磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年05月13日掲載文

フィールドアドバイザー池角昭智氏のレポート

ヤイバガールが伊豆半島でメジナ釣りに奮闘

2016年4月23日、24日の二日間で関西のヤイバガールFUMIKA&ASUKAがメジナ釣りにチャレンジ。

今回は東京支部&BMTメンバーが二日間サポート。また、ささめ針様からも支援いただき開催致しました。

初日は東伊豆の須崎沖磯の大根へ5名で上がりました。天気も最高のコンディション。まずはコマセの作り方→仕掛けの作り方→一連の釣り方へと伝授します。スタートの鈎は閃烈グレミドル5です。FUMIKAちゃんは経験者なので感を取り戻し黙々と釣りを開始。一方のASUKAちゃんは初沖磯です。磯での立ち位置選びから仕掛け投入、コマセ投入、ロッドやリールの操作などを一から学び、開始です。当て潮やフグの猛攻でなかなか本命が釣れません。時間と潮をみて細間島へ磯替えを行いました。渡船も初めてのASUKAちゃんはここでも大はしゃぎ。磯場交代後の鈎は釣闘競技5をセット。

ここの磯は平坦で移動もラクラクだし並んで竿が出せます。ここはメジナの魚影も濃く、早速アタリがきます。手のひら、足裏サイズは湧いて釣れてきます。初メジナの引きにASUKAちゃんは大興奮。経験者のFUMIKAちゃんも30cmUPを釣り上げて楽しい初日を終えました。

夜は伊豆の地魚を堪能し明日に備えます。

二日目は南伊豆の石廊崎沖磯で陸の丸島に5名で渡船しました。

ここは石廊崎の中でも1級磯です。二人でコマセを作ります。釣闘競技5をセットし、まずは足元から探る二人。すると30cm弱のメジナが喰ってきます。そしてイサキの入れ食いモードに入り楽しそうなヤイバガール。

時には規格外の強烈なアタリが!!竿をのされながらのバラシも経験し磯釣りの楽しさを満喫しました。

FUMIKA&ASUKAメンバーは往復15時間の長旅で伊豆へ来てくれましたがお土産を沢山持って帰り疲れを忘れるくらいの楽しい釣りが出来たそうです。

 

今回の釣行で出会えた魚

メジナ(尾長、口太)・チヌ・ウマズラ・スズメダイ・カワハギ・チョチョウウヲ・サンバソウ・フグ系・イサキ・メバル・サンノジ・イスズミなどなど多種に亘り好釣果でした。

サポート者 山田氏・室田氏・奥村氏・森岡氏・池角氏・浜本氏

15 18 13 1 3 5 4 7 2 6 8 10 9 16 12 11 17 14

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年05月13日掲載文

フィールドモニター塩地利郎氏のレポート

西伊豆 雲見 長崎 メジナ

ゴールデンウィークの谷間の天候の良い5月3日に西伊豆の雲見に息子の海希と釣行予定を立てると釣友の石川氏、佐藤氏も参加の連絡が来て、午前5時に雲見港待ち合わせる、船長から長崎と小島に2名ずつ別れるように言われ、じゃんけんで磯割する、私と佐藤氏が長崎に決定し午前5時30分出船各磯に釣り人を降ろしていき、最後に小島と長崎に別れて渡磯する。水温は17.8度で潮は動いていない、佐藤氏は伊浜向きに、私は船着け場に釣り場を取る、針は釣闘競技5号ハリス1.5号、ウキは自作のトーナメントⅤ1の00-1をセットし、6時過ぎに沈め釣りを始めるが、エサ取りはチョウチョウウオが居るが、さほど気にならず、交わすことが出来るが付けエサも取られず底近くまで探るが生命反応がない状態が続く7時過ぎには撒きエサにボラが群がり始め、佐藤氏に当たり30㎝クラスのメジナを連続ヒットさせる、私も沖の潮目を狙うと30㎝クラスの尾長メジナがヒットするが後が続かない、9時過ぎには佐藤氏の竿が曲がり40㎝クラスのクロダイを上げる、小島では石川氏が47㎝のクロダイ、海希も40㎝クラスのクロダイをキープする。私は仕掛けを全遊動仕掛けに、ウキはトーナメントⅤ1のSの0号にハリス1.2号針は釣闘競技4号に落とし磯際を攻めるとウキが一気に消し込まれ合わせると35㎝クラスのメジナが4連続ヒット、時合かと思うと今度はサンノジの4連続ヒットしたのち又当たりが途絶えいろいろなポイントを攻めるが反応がない状態が続く、小島の方は30~35㎝クラスのメジナがぽっぼっ上がっている様子です、午後2時すぎ磯際を攻めていたらウキがゆっくり沈んでいく3mほど送り込み軽く竿を立てる、ずしっと重い手ごたえが手元に伝わり、ゆっくり魚を誘導していく、数回のやり取りで浮き玉網に納まった、43㎝の口太メジナである、続けて同ポイントを攻めるが当たりがないまま午後3時納竿とする、他の磯は30㎝以下数枚やボウズの磯も多く全体的に厳しい状態で、私自身満足のいく一匹となった。

渡船 雲見 佐市丸

1 / 11
page top