磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月09日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

関東クラブ対抗メジナ釣り大会レポート

4月3日(日)に第8回関東クラブ対抗メジナ釣り選手権が行われました。

第7回が行われたのは2013年。14年と15年は予備日も含めて天候に恵まれず、中止が続いていたのですが、3年ぶりにやっと開催となりました。

関東一円の磯釣りクラブから各4名の選手が出場し、その4名の釣果を持ち寄った中から5匹を検量に出して釣果を競うルールです。『釣果を競う』とは言うものの、大会の主目的はクラブ間の交流と親睦。勝敗にこだわってギスギスしないで、気持ち良く、親しく釣りをし、次にどこかの釣り場で会ったら親しく挨拶や会話ができるようになろうよ、と言うのが趣旨です。

 

とは言いながら、やはり大会ともなると恥ずかしい釣果だけは見せたくないもの。朝のくじ引きでは否応なしに緊張が高まります。

我が友志会のメンバーは、私の他に柳川氏・池山氏・松田氏。私と池山氏が仲木、柳川氏と松田氏が入間の磯を引きました。

90番と言う番号を引いた私は、仲木のどの磯になるのかしばし不安な気持ちでしたが、割り当てられたのは何と名礁『カツオ』の表本場です。後の3人はいずれも地方の磯だったので、我がチームの本日の作戦は自然と決まりました。私がとにかく5枚のメジナを揃え、地方の磯を引いた3人が良型を出してくれたらそれと入れ替えていくと言うものです。

 

私のこの日の道具立ては、磯竿は2号、6.3m。道糸2.25号に2.5号のハリスを2ヒロ半直結。ウキはF-Logic製のプロストリーム、Mサイズで0負荷のもの。道糸とハリスの直結部分にガン玉(G5)を打ち、針はヒネリグレの6号でまずは様子見です。

 

潮はゆっくりとした下りですが、左(潮下)の方はウネリが入ってきて大きなサラシが出ているので、船付けの少し左にあるコブの上から竿を出しました。途中で潮が昇りに変わってくれることも内心期待しながらの場所選択でしたが、潮は8時半の干潮の頃に一旦緩んだものの結局一日中下りっぱなしでした。

最初の一流しで簡単にエサが盗られたので、2投目はサラシの先で暫く止めていると道糸が走って本日最初のメジナが釣れました。30cm強の青くてきれいな尾長です。

沖からのウネリとサラシがきつくて仕掛けが落ち着かず、少々苦労しましたが、とにかく5枚の尾長をそろえることができたので、今度は重量を稼ぐために口太狙いに切り替えます。

ハリスの真ん中にガン玉を追加し、針も自重のある閃烈グレヘビーの7号に替えて、沖の潮筋の手前のたるんだ部分を、サラシが落ち着いた時を見計らって集中的に攻めました。そして2匹の尾長を口太と入れ替えることに成功。

その後暫くアタリが遠のいていましたが、手前の方できれいにアタリが出たのでアワセると強烈な引き。足元にグングンと突っ込むので私も一段下に降りて引きに耐えます。それでも魚は止まらず、竿先が軽くなってしまいました。見事なバラシ。魚は何だったのか?悔しくて、悔しくて、急いで仕掛けを作り直す手が震えます。

その後暫くしてまた強烈なアタリ。今度こそは逃がすものかと耐えていると、先ほどと違ってどうにか魚がこちらを向きました。…がしかし、竿先をコンコンと叩きながら上がって来ます。水面に浮いた魚は良型のサンノジ。同磯の皆さんも私のやり取りが気になってこちらを見ていたようですが、私が玉網に入れた魚を見て、ニッコリと指を3本出しています。私も指を3本出して苦笑いです。

それからはポツリポツリとイサキやサンノジ混じりでメジナは釣れましたが、40cmにちょっと届かない程度が最大でした。やがて納竿時間となって迎えに来た仲木丸に乗り込み、後は仲間の釣果に期待です。

 

港に戻って仲間と魚を選びます。仲木の『ツリキリ』に乗った池山氏が2匹、入間の『加賀根(のシッポ)』の松田氏が1匹、それぞれ持って来た口太を私の尾長と入れ替えることができたので、5匹の口太を検量に持ち込むことができました。結果は10位。

優勝したのは、いつも下流で一緒に釣りをしている釣久会です。4人のチームワークが良く、5枚で5Kg近い釣果でした。

 

2年続けて海況に恵まれず、3年目にやっと開けた大会。役員さんたちは本当に苦労して、それでも諦めずに開会にこぎつけて下さいました。そして、当日の手伝いや乗り子をやってくれたスタッフの皆さん、入間と仲木の7人の船長たち。大勢の人たちの協力があってできた大会は大いに盛り上がりました。

こういう人たちのおかげで我々はいつも安全で楽しい釣りができているのだと実感した一日でもありました。皆さん、いつもありがとう!

 

 

釣行データ 4月3日(日)

場 所:仲木(カツオ・本場)

天 候:曇り時々雨

渡 船:仲木丸

潮回り:若潮(干潮:午前8時半頃)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月09日掲載文

フィールドモニター藤原直樹氏のレポート

和歌山県逢井の磯 チヌ釣り大会

今回は昔からの釣友達が主催で、毎年行っている大会へゲスト?(商売)的に参加させて頂きに、和歌山県逢井へと向かいました。

 拓海工房として初売り上げとなるオキアミなどを携えて逢井漁港へ午前4時に到着すると、すでに数名の参加者が到着しておられました。

 

 皆さんが準備を整えられた午前5時過ぎに開会式の後、まずは港を出て右側の磯群にそれぞれ渡礁し、いったん港に戻り残りのメンバーは左側の磯群にそれぞれ渡礁しました。私は釣友と共に3人で丸山という磯へ渡りました。

 

まずは撒き餌の準備です。使用したのは、マルキューの爆寄せチヌ一袋、チヌパワームギスペシャル一袋、チヌスパイス二袋、活さなぎミンチ激荒二袋と生オキアミ3kg、ボイルオキアミ3kgです。刺しエサはマルキューのくわせオキアミSPチヌ、ボイルオキアミです。  見た感じがどん深に思えたので、ウキはB-BBを選択し、ウキ下を竿1本ちょっとからスタート。道糸はラインシステムの磯フカセ サスペンドの1.75号、ハリスは同じくチヌハリス1.5号、針はヤイバ フカセ遠投モードの3号を使用しました。 釣り開始から4時間ほど経つも、ほとんど餌も盗られない状態なのと、当初は右からの風だったのが左からの強風に変わってきたため、ウキをBB-3Bに、ウキ下を竿2本ちょっとに変更してみると、ベラに続いてガシラが釣れてきました。ちょっと活性が上がってきたのかと思っていると、そこからチヌがポツリポツリと釣れ続き、納竿の午後2時までに7匹をゲットすることが出来ました。 港に上がり検量を受けると、なんと長寸(規定は2匹の長寸)、匹数共にトップということで、優勝させて頂く結果になりました。近々オープン予定の店のアピールも出来、なんとも嬉しい一日となりました。誘って頂いた釣友、そして大会に参加されていた皆さんに感謝感謝です。

使用タックル

竿:チヌ競技SPIII 0.6号5m リール:BB-X RINKAI SP 1700番

道糸:ラインシステム 磯フカセ 1.75号

ハリス:ラインシステム チヌハリス 1.5号

ウキ:円錐ウキBB-3B 針:ヤイバフカセ遠投モード 3号

 

                              拓釣会  藤原 直樹

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月09日掲載文

フィールドモニター横路幸浩氏のレポート

芸予諸島情報

こだま渡船さんで、芸予諸島尾道沖にあります、岩盤の磯にチヌ釣りに行ってきました。

まだ水温が低いので、ポイントの絞り込み、釣り方を間違えると、ボウズになってしまうのでは、ないかと心配しながらの

釣行でした(笑)

 

釣り場に到着しました、風の影響はない感じです、磯からの地形をみると、掛け上がりが遠く、水深も浅い感じです

周辺は藻もなく、岩が大きく沖目に向かってでております

潮は本流が左から右へ、引かれ潮が足元から沖目へ流れていきます

潮が早い感じだったので、Bウキを選択、落とし鉛G2、ハリスの半分迄にG5を二つ、針は、ヤイバチヌ2号にしました

潮は、動いていますが、魚の動きは遅いと思い、潮に対してサシエが

ゆっくり落下するイメージで釣りたいので、仕掛けは狙い棚迄入る軽い物にしました

本流、引かれ潮も早く動いているうちは、エサ取りも出ない感じでしたが、潮止まり近くになり、潮がゆるむと

コマセが効き始めたのが、エサ取りの反応も

でてきました

スルスルで底を狙いますが、エサ取りもでなくなったので

、棚を取った半誘導に戻し、針をケイムラ2号に変更して

様子を見てました

釣り開始から二時間経過した時です、竿上げたら、魚が食ってました

43センチナイスサイズです

以前にもエサが取られにくい状況時にケイムラ針にかえてチヌが釣れましたが、同じ結果となりました

やはら何か良い影響があるんでしょうね!

釣れたチヌは、底ではなく少し棚が浅かったんだと推測しました

棚を浅くしながら、潮の変化点、掛け上がり狙いますが、二枚目がでません

上がってくるオキアミが少しあたたかみがある様に

感じので、黄色練り餌に変更すると、一発で本日最大46センチが釣れました

魚も同じ釣り方ばかりだと、駄目なんですね。

状況判断を正確に把握して、釣り方のバリエーションを広く持つ事の

大事さが改めて勉強になりました

結局本日は二枚でした

 

話変わりますが、毎月第2日曜は、こだま杯が

行われています、場所ムラありますが、釣れる場所では、二桁は

十分狙えます

参加者は、何処かの全国大会と間違える程の方が数おおく

参加されています

尾道こだま渡船さんで、検索すれば連絡先でると思いますので、チヌを狙ってみては、いかがでしょうか

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月01日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

九十九島のチヌ釣り

3月26日、またまた長崎県佐世保市の九十九島にチヌ釣りに行ってきました。

 

先々週に引き続き竹内商店さんにお世話になり着いた磯は「梅ヶ瀬戸」、桂島の東にある磯

で、その名の通り100m先向かいに他の島があり、水道となっておりその中を釣ること

 

になります。チヌ竿1号、道糸1.75号、ハリス1.5号、浮き000号、に遠投フカセモードオキアミカラー2号をセットしました。

 

見た目から潮が速く走り、撒き餌を溜めるのが難しそうだなと思いながら7時に釣り開始

撒き餌を十分に先打ちした後に、練り餌を付け仕掛けを投入、撒き餌を追い打ちしアタリ

 

を待ちます。2,3投してもアタリはなく、同行している田中さんの方に目をやると、強い引きとやりとりされていましたが、間もなくハリス切れ、多分良型のマダイだろうとの

 

こと。また、幾度かチヌらしきアタリあったらしく、アタリがあったのはオキアミということだったので、私もオキアミを付け餌に仕掛けを投入。

 

すると、中層付近でラインに変化が、アタリと確信しアワセを入れるとズシリとした重量感が伝わってきます。たまらない瞬間ですね。その後も強い引きで楽しませてくれます。

 

取り込むと50cmを超える魚体で喜びもひとしおです。しかし、お腹はペチャンコでしたので、乗っ込み後だったかもしれません。

 

下げ潮に変わり当て潮となり更に風が正面から吹き付けます。この中で同行の田中さんは3枚のチヌを釣り上げておられました。

 

田中さんの潮下の釣り座に入らせてもらい釣り開始、相変わらず田中さんはコンスタントにチヌを釣られております。釣り方を聞くと付けエサはオキアミ、練り餌の両方で当たっ

 

ているが、アタリが出にくいので仕掛けを張り小さいアタリを竿先で取っているとの事、道糸に緩みを持たせラインでアタリを待っていた私は、当然のごとくアタリをとれていな

 

かったのでしょう。さっそくその通りにすると、来ました竿先を少し抑えるだけの小さなアタリが!少し竿を立て訊いてみるとグンと強いアタリ、40cm程のチヌをキャッチすることができました。その後4枚のチヌを追加し13時に納竿としました。

 

余談ではありますが、水道となっているこの釣り場は頻繁に船が通り、45分毎に観光船

の大きな船も通りました。

 

しかし不思議と船が通った後にアタリがあることが多く、撒き餌や付け餌に何らかの変化を与え、チヌの食い気を高めていたのでしょう。

 

何はともあれ、私の釣果6枚、田中さんの釣果8枚の計14枚のチヌが上がり、魚体には乗っ込みに入っている兆候も見られ、九十九島のチヌ釣りは乗っ込み本番突入といった感じです。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月01日掲載文

フィールドモニター井上賢一氏のレポート

春の陽気にビックチヌ到来!

桜の開花宣言、春到来の3月26日に那智勝浦・清丸渡船さんに釣行してきました。

この日は1Dayトーナメントをしようと企画、18名が集まりワイワイと交流してきました。

  渡礁したのは伝五郎高場、湾内でチヌが有名な磯で、過去にも年無しサイズを捕獲した経験があります。

と、言っても今日はグレ釣りの集いなので、グレを釣ろうと【閃烈グレミドル4号】をチョイス。

遠近両方を攻め、貴重なアタリを確実にフッキング、信頼する針のチョイスに食い渋るグレを掛けていきます。

潮が止まり、グレの気配が遠のいたタイミングで、チヌを狙おうかとタックルチェンジ(笑)

絶対的信頼の【遠投モード】に針を替え、シモリの際にポイントを作るべくコマセを大量投入し、サシエを底付近までゆっくりと沈下させること集中します。

生のオキアミに何らかの反応があり、食い込みが浅いのを期に、サシエを剥き身にチェンジ。

一投目からチヌ独特のじわっとウキが馴染む、生命反応のシグナルが。

道糸を張り、聞きアワセをした瞬間、底モノと思わせるような重量級の魚信!!

ハリスが1.2号なのでテンションを最小限に、魚を沖に誘導し、格闘すること約5分、タモ枠を大きく越える年無しにビックリでした。

お隣磯の釣友からも年ナシと解かる大きさだったようで、歓声をいただきました(笑)

その後、釣り座を移動。

2匹目のドウジョウならず、チヌを求めて同様に探ると、またもドスン!!

重量感抜群の魚信をたっぷりと堪能した、価値ある釣行となりました。

アタリを確実にモノにする、遠投モードの強さ・針掛かりの素晴らしさを再認識、これからも信頼する針として愛着がわいた釣行となりました。

1 / 11
page top