匹の釣果に恵まれました!!

この時期、水温安定と共に、餌取りも増えてくる中で、針の選択は大事なチューニングです。

私のチューニングの中では、一年中を通して、渋グレの針は外せないアイテムの一つです!!

 

ヤイバ渋グレ5号

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月06日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

九十九島のチヌ狙い

 6月2日、朝からかなりの強風で外海でのクロ釣りを断念。こんな時は九十九島の湾内に行けばどこかしら竿を出せるので昼前からの釣行を決定。クロを狙うか、チヌを狙うかで迷っていたが真鯛も釣れるかもということでチヌ釣りに。鹿町町にある梅田釣りセンターに電話を入れて状況を聞くと、今年はサバ子がどこにでもいて難しいかもとのこと。練餌ならなんとかなるかもしれないと思い多めに練餌を持って行くことにした。

 

 11時港を出て風裏となる藤葛根島に上げてもらった。ここは今年、真鯛の大型がよく釣れているところらしくバラしも度々あるそうです。まずは仕掛けを作る前にマキエを多めに入れて、それから仕掛け作りにとりかかる。ハリはヤイバダンゴチヌ2号を結ぶ。

 

 1投目。ツケエサはオキアミ。すると浅いタナで反応があり、ハリ掛かりしてきたのはやっぱりサバ子。すぐに練餌に切り替える。しかしマキエの中に仕掛けを投入するとサバ子にやられるので、マキエとずらしてやると仕掛けがなじんだぐらいでラインが走るアタリ。合わせを入れるとチヌ特有のコクコクという引き。タモに収めたのは45cmのチヌ。同じやり方で狙っていくとまたしてもアタリをとらえた。今度はさらに強い引きをみせるので時間をかけてやりとりをする。上がってきたのは53cmのチヌ。さらにアタリをとらえた。なんとこれで3連チャン。計測すると51cm。欲をだして4連チャンを狙ったがさすがにそう甘くなかった。時計を見ると釣り始めてから1時間。なかなか味わうことができない体験をさせてくれた。

 

 その後、真鯛の40cm弱を2匹とチヌの40cmオーバーを1匹追加して18時納竿とした。

 

 今回釣行した九十九島の鹿町エリアは船長の話通りサバ子の猛攻がすごかった。釣行する際には練餌を忘れずに。そして練餌を使用する際は、ぜひ1度ヤイバダンゴチヌを使ってみてはいかがでしょうか。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月06日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

白瀬灯台の尾長グロ狙い

 5月31日、五島列島白瀬灯台に尾長グロ狙いに行ってきました。昨年のこの時期には60cmオーバーの大型も釣れていて、最近は大型のバラしもあるそうです。

 

 夜の10時に宮ノ浦港を出て1時間ちょっとで白瀬灯台に到着。ヤイバテスターの金澤さんと一緒に小白瀬の東の角に上げてもらいました。夜釣りはせずに仮眠して朝5時前に釣り開始。

 

 朝まづめの仕掛けはハリス5号にグレリズム尾長(ピンク)7号を結びました。まずは足元にマキエを入れ海の中を確認すると、小指サイズのアジ子。マキエを足元に入れ続けること約10分。クロらしき魚影がチラホラ見え隠れするようになった。そこで足元狙いでツケエサを落とし込んでいくとすぐにアタリが出た。上がってきたのは40センチオーバーのイズスミ。クロの中にイズスミも混じっているようだ。同じパターンで狙うとウキにかすかなアタリはあるもののオキアミの頭だけをとられてくるようになった。そこで仕掛けを入れるタイミング、ウキ下など調整するとクロが針掛かり。しかしこれは地グロの35cmでリリース。さらにウキ下を浅くしてマキエの中にツケエサを入れ込んでいくとウキに変化が現われた。すぐに大きな合わせを入れるとかなりの重量感と引きが伝わってきた。竿でためて浮かそうとするがなかなか浮いてこない。掛けた魚は磯際を左から右に走っていく。右側の磯際に回り込まれた時、今まで以上の引きをみせ竿がのされそうになり糸を1回、2回と出され3回目に糸を出された時、竿が空を切った。正体はわからなかったがかなり大型魚には間違いなかったようだ。仕掛けを結びなおして釣り続けていくと釣れるのは35cmから40cm弱の地グロ。さらには50cmオーバーのイズスミ。狙いの尾長グロがまだ釣れていない。そこで気分転換も兼ねて釣り座を移動。金澤さんにこの釣り座のポイントを教えてもらい仕掛けを流していくと潜り潮をとらえた。道糸を張って待っていると手元まで伝わるアタリ。強い引きと重量感から最初は真鯛?と思ったがタモに収まったのは50cmに5ミリ足りない49.5cmの地グロ。深くいれるとやはり地グロが釣れるので浅いタナを意識して仕掛けを流していく。すると隣で竿を出されていた金澤さんに立て続けに尾長グロがヒット。チャンスと思い集中していると私にも45cmの尾長グロがヒット。ハリものまれることなくばっちり唇に掛かかっていた。しかし尾長グロはこの1匹のみで14時納竿とした。

 

 今回、尾長グロは型も数も出なかったが他の磯では50cmを超える大型も飛び出しており、白瀬灯台の尾長グロまだまだ楽しめるのではないでしょうか。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月06日掲載文

フィールドモニター松野徹氏のレポート

庄内 由良の離岸提

宮城支部の松野です(^_^)

山形県は庄内磯にあります、由良へと出掛けてきました。

宮城の自宅を0時に出発し、渡船乗り場の由良港には3時に到着。

準備しながら船長を待ちます。

こちらの船長は気さくな、大らかな方です(^_^)

出発時間の4時、7名を乗せて出港です。

当初の予定では、八乙女磯に渡ることを考えてきましたが、前日から吹いている風で波が残り、離岸提のみの渡船となりました。

残念ですが、気持ちを切り替えていきます。

2つある離岸提の小さい方に、他の方と計4名で渡りました。

支部のT君は角付近を、私は隣に並んで始めます。

先に釣り始めた私に、手のひらサイズのマダイの子が(^_^)

懸念された餌盗りもほとんど見えず、いいタイミングの釣行なのでは?

程なくして、私に30cm超のクロダイが顔を見せてくれました。

本日スタートの針は、フカセ遠投モード3号オキアミカラーです。

短軸で飲み込みも良く、またケン付で餌盗りを避ける際の遠投でも、付け餌が取れず助かります(^_^)

その後は小マダイを含め、クロダイは32~51cmまでの6尾を釣り上げることができました。

支部のT君も良型2尾を釣り上げ、揃って釣果があり良い釣行となりました。

また近々、マダイをメインに出かけたいと思います(^_^)

 

本日の針

 

フカセ遠投モード オキアミカラー 3号

 

プロフェッショナルチヌ ミドル オキアミカラー 3号

 

釣行場所

 

山形県鶴岡市由良地区

(少し南下すると 四ツ島がある堅苔沢港)

 

お世話になった渡船

 

由良オイスター号

 

6月3日現在、4:00(悪天候は別途)出船です

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月01日掲載文

フィールドアドバイザー椿下利春氏のレポート

2016北陸のノッコミをふり返る

 北陸のノッコミも終了し、個人的に不完全燃焼だった。4月中旬から福井県九頭竜川河口へ毎週末通ったが初日に腹パンチヌ4尾の釣果があっただけで、その後が続かづ産卵後のチヌも交じる状況であった。5月に入ってからは、撃沈状態。あたりも少なく釣れたチヌは、産卵後の引きの弱い腹ペチャばかりだった。

 ゴールデンウィーク中に福井新港内で53.5cmのチヌをゲットしたが、本命の九頭竜川河口では、年無しサイズが釣れずじまいとなった。毎年、このポイントは、県外からの前打ちアングラーも訪れ、週末は、必ず誰かの竿が曲がり大型が連発する。今年は、常連の方もまったく釣果なし、今年の年無しチヌは、少ないあたりを効率良く捕えた釣友の下出さんが釣った2尾の釣果しかなかった。しかし名古屋から来る常連の方は、通称(風車裏テトラ)で、コンスタントに釣果があり良型も釣れていたようだ。

 特にGW中の強風のせいで、竿出しすることが困難となる日が続き、ストレスがたまった。耐えきれなくなり、風裏を選択し福井新港内の落とし込みポイントに入り釣行するが、1尾のみの釣果であった。

 石川県能登方面へ2日間の釣行を行ったが、濁りがない内浦のフィールドでは、予想通り小型しか釣れなかった。前打ちでは、濁りがないと厳しい釣行となり河口の濁りを求めて金沢港へも何度も足を運ぶが沈黙状態が続いた。

 5月下旬になり、九頭竜川河口で地元の前打ち師が30cm~35cmのサイズを数尾釣れたとの情報が入った。もうノッコミも終わったと確信した。なぜなら6月中旬に入るとここは、小型が釣れ出すのである。このポイントは、5月上旬から中旬が毎年最盛期であるはずが今年のノッコミは早かったらしく、4月が最盛期であったのである。

 今年のノッコミは早く終了とのことで、毎年6月下旬から釣れ出す汽水域のチヌがもう金沢港河口大野川上流800mまで上がって来ているのではないかと予想し5月29日に釣行。予想通りランディングに勢いのある45cmを釣り上げた。これからのシーズン産卵後の疲れをとった元気なチヌが釣れ出すのを期待してます。

1 / 11
page top