磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年03月16日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

九十九島チヌ釣り釣行

3月13日にチヌ釣りに行ってきました。

長崎県佐世保市鹿子前町の瀬渡し「竹内商店」から朝6時に出船し、南九十九島「おおぶか」という磯に渡りました。

30メートル先に養殖イカダがあり、磯名のとおり水深が竿三本ほどありそうな深場です。養殖イカダの手前5メートルほどに撒き餌を20杯ほど入れ最初はオキアミをエサに仕掛けを投入しました。

道糸1.5号、ハリス1.5号、針・遠投ふかせモードオキアミカラー2号、ウキ00号に板鉛を張ったものを使用し、ガン玉5号を3段打ちし、ベタ底狙いです。

海の状況は、左奥から右手前を抜ける潮が速く撒き餌と仕掛けの同調に苦労します。

時折、カサゴが食ってきて付け餌は底に届いてるのを確認できましたが、本命のアタリはありません。

釣り始めてから一時間半ほどして、同行していた田中さんにヒット、良型のようで慎重にやり取りをされ見事47センチ1.8kgのチヌを釣り上げられました。ハリス1号で練り餌で釣ったとの事、さすがです。

田中さんに場所を交代してもらい、ハリスを落とすことにしましたが1号は自信がないので1.25号に変更しました。

海の状況は先程の場所とは違い、潮は緩く時間をおいて右に左に変化します。ウキを00号の板鉛なしに交換し、仕掛けにもガン玉を打たず練り餌の重さだけで仕掛けを沈めました。

釣り座を交代して30分後、先程の私の釣り座でまたもや田中さんにヒット、1尾目よりもはるかに強い引き、良型のチヌを期待しましたが、50センチオーバーのマダイでした。

私の方も動きがありました。波とは違う道糸の微妙な張りが見られたので本アタリを待ちましたが、それ以上の張りがみられません。しびれを切らしアワセを入れると、何かが針がかりしました。竿を叩く引きにチヌと確信、上がってきたのは35センチほどで、型のわりには元気で良く引きました。

なんとかボウズを免れ安堵したものの、すぐに二枚目を釣るべく魚を散らさないように撒き餌を撒きました。

しばらくアタリはなく、足元に潮が上がってきていたため、高台に移動しました。その際、仕掛けは入れたままで道糸を緩めながら高台に上がったのですが、道糸を確認すると張りができています。もしかするとと思い、竿をゆっくりあげてみましたが、エサが外れているらしく軽かったので、仕掛けを回収してみると、なんと針から5センチほどのハリスがちぢれており、チヌが噛んだ後がついていました。

チヌがいることを確信し、仕掛けを投入、しばらくすると道糸が僅かに引っ張られました。

すこし間を置き合わせると針がかりし、1尾目と同型のチヌがつれました。

ハリスを噛んだチヌはこれよりも型が良いと思われたため、すぐさま撒き餌と仕掛けを投入し、しばらくしてまたもや渋いアタリがありアワセを入れると、今度は先程よりも重量感がある引き、上がってきたのは42センチ程のチヌでした。これから連発するかと思いきや、それ以降ばったりとアタリはなくなりそのまま納竿となりました。

 

今回釣行した長崎県南九十九島は、まだまだ乗っ込み本番とはなっていないようで、チヌの食い気が出たときにいかに釣るかが大切だと実感させられました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年03月16日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

第3回下流カップ 大会レポート

今回は第3回下流カップのレポートをします。南伊豆の下流(したる)をホームグラウンドにしている釣り人の懇親目的の大会です。

大会参加者は35名でしたが、皆、下流を知り尽くした強者ばかりです。

 

朝の抽選で私は11番を引き、磯割は『小黒』でした。港を出て東側、後ろの海岸に遊びに来た人と会話が出来そうなぐらい地方に近い磯で、周りは浅く、シモリ根やカジメが多いのでその間を釣るような場所です。冬場には思わぬ大釣りをすることもありますが、春先などフグが大量発生して一日に20本も30本も結び直さなければならない時もあります。ウミタナゴも多く、良い日と悪い日の差が大きい磯です。クロダイが良く出る場所でもあり、私も過去に何匹か釣っています。この大会の前日にもこの磯で51.5cmのクロダイが上がったと聞いて、(クロダイは大会では対象外なのですが)1匹ぐらい釣っておきたいな、と、つい欲が出てしまいました。

 

下流は一般的に午後から釣れる場所です。昼までは全く鳴かず飛ばずの状態でも、午後にバタバタッと釣れることも良くあります。しかし、今日は午後の2時半頃が干潮でしかもかなり潮が下げる日並みなので、肝心の午後の時間帯に潮が引いてしまって、特にこの『小黒』では絶対に不利。沖の水深のある磯が有利なのでしょう。と、そんなことを言っていても始まりません。とにかく釣りを開始です。朝の内に釣っておかねば…。

今日の道具立ては、磯竿は2号、6.3m。道糸とハリスは2.25号通し。ウキはF-Logic製のプロストリーム、Mサイズで0負荷のもの。針はヒネリグレの6号です。

 

今大会のルールは30cm以上のメジナ3匹までの重量で競うというものなので、とにかく何でも良いからメジナを3匹釣りたいものです。朝の内はゆっくりと潮が昇っており、左から右に向かっての流れです。釣り場からは見えませんが、20m程右奥に穴(深くなっているところ)があるので、先ずはそこに仕掛けを入れて待ちます。運良く朝の3投目にメジナが釣れました。36~7cmでしょうか。とにかくこれでボーズだけは免れてホッと一息です。

しかしその後はメジナの反応はなく、フグとウミタナゴのエサ取りのみです。昼過ぎまでに3匹のメジナを追釣しましたが、どれも30cmには届かず、リリースです。

 

10時過ぎには隣の『大黒』に乗っている柳川君から電話がかかってきました。『大黒』は『小黒』より少し港寄りにある磯で、やはり地方に近く、周りが浅いという意味で『小黒』と類似の磯です。

「全く生命反応がなく、メジナはおろか、魚がいません。そっちはどうですか?」と言うことだったので、「こっちはフグとウミタナゴがいて、ほぼ毎回エサを盗られるよ。メジナは未だ1匹しかキープしていない。」と告げると、魚がいることにとても驚いて「それじゃあ、もう少し頑張ってみます。」とのこと。その時までに、既に潮は下りに変わっており右(大黒方向)から左に流れていたので、「そっちでコマセを撒けばこの辺にいる魚がそっちに行くだろう。頑張りな。」と電話を切りました。

その後は潮が引いてしまって海はどんどん浅くなり、周りではカジメが海面から頭を出しています。仕掛けを入れられる場所が限られてしまいます。こうなると打つ手はなく、ほぼ惰性で仕掛けとコマセの投入を繰り返すしかありません。と、久しぶりにウキが沈み、反射的にアワセを入れるとシャープな引きが返ってきます。40cmにはちょっと届きませんが、朝のメジナよりは少し大きく、38cmぐらいでしょうか。

3匹目は釣れないまま納竿時間を迎え、私はこの2匹のみを検量に出しましたが、結果は10位でした。

 

場所によって釣果にムラはありましたが、優勝者は3Kg越え、2位と3位の人も3Kgに近い釣果で、40cm級を3枚揃えたということなのでしょう。

全体では何とクロダイが14枚も持ち込まれ、しかもその内の3匹が50cmを超えており、さながらチヌの大会のようでした。

 

 

釣行データ 3月13日(日)

場 所:下流(小黒)

天 候:曇り

渡 船:坂下丸

潮回り:中潮(満潮:午前8時頃)

1 / 11
page top